オペラ三昧イン・ロンドン
5月22日、ムスメとSt. Albansという街にAlbanというオペラを観に行きました。


この新作オペラはムスメが小道具を作って参加したもので、それについては→こちら をご覧下さい。雰囲気のある素敵なセント・オーバンスの街の様子は→こちら でどうぞ。


セント・オーバンスという街の名前の由来となったアルバンは医師で、紀元250年頃のイギリス初めてのキリスト教殉教者。アルバンが埋葬されたところにカテドラルが建てられて以来1750年間キリスト教信仰の場になっているというイギリスでも長い歴史を持つ歴史的価値のある場所ですから、ここで初オペラをやろうとすれば、当然題材はアルバンに決まりでしょう。セント・オーバンスは古代ローマとの関連で有名で、遺跡や博物館もあります。


オペラ三昧イン・ロンドン   オペラ三昧イン・ロンドン

             イングランドで2番目に大きいカテドラルですって
オペラ三昧イン・ロンドン   オペラ三昧イン・ロンドン


アルバンの生きた3世紀のイギリスはローマ帝国の支配下で、本国では軍人皇帝が次から次へと擁立された混乱期であり、キリスト教徒は迫害されていた時代。


アルバンはある晩(駄洒落~)、ローマ軍に追われていたキリスト教神父を正体も知らずに自宅に匿い、次第にキリスト教の教えに感化されるようになり、神父の外套を着て身代わりに逮捕されたアルバンは、裁判で「私はキリスト教徒になった」と告白し処刑されるという実話とされるお話で、地元民なら誰でも知っている逸話でしょうが、このオペラは


「アナタ、なに馬鹿なこと言ってんのよ! さっきのは冗談ですって撤回すれば許してもらえるんだからさ、そうして頂戴。アナタが首ちょん切られたら、私と子供二人はどうやって食べてくのよパンチ!」、


と必死に止めようとする奥さんも主役なのがミソで、夫婦喧嘩がテーマと言ってもいいくらい。誰しも奥さんには同情するわけで、ぐっと来る展開になってます汗


 
オペラ三昧イン・ロンドン   オペラ三昧イン・ロンドン

        舞台                          後ろの席

クリップ

作曲 Tom Wiggall/作詞 John Mole/指揮 David Ireson/演出 Beckie Mills/衣装 AnnHollowood (ムスメがお世話になった人です)


Alban Philip Salmon/Claudia (アルバンの妻) Dominique Thiebaud/神父 Paul Sheehan/

ローマ総督 Des Turner/ローマ総督夫人 Louise Mott


音譜音楽


作曲家はテレビや舞台のテーマ音楽で生活してる人で、初オペラらしいですが、ちょっとベンジャミン・ブリテン風だけど、淡々とシンプルでありながら、字幕がなくてもはっきり聴き取れる英語の歌詞ともマッチして、名作とは言えないまでも、私の期待は上回り、今回だけでぽしゃらせるには勿体ないオペラに仕上がっていたと思います。

20人余りのオーケストラも充分上手。


ワンピース舞台、衣装、演出


壮麗なカテドラルが舞台としては最高なわけだから、セットは不要。ドアや椅子、マーケットの屋台とかの大道具は、もしこれを将来ちゃんとした場所でやるのであれば素人っぽ過ぎて使えないないわよね、という水準ですが、これも手作りの市民参加型らしい温かみが感じられて好感持てます。


贅沢にも 衣装はエミー賞や英アカデミー賞受賞者が担当(ムスメがお世話になったHollowood女史です)したので、作り方自体や柄プリントなど素朴さを残しながらもデザインは洒落ててさすが。これはこのまま使えるでしょう。

演出家もロイヤル・シェークスピア・カンパニーから引っ張ってきて、素人コーラスを上手に統率してもらえました。


カラオケパフォーマンス 


アルバン医師夫妻を、実生活でも夫婦であるフィリップ・サモン(テノール)とドミニック・ティボー(ソプラノ)が演じたのですが、この主役二人は一流で、とくに奥さんはどこに出ても大丈夫なくらい立派。セント・オーバンスに住んでいたという縁なのですが、よくこんなお誂え向きの良い歌手がいたもので、これが最もラッキーな点でしょう。

ローマ総督夫妻と神父役がちゃんとしたオペラ歌手であった以外は、地元の素人が嬉々として参加させてもらったという感じですが、それだからこそのコミュニティ・オペラ。

オペラ三昧イン・ロンドン  オペラ三昧イン・ロンドン  オペラ三昧イン・ロンドン

   アルバン         アルバン妻             ローマ総督婦人と神父

作品としても主役数人の水準も、コミュニティ・オペラとしてはとても立派でしたが、設定で問題ありでした。オペラ用臨時席は観光客の邪魔になるし、大切な歴史的遺産であるカテドラルでのオペラ上演は照明設置等が問題視され、当然難色を示されたとのことなので、理想的な環境からは程遠くなるのは仕方ないのですが、


舞台が低すぎてよく見えなかったことと、私がとても不満だったのは、スピーカーの使用プンプン


素人歌手の声はマイクなしでは無理にせよ、あんなにボリューム上げなくてもいいのに、舞台から近い席の私ですら、スピーカーからの声ばかりガンガン聞こえたのはやり過ぎ。

4日間毎日の上演、しかも土曜日は昼夜2回というまるでミュージカルのような扱いで、正味90分はそんなに長くないとは云え、本職のオペラ歌手でも声をセーブせざるを得ないわけだから仕方ないとは思うのですが、それだったらいっそ最初からミュージカル仕立てにすればよかったんじゃないですか? その方が広く市民に親しまれること請け合いだし。


というわけで、プレミエはまさにアルバンの幽霊が出てきそうな場所で行われたのは極めて有意義でしたが、次回はできれば環境の整ったホールで、本来のオペラの形態でやって欲しいものです。


ムスメが関与したおかげで、いつもと違うレベルのオペラが観られたし、セント・オーバンスにも久し振りに行けたし、そこの住んでる友人とも会えたし、切符代は15ポンドで私にとってはロイヤルオペラハウスよりも高いと言えますが、貴重な体験でした。感謝感謝。


舞台写真がたくさん載ってるサイトを発見したので、その中から何枚かご紹。



オペラ三昧イン・ロンドン


オペラ三昧イン・ロンドン

オペラ三昧イン・ロンドン   オペラ三昧イン・ロンドン

オペラ三昧イン・ロンドン   オペラ三昧イン・ロンドン

オペラ三昧イン・ロンドン   オペラ三昧イン・ロンドン

オペラ三昧イン・ロンドン


                                        人気ブログランキング  ベル                        

AD

今年30回目の着物

テーマ:

5月23日の土曜日、オペラハウスに着物で行きました。


濃い水色の訪問着に、5月12日にも締めた雪輪柄の新しい袋帯で、豪華っぽくしてみたつもり。


オペラはドニゼッティの「愛の妙薬」の4回目。また行き過ぎたかな、とも思いますが、今日は皆さんのお供ですから、勘定に入れないことにしましょう。


オペラ三昧イン・ロンドン   オペラ三昧イン・ロンドン

                                  いつも粋なぴかさん


着物姿が6人揃う予定でしたが、都合の悪くなった方が多くて、残念ながら3人だけ。しかも席が違ったので3人勢揃いはできませんでした。


ま、あまり皆さんをぎょっとさせてもいけませんから、二人づつくらいで丁度いいかも。

オペラ三昧イン・ロンドン

カルメンさんは初おろしの訪問着。


上手く写真が撮れませんでしたが、薄いオレンジ色がとても綺麗で華やか。


   オペラ三昧イン・ロンドン


これで今年30回目ですが、内訳はオペラ15回、コンサート7回、お琴3回、その他(歌舞伎、能、食事)5回


ま、そんなとこでしょうが、目標は50回ですから、今年も早いペースで進み過ぎ。去年の74回の記録を破ろうと狙っているわけでは全くないので。


今までの記録は→着物ギャラリー にまとめてあります。ったく、よーやるよ、私も。





オペラ三昧イン・ロンドン   オペラ三昧イン・ロンドン

ついでに、31回目の着物も急いでアップしましょう。今日(28日)ですから、まださっきまで着てましたよ~


ピアノのショールームで行われた知り合いのプライベートのピアノ・リサイタルでしたが、あまり派手にはならないように、着物はこないだ着たばかりの水色の無地。


帯なんですが、実はこれ、上の雪輪帯の裏面なんです。


渋い焦茶色だけど、金色の花柄が結構華やかでしょ? コンサートにあまり地味なのも淋しいですもんね。


キラキラ両面使えるなんて、しかもどちらもキラキラ綺麗だなんて、旅行とかに重宝しそうな嬉しい帯です。




オペラ三昧イン・ロンドン        オペラ三昧イン・ロンドン

この帯留(実はブローチ)は、付ければよかったと後で後悔したもので、帰宅してから写真だけ。



ワイン明日の夜は、さるパーティのBGMとして仲間とお琴と尺八の合奏をするんですが、着物じゃなくて黒尽くめの洋服という指示。 ちぇっ、つまんねーのプンプン


                                    
                                  人気ブログランキング  カエル

AD

オペラ三昧イン・ロンドン    オペラ三昧イン・ロンドン  

カメラ 2枚の写真は同じものがほとんどですが、違う角度で見てくださいね (クリックで拡大) 


オペラ三昧イン・ロンドン    オペラ三昧イン・ロンドン


ロンドンの北にあるセント・オーバンスSt. Albansのカテドラルで5月20日から23日まで上演された新作コミュニティ・オペラ「アルバン Alban」に、地元大学アート科2年生であるムスメが大学のプロジェクトとして作った小道具が使われました。


オペラは紀元3世紀、ローマ帝国支配化のセント・オ-バンスが舞台で、ムスメの役目は貴婦人のティアラやトーガ(一枚布の長い上着)を留めるブローチ等を作ることでしたが、「こういう材料で、こうやって作るのよ」という指示も見本もなかったので、全工程、試行錯誤しながらコツコツやってました。


自宅を作業場にかれこれ2ケ月間は主にそればかりやっていたでしょうか、当時の資料を参考にしながら自分でデザインを考え、衣装担当者と何度か相談しながら進めていったのですが、その衣装担当というのは、後で知ったのですが、なんとエミー賞とBAFTA(英アカデミー賞)を各2回づつ受賞したという凄い経歴のおばさんでした(Ann Hollowood)。経費節約コミュニティ参加型にしては洒落たデザインの衣装だったのも納得。


オペラ三昧イン・ロンドン    オペラ三昧イン・ロンドン

カーテンコールの写真。胸から下が見えなかったのは残念ですが、胸に鎖を押さえる四角いものも付けてます


王冠1ローマ総督夫人のティアラが最も重要なアイテムでしたが、舞台でも立派に見えて、ムスメも満足だったようです。他の学生が作ったモノもいくつか登場したのですが、ほとんどは明らかに素人の手作りって感じだったのに比べると、ムスメの作品はなかなかの出来だったのでは思い、カーチャンも鼻が高かったです。金属や石に見えるかもしれませんが、そうではなく、resinとcatalystを混ぜたものに色を塗ったものです。


数多く作ったブローチの全てを舞台で実際に使ってもらえたわけではないですが、作る過程で学んだことは多かった筈なので無駄にはならなかったでしょうし、分厚いレポートと一緒に提出した大学の成績も最高点がもらえました。


オペラ三昧イン・ロンドン    オペラ三昧イン・ロンドン

「おっちゃん、それ私が作ったんよ」と英語でムスメが言うと、

「おお、それは凄いですね、上手上手」と日本語で返事してくれたコーラスおじさん

なんでわかったんだろう・・・私は着物じゃなかったのに。

オペラ三昧イン・ロンドン    オペラ三昧イン・ロンドン

   おばさんの頭と左肩を見てね


コーラスの人たちとは上演前後に話をする機会があったので、一緒に写真も撮ってもらって嬉しそうなムスメでした。オペラについては別に書きますが、なかなか立派な作品だったので、近い将来再演される機会もあるのではないかと。 

オペラ自体のことは、もうちょっと待って下さいね。


ムスメの他の作品は、「親ばかギャラリー」→こちら にまとめてあります。


                                       人気ブログランキング  宝石緑

AD

オペラ三昧イン・ロンドン


5月18日、カドガン・ホールのコンサートに行きました。大好きなノルウェー人ピアニストのレイフ・オヴェ・アンスネスLeif Ove Andsnesが目的ですが、行けたこと自体がラッキーそのもの、というか運命ではないかとすら思いましたわ。


私のところにはほとんど毎日あちこちのコンサートホールから案内が届くんですが、全部目を通してる時間もないので、たいていはポイッ!で、大した人は滅多に出ないのカドガン・ホールもで守備範囲外ですからそのくちです(ハカセタローさんとかよく出てらっしゃるようですが)。


だけど、4月30日に届いたブローシャーには何かビビっと感じるものがあって(霊感は全くありませんが)、見てみたら、なんと、アンスネス様がコンチェルトを2曲も弾いて下さるコンサートがあるではないですか!


あーん、でも、5月18日かあ、2週間ちょっとしたないから、ろくな切符なんて残ってないわよね、きっとガーン 私はかぶりつきでなきゃ嫌なんだけどあせる

ところが、あったんですね~、これがクラッカー


最前列のやや向かって左寄りの理想的な席が2枚だけポツ~ンと私を待ってました(22ポンド)。周りは売れてたので、リターン席にちがいないです。その日は約束があるけど、それはなんとかすることにして、即クリックしなくっちゃね。


さらに、私よりもコンサートなどに多く通ってらして超多忙にちがいないアンスネス大ファンのPrimroseさんもその日は幸い空いてて、ご一緒して下さることになりました。仲間とキャーキャー騒げば楽しさ倍増です。


オペラ三昧イン・ロンドン



オペラ三昧イン・ロンドン
Norwegian Chamber Orchestra
With Leif Ove Andsnes


Leif Ove Andsnes piano

Programme:
Mozart: Piano Concerto No.14 in E flat major, K.449
Prokofiev: Classical Symphony
Grieg: Holberg Suite
Beethoven: Piano Concerto No.3 in C minor, Op.37

(アンコールは、ハイドンのD majorコンチェルトの第三楽章)



アンスネス様のピアノ以外はどうでもいいので、どんなオケだか指揮者が誰だか当日まで全く気にも留めなかったのですが、考えたら指揮者の名前が載ってなかったのは、アンスネス自身がピアノを弾きながら指揮をしたからです。そう、モーツァルトとベートーベンのコンチェルトなら指揮もするピアニストも多いですもんね。

そうなると後ろ姿しか見えなくて、北欧系に弱い私にはハンサムに見えるお顔が拝見できないのは残念ですが、背筋を伸ばして指揮する姿がまた凛々しくてラブラブ!


ピアノ演奏も期待通りの素晴らしく、彼らしく丁寧で正確で清々しくて感動しました。真後ろでなく斜め後ろだったので手の動きもよく見えて最高でした。下から見上げるので手の平がよく見えたんです。ベートーベンも、こういう小編成のオケだとピアノの音がよく聞こえて更にグー。


アンスネスがピアノを弾かない2曲は、指揮者なしでの演奏でしたが、グリーグのホルベア組曲はオハコ中のオハコなのでしょう、皆さん暗譜で立って演奏。体でリズム取ってお互いを見ながら、おらが国さの作曲家の曲を一糸乱れず余裕で楽しげに演奏してくれた姿からは、ノルウェーの誇りを感じました。


この直前にモスクワで行われたユーロビジョン・ソング・コンテストでも、以前は零点国とジョークされたノルウェーがなんと史上最高点で優勝したばかりで、ノルウェー、なかなかやるじゃん、と私的にも盛り上がったのであります。


それに、さすが美形の多い北欧、オケのメンバーも男女ともなんて美しい人が多いんでしょ。写真をクリックで大きくして下さいね。

オペラ三昧イン・ロンドン    オペラ三昧イン・ロンドン

オペラ三昧イン・ロンドン   オペラ三昧イン・ロンドン



メモ

終了後はCDサイン会。私は写真を撮ることの方が重要なので列には加わりませんでしたが、この爽やかな好青年は客を待たせないように素早く着替えて出てきてくれました。

オペラ三昧イン・ロンドン    オペラ三昧イン・ロンドン



次のアンスネスのロンドンでの演奏は12月4日のQueen Elizabeth Hallですが、勿論かぶりつきを確保済み。来年2月にはウィグモア・ホールでリサイタルもあるので楽しみ。


                                    人気ブログランキング  指輪

オペラ三昧イン・ロンドン

5月17日の日曜の午後、ロイヤル・フェスティバル・ホールにコンサート形式のオペラAgrippinaを聴きにいきました。


今年はヘンデル没後250年という節目なので、イギリスではヘンデル漬状態ですが、どさくさに紛れて(?)こういう珍しい演目も聴けるのは嬉しい限り。機会を逃さずこちらも体力勝負でお付き合いしましょう。と、言いながら、同じ日の夜にバービカンであったヘンデルの別のオペラ・コンサートは、主役のキルヒシュラーガーが降板したのをこれ幸いとでも言うように行くのを辞めました。だって正味3時間のアグリッピーナを最前列ど真ん中で全身に浴びるように聴いた後にまた3時間のヘンデルを至近距離で聞くのはちとしんどいでしょうから。


チューリッヒで上演中の合間を縫ってロンドンまで皆さん揃って来てくれたのは、やっぱりヘンデルが長年過ごしたからロンドン詣でしなくちゃね、ということこだったのか、それともあちこち回ってるついだだったのかは知りませんが、こういう形ででもいらして頂けるのはとてもありがたいことで、他の皆さんも真似してくれないかしら。今やってる最中だから演技をするなと言う方が難しいでしょうから、コサート形式とは言いながら芝居っ気たっぷりに演じてくれるわけで、その意味でも棚ボタ。


でも、素晴らしいコンサートだったのに、切符の売れ具合が悪かったのが残念。


どんな内容?


アグリッピナは、古代ローマ史の中でも有名な悪女。親戚筋も含めた彼女の波乱万丈の人生をここに書いてるとそれだけで長くなるので、ご興味ある方は日本語ウィキでも読んで頂くことにして(→小アグリッピナ  )、とりあえず2行ちょっとでまとめると、


ローマ皇帝カリグラの妹でありネロの母親という華麗なる一族の出。権力を握ることに異常に貪欲で、息子ネロを皇帝にするためにあの手この手(嘘八百、政略再婚、おそらく殺人も)を尽くし成功するも、皇帝就任後も口出しし過ぎて疎まれ、ネロの命令で暗殺される 


という彼女の一生を全部やると悲劇にならざるを得ませんが、このオペラはネロを皇帝にするところまでなので誰も死なずハッピーエンドのどたばたコメディ仕立てになっていて、ヘンデルの明るくリズミカルな音楽が楽しい作品です。

詳しいストーリーは詳しいこちらを拝借しますが(→こちら )、要するに、若くて美しいポッペアに群がる男共(自分の夫も)を利用してライバルの失脚を図るアグリッピナと、企みに気づいて巻き返そうとするポッペアの女性二人の知恵比べ。


チューリッヒの写真を載せときますが、カラフルで洒落たプロダクションだこと。

オペラ三昧イン・ロンドン    オペラ三昧イン・ロンドン

オペラ三昧イン・ロンドン   オペラ三昧イン・ロンドン  


  オペラ三昧イン・ロンドン   



オペラ三昧イン・ロンドン    オペラ三昧イン・ロンドン

           クリップ

        Handel Agrippina - opera in 3 acts

         Zurich Opera
          Orchestra La Scintilla
            Marc Minkowskiconductor
              Vesselina KasarovaAgrippina
                Eva LiebauPoppea
                  Marijana MijanovicOttone
                    Anna BonitatibusNerone
                      Wiebke LehmkuhlGiunone
                        Laszlo PolgarClaudio
                          Ruben DrolePallante
                            Jose LemosNarciso
                               Gabriel BermudezLesbo



ほら、なかなか豪華な顔ぶれでしょ? しかも、私の席からは舞台がすぐ目の前なので、映像のアップで観るのと同じくらい細かいところまでよく見えて大満足。指揮者ミンコフスキーの白髪頭が邪魔で字幕が見辛かったですが(歌はイタリア語)。


音譜パフォーマンス


アグリッピナ

タイトルロールのカサロヴァは期待通りの余裕と貫禄。素晴らしい歌唱で、彼女だけ格がちがうことは明らか。今までに何度か生で聴きましたが、今回は席も近くて堪能しました。顔のシワまではっきり見えて、もう若くないことを思い知らされましたが、すっかり役になりきって目の表情も生き生きと、カサロヴァ自身がこの猛女を演じることを楽しんでる様子。嘘ばっかり言うとんでもないオバサンなんだけど、カサロヴァのくるくるとした瞳で可愛くてチャーミングな悪女に。

結構お尻が大きくてどっしりした体型を隠す焦茶色のストレートなドレスも似合ってましたが、前半のようにジャケットを着たままにすればよかったのに。後半は太い腕が露になって、すらっとした女性ばかりの中では貫禄あり過ぎ。


ネローネ(皇帝ネロ)

Anna BonitatibusはROHのフィガロの結婚のケルビーノ。その時は少年らしい身振りが抜群で、歌も悪くなかった彼女、今回も男役ですが、洒落た衣装と長い髪ですっかり成熟した大人の女性に変身。コロラチューラも多い華やかな役ですが、充分上手にこなしたものの、コロラチューラがバルトリほど軽く転がらないのは仕方ないとしても、何か一つパンチに欠けていて、やっぱりこの役はカウンターテナーの方が良さそう。

白いパンタロンと長いジャケットは洒落てました。


ポッペア

Eva Liebauという名前は聞いたこともなかったし、うんと若くて、しかも彼女だけ分厚い音譜をいつも抱えてたので、チューリッヒの舞台には出してもらってないソプラノかしらと思ったら、ちゃんと出てる人じゃないですか。

清らかな高音が心地よく響くのは良いのですが、細かいところが完璧とは言えず、まだ硬い蕾という感じ。でも、3人の男を虜にする美女役にぴったりのほっそりとした容姿が綺麗でチャーミングだから許しちゃう。

黒地に水色がキラキラ光るドレスも彼女が着るとすごく可愛い。


オットーネ(ポッペアの恋人)

Marijana Mijanovic、素敵でした。私は宝塚の男役に熱を上げる趣味はないのですが、この長身でハンサムなズボン役のマリアーナ様には惚れ惚れ。彼女だけコメディ面がなくて真面目一方なので魅力がないとつまんない場面ばかりになってしまうのでしょうが、深いアルト声で真摯な歌いぶりに、彼女が出てくると、「よっ!待ってました」とでも掛け声したくなってしまいました。


緑の鮮やかなジャケットがよくお似合いで、下から見上げる黒いズボンも長い足だったこと。美人のポッペアとは絵になるカップルで、ラブシーンなんかドキドキしちゃいましたよ。


皇帝クラウディウス(アグリッピナの3人目の夫)

皇帝のくせに威厳もなくて妻アグリッピナにしてやられてばかりのボケ役。Laszlo Polgatという図体のでかいおじさんは吠えてるだけ。チューリッチのハウスバリトンなのかしら? ロイヤルオペラハウスには出ないでね。


他、カウンターテナーのJose Lemosも、下手じゃないけどいまいちで、クネクネ気持ち悪かった・・


素晴らしかったのは指揮者ミンコフスキーとオーケスラ。珍しくチェロ独奏がやたらあって、その彼がハンサムな男性だったので、しっかり写真撮りました。


カメラカーテンコールの写真を何枚か載せときますので、適当にクリックで拡大して下さい。満席じゃなくても、楽しげに踊りながら拍手浴びてました。ポップ音楽のようなヘンデルにはぴったり。


オペラ三昧イン・ロンドン   オペラ三昧イン・ロンドン

オペラ三昧イン・ロンドン   オペラ三昧イン・ロンドン

オペラ三昧イン・ロンドン   オペラ三昧イン・ロンドン

オペラ三昧イン・ロンドン   オペラ三昧イン・ロンドン


                            人気ブログランキング   合格