すみません

3日以上のギャップにはならないようにブログを更新するように努力しているのですがメモ


木曜日はキーシンのコンサート、金曜日は飲み会、土曜日はギャラリーにオペラと毎日出歩いているのでどうしても時間が取れませんでしたぶーぶー


日曜日もまた出掛けるのですが、夜は家にいますので、何かアップしますパソコン 

ネタはたくさん溜まってますから満


着物もよく着てます柔道


では、おやすみなさい ぐぅぐぅ


                人気ブログランキング   波 

AD

9月23日の日曜日のパリ日帰り旅行の続きです。写真はクリックで拡大します。



天井のシャガールはちょっと違和感ありですが、これがあるからこそのガルニエであり、その真下に座れて、これからついに憧れのオペラ座でオペラを観るのです。オイオイあせる


ロンドンのロイヤルオペラハウスより一回りこじんまりしていることもあり、豪華過ぎる装飾には圧迫感すら感じます。

  


バルコニーの前から2列目ほぼ正面という特等席は、知り合いから譲って頂いたもので、コベントガーデンでは舞台がちゃんと見えない席ばかりなのとえらい違い。


リヒャルト・シュトラウスのカプリッチョについてはまた別にオペラ記事として書きますが、奥行きのある舞台構造のこのプロダクションはこういう席で見てこそよさがわかるというもので、この席であることがありがたかったこと。


汗しかし、問題が一つ。


昨夜興奮してよく眠れなかった私たち、居眠りしてしまうのはないかしら、と朝から心配だったのです。


このオペラ、ラブシーンあり殺人場面ありという典型的なドラマチックなオペラではなく、数人がただ会話をするというおとなしい内容で、テーマは「音楽と言葉はどちらが大切か?」なのですが、悲しいかなドイツ語もフランス語もさっぱりの身には理解できないし、音楽は知的で洗練されてて美しいもののほとんど会話的でアリアもないので、どうしても退屈しそうじゃないですか?


しかも、休憩無しの2時間半ぶっ続け叫び


意味はわからずとも字幕を読んでみたりして頑張ったのですが、やっぱり、ちょっとだけですが、うとうとしちゃいました、二人とも。ま、これも極楽なんですけどね。(尚、隣のおじいさんは、起きてる時はすごく熱心だったけど、でもすぐ激しく寝込んでしまい、半分くらいは寝てました)


 
      始まる直前                       カーテン・コール


驚いたのは、開始前やカーテンコールでたくさんの人がフラッシュで写真をバチバチ堂々と撮ってたこと。おおらかなんですね、ここは。私はコベントガーデンではフラッシュなしでこっそり隠し撮りしてるんですけど。


それに、さすがパリですね、コベントガーデンより皆さんの服装はシックで洗練されているように見えました。


何人かの人に「綺麗ねえ」と声を掛けてもらったのですが、話なんてできないので、きっと皆さん、私たちは日本から来たんだと思ったんでしょうねえ。



5時に終了。

夕食までにはまだ時間があるけど、日曜日だからお店は閉まっているし、カフェも満席だったので、オペラ座のすぐ隣のグランドホテルのロビーで一休み。ガラス張りの天井からの光が明るくて気持ちの良い空間でした。


 



ナイフとフォーク夕食は、そのグランドホテルと同じ建物にあるCafe de la Paix というレストラン。開演前に座っていたカフェもここの一部ですが、中は広くてゴージャズ。


  

去年ロンドンでお会いしたあかねさんがアレンジして下さったのですが、全て美味しくて、さすがフランス。


私はダックとイチジク。カルメンさんのロブスターは目の前で料理されます。


    


 
        デザートのしっかりしたミルフィーユと、イチジク添えアイスクリーム



フレンチ・レストランはロンドンにもあるけれど、ここではフランス語が聞こえてくるのが本場の臨場感。


ドキドキ日本のあかねさんファンの皆さ~ん、

フランス語を流暢にお話になるあかねさんは一段と素敵でしたよ。ホント、かっこいい~!



美味しい食事とゆったりとゴージャスな雰囲気の中、一年3ケ月振りにお会いするあかねさんと3人でお喋りして楽しいときを過ごすことができ、8月の家族パリ旅行の際の惨めな食事のリベンジをすることができましたニコニコ


時計しかし、お喋りをエンジョイし過ぎて、レストランを出るのがつい遅くなってしまい・・・・・、

タクシーを捕まえるのが大変そうだったので、結局またメトロで北駅まで行ったのですが、ユーロスターへの乗り継ぎはちょっと距離があるので、あとまだ10分以上あるから乗り遅れることはないだろうとは思いつつ、駅の中で小走りしてしまいました。入国審査もあるので、かなりギリギリですもんね、これでは。 ハアハアDASH!


あ~あ、着物姿でパリでみっともない姿を見せるのだけは避けようと思ったのにぃ・・・


満席のユーロスターでまたお喋りしてるうちにあっという間に、予定より早く、2時間半でウォータールー駅に到着。私は地下鉄で、駅まで迎えに来てくれたトーチャンの車で11時に帰宅。


ということで、大騒ぎのパリ行きも全て予定通りスムーズに運び、長かったけど楽しい一日でした。


ずっと着物でいるのは苦にならないのですが、最後は小雨になり、ギリギリセーフで家に着いたようです。それからちょっとした嵐になり、翌朝は風と雨の珍しくおそろしい天気でしたもの。


     カクテルグラス  人気ブログランキング   コーヒー

AD

9月23日、パリに日帰りで行ってきました。


時計前の晩は緊張してよく眠れませんでしたが、朝5時15分起床、6時半に家を出ました。そんなに早く出なくてもいいのですが、なんせユーロスターは国際線の飛行機と同じ、安い切符は融通が利かないので乗り遅れたら終わりですから、余裕が大事です。(着物の着付けは時間が充分あったし、会社で鏡も無しで大急ぎでやるよりはうんと楽)。


コーヒー8時の発車時間の50分前にウォータールー駅に到着し、ゆっくりカルメンさんとゆっくりお茶。

しかし油断はできません。


砂時計実は2月にこの二人でパリに行ったとき、もっと時間に余裕があったのに、お喋りに夢中になってて、気が付いたらもう皆さんは搭乗済み。慌ててプラットフォームに行ったらもう今にも走り出しそうな雰囲気の中、スタッフにせかされて走ったのですが、えらく長いプラットフォームなので、途中のドアから乗り込むように指示されて、ギリギリ滑り込んだという前科があるのですダウン

その時は洋服だったのでよくある普通の光景でしょうが、今回同じことを着物でやったら・・・。おまけに、待合室でも目立ってたにちがいないので、たくさんの人が「まあ、あの人たち随分早くから来てたのにねえ。馬鹿だな」、と思うでしょう。

なので、今回は「ご搭乗、プリーズ」と言われたらすぐに行き、大きなスーツケースを抱えてしんどそうな人が多い中で、ハンドバックだけの私たちはしゃなりしゃなりと優雅にプラットフォームをゆっくり歩いたざんす。


うんちそうだ、その前に、ゲートを通るとき、日本では絶対起こりえない陳腐な出来事がありました。


私は塵除けに薄いコートを羽織っていたのですが、手荷物の中身をX線で調べるときにそのまま着ていたら、女性係官になんと


「あんた、コートの下で背中にしょってるバッグも外さなきゃ駄目よ」と言われてしまったのです。


えーっ!?と思いながらもコートを脱いで「これは衣服の一部で、ベルトの役目をしてるんです」と説明しましたが、でも言われてみれば背中の膨らみは不思議でしょう。オペラハウスなどでもいつも好奇心の的になるのは帯結びですから、この係官に「この民族衣装の女は何かをしょっているのか、それともせむし?」と思われても無理もないかも。


にひひさて、寝不足の二人は、ユーロスターの中で少し眠れるのを楽しみにしていたのですが、3時間近くお喋りしてるうちにあっという間にパリ北駅に到着。時差があるのでフランスは12時。先月の余りのメトロ切符でオペラ駅に。


  
この紫のコートは、母が女学校で縫ったものですから、65年くらい前の戦前レトロ。裏地は真っ赤。カフェに座るカルメンさんは梅の柄の訪問着に銀色の帯でゴージャス。


オペラは2時半スタートなのでまだたっぷり時間あり(あり過ぎ)。じゃあ無理してそんなに早く出なくてもいいではないか、と仰るでしょうが、そりゃ私たちだってもう少しリーズナブルな遅い時間に乗りたかったですが、便利な時間帯の安い切符は残ってなかったのでした。(これでも一番安いわけでもないのです)



  

カフェのギャルソンは爽やかな好青年。       美味しかったけど、テーブルが小さ過ぎ。


幸い今日は暑くも寒くも風も無く、カフェの外の席に座るには理想的なお天気。
大したものはメニュになかったので、二人でイベリコ豚のハムの薄切りととサラダとパンでとりあえず軽く。

普通は通りを歩く人たちを眺める傍観席なのでしょうが、なんせこの格好ですから、前を通り過ぎる人たちの視線を感じましたわ、そりゃ。でも、夏にたくさん見掛けたジャージー姿の中国人と、パリの景観を損ねる点では同じかも・・・・汗


でも、このカフェは、今まで何度も眺めては、一度あそこに座ってみたいなと思っていたので、やっと実現できてハッピー~ニコニコ  トーチャンと一緒ではまずさせてもらえない時間的贅沢です。




カフェを出て、オペラ座の周りをぐるりと歩き、建物の後ろにある設計士ガルニエ氏の像の前で写真。



長い間ふたりで何着ていこうかしらね~、と迷った私たちですが、結局、訪問着で格調高くいこみゃあということで、これではまるでお正月の晴れ着ですが、気合が入っているのは感じて頂けるでしょう。


私はペパーミントグリーンに赤い花柄の訪問着に銀色に熨斗模様の袋帯。着物は日本の古着屋さんで、帯は最近ロンドンで譲って頂いたもの。


私のもカルメンさんのも、豪華にみえる割には実は全て安上がりに済んでいるのです、と小さな声でばらします。





45分前にやっと中に入れてもらえたので、まずは見学。二人とも前に来たことはあるのですが、着物で来ればギャーキャーと。



でも、この豪華絢爛ロビー、開演前にはぎっしり人で埋まるのかと思ったらそうでもなかったのはちょっと失望。


お洒落をしたカップルで華やかに賑やかになるのを期待してたのに、これでは淋しい・・・ 




    

後姿の方が美しいですよ、どうせ、フン。  付け毛と造花でうまく誤魔化したつもり。



グーすみませんが、


今夜は残業で帰宅が遅かったし、明日オペラハウスに着物で行く支度もしなくちゃならなかったので、これで時間切れです。

オペラが始まってからのことや、雰囲気の良いレストランで素敵な方と夕食したときのことは後編として明日(は無理でしょうから)明後日にでも。


明日はグルックのトーリードのイフィジェニーの2回目。


             人気ブログランキング

AD

不安な着物 x 2

テーマ:

晴れお天気の良い土曜日、邦楽グループの仲間に着物を着せてあげました。


友人の結婚式に出席するために着物が着たいとのことで、私がお手伝いすることになり、我が家に来てもらいました。


白地に小梅の小紋は、8月の邦楽サマースクールの先生が我々グループに何枚か寄付して下さったうちの一枚で、洗える着物なので披露宴でお酒を飲んだり多少羽目を外しても大丈夫の安心着物。


他のものは全て私のもので、赤い蝶々帯も化繊なので、万一ワインをぶっ掛けられたりしてもDon't panic!


  

             何が起きても大丈夫なドント・パニック・セットOK


私は自分で着るのはなんとかなるようになり、会社で着替えるときは鏡なしの30分一本勝負で、たいていはそれでも余裕たっぷりなのです。


でも、人に着せるのは丸っきりちがう技術じゃないですか、いわば。そして、慣れてない上に、やけに横がたっぷり過ぎる着物だったので、もう四苦八苦!


自分で着付けるのは結婚式には他に日本人は来ないようなのでどんなに下手に巻きつけてあってもわかりゃあしないわけですが、でも彼女が写真を実家のお母様に送ったりしたら、すごく恥ずかしいです。

それよりも、結婚式で大丈夫だったかしら。途中で裾が広がったり、最悪の場合はずるずると・・・ヒャーっ! 

でも、まあ、これは作り帯なので、やり直そうとすればなんとかなるでしょうから、私も心配せずにDont' panic!'と自分に言い聞かせましょう。 



かに座


第一、人のことでパニックしてる場合ではないのです。


だって、明日はいよいよ、前から大騒ぎしているパリ日帰りオペラ鑑賞の日なのです。


自分の着付けはあまり不安ではないですが、朝が早いですからね。ユーロスターは日本の新幹線のように一本乗り遅れたらその後すぐ来る次のに乗ればいいですが、これは国際線の飛行機と同じ扱いだし、全席指定席なで、おまけに本数が少ないので、そんな簡単ではないのですよ。


地下鉄が遅れたらどうしよう、いやそれ以前の問題として週末は一番電車は遅いし本数も少ないということがわかって「えーっ!ヤバイじゃん、スムーズにいっても綱渡りじゃん」と青ざめる私。


でもここでも幸いDon't panic!で、結局トーチャンがウォータールー駅まで車で送ってくれることになりました。

ごめんね、トーチャン、日曜日なのに朝早く起きなきゃいけなくなって。(・・・ま、トーチャンは毎日が日曜日なのではありますが)


これで私は車の中で数十分眠れるのでかなり気が楽になりましたが、もちろん明日の支度は万全にして、朝になってから「どの帯締めがいいかしら、帯揚げはどうすんのよ!?」と焦らないよう、小物も全て準備しておきましょう。


はてなマークさて、どの着物にしましょうかね?



この青緑の訪問着はいかがでしょうか?

高そうに見えるかもしれませんが、これ実は洗える着物なんです。


一日中着てるわけだし、レストランにも行くので、汚しても大丈夫なのが安心じゃないですか?


最近、ロンドンでお古で譲って頂いたのですが、色目は地味でも、なんとラメで全身チカチカなのでキラキラ、あの豪華絢爛なオペラ座向きかな、と。


得意げうーん、でもやっぱりオペラハウスのような暗い場所はもうちょっと明るい地色がいいような気もするわよね~。

金粉キラキラでもダーク過ぎ(写真より実物は濃いんです)。


ということで、明日はお天気も良さそうだし、これじゃなくて、もっと白っぽくて若々しい正絹の着物にします。

     


キスマーク折角のガルニエですもの、ぱっと華やかにね。


では、全てうまくいきますように・・・



叫び あ~! 


だけど、


着物のことばかりに気を取られて、オペラの予習がおざなりだわ。


リヒャルト・シュトラウスのカプリッチョ、観たことないオペラだし、ドイツ語で唄ってフランス語の字幕付きってことは私はどちらもさっぱりなわけで、果たして理解できるのかしらん?


         人気ブログランキング  新幹線

私がメンバーである三曲グループ Japanese Sankyoku Societyの有志数人でOxfamのチャリティ・コンサートを行うことになりました。(三曲=琴、三味線、尺八)


Oxfamはイギリスでは誰でも知ってるチャリティ協会で、あちこちに不用品を売るお店は見掛けるのですが、こういうコンサートもやっているのは知りませんでした。


     ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

      日時 :10月13日(土)の夜7時半

      

      場所:St. Lukes Methodist Church, 

          City Way, Rochester, Kent


      切符: 5ポンド (飲み物&寿司付き)


     ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



情報はこちら  切符購入はこちら をご覧下さい。(← あ!、切符購入の方には私の着物姿が)


お金しかし、切符が5ポンドなのにお寿司まで出したら、チャリティのお金を集めるどころか足が出てしまうと思うのですが、どういうカラクリなんでしょう?

6月のケンブリッジで日本舞踊伴奏 の時は日本大使館が後ろ盾だったし、日本文化紹介が目的だったから、お寿司が出るのもうなづけたけど、Oxfamはチャリティで、集める目標金額もあるのに、一体どうやって採算を? もちろんギャラなど貰えないとしても。


もしかすると、お寿司は一個だけとか・・・しょぼん

音楽ではなくお寿司を目的で来るイギリス人もいるかもしれないのに、それは怒るよね。


まさか、お寿司はたくさん食べさせてもらえるけど、どっさり寄付を強請されるとか・・・ガーン


行ったことがないので様子がわかりませんが、まあそんなひどいことにはならないと思うので、皆さん怖がらずに、おひまな方はいらして下さいませ。(但し、お寿司を目的にはしないように。そのへんのスーパーの不味いやつだから、きっと)


そんなことより、ロンドンの真ん中じゃなくて、ケントっていうのが問題なんですけどね。ロンドンの北や西のお住まいの方には不便でしょう。実はロチェスターってどのへんなのかもよくわからない私ですが、もし、本当に行ってやろうじゃないかという超ヒマで奇特な方がいらしたら、ちゃんと行き方とか調べますんで(← そんな人いるわけないと思ってるのがバレバレ)。


と、それではあまりにも無責任なので、今調べました。パソコン


電車都心から南東方面に、旧BRで、ヴィクトリアからだと40分から1時間、チェアリングクロスからだと1時間ちょっと掛かります。 

遠いなあ。私には専用運転手がいるのでいいんですけどね。車



↓ これは6月のガーデンコンサート


音譜まだ誰が出て何を演奏するのか決まってないようですが、でもレパートリーは限られているので、あれとかあれでしょ、きっと。


ひとつだけは決まってて、「さくら貝の唄」というかつて倍賞千恵子さんが歌ってた歌をアレンジしたものをお琴と尺八(フルートかも)で演奏します。


音譜麗し~き、さくら貝~ひとつ~~、去りゆける君に捧げん~


先月、邦楽サマースクールのミニコンサート で先生方が琴と胡弓で弾いて下さった曲ですが、音符を下さってので、早速自分たちでチャレンジするわけです。

伝統的な音楽だけでなく、こういうのも少しはいいのでしょうが、でも難しくはなくても古曲とは指使いがちがうので、とまどいます。モーツァルトとかばかり弾いてきたピアニストにいきなりバルトークを弾けというみたいなものですもんね。


また曲目や出演人数が決まったらお知らせしますが、下手するとお琴は私一人かもしれません。


日本の古典音楽を聴いてみたいというイギリス人のお知り合いがいたら教えてあげて下さいね。


            人気ブログランキング  将棋