オペラ三昧イン・ロンドン

6月18日の初日、22日、25日の3回、ロイヤルオペラハウスのLa Traviataを観に行きました。これで終わりではなく、30日も行きます。

オペラ三昧イン・ロンドン

Composer Giuseppe Verdi
Director Richard Eyre
Designs Bob Crowley

Conductor Antonio Pappano
Violetta Renée Fleming
Alfredo Germont Joseph Calleja
Giorgio Germont Thomas Hampson
Baron Douphol Eddie Wade
Doctor Grenvil Richard Wiegold
Flora Monika-Evelin Liiv
Marquis D'Obigny Kostas Smoriginas
Gastone Haoyin Xue
Annina Sarah Pring


ROHではしょっちゅうやってる椿姫、今回の目玉はルネ・フレミング。誰が出ても切符が売れるROHのドル箱ナンバーワンの演目なので、ちょっと前まで不満の残るヴィオレッタが多かったですが、方針を変えたのか、最近はすっかり様変わりし、先回はネトレプコ、今回はルネ・フレミング、次回(来年夏)はゲオルギューという豪華路線よ。
オペラ三昧イン・ロンドン
椿姫ってどんなお話よ?
ってとこからご存知ない方は→こちら をご覧頂くとして、デュマ原作のストーリーを以下3行でまとめると、

メモ

19世紀のパリ社交界、結核に侵された高級娼婦ヴィオレッタは初めての愛にめざめるが、恋人の父親に懇願されて泣く泣く身を引き、病気が悪化し最後は恋人に見取られて死んでしまう 


という新派のお芝居のような涙の物語でございあせる



オペラ三昧イン・ロンドン   オペラ三昧イン・ロンドン

オペラ三昧イン・ロンドン    オペラ三昧イン・ロンドン


ヴィオレッタに負うところ極めて大で、主役3人の比重をおおまかに計ると、ヴィオレッタ6、アルフレード3、親父1、ってとこでしょうか?


セットや衣装は今更だし、写真でご覧頂くとして、パフォーマンスだけについて書いときます。
オペラ三昧イン・ロンドン

にゃー期待に立派に応えてくれたルネフレミング(ヴィオレッタ)


若いソプラノがチャレンジすることの多いこの役を3、4年前に初めてやる時、「え、ルネほどの人が今さらヴィオレッタやるの?」と驚いたものです。そして、大スターが遅ればせながら挑戦するわけだから、それなりの成果が出ないと失うものも多いでしょうし、実際NYメトの生中継をラジオで聴いたときは特に良いとも思えず、こんな役で新進歌手と競うのはいかがなものか、と思いました。


だけど、今回、目の前で観ながら聴いたら、素晴らしかったのなんのってクラッカー

一瞬も手を抜かない(やや大袈裟な)名演技に見合うコントロールの効いた細やかな歌い回しはさすが。今まで何度か生で聴いて(薔薇の騎士、欲望という名の電車、タイス等)、上手だとは思っても、あの甘ったるい声は特に好きでもなかったけど、今回はその特徴を生かしながらも、いつものように輪郭のないぼやけ気味の歌唱でなく、芯のあるシャープなルネに聞惚れました。


オペラ三昧イン・ロンドン
一時は太り気味だった体も、50歳にして立派にスリムさを保ち、黒髪のヴィオレッタばかりを見慣れた目には、金髪巻き毛の輝くばかりに美しい椿姫でした。


初日は立ち上がりに時間が掛かって親父とやり合う2幕目がベストでしたが、2回目は最初から好調でよく飛ばし、3回目は途中ちょっとお疲れかしらと心配し・・・、と毎回多少の違いはあるものの、各批評でもベタ誉めされたとおり、やはり大スターの威力は凄いと始終思わせる立派なパフォーマンスでした。


前回のネトレプコと比べると、声自体の迫力はネト子のほうがあるでしょうが、演技も含めた細部のこだわりはルネの勝ちでしょう。 そして次回はいよいよROH椿姫の真打とも言えるゲオルギューの登場ですが、映像にもなってる15年前のスター誕生ヴィオレッタが今どんな歌唱と演技を見せてくれるか見ものですが、こんな綺麗で上手なルネを負かすことはできないでしょうねえ。


しかし、これは私自身の問題なのですが、他のオペラやリサイタルでルネを見過ぎたせいか、目の前にいるのはルネであり、いくら上手に演じてもヴィオレッタとは思えなくて、ルネが涙を浮かべながら熱演してるのに、私は泣けませんでした。同じオペラを何度も観てると仕方ないのでしょうが、知的なルネが計算尽くしで演じてるようにも感じられたのかもしれません。

・・・って、これは贅沢な不満なので聞き流して下さい。



オペラ三昧イン・ロンドン
しっぽフリフリ大収穫はジョセフ・カレヤ(アルフレード)


今回始る前は当然ルネが一身に注目を集め、あら、おまけに親父役がハンプソンだなんて、なかなか豪華じゃないの、と誰しも思ったでしょうが、じゃあアルフレードは誰? カレヤかあ・・・6年間のトラヴィアータ、2年前のタイス(ルネと共演)、一昨年のROHガラ公演で聴いて、伸びのある美声だし声量も立派で素質のある若手だけど、あの硬さはなんとかならないものか、あまりにも一直線でしばらく聴いてると飽きてしまうよ、と私はあまり期待してなかったのに、


これがなんと嬉しい驚きで、若い彼は(30か31)、サナギが蝶になったかの如く、実の詰まった張りのある美声に柔軟さが加わり、それは見事な一流のテノールに成長。そう思ったのは私だけではなかったようで、2回目と3回目はカレヤへの拍手が一番大きかった ですもんねクラッカー


棚ボタで私は例の代役コンサートでも彼を聴けて、ますますファンになりました。背丈があって歌も抜群なのに西郷隆盛に似たごつい印象がオペラの2枚目役には理想的ではないのが惜しいですが、田舎の資産家のボンボンであるアルフレードには彼の素朴さも良い味かも。

先回の美男子カウフマンとの違いが大きいので慣れるのに時間が掛かりましたが、回を重ねる度にカレヤの方がぴったりのアルフレードに見えてきました。それは演技も歌もカレヤの出来がその度に良くなってるせいもあるに違いないです。

いやー、こんなところに収穫があるなんて、4回も行った甲斐があったとホクホクしたのは彼によるところが大きいですキスマーク


しかし、この伸びやかな声と声量、ワーグナーもやってくれればいいのに。来年日本で愛の妙薬をやるそうですが、そんな軽いのは他に歌える人はたくさんいるんだからさ、ローエングリンとかのヘビーなのも歌ってくださいよ~ 


オペラ三昧イン・ロンドン


クマこんなの簡単過ぎ? トーマス・ハンプソン(ジェルモン・パパ)


パパは脇役だけど、見栄えもするしバリトンにしては二枚目声で上手なハンプソンだから、彼のことを知らない人でも「この人はこんな脇役ばかりする人ではなかろう」と思ったことでしょう。


しばらく不調で休んでた彼が(タイスのキャンセルはまだ恨んでる)元気になって戻ってきてくれたのは嬉しいですが、でもこんな老け役じゃなくて、まだ54歳の男盛りなんだもの、テノールの恋敵役でドキドキさせて欲しいです。特に、54歳のハンプソンと50歳のルネはタイスでの恋人同士ぶりがぴったりなのだから、二人でもうしばらくメロメロしてくれるといいなあ。


ともあれ、何度も何度も観ていい加減飽きてるROHのトラヴィアータですが、これだけ高水準のトリオだと、新鮮に感じられ、大満足。



走る人では、明日もう一回だけ行ってきます。



オペラ三昧イン・ロンドン

オペラ三昧イン・ロンドン

                                          人気ブログランキング  ブーケ2

AD

オペラ三昧イン・ロンドン

6月17日、バービカンのLSOのコンサートに行きました。

音譜

        Beethoven Piano Concerto No 5 ('Emperor')
        Brahms Symphony No 3, Op 90

            Paul Lewis piano
            Sir Colin Davis conductor
            London Symphony Orchestra


特に行きたいコンサートでもなかったけど、かなり前に一年分のLSOコンサートの枚数割引のためににまとめ買いした時に数稼ぎのために選んだコンサートで、ピアニストのポール・ルイスは一度聴いておきたかったし、例え彼が下手くそでも、ベートーベンのピアノ・コンチェルト5番「皇帝」だから曲の良さだけでカバーできるだろうし、ブラームスの交響曲3番も結構好きだし、という軽い気持ちで臨みました。


で、意外にも、と言っては失礼ですが、これが売り切れになったんです。イギリス人のルイスはロンドンではよく弾くし、それ程のネームバリューはないので、やっぱりこれは曲目の魅力かしら?
オペラ三昧イン・ロンドン


写真から想像するより小柄で華奢なルイスでしたが、私は前から3列目の席だったので、迫力は充分。不快な声を発することもなく真摯な態度は好感がもてました。


でも、彼の演奏は一言で言うと


可も無く不可も無くで、


競争の激しいロンドンで活躍してるわけだからもちろん上手でそつなくまとまっていたけれど、いまいちメリハリに欠け、この曲のドラマチックさが充分出てたとは言えないような。


要するに、とくに欠点もないけど、もう一つなにか特別な吸引力がなくて、ほどほどの知名度に見合う力ってとこでしょうか。あのキーシンだって不調のことはあるし、一度だけで決め付けてはいけませんけどね。でもルイスをもう一度聴きたいかと言われたら、特に聴きたいとも思わないけど、別に嫌でもないですってのが答え。




       オペラ三昧イン・ロンドン


オペラ三昧イン・ロンドン
後半のブラームス3番の方が盛り上がりました。


81歳のコリン・デービス、淡々と棒振ってるだけにしか見えないし、なんだかいつもテンポも遅いような気もするけど、この年になっても第一線で活躍して、なんて幸せなご老人でしょう。


年食ってもできるという点では指揮者が一番ってことの証明のような色艶も良く元気一杯のおじいちゃん。


ブラームス3番は、曲としてまとまりがなく楽章ことにがらっと変るシンフォニーだけど、第三楽章が突然ムードたっぷりの映画音楽になるところがユニークで、おセンチになりますニコニコ



オペラ三昧イン・ロンドン
カチンコ

さよならをもう一度Goodbye Againはフランソワーズ・サガンの「ブラームスはお好き?」を原作とする1961年のパリが舞台の白黒映画で、イングリッド・バーグマンイブ・モンタンという恋人がいるのに年下のアンソニー・パーキンスに惹かれるというロマンチックな三角関係のストーリー。


子供心にブラームスの甘美なメロディが場面を盛り上げていたのを思い出し、この第三楽章を聴く度に映画少女だった大昔を懐かしむ私。今回もなんだか切なさで胸が一杯になった夜でした。




オペラ三昧イン・ロンドン
40才のバーグマンが二十代半ばのパーキンスを受け入れられない主な理由は年齢差という、リメイクはあり得ない時代錯誤映画ですが、リタイヤして映画三昧ができるようになったらまた観られるかしら?




               人気ブログランキング  映画

AD

<6月27日(土)>雷


夕方、凄い雷雨に見舞われ、2時間以上もピカピカごろごろザーザー状態。

1.5センチ以上の大サイズの雹(ひょう)も沢山降りました。


でも雷雨は長い間ここに居座り、20キロも離れてないウィンブルドン方面には行かなかったのは幸いで、テニスは無事行われました。



オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン


----------------------------------------------


行きたいコンサートが重なってどちらにしようか迷うことはたまにあるけれど、今回ほどの二転三転すったもんだも珍しいでしょう。迷ったのではなくて、振り回されたのですが。


1一年半前にバービカンのヘンデルのオラトリオJephtha を購入。ヘンデル記念年で稀な作品が聞けるチャンスだし、ご贔屓のカウンターテナーのダニエル・テイラーも出る


2あちゃーっ! ROHでの久し振りのリサイタルと重なってしまったわ。

キャンセル男ロランド・ヴィラソンだからどうせ出ないだろうけど、一応買っとこ。熱血漢の彼は上手だし生だと映えるけど、ちょっと飽きたし、舞台近くの安い席はないから、upperslipの7ポンドでいいや


3切符は売り切れだった筈だけど、案の定、ヴィラソン降板決定。まだ時間があるし、代役を探すらしい。滅多にロンドン来てくれないテノールを引っ張ってきてくれるといいなあ。ワクワク


4ややあって、代役決定。

ロシアの若銀髪ディミトリ・ホロフトフスキー・・・。このブログをお読みの方は、それを聴いて私がどんなにがっかりしたかおわかりでしょう。もちろん切符は即刻リターン。投げつけるように切符を返す私に、Box Officeのおねえさんは「あら、ディミトリが代わりに出るのに、行かないの?」ですって。同じ日に他のコンサートがなくても、果たして行ったかどうかは甚だ疑問。7ポンドより時間が勿体ないもん。

よって、ヘンデルに行くことに決定。・・・・しかし、ヴィラソンがもし出てたらどっちに行くか迷っただろうけど、やっぱりヴィラソンかな。


5ホロの具合が悪いというニュースをどっかで聴いたけど、私には関係ないもんね、と思っていたら、コンサートの2日前6月22日になって降板のニュースをキャッチ。なんと代役が決まったと。


ここまで来たら普通は中止するだろうに、この期に及んで代役を立てるパッパーノの執念。今トラヴィアータに出てるトーマス・ハンプソンジョセフ・カレヤ、来月のセヴィリアの理髪士のリハーサルでロンドン入りしてるジョイス・ディドナートを調達できたのはさすが。


このメンバーに変るのなら、ホロの時には多数余ってた切符は飛ぶように売れるだろうから、早く買わなきゃ、と焦る私。なぜか翌日(コンサート前日)の昼近くまでネットで買えなかったけど、うんよくポロっと余ってた舞台に近いバルコニー席が買えてラッキー。

と思ってたら、あれれれれ~~、飛ぶように売れる筈の切符が、逆方向のリターンで飛んできたじゃないですか。


!?はてなマーク

何故だ??? ホロ一人なら行くけど、この3人じゃ嫌だって人の方が多いなんて・・・

私にはわからない魅力がホロにはあるってこと? こないだのキーシン伴奏のホロのリサイタル、キーシン人気で満席だったと私は思ったのだけど、そうじゃなくて皆さんホロ目当てだったわけ?


叫びヘヘーっ、おみそれしやした。この3人が束になって掛かっても敗れなかったホロ様(急に様付けになってる)。ホロ様が何を歌う予定だったのかは興味ないので知らないけど、まさかちょっと前のバービカンのリサイタルのような歌謡ショーではあるまい。


----------------------------------------------


オペラ三昧イン・ロンドン
以上、前置きが長くなりましたが、



ホロ人気の謎が解けないままROHに着いたら、なんだかシーンとして淋しい雰囲気が漂ってました。


空席の目立つ中、少しでも大人数に見せようという魂胆というわけではないでしょうが、舞台の後ろ一面に巨大ミラーがどーんと置いてありました。これはこの2日後から始る仮面舞踏会のセットですが、正面客は、自分の姿が見えるので楽しいでしょうね。このオペラの2005年の新プロダクションの初日にいたのですが、幕が上がってこの鏡が出てきた時は観客がどよめいたものです。


コンサートはにわか仕立てなので、テーマに統一性など求めるべくもなく、ごった煮というよりは幕の内弁当でしたが、これはこれで面白い組み合わせと言えるかも。


オペラ三昧イン・ロンドン



オペラ三昧イン・ロンドン          オペラ三昧イン・ロンドン


 プログラムはこちらです(拡大してご覧下さい)。

応急処置だから文句は言えませんが、私の好みでいうと、ナポリ民謡はオペラ歌唱向きなので大歓迎ですが、ミュージカル曲とかはちょっと・・・。



オペラ三昧イン・ロンドン


音譜この夜の敢闘賞はなんといってもアントニオ・パッパーノ。ROHの大将はピアノもとても上手なのは以前聴いて知ってましたが、ピアノ伴奏で、オペラのアリアは慣れてるのは当然としても、ヴァイオリンとの合奏、渋い歌曲からジャズ風ミュージカルナンバーまでこなしてしまう腕前には脱帽。どれもろくな練習時間などなかった筈なのに凄いです。


ブーケ1メゾ・ソプラノの紅一点ジョイス・ディドナートは深緑の光沢ドレスがとても素敵でした。わざわざこのために取り寄せたんですね。途中で共布のショールも使いました。彼女が歌った中ではやはりロッシーニが一番華やかで好きでした。

ちょっと見ない間に成熟した印象で、もはや新進若手歌手ではなく、地位を確立した魅力と貫禄がありました。セヴィリアの理髪士はフィガロ役のサイモン・キーンリーサイドが降板したし、フローレスも出ない日が2回あるので、彼女には是非絶好調で毎回頑張って欲しいものです。


宝石ブルートラヴィアータでは老け役のトーマス・ハンプソンは、今日は白髪染め(白髪に染める)もせず、いつもの魅力溢れる50代の二枚目バリトンに戻り、最初は渋いマーラーの歌曲を延々と歌ったのですが、とても上手なのはわかるだけど、そういうのはウィグモア・ホールで歌うもので、特にここでは字幕も歌詞が載ってるプログラムもないので、内容が(私には)わからず、歌曲の良さはこれでは味わえませんよお。

彼自身、それは気付いていたのか、後半にアメリカ南北戦争の曲を歌ってくれた時はしっかり説明してくれました。ありがとう、おかげでポイントがわかりました。ありがとう。


キスマーク3人とも素晴らしくて甲乙付け難いですが、テノール好きの私にはジョセフ・カレヤの番が来るのが楽しみでした。一般受けする華やかな曲ばかりをイタリア語、フランス語、英語で歌ってくれて、そのよく伸びる美声と圧倒的な声量で、拍手は一番大きかったのではないかしら?彼は今トラヴィアータでも大人気で、ルネ・フレミングより大きな拍手をもらってるんですよ。今夜最初に歌ったナポリ民謡もよかったし、マスネのル・シドにはゾクゾクしました。


最後は、トラヴィアータ親子コンビで真珠採りのアリアを歌ってくれましたが、私は生でこれを一流の歌手たちで聞くのは実は初めてなので、うっとりでした。


オペラ三昧イン・ロンドン


そうだ、カーテンコールには遠慮してか出てこなかったので忘れてしまうところでしたが、ROHオケのコンマスであるヴァスコ・ヴァシレフのヴァイオリン・ソロもありました。


彼のソロ演奏で思い出すのは、ここでやった5、6年前のゲオルギューとホロのジョイント・リサイタル。一流のソロの人にとっても難しいサラサーテの「カルメン・ファンタジー」に挑戦したのですが、しどろもどろでひどかったこと。実力相応の曲を選ぶことは大事ですが(自分がお琴弾く時も然りと反省)、今夜は難易度の低い曲を無難にこなしてなかなかよかったです。もうちょっと時間が短くてもよかったですけどね。その分、カレヤの歌が聴きたかったです。


オペラ三昧イン・ロンドン

ともあれ、にわか仕立てのコンサートにしてはとても質の高いコンサートで、楽しめましたニコニコ


私は休憩後、空いていたストールサークルに移動したのですが(こっちの方がうんと安い席だからいいでしょ?)、舞台袖でディドナートがペットボトルをラッパ飲みしながらカレヤと和気藹々とお喋りしてるのも見えました。


 客席にはROHの研修生たちも何人かいましたが、インターバルに、写真写りの一番良さそうなテノールのロバート・アンソニー・ガーディナー君にポーズをお願いしました。


研修生仲間で、こないだカーディフのコンテストに出た中村恵理さんもジ・ミン・パーク君もいなかったのは残念だけど。



                  人気ブログランキング  雷 

AD

帯留遊び@オペラ

テーマ:

<6月26日(金)>


慌しい一週間でした走る人

なんせ今週はオペラハウスに4回も行きましたもんね。しかも、そのうち3回は予定通り着物でですよ。

すごく暑い日もあったし、くじけそうでしたが、「着物で一緒に行こうね」、と約束してる場合は頑張ります。


オペラ三昧イン・ロンドン
今日のオペラはヴェルディの仮面舞踏会だったのですが、二人で


そのイメージを帯留で表現するってのはどうかしら?」


という案になりましたひらめき電球


着物姿は誉めて下さった方も多かったですが、帯留には誰も気付いてくれなかったでしょうね。ブローチは小さいですから仕方ないですけどね。


でも、折角こじつけたんですから、写真貼っときます。クリックで大きくなります。


オペラ三昧イン・ロンドン      オペラ三昧イン・ロンドン



オペラ三昧イン・ロンドン
左の黒地の帯が私ですが、この仮面ブローチは仮面ライダーじゃなくて、ヴェニスのカーニバルですからね。

おそらく20年くらい前に家族でヴェニスに旅行した時に買ったものですが、こんなの洋服には実際には付けられないでしょ? だから、使うのは今日が初めて。帯の柄(棗かしら?)とお団子みたいに並んでしまったのは失敗だけど。


右の銀帯の相方は、帯締めを華やかに結んで金色のブローチをさらに引き立ててますね~


ささやかな自己満足ですが、着物の時はなぜかつい何かに因みたくなるんです。着物仲間の皆さんもそうですよね?


時計この週末は、ブログ書き、ウィンブルドンTV観戦などでのんびりするつもり。


                       人気ブログランキング

<6月24日(水)>


さっき、ロイヤルオペラハウスから帰ってきました。


ヴィラソンが随分前に降板、その代役のホロストフフキーがドタキャンし、急遽そのへんにいる歌手をひっかき集めたコンサートが決行されました。


今日はどんなプログラムだったかと言うことだけお知らせして(スキャンしました)、私はもう寝ます。明日も、そして明後日もROHですから。しかも着物で。


----------------------------------------------

オペラ三昧イン・ロンドン
オペラ三昧イン・ロンドン

                             人気ブログランキング  叫び