オペラ三昧イン・ロンドン

11月25日の夜、大英博物館のグレート・コートで、去年秋からの一年に渡る多数の日英修好通商条約締結150年記念イベントの閉会パーティが日本大使館主催で行われ、BGMとして仲間とお琴を弾かせて頂きました。


                                    カメラ以下の写真はクリックで拡大
オペラ三昧イン・ロンドン   オペラ三昧イン・ロンドン


在英日本大使とグロスター公爵のスピーチもあり、数百人の招待客でフォーマルで盛大な催しでした。

でもその割には、こう言っちゃなんですが、食べるものがやけに少なくて、雇われ芸人である私たちも弾いてないときはゲストに混じってお好きなだけ食べて下さいと仰って頂いたのですが、どこにあるんや?!ショック! 


なんとかお寿司3、4個にありついて空腹で倒れそうなのを防いだのですが、日本の皆様、ロンドンで税金の無駄遣いはしてないようですのでご安心を。


ワインでも、飲み物はふんだんにあったので、口惜しいからシャンペン飲んじゃお。酔っ払って弾けなくなると困るのでほんのちょっとだけで我慢だけどカクテルグラス


オペラ三昧イン・ロンドン   オペラ三昧イン・ロンドン


カラオケ

お客さんにはスピーカーを通してなんとか聞こえてたようですが、何百人もの歓談の声で掻き消されて自分たちの弾いてる音がほとんど聞こえないのが悲劇。


そんな所では調弦も難しいので、調子を変えなくても済む曲を中心に選び、雪はな(吉崎克彦)、こ手鞠(吉崎克彦)、日本のわらべ唄(野村正峰)、古今の調べ(野村正峰)、六段(古曲)の5曲を繰り返して3人で合奏。


BGMですから割と簡単な曲ばかりだったし、先生ははご都合悪くて出演できなかったのですが、まあなんとかサマになったんじゃないでしょうか。


オペラ三昧イン・ロンドン

  オペラ三昧イン・ロンドン

和太鼓グループも出ましたが、和太鼓をやってる間はうるさくて会話もできないので最小限。

パフォーマンスの時間は私たち琴グループの方がうんと長かったけど、少し自由時間もあったので、知り合いに挨拶もできました。


着物の女性も何人かいましたが(男性も一人)、その中で一番綺麗だったのは知り合いの着付け師さん。私と似た色合いの刺繡のお着物が暗めの会場で映えてました。


だだっ広い空間のほんの一部が会場で、おまけに薄暗かったので、いまいち華やかさに欠けるパーティでしたが、有名なところで弾かせてもらえただけでも名誉なことだと思っちょります。普段は入れない裏方スペース潜入も面白かったし。

それに、お琴を運ぶだけでも大変なので(しかも着物で)、雨が降らなくてほんとによかった。



耳・・・内緒ですが、私のペパーミントグリーンの訪問着はこの夏に原宿の壱の蔵で買った古着ですが、後ろにシミがあるので信じられない程お安かったんです(新幹線で東京から名古屋にも行けないくらい)。サイズも大き過ぎるので、腰紐を胸下で締めておはしょりを調節。古着は安上がりだけど苦労が多くてね。


                                人気ブログランキング  カクテルグラス                                         

AD

オペラ三昧イン・ロンドン

いやー、参りました。凄かったですクラッカークラッカー


なにがって、バービカンの11月24日のチェチリア・バルトリ、コロコロコロコロ、コ~ロコロ、と転がしまくった究極のコロラチューラ。


今までバルトリは何度も聴いたことがあって、その声のアクロバットにはいつも驚嘆でしたが、今回の凄まじさといったら! バルトリはまだ進化してますよ~。


今月はルネ・フレミングとアンジェラ・ゲオルギューのコンサートもあったけど、二人とも彼方にすっ飛んでしまいましたね。会場は違うとは云え同じ最前列でバルトリは35ポンドでしたが(私のは30ポンド足らずに枚数割引)、これなら100ポンド出しても全然惜しくありません。


今年行ったコンサートの中でぶっちぎりベストですが、そう思うのは私だけではないでしょう。皆が舌を巻き、いつも以上の始終やんやの喝采で、たくさん来てたコンサート仲間も皆さん「すっごーい!」と大興奮。こんな素晴らしいものを真正面2メートルで聴けた私は本当に幸せ虹


Il Giardino Armonico
Cecilia Bartoli
mezzo-soprano
Sacrificium - La scuola dei castrati’

Nicolò Porpora Sinfonia from “Meride e Selinunte” Allegro
Nicolò Porpora "Come nave" aria of Siface from "Siface"
Riccardo Broschi "Chi non sente al mio dolore" aria from "Merope"

Nicolò Porpora “In braccio a mille furie” aria of Mirteo from “Semiramide riconosciuta”
Nicolò Porpora Ouverture from “Germanico in Germania” [Allegro] – Adagio – [Allegro]
Nicolò Porpora “Parto, ti lascio o cara” aria of Arminio from “Germanico in Germania”
Francesco Maria Veracini Ouverture No. 6 g minor Allegro
Leonardo Vinci “Cervo in bosco” aria of Climaco from “Medo”
Leonardo Leo “Qual farfalla”, aria of Decio from “Zenobia in Palmira”
Francesco Araia “Cadrò, ma qual si mira”, aria of Demetrio from “Berenice”
(interval)

Nicolò Porpora "Usignolo sventurato", aria of Siface from "Siface"
Carl Heinrich Graun "Misero pargoletto", aria of Timante from "Demofoonte"
Francesco Durante Concerto per archi No. 2 g-minor Allegro affettuoso
Antonio Caldara “Quel buon pastor”, aria of Abel from the “componimento sacro” "La morte d’Abel"
Nicolò Porpora Ouvertures from Cantatas “Gedeone” and “Perdono, amata Nice” Adagio – Spiritoso andante – Allegro
Leonardo Vinci “Quanto invidio la sorte… Chi vive amante” Recitative and aria of Erissena from “Alessandro nelle Indie”
Nicolò Porpora "Nobil onda" aria of Adelaide from "Adelaide"
(アンコールはヘンデルのオペラ「Rinaldo」のLASCIA CH'IO PIANGAと題名不明のど派手なのを1曲)



歌が素晴らしかっただけではなく、上手に構成されたコンサートでした。


カストラート(去勢された男性歌手)がテーマで、バルトリ自身が発掘した知られざる曲ばかりでしたが、聴き応えのある作品が多く、それをバルトリ嬢はしょっぱなから機関銃のように撃ちまくり、前半はこれでもかという程のテクニックで圧倒し、休憩後は声自体を聞かせる優しくて静かな曲を続けた後、最後は衣装も含めたド派手なフィナーレでまた盛り上げるというにくい演出。オケ水増しは彼女が小休止するだけの最小限の上、この手のコンサートにしては長時間たっぷり歌ってくれました。


サンダルワンピースジーンズ

サービス満点だったのは歌だけではなく、衣装も工夫されてて面白かったです。


以前はバルトリは衣装チェンジはしなかったし、去年と一昨年は一回してくれたと思ったら前回と同じドレスでがっかりしたので、今回も衣装面での期待は低く、「もしかしたら又あの同じドレスかしらね?」、「いいえ、きっともっと太って、あのドレスには入らないんじゃない?」とか仲間うちで言い合っていたのですが、これがなんと意表をつくアイデアで楽しませてくれました(太ったままなのは予想通りでしたが)。


ドレスだろうと思っていたのでびっくりしましたが、でも考えてみればカストラートなんだから男装は当然ですね。


写真が撮れたのはカーテンコールの2種類だけですが、実はもっと何度も様変わりしてくれて、


1上の写真のベストの代わりに長めのジャケットを着て、その上に床すれすれの裏が真っ赤のたっぷりマントを羽織ってました。赤い皮手袋も。登場するときはその上に白いオストリッチの羽根のついたつばの広い黒い帽子を被って颯爽とかっこよかったです。帽子はすぐに脱いで投げちゃいましたが。


2そんな暑苦しい格好でずっと歌うのは大変だろうと思っていたら、案の定、マントは外して登場。白のフリルのブラウスの上に着た別珍のい長いジャケットはボタンがはち切れそうでしたが、白と黒ばかりになったかというとそうではなく、(至近距離の私は前から気付いてましたが)ここに至って膝上までのブーツは裏地が赤いレザーで、おまけに靴底とヒールの内側も赤いということがわかって心にくいばかり。


3長ジャケットがきつ過ぎたのか、歌っているうちに熱くなったのか、今度は光沢のあるベストにお着替え。そこで前半が終わり、写真が撮れました。こうなってくると、後半はどんな変化を見せてくれるか俄然楽しみになってきて、皆で「男装続行かしらね、それともドレスかしらね?」、とワクワク。


オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン


4休憩後に段々薄着になるというストリップは続き、今度はベストも脱いでブラウス姿に。下半身は同じ黒いズボン風タイツ。すらっとしてるバルトリ嬢に似合うとはい言う難いものの、カストラートになりきるために立ち居振る舞い顔つきまでも男性的に凛々しく徹した根性には拍手です。

5ここまではカストラートのいわば普段着スタイルでしたが、最後は派手な舞台姿になって一気に盛り上がりました。宝石付きの金色ジャケットと、なんと呼べばいいのかわからない赤いドレスを捲り上げたような下半身。


これが女性歌手のドレスとしたら最悪ですが(あのアンジェラのキラキラ人魚姫ドレス→こちら よりひどいでしょ。それはあり得ないと思ってましたが)、私にとっては映画「カストラート」(→こちら )で観た18世紀の超人気のファリネリ(下に写真が)のイメージにぴったりなので嬉しくなりました。倒錯の世界に咲くあだ花カストラートにはこういう孔雀衣装がぴったり。


6それで終わりかと思ったら、なんとアンコールには赤いオストリッチの髪飾りで登場し、キャーっという歓声が上がりました。今日は凄いサービスだこと!終わったら10時過ぎてましたが、その後サイン会もあったようだし、乗りに乗りまくっていたバルトリ嬢には絶大なる感謝感激ラブラブ!

オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン    


 オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン



だけど、



こうしてカストラートが歌っていたという、これみよがしのテクニック披露が目的ではあっても素晴らしい歌を聞いてしまうと、誰しも一体本当のカストラートってどんな風に歌ったんだろう? と思っちゃうじゃないですか?

バルトリがいかに素晴らしいと言っても、所詮女性のか弱い声だからかなり違うだろうし、特に低音が弱点なのは今夜のパフォーマンスでも明らか。カウンターテナーだって似て非なる人たちだし。


残酷な玉抜き手術はしない現在(かつても違法だったそうですが)、想像だけさせられて、聴きたくても聴くことができないのは残酷ってものじゃないですか? 数十年前の最後のカストラートの録音は雑音でひどい質だし、聴きたければタイムマシンで18世紀に飛ぶしかないのかしら・・・


いや、手術自体はできるわけだから、このバルトリの貢献でカストラートが注目を浴びて、「よーし、僕がカストラートになってみせるから、スパっとやって下さい」って言ってくれる歌の上手な少年たちが現れるかも。



伴奏のイタリアの古楽オケも上手で、目を閉じて少しかすれたような演奏を聴いていたら、暗いけど華やかで退廃的な18世紀の冬のベネチアを歩いているような錯覚に陥りました。


ルネやアンジェラくらい上手な歌手はいつの時代にも何人かいるでしょうが、チェチリアのように歌える人は滅多に出てこないでしょう。そして、その人気を利用して埋もれてる作品発掘をプロジェクトにしてクラシック音楽界に貢献しているバルトリ嬢に敬礼!

                                 

                                    人気ブログランキング  キャンディー

AD

着物三昧開始

テーマ:

DASH!今週はどえらい忙しいでかんわ。毎晩お出掛けだで。


こういう時は写真だけで済む着物ネタで我慢してちょ。

オペラ三昧イン・ロンドン     オペラ三昧イン・ロンドン
  

まず、きんの(昨日)のバービカンのチェチリア・バルトリのコンサートにはめっちゃんこ昔に自分で縫った赤いウールと、季節限定の菊の帯でカジュアルに。


左の写真はどこかわかりゃーすか? でっきゃあハンガーの絵がヒントだで。

右の写真、家に帰ってから撮ったで帯がわやでだちかんぎゃーむっ


(えー、このままずっと名古屋弁で書いてもいいんですが、理解して頂けないと困るし、かといって標準語訳を付けてる時間の余裕もないので、ここからは普通に)


オペラ三昧イン・ロンドン

今日
は気張って訪問着。


8月に原宿の古着屋さんで買ったものを初めて着ました。柄は古臭いけど若草色が気に入りました(実物は写真よりも濃い色です)。


で、一体どこへ?


それは又あらためて。


いえ、勿体つけてるわけではないんですが、さっき帰宅したばかりでヘトヘトなので、もう寝ます。


と言いながら、


明日の着物はどれにしようかなあ? 又バービカンのドリンク付コンサートなんだけど。 

・・・ご心配なく、明日も会社を休むのでまだ支度してなくても大丈夫なんです。


金曜日はどうしようかしら? 

日本食レストランでの飲み会に着物で行ったらウエイトレスかと思われるだろうから、やっぱりやめとこかな。


でも、折角だから連続着物お出掛け記録に挑戦したいような気もするの。土曜、日曜、月曜は絶対着るので、金曜日にも頑張れば7連チャンなのよね。



え~っ! 着物だと駅まで送り迎えしなくちゃいけない俺の身にもなってみろよな」、ってトーチャンが真っ青になってるじゃないの、可哀相に・・・ガーン


                            人気ブログランキング   チョキ                                                                      

AD

日曜日の昼下がり

テーマ:

何も予定のない日曜日、


こういう時こそ、


運動不足解消のためにハードに散歩しようと思っても、あいにく午後まで嵐のようだったし・・・・、


お琴の練習でもと思っても、昨日先生のところで絞られ過ぎて手が痛いし・・・・、


じゃあ、


来週から立て込んでる着物お出掛けのための準備のついでに、


時間があったらしようといつもしようと思ってることでもしましょうか?


よく聞かれるんです、「何枚くらい着物を持ってるんですか? 帯は何本?」、って。


答えは自分でもわからないのでいつも適当なこと言ってるんですが、自分でも一体どれくらいなのかしら、と思ってるわけですよ。


着物にはまって最初の頃は手持ちの着物や帯をきちんとパソコン管理して、スプレッドシートで並び替えできるようにとかしてましたが、ずぼらな私は途中で放棄して、なんだかわけがわからなくなってましたから。



一般的には着物一枚に帯三本と言われてて、帯で変化を付けるのが賢い着物生活ってことになってるんですが、


賢くない私は、どう考えても、着物より帯の方が絶対数が少ない筈だから、まずそっちから勘定しよう、と。


で、結果はと言うと、(着物に詳しくない方のためにちょっと説明付き)


宝石ブルー袋帯 12本

金銀とか入ってフォーマルにも使えるいわゆる立派なヤツ。いろんな可愛い結び方ができるのですればいいのに、私は知らないのでほぼお太鼓ばかり。


宝石赤名古屋帯 25本 

四角いお太鼓にしかできないけど一番一般的で材質や柄も実に様々で役に立つヤツ。でも、畳み方がややこしいから実は一番苦労する憎たらしいヤツ。


宝石緑夏帯 3本 

絽や紗とかで暑い時に少しでも涼しくいられるように作られたありがたいヤツ。でも夏のないロンドンではなきゃなくてもなんとかなるどーでもいいヤツ。


宝石紫普通の着物に使えそうな半幅帯 7本

素材は普通の帯と同じで幅だけ半分なので軽くて助かる旅行のお供にしたいヤツ。お太鼓には頭をかしげる外国人には蝶々結びとかの後姿が納得できるヤツ。


宝石ブルー浴衣にしか使えないカジュアル半幅帯 6本

裏表で色が違ってたりしてダブルで使えてしかも一番安上がりなヤツ。若い人ならいいけどおばさんが使うにはカジュアル過ぎるし、浴衣で出掛ける盆踊りとかないロンドンでは結局出番が一番少ないお邪魔なヤツ。


宝石白作り帯 3本

最初からお太鼓や蝶々の形にできてるインチキなヤツ。自分で結べるようになるまでの長い間お世話になった恩のあるヤツ。


宝石紫自作カーテン帯 3本

日本に住んでたら絶対やんないけど、着物を着始めた頃は帯不足だったから頑張ってミシンや手でチクチクして作った愛しいヤツ。いびつなところがいかにも手作りって感じでいいんです!→こちら



メモというわけで、とりあえず巻きつけることのできるヤツらを合計すると56本。 ま、そんなとこでしょう。


もちろん、「こんな帯があったらいいのにぃ~」と思うことはしょっちゅうですが、海外にしちゃよく集めたものだし(お金は掛かってませんよ)、収納場所も限られてるし、これで充分と思わにゃ。

ひらめき電球あ、そうだ、



この他にムスメの作ったビニール帯もあったわ。


でも、さすがにこれで出掛けるにはちょっとナンなので勘定には入れられません・・・→こちら



お茶

帯だけでなく、一気に着物も数えてしまおうという魂胆だったのですが、


ムスメが、「お母さん、もうすぐBFの家族も一緒に洒落たレストランに行くことになったから、何か着るもの見繕って~!」、とすがってきたので、そちらを優先することに。


ムスメはジーンズとかのカジュアルな服しか着ないので、こういう時は私のを貸すしかなくて、着物リストアップの筈が急遽洋服漁りに変更。ディナーに着るものは割とすぐに決まったのですが、ついでだからあれこれとっかえひっかえ着替えさせて、いつか着られるもののアイデアを探っていたら夕方になってしまいました。



着るものについて娘とあーだこーだ言い合うのは母親として最も幸せな時間ですから、作業は捗らなかったけど、なんだか嬉しい日曜の午後ニコニコ



着物数えは又いつかヒマができたらすることにしよう、と延期になったのですが、でも考えてみたら、何も実際に着物を見ながらリスト作りしなくても、ブログの着物ギャラリー(→こちら )を利用してメモすればいいわけだ。着たことのない着物もあるけれど、それはわかっているんだから。



物事はやろうっと思い立ったときにやらないとやり損ねるんだけど(私がものぐさなだけかも)、ま、気が向いたときにぼつぼつやっときます。


さ、


のんびり週末の後は忙しい1週間が控えてて、毎晩お出掛け~走る人

ちょっと休暇も取って乗り切りましょ~DASH!


                            人気ブログランキング   モグラ

11月28日と29日の週末に、活花展のBGMとして仲間と一緒にお琴を弾くことになりました。

去年3月にも同じイベントで弾かせて頂きました。(その時の様子は→こちら


私は両日お邪魔する予定ですが、ずっと弾いてるわけではなく、適当に気分の向くままに弾いたり休んだり、自分たちも楽しみながら少人数の方に聴いて頂きながら合奏をするリラックスできそうなイベントですので、おヒマな方はお気軽にいらして下さいまし。



☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ *:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


家 Swiss Cottage Community Centre

19 Winchester Road, London NW3 3NR


地下鉄地下鉄Swiss Cottage駅のすぐ近くですなのですが、この週末はジュビリーラインが閉鎖ですので、恐縮ですがreplacement busで来てください。

             

時計11月28日 (土) 1 pm - 5 pm

     29日(日) 10 am - 4 pm

         

がま口財布 入場料 2ポンド      詳細は→こちら  をご覧下さい。



☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ☆*゚ ゜゚*☆*゚ ゜゚*゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ *:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚


オペラ三昧イン・ロンドン
そして、


更に、


実は、


その前に、もう一つお琴イベントがあり、


大きなパーティのBGMとして3人で弾かせて頂くのですが、


そちらはこのリラックスできそうなアットホームな雰囲気とはおそらく大違いな緊張イベントになるかも。


或いは、がやがやして誰も聴いてなくて、実はもっとリラックスできるかも。


それ以外にも、来週は着物三昧の1週間になりそうなので、明日の日曜日は一気に何通りもコーティネートを考えねば。


最近よく雨の降るロンドンですが、ちょっと良くなるといいけど・・・



                                  人気ブログランキング   音譜