黄色い花3月29日と30日の二日間、スイスコテッジ駅近くのコミュニティ・センターで池坊生け花展 がありました。




純子先生主催の生け花教室の生徒さん25人程(国籍は様々)の作品が展示された会場はコンスタントに見学者が訪れ、、始終賑わってました。


モダンな花瓶に活けられたお花はどれもユニークで素晴らしく、ここにも日本の伝統文化が立派に定着していて嬉しいですね~


  



あじさいデモンストレーションも何度か行われ、何人かの生徒さんが説明しながら実際に活けて下さり、私も拝見しましたが、30年以上も前に何年か習ったことを思い出しました。


そういえば、我が家にも剣山があるはずだから、久し振りにやってみようかしらん?


      





二日目は折り紙ワークショップもあり、うちのムスメはずっと長い間テーブルに居座って、色々教えて頂いたようです。


ムスメは手先が器用だし、 我が家には頂き物の折り紙が何百枚もあるので、たっぷり遊べるでしょう。




というわけで、生け花以外の日本文化紹介も兼ねているこのイベントの一部として、私はBGMでお琴を弾くためにお邪魔したわけです。



ワンピースまずは着物ですが、

                                      

一日目は他のお二人がピンクとベージュのお着物と伺っていたので、それなら私はブルー系がいいかな、それに一人くらい濃地のがいた方がいいかしらとも思って、ブルーグレーに花柄の小紋に朱色の帯にしました。


これは春さんにお借りしている着物なのですが、色合いも柄も大好き。


でも、ちょっと地味だったかな~?


とも感じたので、二日目はもう思い切り派手にしました。


  


十代の時に誂えてもらったベージュの綸子に赤い花柄小物と、鮮やかな朱色に大きな蝶々や花の帯は(青い蝶々は隠してあります)、今までで一番若作りかも。そろそろやめないといけないでしょうから、その前にあと何度か着ちゃいましょう。


特にこんな穏やかな春の日は、桜の下で春らしい着物で歩きたいじゃないですか、ね!?

  


他のお二方も昨日よりもさらに華やかで、純子先生はピンクの素晴らしい絞りの訪問着、昨日はサモンピンクの無地だったMさんは今日は古典的な柄の小紋。



お二人とも私より少し年下なのですが、私と同様に若いときのお着物で、若々しくてとても素敵。やっぱり海外にいると得ですね。

  

     

音譜さて、お琴の演奏ですが、


三人で交互に独奏や合奏をし、二日目は尺八のおじさんも来てくれたのでほとんどの時間は生演奏付きでした。


野村正峰作曲の「さくら さくら」、「まりつき」、「日本のわらべ唄」」、「花かげ変奏曲」、野村祐子の「古今の調べ」、吉崎克彦の「雪はな」、筑紫歌都子(多分)の「春のせせらぎ」、古曲「六段」等を琴二人の合奏で、沢井忠夫の「弦のしらべ」を尺八と私で、古曲「みだれ」を私一人で、何度か弾きましたが、古曲以外は知らない曲ばかりだったので、大変でした。

  


  

なので、 どれも完璧からは程遠い出来でしたが、まあBGMですから・・・、



でも、悲しいですね、若いときのように手が動きません。私は老いを感じたことはあまりないのですが、いくら長いギャップがあるにせよ、かつての自分とはあまりの差・・・


練習すれば果たして元の腕前に戻れるのでしょうか?



とりあえず、急にまたこういう機会があったも慌てないように、時々は一人で弾いてみようと殊勝に思う私でした。



実は来月、1、2回話があるんですが、それには間に合わないかもしれないけど。

って、それじゃ駄目じゃん。嗚~呼あせる




でも、直前に押しかけ参加させて頂いたどきどきイベントもなんとか済んだし、結構良い気分です。


このブログで知った方も何人かいらして下さいました。知ってる人が聴いてると思うと余計緊張して手がもつれてしまうのですが、わざわざ来て頂き、ありがとうございました。




                  (写真はクリックで拡大します)      グッド!人気ブログランキング

AD

「カルメン」からさっき帰ってきました~~


25日の初日 は「アルバレスは風邪ひいてます」というアナウンスがありましたが、今日はなかったので、回復したんでしょう。よかった、よかったニコニコ


でも、最初はなんか声が乾いてて、「あれ!? これじゃあ体調悪かった初日の方がよかったんじゃない?」とすら思ったのですが、まもなく潤いを取り戻し、特に後半はたっぷりいつもの美しいアルバレス節を聴かせてくれましたラブラブ! 


満足満足ラブラブ   (写真はクリックで拡大しますんで)   



丸ちゃんが出ている間はずーっと双眼鏡で凝視してたのですが(他の人は全くどうでもいいので)、いつものように意味も無く腕をブンブン振り回したりせず、彼なりに精一杯芝居をして、今までの中では演技面でベストだったのではないでしょうか? 


そりゃ、俳優にでもなれるかもと思えるようなプレミエの時の美男子カウフマンのドラマチックなリアルさに比べたら、丸ちゃんは体型のせいもあってかどうしてもコミカルさが滲み出てしまう演技ですが、彼としては迫真の演技で頑張ったのは褒めてあげましょう。


しかし、歌ってない時の丸ちゃんはみっともないデブ男で、最初のポニーテール姿にはついお相撲さんを思い起こしてしまったのですが、


歌う姿は、あらら不思議~、随分ほっそりして見えるじゃないですか! 

二重あごが消えましたもんね。 ほら、やっぱり良い男じゃん。 



今日はトーチャンを連れてってあげたので、写真撮影もしてくれて、私はしっかりカーテンコールの丸ちゃんの表情を見ることができましたが、


カーテンコールではとても嬉しそうな丸ちゃんでしたが、病気が治って元気に歌えた喜びを感じていたのでしょう。



まだまだ書きたいことはたくさんあるけれど、それはまたちゃんとオペラの感想を書くときにでも。


でも、いつも思うけど、仕事でクタクタでも良いパフォーマンで疲れも吹き飛ぶますよね~。今夜がそれ。


丸ちゃん、またあんな素晴らしい歌声を聴かせてくれてありがとうキスマーク 

心身共に疲れてたけど、一気に幸せな気分にさせてもらいました。


さ、次は来週末ですからね。今度はムスメと一緒。

                       人気ブログランキング  チョキ

AD


    


3月13日、国会議事堂近くのSt.John's Smith Squareという元教会のコンサートに行きました。

(まだそんなに有名でなかったJuan Diego Florezのリサイタルをかぶりつきで聴いたのもここです)


この珍しいアカペラ・コーラスと尺八のジョイント・コンサートを聴きに行ったのは、邦楽演奏仲間のKiku Dayさんが演奏なさるからで、三曲グループのメンバー数人で応援に行ったのです。私は着物で



NONSUCH SINGERS
Graham Caldbeck conductor
Kiku Day shakuhachi

Wild Ways and Butterfly Dreams

Elgar The Prince of Sleep;
There is sweet music;
Serenade;
O wild west wind
Vaughan Williams
Silence and Music;
Three Shakespeare Songs
Panufnik
Wild Ways (世界プレミエ)

Tavener Butterfly Dreams
Whitacre
Water Night;
i thank You God for most this amazing day
Dove
The Darkling Thrush
Stanford
The Blue Bird
Traditional Japanese
Honte no Shirabe;
Sô-Shingetsu;
Tsuru no sugomori




このコーラス・グループは、私は知りませんでしたが、その世界では有名な方々なのだそうで、とても上手でした。


でも、テーマに沿って統一を図るためなのでしょうが、全て英語でしかも同じような曲ばかりで退屈し、「あ~、早く終わらないかな~、お腹空いたよ~、家に帰ってご飯食べたいよ~」、という夕食抜きだった私にはかなりつらい時間でしたショック!




でも、Kikuさんの尺八は素晴らしかったです!


世界プレミエのコーラスと尺八の合奏曲では、人数で勝るコーラスに尺八の音がかき消されてしまってあまり良いとは思えませんでしたが、それ以外の尺八の独奏はどれも素晴らしく、コーラスで退屈で死にそうになった私も、合間に何度かあった尺八演奏のときは身を乗り出して聴き入りました。


幸い、かぶりつき席に座れ、というより安い切符(団体割引で7.2ポンド)だったのを、前の列が空いていたのでちゃっかり座ってしまったのです。(こういう手もあるのね。って、お金のある人はしちゃ駄目よ)


尺八を初めて聴く人はびっくりするでしょうねえ。竹でできたあんなシンプルな楽器からあんな多彩で深い音が出るんですもの


日本とデンマークのハーフであるキクさんは、日本の伝統的な尺八の曲を吹いて下さったのですが、古典でありながら自由で、キクさんの仰るようにアバンギャルドでもあり、時代も国境も乗り越えた、原始的な感動がストレートに伝わってきます。


世界中で流行っているらしい和太鼓同様、尺八は日本の楽器の中でもっとも国際的に受け入れら得るものにちがいありません。


お琴は三味線と合奏する時の尺八よりも、演奏者の呼吸そのものが感じられるソロの演奏の方が尺八のよさがわかると思いますので、機会があれば是非どうぞ。



とかげ


そうは言ってもロンドンではなかなか尺八なんぞ聴く機会はないだろう、と思われるでしょうが、実は近々あるんですよクラッカー


まず、私もちょっとお琴を弾かせて頂く今週末の生け花展 (← クリックしてね)に、尺八演奏者が参加してくれることになったのです。


Kikuさんではないですが、とても上手なイギリス人のおじさんです。もしかしたらこれまた上手な若い男性も来てくれるかもしれません。

但し、日曜日の午後だけですので、尺八をお聴きになりたい方はその日に来てくださいね。(あくまでの生け花が中心で、音楽はBGMですが)


                               人気ブログランキング   !!

AD

25日、ロイヤルオペラハウスの「カルメン」で丸ちゃん(マルセロ・アルバレス)のドテ腹を見ながら、


一昨年のプレミエのジョナス・カウフマンと同じ衣装には見えないな~、と比較せざるを得ませんでした。


それに、カウフマンはたしかシャツをズボンの中にたくし入れてたわよね。それはやっぱ細い人しかできないわよね、と思って、その時のカーテンコールの写真を探してみました。



  

うーん、スッキリほっそり、良い男恋の矢




しかし、このカウフマンの魅力的なイメージを頭から払いのけて、


「丸ちゃんがいくらデブだからって、


プレミエのBチームのマルコ・ベルティ(Marco Berti)に比べたら、まだデブ加減もかわいいもんだわよね~、


よかった~、マルコみたいにきっと自分のかかとも見えないような大豚じゃなくて、」


と、慰めていたんです。



  


だけど、写真を見てびっくり!


救いようのない大デブと記憶していた丸丸コ(マルコ)よりも、


なんと私の愛しいマルセロ丸ちゃん・アルバレスの方が太ってるように見えない?


丸々コはちゃんとシャツをズボンの中に入れてるし、首回りもすっきりして、大して二重あごじゃないけど、


丸ちゃんは、シャツをだらしなく出しっ放しにして、歌うと頬もたぷんたぷんして、ミシュランタイヤみたいな首、というか首がないわ!



         


思い起こせば、今はもうデブの丸ちゃんに慣れてしまったけど、2000年にROHの「ホフマン物語」初めて生丸(なままる)を見たとき、最初の衣装はエルビス・プレスリー風の白いスーツだったんだけど、


「あれーっ、アルバレスはなんで肉襦袢着てるのかなあ? 映像になってるプラシド・ドミンゴはそんなに着てなかったよ」と首をかしげたのでした。


だけど、何度着替ても肉襦袢を脱がないので、それは100%丸ちゃんのお肉とわかって・・・・叫び


私はそれまでもずっと丸ちゃんの大ファンで、CDカバーとかうっとり眺めながら歌に聞惚れていたんです。






              宝石白  こういう写真とかでしたもの    → → →






惚れた弱味で私の目には丸ちゃんは一時的にちょっと太ってるけど基本的には普通の体型の素敵な男性に映るんだけど、世間の人にはただの慢性デブにしか見えないんでしょうねぇ(惚れた弱味のおかげで結婚や恋愛が成り立ってるわけですが。・・・いや、結婚はちがうな・・)。


しかし、自分は痩せたらカッコ良い男だってわかってないのかしらね? 普通だったら努力してなんとかするでしょ?
しかし、わかってても、あの奥さんじゃあダイエットも難しいかもしれません。2年前、手をつないで歩いているアルバレス夫婦を見掛けたんだけど、二人共同じ体型でしたもんね。



でも、何度も言うけど、太ってても最高に素敵な歌声の丸ちゃんに私はぞっこんラブラブ!


明後日までに風邪が治って、ちゃんと歌ってくれるように、お祈りしているの


明日丸ちゃん降板の発表があったらショックだわ~ガックリ


キャンセルするなら、もう行かないで仕事してようかな。忙しいんだから、代わりの下手なテノール聴いてるのは時間の無駄。                       

             

        では、皆様も一緒に祈って下さいね。    天使 人気ブログランキング

25日、ロイヤルオペラハウスのカルメンの初日に行って来ました。さっき帰宅したばかり。


いつもはアップが遅い私ですが、とりあえず丸ちゃん(マルセロ・アルバレス)の写真だけ載っけときます。




しかし、キャンセルしたかもしれなかった今夜の丸ちゃんです。


始まる前に、「丸ちゃんは(とは言わないけど)、ひどい風邪をひいてますが、歌います」というアナウンスがありましたもん。


そんなこと言われてハラハラしましたが、フラワー・ソングの高い部分がうまく出なかった以外は、いつも通りの凛として張りのある美声でしたドキドキ


苦しくても歌ってくれてありがとう~~~! 


栄養のあるもの食べてゆっくり休養して、ますます太ってもいいから(よくないけど、もう諦めてる)、金曜日までには元気にならないと駄目よ~。 だって、私がまた行くんだから。






丸ちゃん以外は、思った通り、二流ばかりだったので、全体としてはあまりぱっとしないパフォーマンスだったけど、最初から丸ちゃんだけを聴きに行ったんだから、よしとしましょう。


そりゃね、プレミエの時のすらっとした美男子ジョナス・カウフマンに比べたら、丸ちゃんは漫画みたいに丸々だし芝居も下手だから、絵になる上にリアルに演じることもできるカウフマンにはビジュアル的には敵わないけどね、でもいいの、愛してるから。


(カウフマンのドン・ホセもすごくよかったから大好き。アントナッチといういう素晴らしいカルメンが相手役だったから得してたしね)



だけど、悲しいわあ、来シーズンは丸ちゃんがコベントガーデンに来てくれないんだもーんしょぼんあせる


「ロイヤルオペラハウスが僕にとって一番大事なんです」と一昨年の公開インタビューでも言ってた通り、ホフマン物語(2000年)、リゴレット(2001年)、ルイーザ・ミラーランメルモアのルチア(2003年)、ウェルテル(2004年)、仮面舞踏会(2005年)、トスカラ・ボエーム(2006年)、トロバトーレ(2007年とコンスタントに出てくれてたのに、なんで来年は来てくれないのよ~(涙)



  


もう遅いので、今夜の余韻に酔いしれながら、でも来年のことを思うと淋しさで泣きながら、寝ます。おやすみなさい。



                            人気ブログランキング  ぐぅぐぅ