いえ、ドレスデンの素敵なレストランやナイトクラブに行ったんじゃなくて、3泊中3晩ともオペラハウスにいたんですけどね。


到着した日の夜は運よくダフ屋から切符が買えて、すごく良い席だったにも拘わらず普段着で行くしかなかったですが、最初からタンホイザーに行く予定だった2夜目はオペラハウスに相応しい装いにしようと張り切りましたよ。


で、着物にしようかどうかずっと迷ったんです。


化繊にすれば雨は気にならないし、草履はハイヒールよりも楽なので歩くのはOKだし、せっかくですもんね。


でも、夏物といえども荷物は増えるし、一緒に行った方たちを着替えで待たせるのも申し訳ないし、ワグナーは座っているだけでしんどいし(タンホイザーは中途半端な長さだけど)・・・


とグラグラした結果、今回は洋服にしました。



こないだ洋服の整理をして発見したこのワンピース、


1年半前に衝動買い したOasisの服だけど、持ってたことすら忘れてて、もちろん一度も着てないので、これにしましょう。

(着物はパソコンでリストまで作ってあるのに、洋服管理はズサンだこと)


だけどこの服、シワにならずに畳んで運べなくて不便。でももう意地だから、結局これで飛行機に乗りましたわ。(その点、着物はいいわよね、簡単に平らに畳めるもん)


ウエスト部分がシャーリングでよかった。でなきゃ、今太ってるから着れないわ。 (そろそろダイエットをせねば)  


          

高月さんは、焦げ茶色の上下にビビッドな青いサッシュが素敵ですね。雨が降ってたけど、休憩時間に止んだので外で記念撮影。黒いカーディガンと光るショールも持っていきました。


  
オペラハウスの中から雨の広場を望む。



  

今日の席は前から9列目のほぼ真ん中。これで様子もわかったから、次に来る時には着物にしよっかな。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□





26日は残念ながらオペラじゃなくてコンサートでしたが、上の方の席に座ってみたくて、また行きました。


4階(一番上)の隅っこ近くで8.5ユーロ。椅子は立派で快適。


隣の席に初老の日本人ご夫婦がお座りでしたが、時差ぼけでお疲れらしい奥様はすやすやとなさってました。


こういう席の方が、劇場全体が見えていいですね。

美しいシャンデリアも初めてちゃんと見えました。


今夜はこのオペラハウスのオケ(Staatskapelle Dresden)のコンサートで、指揮者はリゴレットと同じFabio Luisi。


Mozart : Sinfonie g-Moll KV 183

Mundry : Panorama clego (2001年作曲のピアノ協奏曲)

Haydn: Sinfonie Nr.94


ピアニストはCarlo Granteという男性ですが、前衛的な超ヘンテコな曲なので、腕前なんぞ全くわからず。


向かいの席のドイツ人らしいおばさんがほとんどずっと両手で耳をふさいでいたのは笑えたけど、私たちの隣の男性がブラボーブラボーと叫んでいたのが不思議でした。身内だったらもっとましな席にするだろうに。


  

  
作曲家のIsabel MundryとピアニストのCarlo Grante


新曲は苦痛だったけど、お馴染みのモーツァルトとハイドンは心地良くて、上手なオケ演奏を楽しめました。




終わったら9時半。


まだ明るいので、何度も行ったカフェへ。


暖かな夜、黄昏のオペラハウスを眺めながらケーキとワインで乾杯ワイン 


ゼンパー・オーパー、堪能しましたキスマーク


 



                                 人気ブログランキング  グッド!

AD

ドレスデンってどんな所だろう? 


観光地である旧市街は写真で見る通り古いヨーロッパの美しい街並みだけど、一歩外れたら、ちょっと前まで社会主義国だったんだから、もしかしてまだ西側に追いついてなくて貧しいのかも、と旧東側に行った事のない私は想像してました。


私のホテルは中心から少し離れたごく普通に人が住んでる地域だったし、ちょっと離れた田舎に出掛けたり、住民の繁華街にも行ってみたのですが、


思い込みとは全然ちがってて、場所も人も見るものほぼ全てが立派で清潔で、生活水準はすごく高そうでしたよ。

帰って来た時、「うわっ、ドレスデンと比べたらロンドンってなんて不潔なところなんだ。」って嫌になってしまったほど。





清潔な電車とトラムはどちらも乗車券が僅か1.8ユーロ。


ロンドン住民には信じられないくらいの安さです。






観光としてのドレスデンの見所は少ない上にコンパクトにかたまっているので一日で充分ですが、広々とした広場が気持ちいい古典的でロマンチックな街。「エルベ河沿いのフィレンツェ」と言われているそうですが、たしかにちょっと雰囲気似てるかも。

 

  


でも、ここには悲しい歴史があり、第二次世界大戦でのイギリス軍の爆撃で大きな被害を受け、瓦礫の山になってしまったそうです。その欠片をジグソーパズルのように組み合わせて復興した愛着と執念は凄いし、美しく蘇った感慨深い不死鳥の街です。


4日間で同じ所を何度も歩いたのですが、写真をまとめてアップしますので、その哀しくも美しいドレスデンのロマンを感じて頂けるでしょうか。好きなのをクリックで拡大してください。


尚、ドレスデンについてざっと知りたい方はウィキペディア へ飛んで下さい。




なぜかオペラハウスの前にのサンタクロースの集団が。天使も一人いました。オートバイで来たみたいだけど、どんな集まりだったんでしょうね、6月に。

  

ゼンパー・オーパーが一番重要で立派な建物なので、ドレスデンを訪れる人は少なくとも絶対中に入るべし。ドレスデンの街同様、こじんまりしてるのに広々として、新しいけど古い雰囲気で、すごく素敵なことは保証します。

見学ツアーがあるのかどうか知りませんが(多分ないです)、安い切符で是非何か聞いてください。


私たちはこの芸術の香り高い空間に身をおきたくて、3晩ともそこで過ごしました。




  
 ツヴィンガー宮殿の外と中庭。


↓ 宮殿の一部は博物館と美術館になっていて(アルテ・マイスター)、私たちは美術館に入りました。二匹(二人?)の悪がき風天使で有名なラファエロの「システィーナの聖母」が最も有名かな。フェルメールも2点。


  



  

オペラハウスを眺めるロケーション抜群のカフェには昼夜何度も行きました。別の石畳の広場も広々。


  

 オペラハウスのある広場に面する教会の中はどうってことないですが、


 この聖母教会の内部は壮麗!まだ最近できたばかりなので真っ白。金々ゴテゴテだけど、新しいっていいわ。

外部は黒い部分の古い瓦礫と白い所が新しい石の組み合わせがユニークで、お土産物から判断するとこの教会がドレスデン観光のナンバーワンの売り物のようです。


ほら、入り口に観光地ならではのおじさんもいるでしょ。きっと由緒ある衣装なんでしょうね。


 
  


             

オペラハウスで5年間指揮者だったワグナーの像                 大学




 


約100メートルの壁画「君主の行列」は24000枚のマイセンの磁器タイルで、石畳の道とマッチ。



   裏側はこんな風    







観光地として人気があるのでしょう、旧市街は狭いのにレストランが驚くほど多かったです。


私たちは食べることが目的ではないので、事前にレストラン検索などはしてなくて、なるべくローカル料理を食べるようにはしたのですが(不味いものもありましたわ)、見かけのごついドイツ料理は絵にならないので写真は撮りませんでした。


ドイツ人はケーキが好きなのでしょうか、イチゴがゼリーの中に入っているような大きなケーキとかをおじさんたちもカフェで食べてました。

甘いものが苦手な私のお気に入りはさっぱりしたチーズケーキで、いくつ食べたかしら? 苦労して持ち帰り、家族へのお土産にもしました。


dognorahさんが2泊でお帰りになった後、私と高月さんは3泊するのですが、ドレスデンは一日で充分なので、普通だったらすぐ近くのマイセンに行くのでしょうが(マイセンがあるので日本人観光客も結構多かったのかも)、私たちは全く趣の異なるところに遠足しました。

それは又別にアップしますね。



                           ケーキ  人気ブログランキング  

AD





6月24日、旧東ドイツのドレスデンのゼンパー・オーパーでヴェルディのRigolettoを観ました。


直前にダフ屋から切符を入手したいきさつはこちら ですが、高くてもちょっと横ですが前から3列目という抜群な席が買えたのを旅行中ずっと「よかったね、よかったね」と言い合っていたのでした。


それはパフォーマンスが素晴らしかったからですが、おまけに舞台もモダンでスタイリッシュで動きがあり、ドレスデン到着早々、がーんと感動したのでした。


クリップリゴレットをご存知なくて、ご興味ある方はまずこの緑色箇所にお寄りください。


ヴィクトル・ユーゴーの原作が、オペラではどれだけ変わっているのかは知りませんが、せむし男のリゴレットは公爵家の道化役。自分が仕える好色の公爵に娘ジルダをてごめにされ、復讐に殺し屋を雇って公爵暗殺を諮りますが、公爵を愛するジルダはその陰謀を立ち聞きし、自ら身代りになって殺されるという悲劇。

娘のジルダはオペラ・ヒロインの不幸ランキングで上位入賞まちがいなし。幼い頃母親に死なれて修道院で育ち、3ケ月前に父親と一緒に住むようになったけど、このせむしのおとっつぁん、お前が一番大事だよとは言うけど、職業も隠してるし、自分の名前すら教えてくれない。その上監視付きで家から出してももらえない。だから、唯一許される教会行きで素敵な青年に出会ったことはもちろんお父さんには内緒。その青年が彼女の家を探し当てて訪ねてくれて愛を告白してくれたときは幸せだったけど、すぐにリゴレットに恨みを持つ人たちに拉致されてしまう。連れて行かれた先は公爵家で、僕は貧しい学生なんです、なんて嘘付いてたけど(ジルダが、そうだったらいいのにというのをもれ聞いたからだけど)、なんと彼が公爵。だから手篭めといっても、嫌だったばかりじゃなく、そのままそこで妾として暮らすこともできただろうに(こっちの方が絶対楽しいよね)、オヤジが怒って殺し屋まで雇っちゃうんだもの。そのままだと愛する人は殺されて、あとはこの親父と逃亡者として放浪するしかない・・・。そりゃ死にたくなるよね。

そう、すべてこのオヤジが悪い。リゴレットは道化師といっても他愛無いジョークで笑わせるのではなく、人の不幸をあざ笑って主人のご機嫌取りしてお気に入りの座を確保してるので、皆からやっかみと嫌悪感を持たれていて、リゴレットの家に女が住みだしたのを誰もが彼の妾だと思い込み、だから日ごろの恨みを晴らすためにその妾をさらって公爵に差し出そうと計画したわけで、誘拐はリゴレットの日ごろの行いから生じた災い。かわいそうなはジルダでござい。

一番許せないのは、皆の前で辱められて辛い思いをしてるジルダが「私、でもまだ彼を愛しているの。許してあげて、お父さん」と懇願してるのに聞き入れないこと。ほんとに自分勝手な偏屈親父だ!それにサラリーマンは誰だって嫌な思いをしてるけど、だからって雇い主を殺してちまって、老後の蓄えや再就職の目処はあるのか、お前は?


娘が身代りになって死んだとき、「呪いだ~!」と叫んだけど、そうじゃなくて、全部お前の責任だ!


この親娘に比べて若い公爵は全然難しくない役で、テノールはただ美声を張り上げてノー天気に歌っていればそれでよし。明るければ明るいほどリゴレットの暗さ惨めさが際立つし。美しいアリアも2、3曲あって得な役。





演出 Nikolaus Lehnhoff

指揮 Fabio Luisi


リゴレット(宮廷道化師)   Zeljko Lucic

ジルダ(リゴレットの娘)    Diana Damrau

マントヴァ公爵         Juan Diego Florez

スパラフチレ(殺し屋)    Georg Zeppenfeld

マッダレーナ(殺し屋の妹)  Sofi lorentzen




(舞台写真はクリックで拡大します)
  


  


     
  


舞台の様子はオペラハウスのサイトからパクった上の写真でご覧頂くとして(クリックで拡大)、パフォーマンスはどうだったかと言うと、


ロボットリゴレットのルチッチ2006年1月 のROHのトラヴィアータのジェルモンパパ役で素晴らしかったので期待は高かったですが、それよりもはるかに素晴らしくて、

スムーズで心地よく深い声で道化師を精悍にシリアスに演じて、ROHのガヴァネッリおじさんやホロスフスキーの漫画のようなリゴレットとはえらい違い。私、初めて生リゴレットの哀しみが胸に染みました。



口紅彼女じゃなかったらダフ屋から高い値段で買わなかったかもしれない程、ダムラウのジルダが一番聴きたかった私ですが、これもまたリゴレット同様、期待よりずっとよくて(期待は高かったんですよ)、感激しました。


「魔笛」の夜の女王や「1984」の体操のお姉さんで高音が濁りなく突き抜けるのは知っていましたが、中音低音もしっとりと美しく、おまけに清純な美貌で演技も細やか。今までで一番素晴らしいジルダでした。嗚呼、彼女のツェルビネッタ(ナクソス島のアリアドネ)を聴きたいなあ。
Juan Diego Florez in Dresden


王冠1マントヴァ公爵のフロレスも、これではリゴレットとジルダの熱演に負けてしまうかもと頑張ったのか、力入ってましたよ。彼の声がこの役にぴったりとも思えないのですが、さすが大スター、絶好調の高音をきれいに響かせて重みのないこの役に華を与えました。


因みに、フロレスの出ない日は、ROHのこの役ですごく良かったあのキムチ君 が出るのですが、歌はいいけど、お芝居ちょっとは上手になったかしら?



ドクロルックスは凄みがあってぴったりな殺し屋の歌は充分合格でしたが、その妹のマッダレーナが水準以下だったので有名な4重唱がちょっと残念でしたが、主役3人は上手だったのでそこまで求めるのは贅沢過ぎですしょう。



ROHでは高くてとても座れないような席からよく見えたのもさることながら、字幕を全く見なかったことも(ドイツ語だから理解できない)感動を増す大きな要因だったと思います。よく知っているオペラでも英語だとつい読んでしまったりするのですが、これからはなるべく避けることにしないと。


オケもテンポよく文句なし。


写真も撮り放題。フラッシュぴかぴかで、私たちは最後はオケピット間際まで近寄れました。


瓦礫から蘇った不死鳥のような美しいオペラハウスで素晴らしいオペラに接することができて、それだけでもわざわざドレスデンまで来た甲斐があったとすら思えた感動の夜に乾杯! 


                              







                       人気ブログランキング  ワイン

AD

3泊4日のドレスデン旅行、何から書けばいいのか迷うところですが、


やはり一番興奮した、しかも予想外の出来事からにしましょう。


                                  カメラ写真はクリックで拡大します



  


それは前以て切符を持ってなかったにも拘わらず豪華メンバーのリゴレットがすごく良い席で観られたことで、しかも主役3人の出来が素晴らしく、おまけに舞台もめっちゃ洒落てて、全ての面で大満足。


今回の旅行は先月計画したのですが、めぼしいオペラの切符は当然ネットでは売り切れなので、その頃唯一残っていた25日のタンホイザーにしたのです。


こう言っちゃなんですが、ドレスデンごときに大した歌手が出る筈ないと思い込んでたので、初めて接するタンホイザー(これでワグナー制覇なんです、私)を初演された美しいオペラハウスで観られるだけで充分なのでした。


しかし、直前になって、ここによくコメントして下さるフロレス・ファンのrosinaさんが24日のリゴレットに彼が出ることを教えて下さって、しかもジルダ役は人気急上昇のダムラウ!「へえ~、ドレスデンってそんなにすごいオペラハウスだったんだ」、と見直しましたよ。


私は特にフロレスの大ファンでもないし、何度も聞いてるので彼のマントヴァ公爵は簡単に想像がつくのですが、ダムラウのジルダは聴きたいなあ。


ダフ屋がいるといいけど。


と思ってオペラハウスに3人で夕方行ってみたら、最初はいなかったけど、切符売り場を探しながらオペラハウスをぐるっと回って正面に戻って来たら、一人だけいました。


私たちに4枚見せながら125ユーロでどうだと言うので、元の値段は?と聞くと、割とちゃんとした格好のその男性は、キャンセルしたグループ切符なので元の値段はわからない、と。


たしかに、このオペラハウスは観光客に頼っているので切符売り場やネット販売には頼らずホテルとセットにする場合が多く、ネットで売り切れでも実際行ってみるとがらがらのこともあるとオペラ雑誌にあったし、きっと複雑なシステムなんでしょう。


タンホイザーの一番高い席がネットで86ユーロなので、グループ切符が125ユーロというのはかなりのぼったくりなんでしょうけど、それでもROHよりはうんと安いし、なんせ前から3列目という抜群の席だったので、ダフ屋に設けさせるのは不本意ながら、ちょっとだけ3人で迷ってから買いました。


ダフ屋から買ったなんて初めてだけど、すごくラッキーだったにちがいないし、私たちが買わなくても誰かがすぐ買うに決まってるから、いいことにしましょう。

因みに、27日の切符も同じような値段であちこちで売られていたので、ドレスデンのオペラは現地調達で観られるんでしょう、きっと。



  


だってまさかそんな良い席が買えるとは思ってなかったのでカジュアルな格好の私たち(安ホテルは中心から遠いのでおいそれとは戻れない)、フォーマルな人が多いお洒落した場の雰囲気を損ねて申し訳ない気持ちで一杯だったのですが、おまけに、こんな日に限って、着飾った日本人ツアーと鉢合わせしちゃったんです。


女性の多い20数人の60台中心のいかにもお金持ちそうなグループでしたが、気合の入ったドレス姿(和服の方も一人)の奥様方は私たちを見てきっと、


「んまあ、奥様、ご覧遊ばせ。嫌ですわねえ、TPOをわきまえない日本人の観光客って」むっ


ってヒンシュクものだったにちがいありません。謝罪。

因みにそのオペラ鑑賞グループ、翌日はロンドンROHだそうで、もちろんどこでも5ツ星ホテルにお泊り。羨望。




▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


ゼンパー・オーパーと呼ばれるこのオペラハウスについては、手っ取り早くウィキペディアから以下コピペしてしまうと、



ゼンパー・オーパー(Semper Oper)はドイツ ・ザクセン州 の州都ドレスデンにある州立歌劇場の愛称である。東ドイツ 時代はドレスデン国立歌劇場であったが、現在はザクセン州立歌劇場である(旧称で呼ばれることも多い)。世界で最も華麗な劇場の一つ。


1838年から1841年にかけて、ザクセン王国の首都ドレスデンの旧市街にオペラ劇場(宮廷歌劇場)として建設された。新古典主義の建築家ゴッドフリー・センパー(1803年 - 1879年)の設計になる。

この劇場ではヴァーグナーが1843年から1849年まで指揮者を務めており、『タンホイザー』などの初演の地としても知られる。


1848年革命がドレスデンに波及した際、ゼンパーは革命側を支持し、このためロンドンへの亡命を余儀なくされた。劇場が1869年の火災で焼失すると、特赦を受けたゼンパーが改めて基本設計を行い、息子のマンフレッド・ゼンパーによって1878年に完成した。

1945年、英米軍のドレスデン爆撃により大きな被害を受け、瓦礫の山となったが、1977年から復興が始まり、1985年に完成した。1990年、ドイツ再統一に伴い州立の歌劇場になった。2002年、欧州を見舞った大洪水でも大きな被害を受けたが、再開している。


▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


ってことで、内装は新しくてピッカピカ!キラキラ


座席は1,323席とオペラハウスとしてはちょうど良いサイズで、クリーム色の観客席は豪華でありながらこじんまりと美しく、すっきりと優雅でとっても素敵な空間。こんなところで良いオペラを観られたのは最高の贅沢でした。


翌日も翌々日も行ったので、ちがう場所の写真は追々お見せしますが、まずはこの日の席からの写真です。


  

  



長くなってしまったので、オペラ自体については別の記事にします。すぐ書きますので。


                            人気ブログランキング  いて座

6月24日からのドレスデン3泊旅行から無事戻りました。


目的はオペラ鑑賞と観光の二本立てでしたが、どちらも予想以上に満足で、とても楽しい旅でした。


これから少しづつ写真と感想をアップしますが、まずはご一緒したお二方のご紹介。



1By the Thames というブログをなさっているdognorahさんオペラハウスやコンサートホールでよくお会いするブログ仲間で、ヨーロッパ中のオペラハウスにしょっちゅう行ってらっしゃるので、今回のタンホイザーの切符も手配して頂いただけでなく、色々と大変お世話になりました。



2翻訳家、エッセイストとして活躍してらっしゃる高月園子さんは私とほぼ同い年ですが、とても若々しくて美しい憧れのマダム。


去年発行された高月さんのエッセー「おしゃべりなイギリス 」(←アマゾンに飛びます)は、テンポの良い洒落た文章で大笑いしながらイギリスという国がよくわかるすごく面白い本ですので、是非読んでみて下さいませ。


私が一番楽しんだのはロンドンに住む日本人駐在員妻たちの生態で、私とはあまり接点のない一見優雅にみえる奥様方なのですが、高月さんご自身の経験を基にした鋭い分析にさもありなんと感心。


今回の旅は高月さんとたくさんお喋りできたのも大きな収穫でした。



今回の旅行写真には高月さんにたくさん登場して頂く予定ですので、乞うご期待ですよ。見飽きた私なんかより、美人の方がいいでしょ?


   向こうに見えるのはオペラハウス                エルベ河クルーズ


                               人気ブログランキング  カバン