<5月30日(日)>

親子3人で、封切になったばかりの映画プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂を観に行きました。実はムスメが大学のjob experienceでこの映画の鎧(よろい)を作る手伝いをしたので、2年前から楽しみに待っていたんです。批評は様々だけど、さすがディズニー映画だけあってきちんと出来てて、登場人物もちゃんと描けてるし、主役の二人も素敵。

初日から1ケ月以上も経ってしまったアイーダについて、今更ですが第一弾です。あ、2回の丸ちゃん出待ちについてはすぐに書きましたよね(→こちら こちら

--------------------------------------------


オペラ三昧イン・ロンドン    オペラ三昧イン・ロンドン


4月と5月に4回観たアイーダですが、ROHでアイーダを観るのは実は初めて。数年前のプレミエだけでゴミ箱行きになった前回の大不評のプロダクション(真っ白で動きもなかったそうです)は見逃したので。


まず、アイーダってどんなお話なの? と仰る方のために、


アイ-ダはエチオピアの王女だけど、戦いに負けて捕虜になりエジプト王女の下女にされていて、密かにエジプト軍の指揮官ラダメスと愛し合っている。エジプト王女も彼のことが好き。王女と結婚してエジプト王位を継いでくれとファラオに言われるが、アイ-ダを愛する彼はそれはできないと。

アイ-ダはエチオピア奪回を狙う父王の頼みでラダメスから軍の進路を聞き出し、機密をもらした罪でラダメスは死刑を宣告され、まだ彼を愛している王女にもう一度チャンスを与えられるが、アイーダは死んだと思っているラダメスは、彼女なしでは生きられないと死刑を選ぶ。真っ暗な地下牢に閉じこめられて死を待つのですが、そこにアイ-ダが先に忍び込んで待っていて、二人で愛を語りながら餓死。ああ、なんてロマンチックラブラブ



要するに、大企業で一生懸命働いて出世頭になったサラリーマンが、オーナー社長の娘の婿養子にしてあげると言われたのに、下っ端OLのカノジョに操を立てて美味しい話を断るという、一途で立派というかアホというか・・・で、実は倒産したライバル会社の産業スパイだったカノジョにだまされて企業秘密を漏らしたためにクビになって野たれ死ぬって、やっぱりアホ。

オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン


考えてみれば、私にとってアイーダにはちょっと特別な存在なのかもしれません。私が初めて生で観たオペラだし、ムスメが初めて観たオペラでもあり、今まで私が大劇場で生で一番数多くのプロダクションを観たオペラなのではないかしら。


私が初めて観たのは1974年のローマのカラカラ浴場で(その時のことは→こちら )、ムスメは8歳くらいの時にニューヨークのメトロポリタンオペラで、と両方とも旅行中の経験なので特に印象深かったですしね。

ムスメの「ねー、どうして綺麗な王女様よりデブの奴隷の方が好きなの?」という素朴な疑問もかわいかったな~。そ

の時のアムネリス王女はオルガ・ボロディナ、アイーダはデボラ・ヴォイトだったんですが、今でこそ彼女らは同じような体型だけど、当時のボロディナなほっそり美人、ヴォイトは百貫デブでしたもんね。ま、オペラには役柄と容貌の一致を求めてはいけないという基本をムスメはのっけから嫌と言うほど見せ付けられたわけです。


かつてのような象(エレファント)の登場は期待できないものの、カラカラ浴場は馬車が轟音と共に躍り出てきたし、去年のヴェローナのアリーナはもちろん大スペクタクルの上に雷雨が劇的だったし、ロイヤル・アルバート・ホールも巨大な像が倒れたりして迫力充分、メトもメトらしいまともで大掛かりなセットと人海戦術で、どれも古代エジプトの繁栄を忠実に表現した「おお~っ!」と感激する豪華なプロダクションでした。 


オペラ三昧イン・ロンドン    オペラ三昧イン・ロンドン


それで、ROHの今回の新プロダクションですが・・・


マクヴィッカー演出ですから、いかにもというアイーダは期待してませんでしたが、ちょっと斜めに構えたプロダクションで、私はあまり好きではありません。踊りが多いし動きがあって素晴らしいというオペラ仲間もいますが、たしかにそれは同感できるものの、同じ踊りが延々と続いて冗長だし、なんと言っても私が失望したのはエジプト色の排除


聞くところによると、マクヴィッカーはエジプト以外の古代文明に基づいてデザインするよう命じたそうですが、そういうひねくれたコンセプトって嫌だわ。ニュートラルであればまだしも、古代ギリシャ風、アズテック風、中近東風、日本のサムライ風とあれもこれもと入れてまとまりがないしね。あくまでエジプト風で斬新にして新鮮味を出す方がある意味難しいだろうし、チャレンジのし甲斐があるというものじゃないですか? そういうスコープでもマクヴィッカーならきっと素晴らしいものが創れるにちがいないのに、古代エジプト特有の神殿とか神とか大事な要素も訳わからなくして何か得るものがあるのでしょうか?


オペラ三昧イン・ロンドン    オペラ三昧イン・ロンドン


オペラ三昧イン・ロンドン
マクヴィッカー好みのエログロは彼らしくて良いけれど、セットがいつもよりもっとお粗末なのも、アイーダに関してはマイナス効果。

勇将ラダメスは、ファラオの娘と結婚すれば巨大な富と権力を手に入れることができるのに、それを捨てて奴隷女であるアイーダ(本当はエチオピアの王女様だけど)を愛することを選ぶというラブストーリーを表現するには、それなりのビジュアルが効果的なのに、このプロダクションは登場人物のいでたちや振る舞いが行動がまるで未開の部落民みたいなのでラダメスが失うものの大きさが表現できなくて観る人の胸を打つ度合いが低くなってしまったら、初めてアイーダ観る人に不親切だし、折角の素晴らしい音楽なのにヴェルディ先生にも失礼じゃないですかパンチ!



スカラ座の豪華絢爛ゼッフィレリ版を貸してもらえばよかったのに


オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン

アイーダの青いドレスは素敵だけど、アムネリスの剃り上げヘアはあんまりだわ。支度に2時間も掛かるんですってよ。それでうんとブスになっちゃうんだから、嫌よね。来シーズンはボロディナ出演予定だけど、嫌がって降りちゃったらどうすんのよ!

これだけで長くなってしまったので、すみません、パフォーマンスについてはまた別に。



                         人気ブログランキング   王冠1


----------------------------------------------

AD

夏だ!ジャパン祭りだ! 

テーマ:

<5月29日(金)>

天気はイマイチだし、我が家はいまだにボイラー無しで不便してますが、月曜日はバンクホリデーで今週末は嬉し楽しの3連休ニコニコ 

オペラ、コンサ-ト、映画と毎日ちょこっとお出掛けしますが、それ以外は溜まった記事をせっせと片付けましょう。オペラに行く前に、まずは、「窓開けたら寒いでしょっ!」というくらい涼しい中で、先週末のクレージーな猛暑を思い出しながらジャパン祭りから。

----------------------------------------------

オペラ三昧イン・ロンドン    オペラ三昧イン・ロンドン


                                            カメラ写真はクリックで拡大

5月23日(日)午後、ロンドン西部にあるHammersmith Parkという誰も知らない小さな公園でジャパン祭りというイベントがありました。ハマスミス公園と言ってもHammersmithではなく、BBCのあるWhite Cityで、知りませんでしたが、ここには日本庭園があり、毎年ジャパン祭りが行われていたそうです。


今年はここで開催された日英博覧会100周年という記念の年ということで在英大使ご臨席のセレモニーもあり、いつもより大きな規模だったようです。


そのTha Japan-British Exihibitionは当時最高の日本の建築物や工芸品などの展示で大成功だったそうで、立派な門が修復されて今でもキュー・ガーデンKew Gardenに残っています。石庭もその時の産物で、元の場所にいまも残っているのはこれだけですが、石庭は思ったより大規模で石も立派。


広かった公園は50年ほど前にBBCができてかなり小さくなってしまい、ひっそりと忘れられて訪れる人も少ないのでしょうが、飛び石を踏みしめて百年前のロンドンを偲びました。


メガネ百年前の日英博覧会についての無料シンポジウムが6月16日にThe Japan Foundationであるそうですから、ご興味ある方はどうぞ(→詳細はこちら )。司会者は日英関係の歴史家である私のお琴の先生です。


晴れ突然訪れたピッカピカの夏日で、屋台も出て人出もちょうど良い数だったし、のんびりとした良い雰囲気の中で盛り上がりました。野点、盆踊り、少林寺拳法、演歌、沖縄音楽等がご披露され、イベントとしては大成功だったと思います。


オペラ三昧イン・ロンドン    オペラ三昧イン・ロンドン


オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン

オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン



しかし、着物の私には暑過ぎた。30度は越してたんじゃないかしらメラメラ


着物関連のネットで知り合った方とご一緒したのですが、まさかこんなに暑くなるとは想定しなかったので、打ち合わせ段階で浴衣という発想ななく、二人で着物で行きました。

博多からいらしたKさんは、珍しい白の久留米絣小倉織の半幅帯、半襟も足袋も粋な縞柄で、藍染のお帽子という上級者の装い。


私は博多からの方を歓迎するために白地の博多献上帯にしました。初夏の帯だからちょうどいいのですが、着物はいきなり夏用の薄物にしちゃいましょう。でも化繊の偽もの紗なので死ぬ程暑くてふーふー大苦労ショック!


こんなうだる暑さの中には着物で長くはいられないので、BBCの横を歩いて近くにある大ショッピングセンターWestfieldに駆け込み、冷房にありついて「あ~、やれやれ、涼しいわ~」と一息ついてやっと生きた心地雪の結晶


湿気はないので外はまだましなのですが、バスや地下鉄は不快そのもので、これがロンドンで着物お出掛けの大きなネックだわ~むかっ

オペラ三昧イン・ロンドン オペラ三昧イン・ロンドン



オペラ三昧イン・ロンドン
          オペラ三昧イン・ロンドン


         オペラ三昧イン・ロンドン  この陶器の象さんは、いまロンドンのあちこちに置かれてて、形は同じでも2、3百個全て違うデコレーションが施されてます。このエレファントは赤一色で面白みが欠けますが、象さんたちはもうすぐオークションで売られてチャリティに寄付されるそうです。数年前に成功した牛さん像のいわば二番煎じ。



       人気ブログランキング    将棋  


----------------------------------------------

AD

単衣の紬

テーマ:

<5月27日(木)>

しみじみと寒いこの2、3日。

昨夜は映画館でスカラ座同時生中継のラインの黄金を観ました。モダンで映像とバレエと影絵がたくさん出てくる演出でしたが、それってオペラ歌手に演技することを放棄しろって言ってるみたいなものよ。歌手以外の部分でビジュアル的に動きがあり過ぎて気が散ったし。ヴォータンのロール・デビューのルネ・パペが声量なくてがっかりだったけど、ローゲ役のStephan Rugamerが上手だったから許そう。また注目テノールが増えたわ。長身でハンサムで素敵なの。後でネットで写真見たらハゲだったけど・・・

今夜は大学アート科のムスメの卒業展へ。展示作品は近いうちにお目に掛けますね。

こんな日は、そう、短い着物記事で誤魔化すのが常套手段。

----------------------------------------------


オペラ三昧イン・ロンドン
5月25日の「連隊の娘」の4回目、日本からのブログ仲間の方がいらっしゃるということで、目印に着物で行きました。


着物に合わせたピンクの鼻緒の下駄はロンドンのユニクロで買ったもの。ちょっと前に1、2年、浴衣を売ろうとした時があったんです。すぐに失敗と悟ったようだけど。


     オペラ三昧イン・ロンドン



オペラ三昧イン・ロンドン

昔から実家にあった反物を母がムスメのために縫ってくれた単衣の紬は厚手で、キャンバス地みたい。

黒地の雪輪に絞りの帯は何にでも合う便利な帯で、帯一本しか持てないとしたら、これ選びます。今日の着物とは柄の大きさがマッチして、なんとなく全身でバランス取れてるでしょ。


       オペラ三昧イン・ロンドン


今年は、着物お出掛けのペースが遅いけど、5月は頑張ってて、これで8回目。今月あと2回着る予定なので、月間記録更新かも。寒いからまだ袷でも充分大丈夫なので、選択の余地も大いにあり。



                           人気ブログランキング  (順調に下降してますよ~ダウン


----------------------------------------------

AD

4回目・・・

<5月25日(火)>

30度は越しただろうと思われる週末の猛暑もあっさり去り、また20度以下のひんやりに戻りました。ロンドンの夏はこれでええのよ。地下鉄に冷房が設置されるまでは、暑過ぎるのはご免です。

---------------------------------------------


   オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン


今日また「連隊の娘」に。リハーサルも入れると4回目。主役がキャンセルした場合の予備切符だったんですが、捨てるのは勿体なくて、やっぱり自分で行っちゃいました。観たくても切符が買えない方、本当に申し訳ありません。


でも、私だけじゃないですよぉ。今夜もオペラ仲間がたくさん来てて、「あら、あなたも又来たのね。いったい何回目?!」という会話が飛び交いました。

オペラ三昧イン・ロンドン
今まではリハーサルの4ポンドとかストールサークル3列目で12.5ポンドとかでしたが、今日はそれが買えなかったので、仕方なく46ポンドも奮発して、舞台から一番近い席に座りました。



舞台がかなり見切れて決して良い席ではないですが、フロレスやナタリーが舞台袖に立つ場面が多いので、そうすると2メートル以内で、指揮者よりずっと近いです。


こっちが照れてしまいそうな、そんな目の前で見られるのも興奮するけど、この席からは客席がよく見渡せて、観客の反応とか見るのも面白いんです。


はいはい、よかったね。でも、くらなんでもこれが最後だろって?


ハハハ・・・あせる



                             人気ブログランキング   ポスト                      

---------------------------------------------

<5月23日(日)>

晴れ太陽ギラギラの猛暑でしたわ、今日は。30度くらいになったにちがいない。そんな日に着物で出掛けた日にゃ、死にそうだったわショック!

土日とも出掛けてたんで溜まってるのが片付けられませんでしたが、アイーダはどうした?と自分でも焦りながら、その前に素敵なテノールの出たコンサートをことを書いてしまおう。

----------------------------------------------

     オペラ三昧イン・ロンドン


5月21日、バービカンで珍しいヴィヴァルディのオペラがコンサート形式でありました。


Ottone in Villa、「古代ローマ皇帝オットーの別荘」という意味なんでしょうが、内容は皇帝の愛人でありながら他の男にも色目を使うもてもてフェロモン女をめぐるしょーもない恋愛沙汰。


同時代のヘンデルのオペラに当然似てるけど、ヴィヴァルディらしく明るくアップテンポで賑やかで華やか。長いけど歌手も皆さん上手でとても楽しめました。


Vivaldi Ottone in Villa

Il Giardino Armonico

Giovanni Antonini conductor
Sonia Prina mezzo-soprano (皇帝オットーネ)=女性歌手の男役
Veronica Cangemi soprano (皇帝の愛人)
Julia Lezhneva soprano (皇帝の愛人の元恋人)=女性歌手の男役
Roberta Invernizzi soprano

   (皇帝の愛人が狙ってる若い小姓)=女性歌手の男に変装してる女性役(あー、ややこし)
Topi Lehtipuu tenor (皇帝の側近)


オペラ三昧イン・ロンドン    オペラ三昧イン・ロンドン

               カメラクリックで拡大して美男子ぶりをご覧下さい

オペラ三昧イン・ロンドン
どんな歌手が出ても聴きにいったでしょうが、今回は念願のトピ君を初めて聴けるとあって、一年以上前に切符を買って以来、キャンセルされたら悲しいわんとハラハラしながら待ってました得意げ


オーストラリア生まれだけどフィンランド系のトピ・レティプーというコメディアンみたいな名前のテノール君の肉の付いてないすっきりした薄い北欧顔は私の一番の好みで、長身なところもイアン・ボストリッジ博士に似てるかな。


私の目には理想的な超ハンサムのトピ君、よくyoutubeでグラインドボーンやザルツブルグのコジ・ファン・トゥッテとかをヨダレを垂らしながら観てたんだけど、生で観ても勿論良い男で、縦に細長い鼻の穴にも見惚れちゃうラブラブ!


こんな美しいオトコがルックスの貧しい人の多いテノール界にもいるなんて、と私の目は彼に釘付けで、近い席なのに双眼鏡でどアップにしたりして、回りの人たちや本人に、「わっ、変な女がいる」と気味悪がられたことでしょう。


ニコニコ嬉しいことに期待通りのノーブルな歌声で声量も立派なトピ君でますますファンになったけど、

しょぼん悲しいことに歌う場面がやけに少ない上に、「皇帝、別荘に引っ込んで女にうつつを抜かしていては帝国の民に嫌われますぞ」としか言わない爺さんみたいなつまんない役(このオペラでは恋するハンサムな男性は女性歌手が演じるの)。


まあ、こんなちょい役に最近はそこそこ人気も出た筈のトピ君がよく出てくれたものだと感謝しなくちゃいけないんでしょうけど、ROHのコジ・ファン・トゥッテに出て欲しかったわあ(この秋に又コジがあるのに)。で、この夏にはグラインドボーンの「道楽者のなりゆき」に出るんですって。うう、行きたいなあ、でも遠いし、切符代高いし、口惜しいったらないわプンプン


オペラ三昧イン・ロンドン オペラ三昧イン・ロンドン

   ロベルタ、ヴェロニカ、ソニア                トピ、ジュリア



「トピ君は楽でいいわよね。私たちはたくさん歌わなきゃいけないから大変よ」、と他の4人が思ってるに違いないというほど女性陣は歌いまくったのですが、皆さん芝居っ気もたっぷりで穴のない水準の高いコンサートでした。


中でも際立っていたのが、若いロシア人ソプラノのJulia Lezhnevaクラッカー


艶があってふくよかな声質と圧倒的な声量はネトレプコに似てて、その上ネト子ちゃんよりコロコロと小回りが利いて軽やかにコロラチューラもできる凄い新人です。で、顔もネト子ちゃん並に可愛かったらいいんだけど、そこは雲泥の差で負けてるのが残念。小柄なのはいいとしても、やたらおでこの広いファニー・フェイスだもんね。でも、絶対に将来有望。


がま口財布バービカンのコンサート形式のオペラはいつも楽しめるのですが、至近距離で正面から聴けてお値段も安いので(このコンサートは前から3列目で25ポンド)、これからも優先的に行くつもり。


オペラ三昧イン・ロンドン   オペラ三昧イン・ロンドン

オペラ三昧イン・ロンドン   オペラ三昧イン・ロンドン  

  オペラ三昧イン・ロンドン  

   人気ブログランキング  ソフトクリーム  
            


----------------------------------------------