天使 8月31日、あのショッキングな日から10年経ちました。


日曜日の朝、ラジオのニュースで聞いた時の驚きは今でもはっきり覚えています。


お葬式はテレビで観ましたが、その前に、亡くなったすぐ後に亡骸が安置されているセント・ジェームス・パレスに行き、お葬式の前日はケンジントン・パレスとお葬式パレードのコースを一人で歩いたりもしました。


どこもイギリスらしい静かな悲しみに満ちていました。





8月31日のお昼にはウィリアムとハリー王子が企画したメモリアル・サービスが行われます。 私はテレビの生中継を観る事はできませんが、後で録画で観る予定。


この記念行事で話題になっているのがカミラ夫人で、一週間ほと前に「私は招待されているけれど、欠席することにします」という声明がなされました。


二人の王子が彼女を招待したことは、それはそれで素晴らしいことです。彼らは仲良くやっているようだし、チャールズとカミラの結婚式でも二人の王子の嬉しそうなはしゃぎ振りが印象的でした。


なので、王室の「今」を考えれば明日の式にカミラが出席するのも不自然ではないかもしれないし、どうもカミラ自身は出席するつもりでいたらしいのですが、女王陛下が待ったを掛けたとのことです。

もしそうであれば、私は女王様の判断は正しいと思うし、やっぱりカミラは出るべきではないという意見が圧倒t的に多いようです。


パンチ!当たり前ですよね。嫌ですよね。


離婚の直接の原因だった女よ。ってことは事故死の間接の理由になったわけよ。

それなのに、どの面下げてそんな所に現れるつもりだったのよ?普通だったら、自分でも出たくないでしょう?

カミラが(もう呼び捨てだわ)出たいと言ったのでチャールズ皇太子が渋々承諾したのか、それともカミラは嫌がったけどチャールズが出て欲しいと思ったのかはわからないけど、二人ともカミラは出ない方がいいと思ったら最初からそうしてただろうから、少なくともどちらかが出席希望だったわけじゃない?


もう、二人とも見損なったわ。結婚は仕方ないと我慢するとしても、ダイアナ妃に対して悪かったと思ってないの?! ダイアナ嬢との結婚がまちがいだったとしても、それは別の問題でしょ。


(この二人に関して言いたいことはたくさんあって複雑だけど、それは又追々・・)


宝石赤

ダイアナ妃がエイズ患者と握手をしたり地雷撲滅運動で危険を冒した勇気は評価しますが、私はダイアナ妃のことを諸手を上げて尊敬していたわけでは決してありません。


サンダルワンピース

でも、文句なく大ファンだったのはなんたって彼女の美貌とファッション。


皆さんもそうだったでしょ? 

綺麗でしたもんね~ラブラブ


生きていれば、例え離婚してもこの10年間、もっと楽しませてくれた筈だったのにね~、ほんと残念ですしょぼん


ブーケ1明日は在りし日の美しい姿を思い出して、冥福を祈りましょう。

いつまでも大騒ぎで、安らかになんか眠れないでしょうけどね。



        

          


オマケ① 拗ねたカミラは一人で地中海旅行に出掛けるんだそうです カバン


オマケ② ウィリアム王子とケイトはすっかりヨリを戻し、一緒のホリディから帰ったばかりの日焼けしたケイトの写真が新聞に載ってました。二人だけのセイシェルだそうです。結婚式は来年の夏ですかね~? ベル


        人気ブログランキング  かに座

AD

晴れ連休3日間は久々に夏が来ました。

それもイギリスらしく爽やかで涼しくて、「そうよ、北国の夏はこうでなくっちゃ」、という理想的なお天気。



そんな中、私は最初の2日間は家を一歩も出ない日陰女でしたが、3日目は友人のアテンドでロンドン観光しました。


ご一緒したのは、2月にパリですっかりお世話になったSottovoceさん と息子さんで、ロンドンとパリのちがいを話題にしながらお喋り散歩。


まずウォータールー橋近くから時計回りにテムズ河畔を歩き、ミレニアムブリッジを渡ってテート・モダンで見学とランチ。

発電所を改造したテート・モダンは、何度か来た事があるのですが、常設展を観たのはなんとこれが初めて。


こないだ行ったパリのポンピドゥー・センターにある近代美術館とまあ同じ類のギャラリーなんだけど、これがもう全然勝負にならないのって。
テートは半分しか観てないけど、それだけで判断する限り、ピカソやマチスなど一応有名アーチストは揃っているんだけど、質量ともスケールが段違い。もちろんパリの方が勝ちなんだけど、おまけに館内の雰囲気や展示方法も絶対ポンピドゥーセンターの方が洒落てる。


ビジュアルアートは、パリには敵わないので、又ルーブルに行かなくちゃね。



  

           ロイヤル・フェスティバル・ホールのバルコニーからの眺め


その後テムズ河畔の遊歩道をウエストミンスター・ブリッジまでぶらぶらと。この辺は、一昔前はシャビーでよろしくない地域だったけど再開発されて今では楽しいプロムナード。


でも、あの石畳のセーヌ河の畔のロマンチックな散歩道に比べるとムードがなくてあまりにアッケラカンだわね。


ムードないのは散歩道だけではありません。ロンドンの街並みは、建物の高さが揃ってるパリのような整然とした美しさがなくて、建築スタイル混雑のごっちゃ煮。でもまあ、こっちの方が面白いっちゃ面白いし、こんなに空が青いとなんでも美しく見えるので、たまには観光客に混じって「わーい、ロンドンだ、ロンドンだ!」とはしゃぐのもまた楽し。


ロイヤル・フェスティバル・ホールからロンドン・アイまでは、知らなかったのですが、大道芸人がたくさんいました。でも、銅像の振りしてただ突っ立ってる人とかが多くて、大した芸を持ってる人は少いです。胡弓を弾いてる貧相な中国人の若い女性の前なんか、あまり上手でないこともあり、誰も立ち止まる人もおらず(私以外には)。



  

「アラヨ! チョチョイのチョイ! しかし材料費が掛かってたまりまへんがな」


                       カメラクリックすると拡大美男美女コンビをご覧頂けます)

目そんな競争の激しい中で、ひときわ注目を集めていたのが、この若い日本人男女のチンドン屋風コンビ。


オカッパ頭に簪、チープでど派手な着物姿のオネエサンがアコーディオンを弾きながら大声張り上げて昭和演歌などを歌い音譜


着流しに地下足袋履いたオニイサンがコミカルに踊りながらカラフルなワイヤーを曲げて色んな形を作っていくのですが、


大袈裟なジェスチャーも面白いけど、オニイサンの手さばきはなかなかのもので、年季の入った本物芸ではないものの、この中では一番エネルギーを感じさせる立派なエンターテイメントでした。


そう言えば、彼らのことは日本人向けの無料新聞で紹介されてたのを読んだ覚えもあり、このためだけにイギリス滞在してるそうな。


クラッカー頑張れよ~、ニイチャン、ネエチャン!


そやけどな、ネエチャン、

アコーディオンがなんぼ上手やゆうても、やっぱ三味線の方がぴったしするんとちゃう? 

私がもうちょっと上手かったら伴奏したげてもええねんけどね。

恥ずかしいよって、ヒョットコのお面でも被らなやってられへんけど。



晴れ昨日はあんなに青空で快適だったのに、

くもり今日はもうグレーで肌寒いロンドン。


夏は去りました。

来年はもうちょっと長く居てね。



 

  かたつむり 人気ブログランキング


AD

もう一つの25年記念日

テーマ:

1979年にイギリスに来た私、1年程前には銀婚式入社25年 という節目が二つあったのですが、8月25日はもう一つの25年記念日でした。


今の家に引っ越した日なんです。


全く、同じ人とずっと結婚してるのはラッキーだと感謝しても、同じ会社にそんな長い間勤めてて、しかも同じ家に住んでるなんて、なんて進歩のない私の生活。これで子供がいなかったら、ほんとに何も変化のないつまんない人生です。


家我が家は、ロンドン西北の郊外の1930年代に建てられた寝室3つのセミ・デタッチと言われる半戸建て。片方だけ隣の家とくっついています。トーチャンにとっては2軒目の持ち家で、その前は寝室1つのフラットでした。



     
       前庭と玄関先                  窓からの眺め(ロンドンの街灯はオレンジ色)
 


ライフスタイルの変化だけではなく投資対象¥としてどんどん家を買い換えていくのが当たり前のイギリスで、25年も同じ家にいるのはとても珍しいことですが、私たちがここを動けなかった理由はおとめ座ムスメの学校。

すぐ近くの公立学校に11歳から7年間通ったのですが、通学の便利さを優先するとここより良いところはありませんでした。


近所にもっと大きくて良い家があればよかったのですが、私たちの通勤も考慮に入れると引っ越す価値のある家は見つからず、共稼ぎだった私たち夫婦は10年前に少なくとももう一段レベルの高い家に住んでいて然るべきだったのですが、経済的にはなんとかなるのに、ステップアップの機会を逸してしまいました。

15年ほど前に一度バブルがはじけて価格が暴落したものの、ロンドンの家の値段はジリジりと上がり続け、高い家ほど上がり幅も大きいわけですから、まったく勿体無いことをしたものです。

一年前にムスメはその学校を卒業したので、これでどこかに移ってもいいわけなのですが、その後の通学にも今の家が便利なので、あと3年はここにいることになるでしょう。

むっ一生懸命働いてきたんだから、もうちょっとゆったりとした家に住みたかったです。終の棲家にするつもりじゃなかったので狭いんですもの。

もし子供がいなかったらとっくに他の家に乗り換えてた筈なのですが、果たしてどうしたのでしょうねえ?

観劇などロンドンの夜を楽しみたいから、庭がなくても構わないしうんと小さくてもいいから都心に住みたい」私と、


典型的な田園嗜好で、大きな庭付きの一軒屋でなきゃ嫌」なトーチャンの理想は正反対なので、


どちらかが我慢するか、今の家も同じことで揉めた結果の妥協案だったのでもう一度それを繰り返して都心から同じ位の距離にするか、はたまた最悪の場合は決裂して離婚してたか・・・


などと、今日は家族3人、ワインで乾杯しながら、庭を見ながら感慨にふける私・・・


この家で一番良いのはフレンチ窓からの眺めです。

テラスにも出られる床までの窓はダイニングテーブルの横にあるるので、ご飯食べながら庭がよく見えるんです。小さな庭ですが、ナッツを食べに鳥もたくさん来るので、いながらにしてバードウォッチングができるんです。リスも来るし。


   ・・・・ 庭のある家も悪くないねチューリップ黄黄色い花


ということで、我が家の庭の四季をアップしましょう。


   

      クローバー2月でも芝生は緑                   晴れ6月は薔薇


   
もみじ11月のモミジは苗木が大きくなったもの           雪雪景色は稀


(カメラクリックで拡大します)


        うお座  人気ブログランキング   みずがめ座

AD

ひらめき電球パリ旅行を考えていらっしゃる方に、一つご紹介したいことがあります。


それは、パリのあちこちで見かけた貸し自転車 自転車


Velib というこのレンタサイクルサービスは、パリ市が今年7月15日スタートしたもので、初日は2万件の利用、それ以来一日平均6万件の利用があるそうです。 


現在、駐輪場は750ケ所、自転車は1万台余りで、それが年末には1451カ所、2万6千台に増加される予定だそうです。


がま口財布加入料は一日1ユーロ、一週間5ユーロ、年間29ユーロで、30分以内の使用は何度でも無料、それ以降は30分を越す毎に1ユーロ。と、リーズナブルな公営値段です。




一つの駐輪場に十台から二十台くらいのスペースがあり、一台ごとにコンピューター管理のためメーターが設置されています。もちろん乗り捨てOK。


私たちは今回は利用しませんでしたが、興味深深で、次回はこれを使えばもっと効率的にパリ中を走り回ることができてもっと広範囲に写真が撮れるぞ、と篠山トーチャンは思ったことでしょう。


ショック!「だちかんがね~、停めようと思っとったとこに空きスペースがあれせんかったで、別の駐輪所探しとるうちに無料時間が切れてまって、ほんでからに、目的地から遠ざかってまったでかんわ」、


というリスクもあるのですが、


「後ろに荷台はにゃあし前のカゴも小せゃーでリュック担がな走れんけど、つきゃあかたしだゃー(使い方次第)によったらメッチャンコ便利だで、旅行者の方も使ったってちょう!」


とパリの人も(多分)言っているし(名古屋弁じゃなくてフランス語でしょうが)、皆さん、パリ市のご好意をありがたくお受けしましょう。


しかし、 あれですね、自転車と云えばほらあの人たちが思い浮かぶでしょ?


そう、最近海外旅行が解禁になってどっとパリに大挙して押し寄せている中国人観光客の方々です。


「自転車便利アルネ。北京と同じアルネ。」、

と、皆さんでずら~っとグループで乗り回されたひにゃ、折角の茶色とグレーのシックな自転車なのに、色とりどりのトレーナー姿(そういう人が多かったんですよ。しかも上下でちがう色の)がパリの街角にどっと溢れるわけで、景観損ねるアルヨ。


自転車ロンドンにもこういうのがあったらいいなと思う私。

会社からコベントガーデンまで丁度良い自転車距離だから、着物の裾をまくって、「あらよっ!」ってなもんね。


               人気ブログランキング  ジーンズ

           


<8月12日(日)> やっと晴れて夏らしく


今日は帰る日ですが、ユーロスターは5時40分なので、夕方まで遊べます。


まず、マレ地区のホテルから歩いてすぐのピカソ美術館Musee Picasso

ピカソはスペイン人ですが、うんと若いときからパリに住んでいるので、パリの芸術家と言ってもいいでしょう。


高級官吏の館を改造した中規模の美術館ですが、有名美術館のようなピカソの鬼気迫る大作はない代りに、ユーモラスな彫刻や絵皿、スケッチ、子供のボール紙工作のような微笑ましい小品もあり、暖かい個人的タッチを感じられるギャラリーで、時代順に陳列されているので、長い芸術生活の変遷もよくわかります。








  ボール紙で作ったヴァイオリン。               まあ、綺麗な女性!                    


王冠1元貴族の屋敷が多く残っているマレ地区でも規模の大きいのがフランス歴史博物館Musee de l'Histoire de France。

現役の古文書保存お役所なので入場は無料ですが、こんな大きいのにほんの一部ちょこっとしか一般公開されてなくて失望。

しかし、最初の日に行ったこれよりもうんと小さなカルナヴァーレだって凄い部屋数で(たしか140部屋)だったのに、数倍もあるここは一体何百部屋あるんだ?!革命が起こったのもむべなるかな、ですね。


   

   



時間が余ってしまったので、河に向かってゆっくり散策。


パリ市庁舎裏にあるサンジェルヴェ・サンプロテ教会Eglise St-Gervais St-Protaisを覗いてみました。
   

観光客らしい人は他には2、3人で、日曜日だし、地元の人でしょうか、数人がお祈りしてたのですが、写真の白装束の人は絵になるでしょう? さすがカソリックの国。宗教心の薄いイギリスではこういう人はまずいません。


   

                  なかなか斬新でモダンなステンドグラス



セーヌ河を渡るとすぐサン・ルイ島Il St-Louis


ここはお金持ちマダムがプードル犬でも連れて出没する閑静な高級住宅街、の筈なんだけど、なんだなんだ、すっかり観光地と化して、メインストリートはまるで竹下通りみたいじゃん。ホテルやショップはどれも洒落ててそれなりの雰囲気だけど、人気のアイスクリーム屋さんには観光客の長い列が出来てて、折角のシックな街角もちょっと台無し。住民の皆様はきっとヴァカンスでお留守なのでしょう。

         

                               河沿いの裏通りは静かでロマンチック   


ではそろそろ荷物を預けてあるホテルに帰りましょう。

かつてのユダヤ人居住区でしょうか、マレ地区にもこんなゴチャゴチャした所もあるのかと足早に立ち去りたいような地域を抜けて、15分でホテル到着。

   


地下鉄で一本でパリ北駅へ。は~い、お疲れ様でした~! こんな長い間座れたのは初めてのユーロスター。
   


節約しようとしたわけではないのですが、ユーロスターとホテル代以外には、あまりお金の掛からなかった旅行でした。これほど食事代の少ない旅行も珍しいでしょうがま口財布


ま、私は時々一人で旅行させてもらうので、今回はトーチャンとムスメのためと割り切って、文句も言わず文句は言ったけど、黙々と付いていきました。トーチャンは写真がたくさん撮れてハッピーそうです(千枚以上!)


キスマークなんと言ってもパリは美しい!

フランス人って意地悪そうだから住みたくはないけど(フランス語ができないのは別にしても)、今度は空いてる季節にゆったりとちょっと贅沢しながら別のパリを楽しみたいものです。

しかし、空いてる時ってあるのかしら?年中中国人で溢れたりして・・・


        カバン 人気ブログランキング  かさ