我が家のゆく年くる年

テーマ:

ブーケ1今年もこのブログを読んで頂きまして、ありがとうございました。 

年賀状代りに、ここでご挨拶させて頂きます。


2006年

リボン 

まず、今年の我が家にとって、一番重要なことは娘の試験でしたが、トーチャンと二人三脚で努力した甲斐あって、Aレベル試験は数学、物理、アートの3科目ともグレードAを取る事ができました。

今は云わば美大浪人の娘ですが、どの道を選ぶにせよ、この成績は役立つにちがいないので、皆でとても喜んでいます。


メガネ

トーチャンは、段々弱っていく父親の世話で明け暮れた一年で、その献身ぶりには頭の下がる思いでした。残念ながら12月17日に義父は脳卒中と肺炎で他界しましたが、長い間苦しむこともなく大往生した93歳の義父も、思う存分介護ができたトーチャンも恵まれていたと思います。


サンダル

私は変化のない年でしたが、風邪ひとつひかず元気に過ごせたし、トーチャンと娘の邪魔にならないようにしょっちゅう遊びに出掛けることもできました。勤続25年で特別休暇を頂いたので日本に3回も行けたのを初め、オペラやコンサートに50回以上行き、着物を着る機会もたくさんあり、主にネットでの新しい出会いも多くあり、充実した一年でした。

(オペラやコンサートについてはあらためて「まとめ」を書きます)




2007年

リボン

娘は今一年間のアート基礎コースに通っていますが、分野について少し方向性も見えてきたようです。世界中どこで何を学ぶかは彼女次第。シャイですが何をやるにしてもまじめにこつこつ努力するうちの娘、あと何年掛かっても構わないので、じっくり考えて何が一番向いているか選んでもらいたいと思います。


メガネ

トーチャンは、おじいちゃんの家や物を処理した後に何をするのか今はわからないのですが、すぐにフルタイムの仕事に戻るつもりはなさそうで、暫くはお義兄さんの仕事でも週に1、2回手伝いながら、ゆっくり過ごすようです。今まで2軒の家を切り盛りして忙しかったトーチャン、悠々自適に自分の楽しみのために時間を使って欲しいと思います。無気力にならないといいですが・・・


サンダル

私は、体力的に現状維持ができて(そのためにジムに一年間の前払い済み)、今まで通りの生活ができれば充分満足です。ブログをいつまで続けることができるかどうか自信がないのですが、時間的に大変であっても又新しい出会いがきっとあるでしょうから、飽きられないように年末まで頑張れれば、と思います。

実は、秋からある事をやり始めたので、又忙しくなったのです。続きそうだったら何なのか近いうちに書きますね。




2006年の元旦の写真でご挨拶させて頂きます



あじさい2007年はお葬式という悲しいスタートになりましたが、久し振りに戻ってきた親子3人の生活を大切にしながら、新しい生活パターンを皆で作っていくことにします。


良いお年をお迎え下さい。



              富士山初日の出 人気ブログランキング  お節料理

AD

日本から帰って来てから3週間以上も経って、やっと最終日の日記に辿り着きました。

読むほうは「今頃かよ!」と思われるでしょうが、書いているとあれこれ思い出が蘇ってきて、楽しい時を過ごせました。




<12月3日(日)>晴れ今までで一番寒い日でした


東京では5日間連続で毎日12時間以上着物を着ていたという、自分でもびっくりの記録を作りましたが、最後の日は、着物お出掛けの横綱とも言えるイベントが用意されていました。




            


新橋から歩行者天国の銀座を歩いて着いたところは、



  


将棋歌舞伎座でございます!



着物で歌舞伎座なんて、私みたいな初心者は大いにビビるのですが、大丈夫、ちゃんと着物達人の同伴者ありでした。


ご一緒して下さったのは、きらら♪さんporscheyukoさん


お二人ともミクシーの「ロンドンで着物」コミュのメンバーで、去年ロンドンにいらしたときに一緒に着物でお出掛けした方々です。別々にいらしたので、お二人はこの日が初対面ですが、着物だけでなく、お二人ともよく詳しい歌舞伎の話ですぐ打解けて、楽しくお喋りしながら女三人の贅沢な時間が持てました。



  
  
             左から、きらら♪さん、私、porscheyukoさん



   

porscheyukoさんは牛首紬に城間さんの帯         私は又この組み合わせ



切符は成田屋ファンクラブの会員でいらっしゃるきらら♪さんに切符を手配して頂いて、前から10列目の花道の隣。ここにはよくいらしてるお二人によれば、この日は着物の人は少なかったそうですが、それでも何十人はいて、楽しませて頂きました。




ヒマワリ午後4時半開始の「夜の部」の出し物は、


神霊矢口渡」(しんれいやぐちのわたし)、「出刃打お玉」(でばうちおたま)、「紅葉狩」(もみじがり)の三つ。


私は歌舞伎座はこれで5、6回目で、その他ロンドンでも2回観ているのですが、いまだに初心者なのでもちろん聞いたこともない演目ばかりだし、その上予習する余裕がなかったので、知識ゼロで現地入り。


しかし、歌舞伎座にはイヤホンガイドという強い味方があり、ストーリーやみどころを説明してくれるので、ほんとになーんにも知らなくても大丈夫。(オペラにもこういうのは可能かしらね~?)


だけど、こればかり聞いてると、生の音楽や役者の声が聞けないので、何度もイヤホンを付けたり外したりせわしないことおびただしいのが問題。



無知な私ではありますが、ざっと感想を述べさせて頂きますと、



神霊矢口渡

尾上菊之助がキレイで上手な女形でした。松也君という若手もチャーミング。


惚れた男が自分の父親に殺されると知って身代りになる若い娘(菊之助)、ってヴェルディのオペラ「リゴレット」とそっくりなのですが、平賀源内作の浄瑠璃が元なんだそうです。

(平賀源内というと、35年前のNHKのテレビドラマ「天下御免」を思い出してしまう私です。山口崇が素敵だったし、私が似てるとよく言われる中野良子の出世作。)



出刃打お玉

こちらは菊之助のとーちゃん菊五郎主演。

かつてはナイフ投げ曲芸をしていた女性が今は女郎になり、敵討ちを手伝う人情話。

彼女が敵討ちの28年後にシワくちゃ婆さんになって出てくるのですが、最初が40過ぎの中年女郎で次が70歳くらいと思ったら、お婆さんは「アーア、私も53歳になっちまったよ」なんて言うもんで、「エーッ! いくらなんでもそれはないでしょう!」というどよめきがいっせいに起こりました。観客のほとんどが中年女性ですからね。ま、人生50年と言われたことはそんなものだったのかも。今はちがいますよね(ですよね?、ね?!)


それにしても、菊五郎さん、いまだにNHK大河ドラマで源義経を演ってた頃のような若々しい顔写真を使ってるんだけど、素顔は一体今どうなってるわけ? 舞台だとでっぷりした四頭身なんだけど。


紅葉狩

お芝居だけでは物足りないからやっぱり鳴り物で華やかに音楽も聞かせてくれなくちゃ、と思う私にはこれがこの日のメイン。


まず、イヤホンガイドで「常磐津、清元、長唄の三種類が一緒に登場する珍しい歌舞伎です」と説明があったので、楽しみだったのですが、どれもそっくりで私には微妙な違いが理解できませんでした。


ビジュアル面は最高で、広い舞台いっぱいの真っ赤な紅葉はあっと驚く程鮮やか。

そこに、あんみつ姫のような赤い振袖とキンキラ簪の市川海老蔵が踊り出てくると、観客から「ハアーっ」という溜息・・・


待ってました、おかま姫!


ロンドン公演 の「藤娘」でもそう思ったですが、女形にしては海老様は逞しすぎて、どうしてもおかまの女装にしかみえません。まあそこがひねった魅力と言えなくもないのですが・・・。


しかし、これは藤娘のように海老様の女らしさを見せるためではなく、上品でキレイなお姫様の正体は実は怖ろしい人食い鬼であり、おしとやかな舞いから徐々に荒れ狂う鬼女に変化する様を表現するのが見所。

お姫様の表情が時折一瞬にして険しく変化するのが、海老様のあの美しい顔ですから、迫力ありました。


でも、後半は衣装もメイキャップもがらっと変えて鬼のくまどりにしてしまい、ずっと醜い鬼女で暴れまくる海老様はこちらの方があきらかにお得意で上手なのですが、あれでは折角の美男子ぶりが生かせないわけで、なんだかがっかり。

2、3年前に歌舞伎座に玉三郎を見に行ったのに、老婆の役でがっかりしたことを思い出しました。オペラ歌手にはルックスを求めないけど、歌舞伎役者にとっては美貌はもっとも大切な素質であるとまだ思っている初心者の私です。


この「紅葉狩」は、来年3月の成田屋パリ公演での出し物の一つだそうです。

海老様だけでなく、お父さんの団十郎も出るガルニエ・オペラ座の公演、華やかなイベントになるでしょうねえ・・・ ほんのちょっと行こうかしら、とも思っている私。



゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚



ふーっ、これでやっと日本滞在記が書き終えました。

お天気にも恵まれ、懐かしい人、初めてお会いする人、皆様楽しい時をありがとうございました。



                   富士山初日の出 人気ブログランキング 雪だるま

AD

今日、お昼休みに会社の近くのジムに行ったのに、なんとプールが故障してたんです。

で、仕方なく、そのへんぶらぶらして、バーゲンセールの洋服屋さんを何軒が回りました。


この時期シティはとても静かなので、あちこちで半額セールはやっているものの、お店は閑散として、試着もゆっくりできたのがよかったのか悪いのか・・・・


必要でもないドレスをつい買ってしまったじゃないの!


Tシャツとか以外のちゃんとした服買ったのはほんとに久し振り。

着物にハマってからは、日本ででも洋服に全く目がいかなくなってしまいましたもの。



  

ウェストはシャーリングなので、云わばフリーサイズ。一万円以下だし、まあお買い得だったと思うことにしましょう

 


クリスマスが終わると当然パーティドレスがぐんと安くなり、このドレスもOasisというお店で半額以下。無地のドレスが多い中で、大胆な柄が目を引いて、パーティなんてしばらく行かないけど、「オペラハウスにたまには洋服で行くのもいいかな」、とか「ジャケット着れば会社にでも行けるかも」(行かないけど)とか思ったりして。




爆弾

しかし、この衝動買いは、実はあることに大きな影響を与えたのです。


8月の記事 でに書いたように、年末にジムの会員期間が終わるときに延長するかどうか迷うだろうな、とはずっと思ってて、実際、迷いに迷っていたのですが、つい最近やっぱり辞めることに決めたのです。経済的理由が7割、時間的理由が3割ってとこでしょうか。シティの数あるジムの中でも、ここが一番高いんですもの。



 

                   25mプールがあるからね


だけど、ジムに行かなくなったらきっとお昼休みにお散歩に行ったりして、そうすると、今日みたいに絶対何か買ってしまうのは明らか。ジムに入ってからは時間があればいつも行っていたので、お買物はほとんどしてなくて、お金の無駄遣いをしないことがジム通いの利点の一つでした。


問題はお金だけではありません。むしろ、家の収納スペースが我が家の一番の悩みの種。

最近は娘がアートカレッジで色んなモノを作りまくっていて、どうやってバスで持ち帰ったのだろうと思う大きな作品もあるし、それよりもワードローブを圧迫しているのが増え続ける私の着物や帯。


今まで洋服が下がっていたところにトーチャンが棚を作ってくれて着物を収納しているのですが(低温低湿気なので箪笥でなくても大丈夫)、これ以上は無理。何か買うなら何か捨てないと。

今トーチャンが屋根裏部屋を整備してくれるので、そこにごっそり運べば暫くはなんとかなりそうだけど、それでも「モノを増やさない」というのが我が家のモットー。でも、おじいちゃんのモノがそのうちごっそり来る怖れもあり、これは不可能。


だから、もう買物はしてはいけないのです。モノ捨てられない性格だし。


お買物を避ける一番簡単な方法は、そう考えるとやっぱりジムに行くことだろうなあと思ったら又迷い出したので、今日初めてトーチャンに相談


そしたらトーチャンはきっぱり言いました。


「ジム辞めたら、家でストレッチ運動とかするんだろ、どうせ。 目障りだから、それだけはやめてくれよな」、と。


そこまで言われたら、これはもう選択の余地ないですよね。


ゴチャゴチャ書いて、意味わかんないでしょうけど、


要するに、結局ジムは続けることにしました。ドレスが原因で気が変わったんです。


そうと決心したら、最近ちょっと太り気味だし、来月は必死に泳いで2キロの減量を目指すことに致しましょう。(これは以前のような宣言ではなくて、ただの独り言ですから、そんなには頑張りませんけどね)。



        ▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲人気ブログランキング  ▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲


AD

12月26日はBoxing Dayという名前の祭日で、女中さんとか目下の者に箱に入れて贈り物をしたのが語源です。多分、ビクトリア女王時代に始まったのではないでしょうか? 


(因みに、クリスマスツリーを飾るのもビクトリア時代にイギリスでは始まったことで、ビクトリア女王のご主人アルバート王子が故国ドイツの風習を紹介したのが定着したものです。このアルバート王子はなかなかの人物で、42、3歳で病死したのですが、早死にして惜しかった王室メンバーとしてはダイアナ妃の比ではないと、アルバート・ファンの私は思います)


電車プレゼント

三日間家でのんびりごろごろしましたが、今日は娘と二人でロンドンにショッピングに出掛けました。サンダルワンピース


25日のクリスマスデーはお店はほぼ全て閉まり、地下鉄も全く動かず、都心はゴーストタウンにちがいないのですが、26日からはかなりのお店でバーゲンセールが始まり、いっせいに人が街になだれ込みます。


今まではおじいちゃんと一緒にBoxing Dayも家でのんびりすることが多かったので、この日に出掛けるのは久し振りだったのですが、


いやーっ、すごい人出でした! アップ


ショッピング繁華街のオックスフォードストリートなんて人でぎっしりで、5メートル歩くだけでも大変な苦労。デパートに入ったらもう人がひしめき合ってて、ゆっくり物なんか見てられませんでしたよ。


娘が気に入ったジャケットを買うのにレジまですごい長蛇の列。ゲエーっ!


だけど、もうこうなったら意地よね。折角来たんだから何か買わなくっちゃ!



あちこち歩き回って、ほとんど娘のものばかり買って、へとへとだ~~。


今日は洋服やアクセサリーの女の買物なので、トーチャンは家で留守番。ほんとは私も家にいてブログ書いたりしていたかったけど、娘が退屈してたから申し訳なくてね。



クリスマスツリー

しかし、これで楽しい5連休も終わり、明日から仕事なんだわさ。しょぼんパソコン

クリスマスとお正月の間は会社を閉めてしまうところも多いけど、金融機関はそうはいかないので、普通通りに営業するんです。


日本の皆さんは仕事収めしてこれからが楽しいお正月ですね。こちらのお正月はな~んにもないので、面白くないです。こちらでクリスマスを楽しんでから日本に行くのが理想的ですが、来年はそうできるかも、です。



                 サンタ  人気ブログランキング  サンタ


我が家のクリスマス

テーマ:

クリスマスツリーベル

去年まではおじいちゃんが泊まりに来たので、クリスマスツリーを飾り、お義兄さん夫婦も一緒にプレゼントを交換して、クリスマスらしいことをしましたが、今年はおじいちゃんがいなくなったのでクリスマスツリーを飾る気にもなりませんでした。

それでもクリスマスは家族が集まる日ですから、お義兄さん夫婦を招待して一日一緒に過ごしました。


プレゼント交換は省きましたが、七面鳥やローストポテトという一般的なクリスマスディナーをして、最低限のクリスマス行事はしたことになるでしょうか。



サンタ

娘と私は着物を着ました。クリスマスツリーの代り、というわけではないですが、二人とものクリスマスカラーのつもりです。



  


私は赤いウールの小紋に、先月芦屋で買った椿の鮮やか黄緑帯と、銀座で買った飛び絞りの帯揚げ。

娘が着ている抹茶色の着物は大阪で買った桜柄の洗える着物。



  


椿の刺繍をうまく出せない妙な長さの帯なので(だから安かったんでしょう)、どうしても真ん中に柄が来ないんです。それなら、と真ん中の空いたところにクリスマスのブローチの帯留めを付けました。

ブローチを帯留めにする金具は、今回銀座で買ったもの。これで簡単に帯留めにできるブローチがいくつかあるので、せいぜい華やかなおヘソにしてみましょう。




             


ナイフとフォークワイン

クリスマスディナーは、私たちが着付けしている間に、全てトーチャンがやってくれました。着物姿では食器洗いもできないので(うちには皿洗い機がない)、それもトーチャンが・・・・ 

ごめんね、何も手伝わなくって。いつものことだけど・・・



テレビ 

ディナーが終わった頃にテレビの恒例の女王様のスピーチを観て、あとは娘の作品を見せたりテレビを観たり、おじいちゃんの話をしたりして、夜遅くまで5人でのんびり過ごした典型的なイギリスのクリスマスでした。



 黄緑色の服が反射してテレビでは顔まで緑に見えた女王様




ショック! 5連休もあと一日で終わりだがね~~!

三日間も家から一歩も出とれせんで、明日はどっか行こかしゃん? バーゲンセールが始まるでね。



        プレゼント 人気ブログランキング  サンタ