4月20日、ヴェルディのStiffelioの初日に行って来ました。

upperslip席からなので、顔がのっぺらぼうになってしまいましたが、真ん中がホセ・クーラ

私はこのオペラは全く初めてだったのですが、ヴェルディの作品でまだ手垢(私自身の)の付いてないオペラがあって、先入観もなしで生舞台で観ることができたのは嬉しかったです。最終日にもう一度行く時はどうしてもパフォーマンスに目が(耳か?)いってしまうでしょうが、この日はドラマとして楽しめました。


上演回数が少ないのは駄作だからではなく、有名アリアが一つもないからにちがいなく、ヴェルディらしさが散りばめられた音楽は決して他にひけをとるものではないと思います。


オペラの設定は19世紀初めのオーストリアで、弾圧されたプロテスタント派の牧師が主人公なのですが、仕事が多忙な男と構ってもらえなくて淋しい妻の浮気という普遍的なテーマなので、多くの人にとっては身近な問題として共感できるテーマではないかと。おそらく誰しも「自分だったらどうするか?」と考えるし、途中「それだけ奥さんが誤ってるんだから許してやれ~」とか思うのではないでしょうか。


1850年初演のこのオペラの設定は19世紀初めというほぼ現代劇で、当時は牧師の妻の不倫と離婚というショッキングな内容ゆえに、検閲でズタズタにされたり、ちがう時代と職業に置き換えての改訂版も作られたそうです(ドイツの首相とかイギリスの十字軍。しかし、十字軍の妻の不貞なんて、貞操帯の普及からもわかるように当たり前過ぎて新鮮味ゼロだわね。話の展開からもここはやっぱり宗教を職業とする主人公でないと)

Conductor: Mark Elder

Director: Elijah Moshinsky
Set designs: Michael Yeargan
Costume designs: Peter J. Hall


Stiffelio: José Cura
Lina: Sondra Radvanovsky
Stankar: Roberto Frontali
Raffaele von Leuthold: Reinaldo Macias
Jorg: Alastair Miles
Federico di Frengel: Nikola Matišic
Dorotea: Liora Grodnikaite



男の子登場人物とあらすじ女の子


スティッフェリオ

教区の尊敬を一身に集める仕事熱心な牧師。他人事(であるとその時は思っていた)浮気に関して寛容で、「許すのが神の思し召し」なんて言ってるくせに、自分の妻が浮気していたとわかると、「絶対許せん!離婚だ~!」と怒り狂う(気持ちはわかるけど)偽善者。

宣教出張も多くて妻に淋しい思いをさせていた自分にも責任があるのがわかり、後悔した妻に平身低頭「ごめんなさい!魔が差したの。愛しているのは貴方だけ」とまで言われてぐらっとなるが、結局(色々あって)離婚を強制。

しばらく後の教会のミサに別れた妻が来ているのに気付いた彼。「今日のお説教は無作為に選んでみましょう」と広げた聖書は偶然、姦通罪を犯した女性に罰として人々が石を投げ付けようとするところにイエス・キリストが立ちはだかって「この中で罪を犯したことのない者は石を投げるがよい」と言うくだり。それを読ん感銘を受けた彼は人々の前で妻を許す。


(奥さんによく「なによ、偉そうなこと言ってるくせに、自分勝手な人ね。もう愛想がつきたわ」と思われなかったこと。それにこれからが大変よ。仕事と家庭の両立は簡単じゃないんだから)


リーナ

伯爵の娘でStiffelioの妻。宣教活動で忙しい牧師の夫に構ってもらえなくて淋しいところに貴族の青年に言い寄られてつい・・・というのは充分理解できるし夫にも非があるけど、火遊び相手に大切な結婚指環を愛の証に与えるなんて馬鹿なことしましたね、奥さん。「証拠は残さない」という不倫の鉄則でしょうが。それとも、多忙な夫は指環になんか気付く筈はないと思った?


伯爵令嬢なんだからそれに相応しい貴族と結婚してチャラチャラ遊んでくらせる身分だったのに、牧師となんか結婚して地味な暮らしを選んだ彼女のキャラクターがよくわからないのだけど、夫に罵倒されても必死に愛を訴える一途な態度にはぐっときます。


スタンカー伯爵

リーナの父親。軍人でもあった彼にとって唯一大切なのは名誉。家と自分の名誉のためには娘の気持ちなどどうでもよい一徹オヤジ。娘夫婦が仲直りしそうだったのに駄目になったのはこのオヤジが浮気相手を殺そうとしたからだし、何かというと名誉名誉という父親から逃れるためにリーナは貴族サークルではない牧師と結婚したのかしらと思うくらい。

それに、娘が夫に告白しようと言うのを止めたくせに後でうっかり相手が誰だか暴露してしまったり、このオヤジがいなかったら、もっとすんなり元の鞘に納まっていただろうに、という迷惑千万オヤジ。


ラフェエレ

リーナの浮気相手の青年貴族。だけどよくわからないキャラ。「貴方は後悔してないの?」と聞くリーナに「愛は後悔しないんだ」とクサイこと言ったり、「リーナが自由の身だったら彼女と結婚する気があるのか?」とスティッフェリオに聞かれて「そんなこと起こりえないだろ?」とはぐらかし、伯爵に決闘を申し込まれると「おいぼれじいさんを殺したくはないぜ」と逃げたり。一緒にどこかに逃げようと誘っているようなので本気なのだろうし、身分も釣り合うけど、なんか芯の通ってない男だ。まあ脇役だからどうでもいいけど。


椅子舞台セットと衣装ワンピース

新プロダクションではなく、1993年初演のモシンスキーの舞台は開拓時代のアメリカ風。まるで映画のように写実的で牧師館なんて本当に住めそうなくらい。初めて観るオペラは、面白みはなくともこういうまともなセットだと助かります。いきなりすっ飛んだ衣装で出て来られると頭の中で置き換え作業しなくちゃならないので、知らないオペラでだと余裕がありません。


ホセ・クーラは1995年にここで同じ役をやっているのですが、インタビューで、あの時は若過ぎて老けメークが必要だったけど、今回は地のままでOKだったんだ」と言ってます。奥さんに他の男がちょっかい出してくるくらいだから、まだ若い牧師夫婦だと私は思ったのですが、ちがうのかな?まあ中年夫婦という想定であればそれなりにちがうドラマになって味がありますが。


←クリックで拡大してセット見て下さいね



      

1995年のつぶらな瞳から、年月を経て、2007年の中年になり掛けたクーラですが、精悍な美貌(私好みではないけど)は衰えず


音譜パフォーマンス音譜




ホセ・クーラははこれまでにROHで「オテロ」「トロヴァトーレ」「サムソンとデリラ」「西部の娘」を観ましたが、あの声ですから、いつも怒るのがとても上手。


今回は、宗教に全身全霊を捧げる敬虔な牧師には見えないし、最初は歌もちょっとぐらついたのですが、妻が浮気しているのではないかと疑い始めてからは、大作りな容貌を生かして大芝居が映え、怒り狂う場面はさすがと思わせる迫力。

声は絶好調ではないと思いましたが、妻役のソプラノの声量が凄かったので圧倒された感もあり。



妻役のソプラノ、ソンドラ・ラドヴァノフスキーは一年前にドミンゴと共演したシラノ・ド・ベルジュラック で初めて聴いたのですが、とても美しい張りあるの声で素晴らしかったので、その時からこのStiffelioに出てくえるのを楽しみにしてました。だけど、この日は調子が悪かったのか、同じ人とは思えないほどの濁った声だったので大失望!


長身の美人で、声量は文句ないほどあるし情感たっぷりの芝居と歌いぶりは大劇場のヒロインとして充分魅力があるのに、今回はとても残念。時々声が回復して、シラノの時のようなきれいな声になった部分もあるのですが、しばらくするとまた不快な声に戻ってしまい、がっかり。

このオペラ、ヴェルディの中でもソプラノの力量が問われる難しい役だと思うのですが、彼女、美しい声も出るに決まってるわけで、出来の良い日はさぞや素晴らしいリーナにちがいないです。最終日にまた行くので、その時はそうであることを祈りつつ・・・



父親役のロベルト・フロンターリは、充分上手で文句のつけようはありませんが、私好みの声ではないし、この役には声が細すぎるような気がします。それにちょっと芝居っ気不足。 大柄で大袈裟なクーラとラドヴァノフスキーのカップルに立ち向かうためにはもっとでしゃばらないとバランス取れないですよ。

間男役のラファエレのレイナルド・マシアスというキューバ人テノールに至っては、一度聴いただけで断定してはいけないとは思うものの、「ねえもうちょっと上手な人いないの?準主役にこんなのしか出せないからNYメトやスカラ座に太刀打ちできないのよ、ROHは」と言いたくなる程の力不足。まさか、もう一人上手なテノールが出たら自分が食われるかもしれないってわざとこんな下っ端を出したんじゃないですよね?

指揮者のマーク・エルダーは、最初何度かつまづいて、聴いたことのない音楽であってもなんかぎくしゃくしてるわ、とわかったくらい。これは初日だけの緊張だと思いたいです。次はスムーズに振ってね。

と、いうわけで、楽しみにしていた初めてのStiffelioは、期待が大き過ぎたでしょうが、パフォーマンスに多少難ありでしたが、心の葛藤ドラマとして楽しめたので良しとしましょう。でも、もう一度行くときにはいつものようにパフォーマンス中心の鑑賞になるでしょうから、最終日だし、皆さん持てる力を出し切って一段上の歌唱を聞かせて下さいね。


○●○●○●○●○● 人気ブログランキング ○●○●○●○●○●


AD



4月14日、娘と「オペラ座の怪人」を観にいきました。私は二度目。娘は初めて。

きっかけは、ちょっと前にこのミュージカルのオープン20年記念テレビ番組を観て、娘が行きたいと言ったからです。



          ピカデリーサーカス近くにあるHer Majesty's Theatre


土曜日のマチネでしたが、大劇場ではないのにまだ少し空席もありました。さすがに20年も経つと、かつてのような過熱人気ではなくなるんですね。だけど20年間ずっとずっと週8回やり続けるなんてすごい。オペラとは鑑賞人口が桁違いということは明らか。芸術と娯楽を比べちゃいけないですけどね。おっと、そんな事言うとムッとする人いるかも・・・


いやいや、私が今更言うまでもなく、このアンドリュー・ロイド・ウェバーのゴシック・ロマンスはとても良く出来た作品です。オペラを見慣れた目には次々と変わるシーンや衣装が新鮮な驚きで、観たのは10年振りくらいですがあらためて感心。たまにはオペラもこんなに分かりやすくて工夫が一杯で豪華だったらいいのになあ、とつくづく思いました。オペラは、予習も必要だし想像力を掻き立てなくてはならないですからね。


むっ

だけど、私にとっては肝心な歌唱力がねえ・・・どうしても満足できなかったです。先回もそうでしたが、もうちょっと上手な人はいないのかしらと腹が立つくらい。オペラ歌手と比べてはいけないのは充分承知なのですが、でもやっぱり、オペラ的要素のあるこのミュージカルだけはそこまで要求したくなってしまいます。


今回の主役は、Earl Carpenter, Celia Graham, Micheal Xavierという3人。怪人役のCarpenterは、この役がとても難しいことはわかるのですが、高音になるときの声の継ぎ目があまりにも露骨。クリスティーヌのGrahamは高音が不快なキンキン声。比較的簡単なラウロ役のXavierだけが自然な声で私は満足(おまけに長身の金髪ハンサム。映画版も彼だったらよかったのに)。


      オペラとちがって、3人とも容貌は役柄にぴったり


カチンコ

その映画版、娘が観たいと言ったので早速手に入れて観ました。私もこの映画は初めてで、なぜ今まで観なかったかと云うと、これはやはりオリジナル・キャストのマイケル・クローフォードサラ・ブライトマンのイメージがあまりにも強いので、他の人では駄目なんです。この二人が若いうちに映画にしておくべきだったと思うのは私だけではないでしょう。そういう話はあったのに、実現せずに本当に残念。


しょぼん

とは云うものの、彼らの生舞台を観たわけではないのです(観なかったことはとても後悔してますが)。1986年10月にオープンする前に切符を買っておかなくては駄目でしたね。でも当時(今もですが)クラシックコンサートには結構行っていたけどミュージカルに特に興味があったわけではなし、事前に知ってはいたけど、クローフォードはSome Mothers Do 'Ave 'Em(訳すと「こんな馬鹿な子を持ってる親もいるよね」)というテレビの人気コメディのバカ息子役で大人気だった俳優なので、私は彼のファンでしたが、「えっ、彼がシリアスな役?」とびっくりしてあまりその気にはなれませんでした。サラ・ブライトマンも舞台の実績なかったし。


クラッカー

だけど蓋を開けたらすごい人気で、それからはもう切符が取れません。そして間もなく私は妊娠したので行く機会を逸してそれっきり。でも、NYブロードウェイに進出するときに、クローフォードは有名スターなのでOKだけど、アメリカでは全く無名のブライトマンは彼女である必要はなくてアメリカ人が演じるべきだと思われて最初は許可が下りなかったこととかよく覚えています。


結局ブロードウェイに出る許可が出たわけですが、このオペラは当時婚約者だったサラ・ブライトマンのためにウェバーが書いた愛の贈り物だったわけで、音域もイメージも彼女に合わせてあり、これは彼女のミュージカルなのだから、もし知名度不足で出られなかったら妙なことになってました。


そしてクローフォードのまさかの抜擢もサラのお陰なんですよ。同じ声楽教師に付いていたサラが偶然彼のお稽古を聞かなかったら、誰も彼があんなに歌が上手だなんて想像もしなかったでしょう。日本で言えばアホの坂田が(すみません、古い人しか知らなくて)怪人役になるみたいなものですからね。


砂時計

しかし、あれからもう20年も経ったなんて感慨深いものがあり、それはすなわち娘がもうすぐ20歳ってことですから、年月の経つのは早いものです。私はずっと同じ家に住んで同じ会社に勤め外見もあまり変わってないので実感がないですけどね。



  やぱりこの二人でなくちゃ



怪人の前身はイギリス人なら誰でも知ってる「アホのフランク・スペンサー」


カラオケ

クローフォードとブライトマンは、コンサートに行ったことがあるのですが(別々に)、二人とも存在感はあるし歌がすごく上手。こういう実力のある人が出てくれるのであればミュージカルにも行きたいですが、それは稀なので、やっぱり私は「オペラ観出したら、ミュージカルなんかたあけらして行っとれんでかんわ~」と名古屋弁で呟いてしまいます。


でも、また娘が行きたいと言ったら近いうちにミュージカルに行くかもしれません。

しかし、切符が高い!

オペラハウスと比べたら一番高い席はうんと安いのですが、安い席がないので、今回も手数料とか入れたら、大して良い席ではないのに一人40ポンド近くもしました。ROHなら軽く3回は行けるよ。

娘はミュージカルよりオペラファンになってくれますよう・・・



              ドクロ 人気ブログランキング  ブーケ1

AD

4月24日、ロイヤルオペラハウスにジャンニ・スキッキ他をまた観にいきました。


私の水色の無地の着物姿、なにかいつもとちがうのにお気づきでしょうか?


  


ま、大したちがいではなくて、ちょっと髪が短くなっただけですけどね・・・


そう、23日の誕生日の夕方にヘアカットしたんです 美容院


別に誕生日だからってわけじゃなくて、平日しかやってくれない美容師さんだからです。


だけど着物のときはいつもアップスタイルなわけで、8ケ月ぶりに切ったのですが、変化はよくわからないでしょうね。洋服では髪を下ろしていたので、会社では「おっ!」と言う顔されましたが。


この3年間程は着物のためにアップにできるようにそんなに短くしませんでしたが、それまでは一年に一度うんとショートにして長くなったらバッサリ、というパターンでした。

今回久し振りにここまで切ったのは、ショートヘアの和服姿の方を見るにつけ素敵だなと思っていたからで、自分も真似してみたのです。いかがでしょうか?


このまま暫くショートを続けるか、或いは一年間放っておくかは決めてませんが、軽くていいわ~UFO



  


尚、今日のカルメンさんとの二人コーディネートはブルー系の着物と春めいた色の帯ですが、明るいオペラハウスのロビーでなかなか映えたようで、たくさんの人に誉めて頂きました チョキ (季節は無視の椿と梅コンビですが)


 
  

  before after


       !!人気ブログランキング

AD

誕生日でした

4月23日の誕生日、会社を休んで何しましょうねえ?
着物で出掛けるのですが、今日はやっぱり娘からの手作りプレゼント に敬意を表して、白&藤色縞柄小紋と黒のナツメ帯でないとね。お揃いだよ~ニコニコ



写真撮ったら(トーチャン、ありがとう)、さ、出掛けましょう。
音譜毎週月曜日午後1時にロイヤルオペラハウスで無料のランチタイムがあり、普段会社に縛られている私はもちろん行けないのですが、今日はROHの若手歌手育成プロジェクトのメンバーの中でもなかなか良い歌手が出るので丁度いいわと思い、知り合いを誘って行ってみました。

Jette Parker Young Artists:
Kishani Jayasinghe - Soprano
Liora Grodnikaite - Mezzo Soprano
Edgaras Montvidas - Tenor
Grant Doyle - Baritone
David Gowland - Piano
Susanna Stranders - Piano


叫びだけど、なんとなんと、30分前に着いたら切符(無料ですが)がもうなくなっていたんですよ。事前の予約は不可で当日配布されるのですが、イースター休暇で2、3回の後で久し振りにだったたためか、それとも「あら、今日は良いメンバーだわ」私と同じことを思った人が多かったためか、今日はなぜか人気があり、甘くみていた私はガチョーンでした。
この中で私のお目当てはテノールのEdgaras Montvidas。彼はROHの椿姫でアルフレードを歌ったこともあり、そのときは大劇場で緊張していたのですが、その後のグラインドボーンどさ回り公演で同じ役をやったときは大成長を遂げていて、また是非聴きたいと思っていたので、今日は残念!ま、またチャンスはあるでしょうが。
カメラいつもは人でごった返しているけど平日の午後はひっそりとしたROH、良い機会と写真を撮っておきましたので、私がしょっちゅう出没するROHをご案内致します。

 
Floral Hall

  
1983年のTurandot 1980年のホフマン物語(ドミンゴ着用)

  
バルコニーからの眺め。ピアッツァとかつての花市場

  
バルコニー。休憩時間には喫煙者が押し掛けます

  
amphitheatreへの廊下。        コーヒーじゃ、このカフェでゆっくりコーヒー飲んでお喋りしましょう。

ナイフとフォークワイン
夕食は家族とシャンペンでお祝い。
あ、その前にもう一つ用事を済ませたのですが、それは明日になればわかりますからね。
ケーキ
又一つ年を取りましたが、もうここまで来たら一つや二つなんだと言うの、という心境ですね。
完全に人生の秋に突入してますが、今が色んな意味で一番充実して楽しい時期という気もしてます。
リタイヤしたらもっと楽しいに決まっているので、それにも又一歩近づいたわけだし・・・

では明日から引き続き一年頑張りましょ~~

それで、明日は又オペラハウスなんです。着物で。今度はちゃんと切符買ってありますから。

祝日4月23日は私のお誕生日。

月曜日ですが、会社は休んで、楽しむ日にします。


プレゼント楽しみにしていたのは娘からの手作りプレゼント。


お誕生日にはいつも手描きのカードをくれて、去年は私の着物姿を雪輪のアラレちゃん にしてもらいましたが、最近娘は絵を描くよりも粘土のようなものでキャラクター作りにせっせと励んでいるので、今年はカードの代りに、着物を着たちっちゃなお人形(英語だとfigurineと言うのですが)をリクエストしました。


ブーケ1そしたら、こんな可愛いfigurineが出来上がりました! (クリックで写真は拡大します)



  


高さ7センチで、中は空洞。金属ネットを丸めたものがベースになっていて、フィモfimoというオーブンクレイoven clayを使って、オーブンで焼いて固めてから色を付けてあります。8時間掛かったそうです。フィモクラフト という日本語のサイトもありました。



  

                        




この着物と帯、覚えていらっしゃるでしょうか?


母のお下がりの戦前レトロで、去年11月に娘の誕生日に着せてみたし、今年1月には私も着ました。


親娘3代に加えて、こんな可愛いペットまで着物仲間になってくれて、嬉しいで~す。



    





サンダルでは、今からちょっとお出掛けしてきます。その様子はまた後で・・・



       バレンタインチョコ 人気ブログランキング