24日からのパリ小旅行のことは少しづつアップすることにしますが、まずは着物。


せっかく花の都のオペラハウスに初登場するのですから、思い切り華やかでかつ本物の着物にしたかったのですが、海外に着物を持っていくには(最初は着て行くつもりだった)現実的には制約があり、汚れないように気を回す余裕もないだろうと思い、それに天気もちょっと怪しそうだったので、カルメンさんと相談して二人とも「安心の洗える着物」にすることにしました。


そうすると、選択の余地はほとんどなく、こういうコーディネートになりました。



バスチーユのオペラハウスの前で






カルメンさんには、私が去年11月に神戸の古着屋さんで買って大阪で着た 藤色の小紋をお貸ししました。

彼女の持っていた御所車の帯が着物の柄と同じで、帯の銀色が夜に相応しい華やかさを増し、超安価だった私の着物もぐんとグレードアップ。

よかったね、藤色着物ちゃんチョキ


私が着たサーモンピンクの色無地と乱菊模様の帯は秋に名古屋で買ったもの。この着物に合う帯は何本かあるのですが、この帯の軽いことが決め手になりました。


初春に菊の柄って変じゃない?と思うのは日本だけで、菊=秋とは誰も思うわけないし、いつもように季節感は無視。

帯が地味なので、帯揚げは白地に赤の飛び絞りでアクセントにしたつもり。金銀の帯は重くて諦めた代りに、せめて帯締めを金にしてみました。




二人ともほとんど無地の着物というのも見た目淋しいだろうなあと思ったのですが、二人で着て並んだら、すっきりしてなかなか良いではないですか!? 淡い色の組み合わせも悪くないし、このモダンなバスチーユのオペラハウスには更にぴったりだったような気もします。



オペラハウスのロビーはとても混んでいたので自分たちの写真も撮れませんでしたが、他にも、できれば写真を撮りたかった着物姿の女性がいたんですよ。


その人は20歳くらいの若い女性で、そのまま成人式に行けるような赤や緑の色鮮やかな振袖姿でした。

そして、一緒にいたのはお姉さんでしょうか、その人は黒地に白の総絞りの着物の反物で作ったロングドレスをお召しだったのです。


そのドレス自体はシックでとても素敵だったし、振袖の方も頑張って可愛かったですが、なんか二人のバランスがちょっと・・・


二人をセットで見た場合、私とカルメンさんの方が勝ちでしたね、はっきり言って。

ハッハッハッグッド! 


って、つい張り合ったりして。


もっとも、向こうの二人が私たちのことを、「まあ、あの人たち、安物の洗える着物よ。正絹の私たちが勝ちね」と思ったとしたら、それはそれで当然なので、別にいいですけどね。


でもね、ポリエステルの着物にしたのは正解でした。終演後、外は雨降りでしたもん雨


というわけで、やっと実現したパリのオペラ座着物デビューは、ガルニエと呼ばれる昔からある絢爛豪華なオペラ座(あの「オペラ座の怪人」が出没したとこね)ではなかったのと、着物でご一緒する予定だったパリ在住の美しい友人が都合でいらっしゃれなかったのが残念でしたが、「あら、着物」という視線も充分浴びたし、嬉しそうに微笑んで下さった方もたくさんいたし、声を掛けて下さった方もいて(通訳がいたので救われました)、まずまず成功だったのではないでしょうか?


スーツケースで一式運ぶのは結構大変で、「私たちもよーやるよね、こんなこと」と半ば呆れながらも頑張った甲斐はありました。こんな機会はもうないかもしれませんしね。


ところで、背景がなんかオペラハウスらしくないんだけど、と不思議に思っていらっしゃる方、私たちがまずどこに行ったのか、次の記事でわかりますから、楽しみにして下さいね。なるべく明日アップできるように頑張ります。


      宝石ブルー 人気ブログランキング  宝石赤


(あっ、そうだ! マダム・バタフライの記事がまだだった・・)

AD


新幹線26日の夜、元気にユーロスターで帰ってきました。


くもり雨お天気はいまいちでしたが、とても充実した中身の濃い小旅行となりました。


それも全て、長年フランスに住んでいらっしゃる方々が段取りから案内までして下さったからです。


今回大変お世話になったお二方、yoyoさんsottovoceさん はこのブログを通してお知り合いになったのですが、ご親切が身に染みました。こういう時はブログをやっていてよかったとつくづく思います。


こんなしょーもないブログでも、書く時間を捻出するために多少の犠牲も払っているわけで、もう止めようかなと時々思ったりもするのですが、こういう素晴らしい出会いがあると、やっぱり頑張って続けようかなという気にもなります。


パリでの出来事はなるべく早くアップするように努力しますが、とても珍しい経験もしたし、着物も着ました。


おやすみなさいぐぅぐぅ



         チーズ 人気ブログランキング  ワイン

AD

新幹線24日から2泊でパリに行ってきます。


パリにはこの30年で何度か行きましたが、しばらくご無沙汰していて、なんと10年振り。最近は日本にばかり行ってますからね。


「着物でオペラ」趣味の延長なので、トーチャンと娘はお留守番。


昨年9月にバービカンのコンサート形式で感激したHalevyのLa Juive (ユダヤ女)を観てきます。

もちろんフルオペラで、バービカンのときよりぐっと格上の顔ぶれのニール・シコフアントナッチ


ガルニエと呼ばれるいわゆるオペラ座ではなく、新しくできたバスチーユのオペラ座ですが、もちろん初めて。


折角ですから、コベントガーデンでは絶対買わないような100ユーロという高い席を奮発しましたもんね。


一緒に行くのは着物仲間のカルメンさんで、実は二人でずっと着物で過ごそうという大胆なことを考えていたのでした(にひひ荷物はほとんど無しで済む)。


でもやっぱり動きにくいし不便だわよね、と土壇場になって怖気づき、ユーロスターに乗るときは洋服にして、ホテルで着替えることにしました(ガーン結構な荷物になってしまった)。


私はつい最近、日本で毎日一日中着物で過ごし、疲れない自信はついたのですが、それは日本が安全であり慣れているからできること。様子のわからないパリで、今回はそこまで余裕がありません。


パリの街を着物で歩いたらどういう反応されるのかしらと興味深深ではありましたが、それはもうちょっと慣れてからにしときます。今回うまくいったら、なんといってもすぐ近くなのだし、ちょくちょく行く気になるかもしれませんもんね。


まあ今回は下見のつもりで、欲張らず、安全第一で慎重に行動してきます。


当然の事ながら、日本に行く時よりずっと緊張しとります。フランス語ももちろん全然できないし・・・

ま、英語でなんとかなるわい、とまるで傲慢なイギリス人みたいな言葉をつい呟いたりして・・・


では、行って来ま~すカバン




むっ行く前に先週末に観たマダム・バタフライの感想をアップしたかったのですが、もうちょっとのところで完成できませんでした。



  カエル人気ブログランキング カエル (イギリス人はフランス人を「カエル野郎」と呼んだりします)


AD

17日に続き、2月18日(日)にも娘と二人で着物でお出掛けしました。



  


私のブルーグレーの小紋は、去年名古屋の知り合いに頂いたもの。年齢相応の落ち着いた色合いの着物をほとんど持っていない私には重宝しそうです。今日は親娘に見えるようにいつもより老けた雰囲気にしたつもりです。

帯は母のお下がり。気に入ったので、80歳でもまだこれくらいのものは平気で身につける派手母から無視矢理分捕ってきました。写真では見えないのですが、前帯には同じ柄がもうひとつあります。


娘の着物は11月に日本で買ったLサイズの洗える着物。これでもまだ袖がチンチクリンなのですが仕方ないですね。



 夜はまだ寒いので羽織も着て


娘が着ている赤い絞りは私の若い時のもの。私の縞柄は頂きもの。今日は地味地味な私。



星空

さて、早めに夕食を済ませて出掛けたところは・・・・




レレレのレ~、またオペラハウス?! 昨日と同じじゃん。


カラオケ

たしかに同じロイヤルオペラハウスなのですが、今日は地下にあるLinbury Studioという3、4百人収容の小ホール。

私は滅多に行かないのですが、時々マイナーなオペラやバレエをやっているようです。


ここで珍しくクラシックでないパフォーマンスをするのは、コベントガーデンからすぐ近くに中華街もあるチャイニーズのお正月祝いのイベントだからでしょうか。3日間、中国を中心とした踊り、音楽、ドラマが上演されました。


最終日の18日は3グループの出演で、①中国の伝統音楽(琵琶、胡弓、琴等)、②主に中国人メンバーのロックバンド、そして、③トリはなぜか日本のポップ・キャバレー「フランク・チキンズ」。


①の中国古典音楽演奏は素晴らしかったものの、②のロックグループは死ぬほど退屈でしらけた後、いよいよ(私には)お待ちかねのFrank Chickensでしたが、期待通り、衣装替えも数回あるエネルギッシュでカラフルなパフォーマンスで盛り上がりました。



ヒヨコヒヨコヒヨコ

フランク・チキンズ は20年以上前からロンドンで活躍している日本女性のポップ・グループで、歌だけでなく奇抜なコスチュームとコミカルなダンスが売り物。(着物姿の私と娘は休憩時間に「あなたたちは次にパフォーマンスに出るの?」なんて言われてしまいました)


現在のメンバーは日本女性3人となぜかアイルランド人の男性一人。その他に踊りとちょっとしたコントの数人が出て、なかなか賑やかです。私が20歳若かったら、バックで踊らせて頂きたいくらい楽しそうです。


唯一のオリジナルメンバーでリーダーのホーキ・カズコさん はいつくかのアート分野で活躍なさっているロンドンの日本人社会では有名なアーチストで、アバンギャルドな雰囲気といい小柄な容姿といい、ちょっとヨーコ・オノを彷彿とさせる方。

20年程前にイギリスで人気お笑いテレビ番組もやっていた東大卒の超インテリ女性なのですが、50代後半と思われる今でもミニスカート姿で笑いを取りながら歌と踊りとお喋りに体当たり演技している姿は感動もの。ユニークな存在として今後も頑張って頂きたいです。


忍者とかの日本ネタのパロディがほとんどの歌や画像の内容をうちの娘がどれだけ理解したかは疑問ですが、楽しく笑い転げてました。


音譜モスラーや、モスラ~音譜という彼女らの歌に合わせて、大画面にあのザ・ピーナッツが映し出されたとき、懐かしさで思わず涙ぐみそうになったのは私だけかもしれません。あの映画をリアルタイムで知っているのは、あの会場ではホーキさんと私だけだったのではあるまいか? それとも、あれは後年に中国でも人気だったとか?




さて、フランク・チキンズのことは随分長い間知ってはいたのですが、実際に観たのは初めてで、今回行く気になったのは知り合いのRさんが出演していたからです。


女の子すらっとして舞台映えのする美人であるRさんはメンバーの中でもビジュアル的には一番光っていて、しなやか動きがとてもチャーミング。彼女に目が釘付けになったのは私だけではありますまい。

フランク・チキンズはそんなにしょっちゅう公演をしているわけではなさそうで、これは副業なのでしょうが、彼女には素晴らしい本職もあるのです。

いいなあ、そういうバラエティに富んだ人生。


と、平凡な会社員の私は羨ましい限りですが、このブログが云わば私の副業とも言えるわけで、もちろんお金は一銭ももらえませんしほんのちっこい活動ですが、ま、平凡は平凡なりに頑張ることに致しましょ。



 帰りの地下鉄で。

これでは舞台のコスチュームと思われても不思議じゃないって?



    ダウン人気ブログランキング  (たまにはクリックして、私がどこまで落ちたか見たくないですか?)

19歳の娘は、日本では着物を着て出掛けたことはあるのですが、ロンドンでは家の中で着たことがあるだけで、外に出たことは今まで一度もなかったのです。シャイだから嫌がるかな、と思ったのですが、今回意外にもロイヤルオペラハウスに着物で行こうよと誘ったら、二つ返事でOK。


でも当日になったらやっぱり恥ずかしいから嫌と言うかもとも思っていたのですが、無事に実現して、私としてはちょっとした達成感。

久し振りに暖かくなり、着物でお出掛けするには理想的な穏やかな小春日和でした。



    


娘は薄い緑の綸子に金糸銀糸の蝶々の刺繍の入った振袖。知り合いを通じてロンドン着物グループにご寄付頂いたうちの一枚です。緑地に金の亀甲柄の帯は私の若い頃のもの。


私は赤い蝶々帯に合う着物を選んだ結果、この娘時代のぼかしの小紋になしました。


ご一緒したEさんは、1月29日 にラメで光り輝く訪問着をお召しになった方ですが、今日は上品なピンクの訪問着。蝶々の柄が豪華で華やか。金と銀の袋帯にはピンクも入っていて、この着物にぴったり。素敵なお召し物をたくさんお持ちなので、これからもここでご紹介できると嬉しいです。



さて、3人とも蝶々をあしらった装いなのは、偶然ではありません。


今日のテーマは蝶々、とくれば、どのオペラを観に行ったかは明らかですね。


そうです、プッチーニのマダム・バタフライに決まりです。オペラのことは又あらためて書くとして、今日は着物の写真をご覧下さいまし。




折角振袖着せるなら華やかな帯結びを思い、おっかさんは本を見ながら練習したんです。


ふくら雀がどうしてもきれいにできなかったので、結局この立て矢結びにしたのですが、いかがでしょうか? ちょっとバランスが悪いしもうちょっと角度があった方がよかったのでしょうが、まあ初めてなので大目に見てつかーさい。



   


カメラ12時半開始の昼公演だったので、いつもは暗いホールも今日は明るくて、きれいに写真が撮れました。


今日は着物姿が3人もいて目立ったせいもあるでしょうが、やはり日本を舞台にしたオペラを観に来て着物姿を見るのは特別のものがあるのか、皆さんの視線が強く感じました。実際に声を掛けて下さった方は特に多くはなかったのですが、「あらっ、着物の人がいるわ。これ本物が着物なのね」という納得の眼差しというか。


「今日のオペラ、どうだった?」「それがね~、キモノ着た蝶々さんみたいな人たちがいたのよね~」、という会話がいくつかなされたら嬉しいのですが。



ビールそう言えば、ホールのあちこちで「キリンの壱番搾り」の宣伝試飲をしていたのですが(そんなこと初めて見ました)、その人たちが着物でなくてよかったです。もしそうなら、私たちもウェイトレスだと思われてしまいますもんね。


娘は地下鉄の中でも平気で一人で立っていたりして、「へえ、シャイな子なのに意外だわ」とちょっと見直したりして。イギリスではジロジロ見るのは失礼なこととされているので、不快な思いをすることはないですけどね。私だって着物のときは日本の方が注目浴びてる気がするほどですもん。



ニコニコともあれ、娘のロンドン初着物お出掛けは成功したようで、彼女も結構嬉しかったのか、なんと明日も一緒に着物で出掛けてくれることになりました。 

さるパフォーマンスを観に行くのですが、ポップなイベントなので、今日よりはうんとカジュアルな着物にします。

楽しい週末だわ~チョコ


 

              ハチ人気ブログランキング 黄色い花