6月19日、ロイヤルオペラハウスにヤナチェックのチェコ語オペラKatya Kabanovaの初日に行ってきました。


  Composer Leoš Janácek
  Director Trevor Nunn
  Designs Maria Björnson
  Conductor Charles Mackerras


  Marfa Ignatevna Kabanova(鬼姑。裕福な商家の未亡人) Felicity Palmer
  Tichon Ivanyc Kabanov (鬼姑のマザコン息子) Chris Merritt
  Katerina(Katya) (不倫妻) Janice Watson
  Varvara (鬼姑の養女) Linda Tuvås

  Boris Grigorjevic (カーチャの間男) Kurt Streit
  Vána Kudrjáš (村の教師。鬼姑の養女の恋人) Toby Spence恋の矢
  Savël Prokofjevic Dikoj (ボリスの伯父) Oleg Bryjak


カメラ珍しく、アンフィシアター最前列だったので、正面から全てよく見えました(47ポンドもしたけどがま口財布しょぼん





本 あらすじ (突っ込み付き)

原作はオストロフスキーの戯曲「嵐」で、舞台は1860年代のロシア。

裕福な商家に嫁いできたカーチャは鬼姑に虐げられて辛い毎日を送っている。夫は義母の言いなり。(ここまではどこにでもあり過ぎる話) 

が、この退屈夫人は夫以外の男性に惹かれている。(ま、退屈しのぎに何かにときめきたいですもんね。日本の奥さんたちがキャーッ、ヨン様~というのと大して変わらないかも) 

家を牛耳っている姑の命令で夫が出張に行くときに一緒に連れてってとせがむが勿論拒否される。

彼女に同情する義妹が自分の密会脱出用に鬼義母から掠め取った裏門の鍵をカーチャに渡し、ボリスとの逢瀬もアレンジ。(親切心からなんだろうけど、フリンと軽く呼ばれる現代とはちがうんだから、これってまずいよねえ)

さて、ルンルン気分の熱い10日間が過ぎ、夫が帰宅。このまま隠してうまくやろうとするのが賢い奥さんなんだけど、カーチャの悲劇はそれができないことで、良心の呵責に耐えかねた彼女は、なんと自分から皆に告白してしまう。しかも相手の名前までばらして。(これは絶対ルール違反。例え現場を押さえられても白ばっくれるのが鉄則では?)

ボリスはそれを怒らなかったけど(独身だからね)、伯父さんにお仕置きとしてシベリアに送られてしまう。



まだ愛していると言う彼に「それなら私も一緒に連れてって」とせがむが「貴女は自由の身ではないから」と断られ(自由の身ではない人に手を出すのはいいのか?)、絶望した彼女は、冷たいヴォルガ河に身を投げる。

養女は恋人と新天地を求めてモスクワに駆落ち。(こちらの若い二人は回りに押し潰されずにうまくやりました。これがないと暗いばかりで辛過ぎるもんね)



しょぼんという、嫁姑問題や不倫で悩んでいる人にとってはすごく身につまされるお話よ。

そして、どちらにも縁のない私ですら、主人公の心のひだを細やかに叙情豊かに表現したヤナチェックのドラマチックな音楽につい同情してしまい、「ボリス、モスクワにカーチャを一緒に連れてってやれ~」、とか「カーチャ、自殺するんなら、その前に鬼ババアをぶっ殺したれ~」とか思って引き込まれてしまいました。




家 舞台

イギリスの有名なお芝居の演出家トレバー・ナンの舞台は1994年初演で、今回がおそらく3度目のリバイバル。ロシアの冬の雪と泥と暗い空は全て灰色で、大きならせんの坂道は古い家長制度の閉塞感をも表すような重く暗いリアリティと抽象がうまくミックスされたこの舞台、私は2000年に観ましたがよく覚えてました。衣装は時代そのままにリアルなのもこの場合は等身大のドラマ性をさらに盛り上げます。


音譜 パフォーマンス

指揮はヤナチェックの第一人者であるチャールズ・マッケラス。チェコ人ヤナチェックの音楽がイギリスで結構人気があるのは彼のおかげなのでしょう。50年以上も前にこのオペラをイギリスで始めて演じたときも指揮をしたマッケラスは「これは俺に任せておけ」とばかりに流れるように、でもメリハリはしっかり付けて素晴らしい指揮ぶりでした。




歌手陣も歌、芝居共に粒揃いで文句なし。もしカーチャがカリタ・マッティラだったら(いかにも彼女がやりそうな役だし、「イエヌーファ」は素晴らしかったですもん)、彼女だけ抜きん出てしまうところでしょうが、今回のアンサンブルは皆の実力が平均して穴がなく、おまけに皆さん容貌が役柄にぴったりなのがドラマ性の高いオペラを観る場合には大きな利点です。


カーチャ役のジャニス・ワトソン、数年前に観たアンドレ・プレビンの「欲望という名の電車」でルネ・フレミングの妹役でも素晴らしかったし、似たところのあるこの役もうってつけ。全身で役になりきる女優さんです。




テノール好きの私には嬉しいことに、主要男性3人が全てテノールで、しかも皆さん声が全く異なって三杯三色楽しめました。上手なテノールが3人も出るなんて、珍しいことですからね。

ボリス役のクルト・シュトライトは張りのある声と立派な声量でストレートに迫ってくるし、ご贔屓のトビー君は彼の持ち味である若々しさと清らかな伸びる声でうっとり魅力的ラブラブ

この二人は何度も聴いているのですが、クリス・メリットは今回初めて。2月のバスチーユの「ユダヤの女」でシコフとダブルキャストだった人で、もしシコフがあの日病欠したら(ほんとにしそうだった)、メリットをたっぷり聴けたのに(シコフを聴きにパリまで行ったのだからそれはそれで失望だけど)、それを逃したのでやっと聴けて満足。でもこれは出る場面が少ないので、いつか又たっぷり聴いてみたい渋い実力派テノールです。


こういう緊張ドラマなオペラは続けて2度観ると感動が薄れるし、やはり暗い題材で辛い気分にもなるので、今回は1度だけにしておきます。トビー君は年末年始に「チェネレントラ」(シンデレラ)の王子様でたっぷり楽しく観られるしね。

            人気ブログランキング  レンチ

AD
4月の私の誕生日に娘が作ってくれたクレイクラフトを覚えてらっしゃるでしょうか?
(→こちら  と こちら  です)

当然おっかさんはとっても嬉しかったですが、あれがトーチャンは余程羨ましかったにちがいありません。
6月中旬の父の日(日本と同じ日です。母の日はちがうのですが)のプレゼントは何がいい?と娘が聞いたら、「俺も同じのが欲しい」と言ったんだそうですよ。
娘が忙しかったのでちょっと父の日には間に合わなかったのですが、やっとできました。
   
      クリックすると、実物よりも大きい関取鳥になります目


  

トーチャン鳥には何を着せようかと皆で考えた結果(和服、というのは最初から決まってた)、やっぱり羽織袴がよかろうということになり、カーチャン鳥と着物カップルにしてくれました。
出来上がりを見たら「紋」が入ってないのは、この衣装における「紋」の大切が理解できてなかったのでしょう(「家紋」のデザインには興味があって、本も持っているのですけどね)。


     
トーチャンは、こういうお揃い写真は撮れないけど。      こういうサイズです。
ドンットーチャンは、一度だけですが、羽織袴を纏ったことがあるんですよ。
その時の写真をご覧になりたい方は→ こちら  をクリックして下さいませ(笑わないでね)。アップ



ブタ尚、トーチャンの近況ですが、つい最近、去年12月に亡くなったおじいちゃんの家が正式に売れて、もうこれで家の世話をしに行く必要がなくなりました。面倒な手続を全てやってくれて、ご苦労様でした。家を買う人はすぐに見つかったのですが、何事も信じられないくらいのろいんですよ、この国は。

ネコ更に、おじいちゃんの親友だった近所の通い猫Tibby は、ここ1ケ月くらいはもう家に来てくれなくなったそうです。元気にはしてるそうなので、きっと他に落ち着ける家が見つかったにちがいありません。よかった・・・。
       
          人気ブログランキング   ぶーぶー      

AD

ちょっと愚痴

みずがめ座「寒いね~」というのが挨拶になってるロンドン。


波豪雨が来るから覚悟しとけよ、と脅かされてる割には毎日ほんのちょっとしか降らないけど、イギリス北部ではここ数日の大雨洪水で大変な被害になっていて、死者も数人。


こんなの夏らしさがなくて嫌だ、という人は地下鉄で通勤しなくてもいい羨ましい人でしょう。(通勤を全くしなくてもいい人はもっと羨ましいぞ)。


私はこれくらいで丁度いいわと思っているけど、この異常な低気温で風邪をひいたのか、26日のドン・ジョバンニにはミヒャエル・シャーデが出なかった。でもネトレプコとシュロットは出たので満足度8割で帰宅したら、翌日(27日)の「タイス」はトーマス・ハンプソンが体調不調でキャンセルとのメールが届いててガックリ ガックリ


ハンプソンが特に好きなわけじゃないけど、この「タイス」の彼はCDでとても好きなので、随分長い間楽しみにしてたのよ~あせる


しかし、ギリギリに連絡が来たから急病なんだろうと思ったら、プログラムにはすでに代役の名前しか載ってないので、なんだずっと前からわかってたんじゃないの、と複雑な気持ち。

知らなかったからこそ昨日までワクワクして、それはそれで幸せだったし、ルネ・フレミングも楽しみにしてたのでハンプソンが出ないからって行くのを止めないけど、でも中には「ハンプソンが出るから切符買ったんだぞ。フレミングは嫌いだけど」という人もいるかもしれないじゃない? 気になるのならネットで時折自分でチェックしろ、ってことかもしれないけど、ネットなんかやらない爺さん婆さんもたくさんいるんだから、これは詐欺だむかっ 


テレビ27日はブレア首相退陣が話題になっただろうし、ウィンブルドンでも色々起こっているのだろうけど、私は最近お出掛けが多いのでニュースが全て脇を通り抜けてゆく。


観たオペラも3つ溜まってて(ドン・ジョバンニ、カーチャ・カバノヴァ、タイス)、書きたいことは山程あるのに時間がなくて、もう精神的糞詰まり状態ようんち


せめて3日に一回は更新しないと、折角ブログを覗くに来て下さった方に申し訳ないからと、アスコットやウィンブルドン話題の誤魔化し記事とパクリ写真でお茶を濁してるのも不本意だけど、


ま、昨日はネトレプコ、今日はフレミングと連チャンで大スターの歌が生で聴けただけでも幸せだと思わなくちゃね。


今日は写真もなくてすみませんが、おやすみなさい・・ぐぅぐぅ  


(あまりにも内容がなくて、しかもうんちマークまで付いてるこの記事は後で削除するかもしれないので、コメント蘭は外しときました)  


           ラーメン 人気ブログランキング      

AD

テニス6月25日、ウィンブルドン・テニスが始まりましたが、このところの不安定な天候は続いており、今日も雨で試合はかなり中断されたようです。気温も低くて、ジャケットはもちろん、マフラーや毛糸の帽子、毛布にくるまって観戦している人たちがテレビに映りました。



でも夜は晴れたので、テレビで観戦。


ちょうどティム・ヘンマン選手の試合をやっていたのですが、ハラハラして疲れちゃいました。


相手はスペインのカルロス・モヤだったのですが、大接戦の第5セット5ゲームづつという大詰めで、日暮れのために明日に持ち越しという気の抜ける中途半端な終わり方。


明日は私は観られませんが、その方がいいですね。多分負けるでしょうから・・ガックリ



 
      

でもやっぱり彼のウィンブルドン最後になるかもしれない試合は見届けたいような。


毎年イギリスを一人でしょって立つ重荷に耐え、14年間続けて出場したのを見守っているうちに19歳のフレッシュな少年はあっという間に32歳のベテランに。その間に結婚して父親になり、知的美人のルーシー夫人が心配そうに義理の両親と一緒に観戦する姿も毎年お馴染みのシーン。


「長い間頑張ってくれてありがとう。」、というのが全国民の気持ちだけど、本人は「まだ僕は頑張るんだから、過去の人にしないで欲しい」と言ってます。


彼が過去の人にされかけてるのは、もちろん新しい希望の星が現れて皆の関心がそちらに行ってしまったからですが、そのアンディ・マレーは早くも今年は手首の怪我で欠場。


20歳で第8シードのアンディには、ここでやってるのに外国勢ばかりが活躍する様々なことを「ウィンブルドン現象」などと言われて世界中からあざ笑われている屈辱挽回の期待が掛かったいたのに、情けないったら・・・



  
この手首が憎い! 口惜しい! 口惜しい! 口惜しい! ゲロゲロ~・・・




  


クールで品行方正で決して乱れないヘンマンと同じタイプだったらつまんないけど、幸いこの若いスコットランドにいちゃんは、ホットで百面相。


今年は大失望させやがってバカヤローだけど、来年は優勝しろよな!


それから、ヘンマンみたいにまじめに一人の女性とだけ付き合ってそのまま結婚して、なんて退屈なことはよして、可愛い女の子たちをいっぱい引っ掛けて騙して、マスコミに奉仕してね。


        テニス  人気ブログランキング



6月24日、小雨の中、シアターと中華街であるレスター・スクエアという小さな広場に、娘と二人で、フランク・チキンズのパフォーマンスを観にいきました。


ジャパニーズ・ポップ・キャバレーというキャッチフレーズのフランク・チキンズは、25年前からロンドンで活躍している日本女性のポップ・グループで、歌だけでなく奇抜なコスチュームとコミカルなダンスが売り物。現在のメンバーは日本女性3人となぜかアイルランド人の男性一人。その他に踊りとちょっとしたコントの数人が出て、なかなか賑やかです。


唯一のオリジナルメンバーでリーダーのホーキ・カズコさん はいつくかのアート分野で活躍なさっているロンドンの日本人社会では有名なアーチスト。20年程前にイギリスで人気お笑いテレビ番組もやっていた東大卒の超インテリ女性なのですが、50代半ばと思われる今でもミニスカート姿で歌と踊りとお喋りに体当たりで頑張ってらっしゃいます。


今年2月 に娘とロイヤルオペラハウス内の小劇場に観にいったときは写真が撮れませんでしたが、今日の野外パフォーマンスは皆様にお見せすることができます。クリックで拡大しますので、コミカルでスピーディな舞台姿をご覧下さい。


     

         カラオケ まずは奇抜なコスチュームで度肝を抜いて、


  

                   お次は忍者ソング

  
              これはなんだったかしら?   



  
     

 クラッカー最後はスペースマン(宇宙男)でサポートの方も勢揃いしてギンギラギンにフィニッシュ!


  

すごい人出の中に立つ娘。私の隣で女性警官も観てます。ロンドンらしい像が二つ。チャップリン(黒)とシェークスピア(白)。


実はこれ、 West End Liveというイベント(ウエスト・エンドというのはロンドン中心の商業地区のことですが、この場合は劇場街を指します)。

主に今やってるミュージカルのいくつかをちょっとだけここで生で無料で見せてくれるという、土曜日と日曜日の二日間12時から6時までという大イベントです。ミュージカル以外にもこのフランク・チキンズ他色々な人たちが出演するこのイベントのことを私は知りませんでしたが、去年もやったそうです。

私たちはミュージカルが目的でなく、着物仲間がメンバーのチキンズを観に行っただけなのですが、2時間観てたら(立ちっぱなしだし、少し雨も降ってたのでそれ以上はしんどい)、有名ミュージカルは「シカゴ」と「サウンド・オブ・ミュージック」と「Wicked」を観ることができました。  


ちゃんと衣装も付けて出てくれたのは「シカゴ」だけでしたが、他の二つも主役が出てくれたんですよ。


  

「シカゴ」は来月から出演予定のダンカン・ジェームスが登場。彼はかつての人気少年バンド「ブルー」のメンバーで、私、実は結構好きなんです。久し振りに見たら随分年食ってたけど、大人びても素敵~ラブラブ


しかし、ダンカンはチャーミングで歌もうまかったので舞台を観にいこうかと思ったけど、女性二人の歌がひどかったので行く気が失せたわ~ガーン  あれなら、ここでとても印象的だったシアター・スクールの十代の少年少女の卵ちゃんたちの方がずっと上手だぞむかっ


宝石赤こんな有名スターも目白押しの注目イベントで、日本を代表して奮闘してくれたチキンズの皆さん、お疲れ様でした~

とてもよかったですよ~

観客も一体次は何が出てくるんだろうとワクワクして喜んでましたしね、これで一気に人気グループの仲間入りですね。凄い凄い!


              信号機   人気ブログランキング