こないだ随分遅れてアップした「道楽者のなりゆき」が備忘録なら、6月25日に観て今頃アップするこのタンホイザーは回顧録と言うべきか・・・観てすぐ書ければいいのですが、なんやかんやで無理なのが悲しいです。


しかし、今更ナンですが、生で観たオペラは全部書くことにしているし、実は写真だけは随分前から準備してあったので、誰も読んでくれなくても最低限のアップをしておきましょう。なんだかやり残した夏休みの宿題みたいでずっと気にかかっていたんです。なんて思ったら、子供の時2学期が始まる直前にキャーっと焦りまくっていた惨めな思い出が蘇ってきた。人間、いくつになっても変らないものですね~


などど余計なことを言ってないで、ほれほれ、ワーグナー、ワーグナー。


はい。


このタンホイザーで、私、ワーグナーの生オペラを全部観たことになります。やったねクラッカー 


しかも、それがこのオペラが初演されたドレスデンのセンパーオーパーだったのは凄い。つうか、ROHのレパートリーにはタンホイザーは今のところ無いようなので、遠征しなくてはいつまでも制覇はできませんでした。


私は特にワグナー・ファンではないので、どっかから切符が降ってこない限りバイロイトに行く機会はないだろうし、狭い意味でのワグネリアン(ワグナーしか聴かない人)には絶対ならないのですが、それでも一応全部生で観た、というのはちょっとした達成感です。


さて、初演した記念すべきドレスデンで観たのですが、ここで1845年に初演したものとは実は少しちがうバージョンでした。いくつかあってややこしいのですが、「いわゆるパリ版」(パリではなくウィーンだったようですが)といやつを少し変えたものらしいです。どの版も観たことのない私にはちがいはもちろんわからないのですが、有名な場面はどれもそのままでしょうから、あまり気にしないことにしましょう。


このプロダクション、去年の秋に日本引越し公演もあったので、ご覧になった方もいらっしゃるでしょう。


メモあらすじ


詳しいあらすじはこちら→ウィキペディア で読んで頂くことにして、


要するに、いい加減に抜粋すると、


中世の騎士で吟遊詩人のタンホイザーは、仕事も恋人も放ったらかして、フーゾクのオネーチャンのところに入り浸ってたんですが、それにも飽きて望郷の念に駆られ、今まで尽くしてくれたオネーチャンを傷つけて、おめおめと戻って行くんです。


幸い、長い間行方不明になっていた彼を、かつての仲間も恋人エリザベートも喜んで受け入れてくれたのに、このアホは、シンガー・ソング・ライターとして、「愛」がテーマの歌合戦で、「精神的で崇高な愛なんてクソ食らえってんだ。快楽こそが愛の本質に決まってるじゃねえか」、と歌ったもんだから、今までの放蕩ぶりがばれてしまって大ヒンシュク。

後悔するタンホイザーは、エリザベートの叔父である領主に「ローマ法王に謝罪して許してもらうように」と言われて、遠路ローマへ。


でも、当然というか、法王に「あかん、赦せん」と言われて、「しゃーない、又オネーチャンのとこに行くしかないべ~」と自暴自棄となったタンホイザーの前に(夢で)現われるフーゾクのオネエチャン。だけど、恋人の名前を呼ぶと夢から覚め、オネエチャンの姿も消える。そこへエリザベートの亡骸を運ぶ葬列が近づき、タンホイザーは棺の上に倒れて息絶える・・・


という、肉体的快楽と精神的な愛のせめぎ合いがテーマで、ワグナーの崇高さとセクシーさが充分味わえ、「あ、これ知ってる~」という有名な曲もいくつか出てきて、ワグナーの中でも人気のある作品であるのも頷けます。



家舞台と衣装ジーンズ


このドレスデンの1997年のペーター・コンヴィチュニーの演出は物議を醸し出したようで、その理由は写真でおわかりでしょう。荘厳さの欠片もないですもんね。

私はこういう「なんじゃ~、これ」というのが結構好きなので、とても楽しめましたが、設定通りにやったらこうなるんだろうな、という作業が必要なわけで、ちょっと疲れます。


つまり、右の絵(ラファエル前派のジョン・コリアJohn Collierの1901年の作品)のようなのを、↓このフーゾクのオネエチャンたちから想像しなくちゃならないんです。


体をグリーンに塗って、マージ・シンプソ(TV漫画の)ンのようなっこんもり髪型のオネエチャンたちがタンホイザー人形を弄ぶ場面はすごく面白かったですけどね。

それも最初はちっちゃい人形なのが、次々と大きくなっていって、最後は等身大のタンちゃん人形になり、首がちょん切られるんです。


吟遊詩人の歌合戦場面の聴衆もカラフルな三角ハットでまるでガキンチョのお誕生日パーティ。これでこの場面に必要な深刻な緊張感を感じろと言われてもねえ・・・


タンホイザーは始終パジャマ姿だし、騎士軍団が背広姿にお鍋を被っている程度の崩し方は慣れてるのでどうってことないですが。






音譜パフォーマンス音譜


これはもう、前日のリゴレット (フロレス、ダムラウ、ルチッチ)があまりにも素晴らしかったので、このタンホイザーはすっかりかすんでしまい、一流と二流の差を嫌と言うほど知らされたのですが、ま、仕方ないですね。


詳しいキャストはご一緒した のブログでご覧頂くとして、主な人たちはこちら。




TANNHÄUSER und der Sängerkrieg auf Wartburg


演出  Peter Konwitschny

指揮  Christof Prick     

タンホイザー (中世の騎士で吟遊詩人) Robert Gambill

エリザベート (タンホイザーの恋人) Brigitte Hahn

ヴォルフラム(タンホイザーの友人) Christoph Pohl

領主ヘルマン(エリザベートの叔父さん) Georg Zeppenfeld

ヴェーヌス(フーゾクのオネエチャン) Michaela Schuster



タイトル・ロールのロバート・ギャンビルは、高音が割れるのが辛いのですが、中低音は悪くないしパワーもまあまあだし、放蕩息子らしい魅力のあるルックスなので、超人手不足のワグナー・テノール界ではそれなりに重宝してもらえる人でしょう。去年の秋の日本公演も彼でしたよ。


一番の失望はエリザベートのブリギッテ・ハーン。キャサリン・フォスターの代役なので仕方ないのですが、50代小太りのおばさんで歌唱的にも盛りは過ぎた人のようです。


同じ代役でもちょっとしためっけものだったのがヴォルフラムのクリストフ・ポール(オラフ・バーの代役)。彼も日本メンバーだったと思うのですが、タンンホイザーへの友情とエリザベートへの報われぬ愛を声とルックスの両方で理想的に表現した彼は、「娘の婿にはこういう男性がいいわ」と世の母親が思うような孝行誠実ぶり。若い娘は得てしてアホだからタンホイザーのようなワルに惹かれるけど、こういう控え目だけど他人想いで芯の通った男性っていいわあ。


ヴェーヌスのミカエラ・シュスターはデブで緑色だからってわけじゃないけど、下手じゃないけど、声に色気もなくて魅力なし。


領主ヘルマンのゲオルグ・ツェッペンフェルトは、ここのハウスバリトンなのでしょうか、リゴレットにも殺し屋役で出てましたが、独特の風貌が役によっては生かせる人でしょう。リゴレットの方がよかったです。


オーケストラとコーラスは素晴らしかったので、これがワーグナー・オペラでは一番大切なわけで、ソロに対する不満もこれでかなり解消でき、ドレスデンまで行った甲斐もあったというものです。







さて、と・・・


ずっと気になりつつも、このタンホイザーをアップするまでは私のドレスデン旅行はまだ途中だったわけですが、これでついに終わってしまいました。


お天気もよかったし、ドレスデンは広々と美しく、中年男女3人の楽しいオペラ旅行 でした。


やはり一番の思い出はリゴレットですが、あれからBAのドレスデン直行便は廃止決定したし、これがヴェルディ・デビューだったフロレス王子は「やっぱり僕にはまだこの役は負担が重過ぎるようです」とかで暫くは歌わないと表明したそうなので、まさに幻のフロレスのリゴレット@ドレスデンになりました。南無阿弥陀仏・・・



オペラハウスの中から広場を眺めると、あ、私たちが何度も行った思い出のカフェが見えますコーヒーワイン

この美しいオペラハウスにはもう二度と行くことはないかもしれない・・・


                               人気ブログランキング  カバン    

AD

9月の予定

8月28日から2週間の休暇に入りましたクラッカー (一年に一度、2週間会社を休まなくてはならないのです) 


忙しい9月に入る前に何日かのんびりできて、ハッピーな私ニコニコ


でも、9月になると、どえらいスケジュールで往生こいてしまいそうですショック!



1ローマ家族旅行飛行機


なんとローマだけに7泊という、ミニ滞在型ホリディですが、はい、鬼軍曹の号令の元、まだ暑いだろうローマで一日中オイッチニ、サンシ、と行進してきます。日本語パソコンのある宿泊所なので、元気が残っていればブログの更新も致します。



2ドン・ジョバンニ  @ROH


ROHのシーズン幕開けは、新プロダクションじゃなくて、なんだ又これかよ。去年の夏にやったばっかじゃんむかっ

とは言え、パッパーノ指揮、キーンリーサイド、ディドナート、ヴァルガス、となかなかの顔ぶれなのでそれなりに素晴らしい筈から、楽しみにしています。



3the Thames Festival  @サウスバンク


私もちょこっと琴を弾きますので、13日(土)午後、サウスバンクにいらして下さいね~!



4西部の娘 (プッチーニ) @ROH


オペラには珍しい西部劇の3年ぶりのROHリバイバル。主役はまた同じホセ・クーラですが、相手役のEva-Maria Westbroekが楽しみ。マッケラス指揮。


5La Calisto  @ROH  


こ、これは一体なんでしょうね? 題名も作曲家Francesco Cavalliも聞いたことがないのですが。

でも、聞き飽きたやつばかりじゃ退屈ですから、イチかバチかワクワク。カウンターテナーのヴィスを初めて聴けるし。



6ドン・ジョバンニ  @ROH


またドンジョバなのかとぶーたれながら又行くのは、途中で歌手総入替えになるからです。こちらがレベル的にBチームというわけでもなく、タイトル・ロールこそマリウス・キーチェンと、キーンリーサイドには劣るでしょうが、チョーフィも出るし、この役は合わないにせよボストリッジ博士も。エマ・ベルもいいかも。



7アンジェカ・キルヒルシュラーガー のリサイタル @Wigmore Hall


メゾソプラノの人気歌姫キルヒーがシューベルト、コーンゴールド、ヴェイルを歌ってくれます。




    

脱ぎたがりのサイモンだけど、熱そう~    同じく脱ぎたがり屋のクーラ、今回は機会がなくカウボーイ姿

  

         

「カリスト」の」豹柄の衣装、涼しそう   地味場所リサイタルだけど、あたしもセクシーなドレスにしよっかな?
      


9月はもちろん仕事も忙しいので、暑いローマと寒いロンドンで体調崩さないように気を付けて乗り切らねば!


                               人気ブログランキング  走る人

AD


7月9日に観たオペラを今更書くのもナンですが、自分の記録として残しておきます。


読む絵画と言われたイギリスの風俗画家ホガースWilliam Hogarth(1697-1764)の銅版画を元にしたストラヴィンスキーのThe Rake's Progressは、1950年頃の作品ですが、擬古典的作品であり、前衛的な不愉快さはなく、英語でもあり、聞きやすいオペラです。



Sally Matthews : Anne Trulove
Tom Rakewell : Charles Castronovo
Darren Jeffrey : Trulove
Mother Goose : Kathleen Wilkinson
John Relyea : Nick Shadow
Patricia Bardon ; Baba The Turk
Peter Brandon : Sellem the auctioneer
Joanathan Coad : Madhouse keeper

Thomas Adès : Conductor
The Royal Opera House Orchestra and Chorus
Robert Lepage: Director
Carl Fillion : Set designer



クリップあらすじメモ


主役のトムが自ら語ってくれるそうです。助かります。


「イギリスの田舎でくすぶってるおいらだけど、楽して金持ちになりたいって思ってんのさ。だから恋人アンの親父には気に入られてないんだ。そんな時、ニック・シャドーって男が現われてよ、叔父さんの遺産相続のためにロンドンに行けて言われたんで、おいらはもちろん大喜びで田舎を後にしたさ。


ロンドンではまず娼婦館に連れてかれて一気に快楽にどっぷりだったけど、暫くすると都会の豪邸生活が虚しくなってきた。そんな時ニックに乗せられてサーカスの見世物だったヒゲ女と結婚することにした。その時田舎から恋人アンが訪ねてきたんだが、そりゃおいらにゃ愛想をつかしただろうさ。


ある日おいらの夢の中に出てきた石をパンに変える機械をニックが実際にくれたんだけど、このインチキ機械のせいでおいらは破産しちまった。女房にも逃げられた。


財産を全て失ったおいらにニックが「約束の一年が過ぎたからお支払いを」って言い出して、お金がないのならおいらの魂で払えと。えーっ!そんな・・


だけど、ニックは最後のチャンスをくれた。おいらがカードで勝ったら借金は帳消しにしてやると。で、まだおいらのことを想ってくれてるアンのことを念じたらおいらが勝ったのさ。だけど、ニックの野郎、おいらを狂人にする呪いを掛けやがった。それでおいらは気がふれて、アンの看病の甲斐もなく死んじまうのさ」


(「ファウスト」にそっくりな話ね。キリスト教徒にとっては魂を売るってことに何か深い意味があるんでしょう)




家舞台と衣装ジーンズ


1950年代のアメリカに読み替えてあり、ニックは映画監督でトムは人気俳優に。ROHでは新プロダクションでも、すでにブリュッセルのモネ劇場なとでご披露されてカラフルな写真を見ていたので、今回は舞台を見るのを目的にして、舞台袖の席を奮発。おかげで、細かいところまで凝ったセットと小道具、ウィットに富んだ演出を充分楽しむことができました。


でも、あちこちの批評でも言われたけど、こじんまりした舞台用に作られているので、でか過ぎるROHでは空間スカスカでで間が抜けてた。それに、こういう斬新なセットはすぐに古めかしくなるのかも。


    


  



音譜パフォーマンス音譜


トム役はトビー・スペンスにやって欲しかったわあ!われらがトビー君はパリでこの役を演じて好評だったそうなのに、きっと今回はENOのENOのキャンディード と重なってしまったのが理由にちがいない。あんなマイク使用のミュージカルより、こっちの方がオペラ歌手としてはずっとやりがいあるに決まってるのに、すっごく残念。きっと素晴らしいトムにちがいないのにぃしょぼん


今回のチャールズ・カルテロノーヴォ、ROHのトラヴィアータで聴いたことがあるけど、声に魅力がないので全然ぱっとせず、ルックスの良いのだけが救い。次回は是非トビー君を出してね!


ROHの若手歌手育成プロジェクト出身のサリー・マシューズはすらっとした金髪美人でくせのない声も悪くないんだけど、なんかぐっとくるものがないソプラノなんですよね。小さなオペラハウスでなら彼女の良さも通じるかもしれないけど、あまりにつつましやかで押し出しが弱過ぎ。


主役の若い二人はスケールちっちゃくてイマイチだった中、唯一一流と呼べるのは悪魔のニック役のJohn Relyea。凄みがきいて舞台映えする容貌と迫力のある声で、彼が出てる時だけは舞台が締まりました。



指揮者は「テンペスト 」の作曲家トーマス・アデス。指揮だけではなく、ピアノも聴いたことがありますが、なかなか広い才能の持ち主で、このストランヴィスキーもそつなくこなして文句なし。



  



                     人気ブログランキング  ドクロ

AD

来月早々のローマ家族旅行が近づいてきました。


日本も大分涼しくなってきたようですが、ローマも私たちが行く頃には温度が下がってて欲しいですねえ。なんせ、宿泊代をケチったので冷房が付いてないですから。


ま、それは運を天にまかせるしかないのですが、自分たちでできることは致しましょう。


見所満載のローマですが、トーチャンの希望で、古代ローマ帝国の遺跡を中心に回ることになりそうです(私も異存なし)。教会もたくさんあるのですが、キリスト教嫌いのトーチャンは興味ないみたいなので(私はキリスト教徒ですらないので、これも異存なし)。ヴァチカンにはもちろん行きますけどね。


で、古代ローマ遺跡をテーマにするのであれば、例えばフォロ・ロマーノなど、残っているのはほんの一部だけですから、なんといっても想像力が必要ですね。


そして、ローマ帝国全盛期の姿を想像するためには知識が不可欠。


本その準備として、私は最近塩野七生さんのローマ人の物語 のうち、知り合いが持っている限りの文庫本を借りて、「悪名高き皇帝たち」(ネロだけ)、「危機と克服」、「賢帝の世紀」、「すべての道はローマに通ず」を読みました。


ローマ帝国中期に集中してますが、6月にトビー君率いるコンサート形式で聴いたオペラ「皇帝ティートの慈悲」 のテティトゥス皇帝 (在位79-81年)のこともわかりましたよ。


彼は実際に慈悲深い皇帝だったようで、若い時から父皇帝との共同統治し、皇帝であったのは僅か2年間であったものの善政。しかし、AD79年には例のヴェスヴィオス火山噴火/ポンペイ壊滅とローマの大火があり、その事後処理の陣頭指揮などで苦労して早死に(弟の次皇帝に暗殺されたという説もあるらしい)。ユダヤ滞在中に恋仲になったユダヤ王女をローマに連れ帰ったものの結婚は諦めたのはモーツァルトのオペラの通りですが、その後は結局独身で通したようです。



ハートLife Love Legacy Hadrian Empire and Conflict @the British Museum


さて、シーザー、アウグストゥス、カリギュラ、ネロという超有名皇帝(皇帝としての良し悪しは別にして)と並んでイギリスではお馴染みなのがハドリアヌス帝 (在位117-138年)。スコットランドとの境界近くにハドリアヌスの長城 がありますからね。


 


折しも、今大英博物館でハドリアヌス展 が開催されているので、25日に家族3人で行って来ました。


私は塩野さんの本でハドリアヌス帝のことはしっかり読んでいたので、彼の功績や性癖などで新しい知識は得られませんでしたが、でも実物の彫像などを見るとやはりさらに迫るものがあります。(でも、入場料12ポンドを払う価値があったかどうかはちょっと疑問)



  

 

ローマ皇帝は皆さんそれぞれ特徴があって面白いのですが、


ハドリアヌスは優れた武人であり、ギリシャ文化を愛し、建築に興味を示し、広い帝国の隅々まで視察したという(イギリスにも来た)、 文武両方に秀でた行動力のある皇帝で、性格は複雑だったようですが、寵愛したギリシャ人美青年アンティノーがナイル川で溺死した時には号泣したいうエピソードにはぐっと来るものがあります(奥さんには冷たかったようですが)。 


しかし、今でこそ五賢帝の3人目として評価も高いハドリアヌスですが、ローマを留守にしてばかりだったのと、彼の治世に領土が縮小してしまったので元老院には不人気で、もう少しで死後は「記録抹殺刑」にされるところだったそうです。

展示場では、写真は撮れませんでしたが、一番興味深かったのは、その美青年の彫像と(たくさんあった)、ローマ郊外ティボリに建てた広大な別荘の模型で、タイムマシンがあるのであれば、その豪勢極まる別荘を訪問してお風呂にも入らせてもらい、アンティノー青年を愛でてみたいものです

(それは無理でも、ティボリの遺跡には行けるかも)




この美青年をもっとご覧になりたい方は→こちらウィキペディア でどうぞ。


彼がお気に召した方、等身大の全裸像が大英博物館のショップで1万ポンドで売ってましたからね。


あ、ハドリアヌス帝自身も長身ハンサムで先帝の奥さんのお気に入りだったから皇帝になれたみたいです。男が玉の輿にのるために必要なのはやっぱり美貌か・・


                           人気ブログランキング 宝石紫

オリンピック、終わってしまいましたね。

名古屋弁が堪能のメアリーさんとドロシーおばさんには2週間前のオリンピックきゃーきゃー式 にも登場して頂いたので、へいきゃー式のコメントもお願いしましょう。


「メアリーさん、へーきゃー式も無事終わりゃーてよかったなも。じきゃあきゃあきゃあ都市ロンドンのプレゼンはどう思ゃーした?」


「それはよ~ドロシーさん、ヒャーテクじんきゃあ作戦の北京組にたゃーこーしても勝てる筈にゃあで、シャビいダブルデッカーバスで乗り込んでからに、ロンドンたゃーきゃーはどえらい違うでね、北京みたゃーなスケールきたゃーせんといてちょー、とアピールできたで、あれでよかったんでにゃーの?」


「そうだわいね、何がだゃーじか考え直してまうええききゃあだで。

ほんでからに、しんぴゃーしたけど、イギリスはよーけメダルが取れてよかったがね」


「ほうだがね、金19個、銀13個、銅15個も取れたでね。ばんばんざゃーだがね」


「でもよ~、金メダルはサイクリング8個、ヨット4個、ボート2個、水泳2個、陸上1個、ボクシング1個、カヌー1個だったで、どえりゃあ偏っとるし、陸上がめっちゃんこあかなんだのがだちかんわ。陸上コーチはクビだぎゃ」


「そんなんで済ますか~!リレーのバトン渡しがわやだったでハラキリしてまわな」


「きっついなも。それにしてもよ~、国中から引っかき集めやーしてべっぴんの中国人のお姉さんたあがどえりゃあよーけ出てきたなも」


「椿姫さがかんぎゃあ深げに言っとりゃーたけど、1979年にイギリスに来る途中に北京空港でのりきゃあーた時にはまんだみんな人民服着とっただと。どえりゃあ変りようだでかんわ」


「いっくら可愛いても中国人が世界中に溢れたらおそぎゃあけどね」



  


はい、メアリーさん、ドロシーさん、率直なご意見ありがとうございました。

私、三連休でヒマなので、ちゃんと標準語訳しますね。



「メアリーさん、閉会式も無事に終わってよかったわね。次回開会都市ロンドンのプレゼンはどう思った?」

「それはね、ドロシーさん、ハイテク人海作戦の北京組に対抗しても勝てる筈ないから、シャビーなダブルデッカーバスで乗り込んで、ロンドン大会はすごく違うから北京みたいなスケールを期待しないでね、とアピールできたから、あれでよかったんじゃないの?」

「そうよね、何が大事が考え直す良い機会だから」

「それでさ、心配したけど、イギリスはたくさんメダルが取れてよかったわよね」

「金19個、銀13個、銅15個も取れたものね。万々歳だわ」

「だけどね、金メダルはサイクリング8個、ヨット4個、ボート2個、水泳2個、陸上1個、ボクシング1個、カヌー1個だったからすごく偏ってるし、陸上がすごくあかんかったから駄目だわ。陸上のコーチはクビね」

「そんなんじゃ済まないわよ。リレーのバトン渡しがめちゃくちゃだったからハラキリしてもららなくちゃ」

「きついわねえ。それにしてもさ、国中から引っかき集めて別嬪の中国人のお姉さんたちがすごくたくさん出てきたわね」

「椿姫さんが感慨深げに言ってたけど、1979年にイギリスに来る途中に北京空港で乗り換えたときにはまだ皆さん人民服着てたんだって。すごい変りようよね」

「いくら可愛くても中国人が世界中に溢れたら怖いけどね」





         


はい、次はいよいよロンドンの番。


ちゃんと上手にできるか今から心配だけど、一生に一度の生でオリンピックを観る機会でしょうから、それまでにはリタイヤしようっと。
           


                人気ブログランキング  メラメラ