愛知で中休み

愛知県の実家にいた短い間は、着物も一度も着なかったし、母親の相手などしながら比較的ゆったりと過ごしました。

これもざっと備忘録だけ書いておきます。

名古屋弁にすると標準語訳が必要でしょうから(えっ、ちがう? もう要らない?)、そうすると倍の長さになってしまうので、とりあえずここは普通にしときます。後で写真を追加するときには翻訳されてるかもしれませんけどね。


<11月25日(土)>

夕食のアポがキャンセルになったので、名古屋で終日一人でお買い物。

となりゃ行き先は当然、大須のコメ兵などの古着屋さん。

しかし、誰かと一緒だと、「ねえ、これどう思う? どっちがいい?」と相談すれば「そんなのやめときゃー」とか「そっちがええがね」と言ってもらえて選択がスムーズに進むけど、こういうところに一人で行くと、迷いまくって大変。値段は信じられないくらい安くても、私はスーツケースのスペース問題があるので、「やっすいでとりあえず買っとこまい」というわけにいかず、グダグダ迷って疲労困憊。ここですでに一杯になってしまうと、東京での楽しみがなくなるのでぐっと我慢して少しだけに押さえ、お持ち帰りは今回のテーマである洗える着物を一着と帯一本だけにして(かなり後悔が残った・・・)、小物はあれこれ買ったけど。


<11月26日(日)>

父親の13回忌の法事。

まず朝早くから母に付き合って超ローカルな朝市へ。私はみたらしだんごとタイ焼きを立ち食いしながら母の荷物持ち。母にとってはこれはお喋りリクリエーションの場であるようで、「これがイギリスに行ってまった娘だがね」と今日はネタもあり、あちこち顔見知りの売り手とたっぷりダベリング。


お墓参りをしてからお寺で法事を済ませ、午後は時々ここに名古屋弁でコメントを下さる「にゃんこ先生」とついにご対面~!

小学生の娘さんを連れてらしたにゃんこ先生は、コメントから想像するのとはかなりちがう若くてチャーミングな方でした。プレゼントにたくさんの薔薇の花でできた手作りのフラワーケーキを頂きました。フラワーケーキって写真をお見せしないとわからないでしょうね。イギリスには持って帰れませんが、あんまり美しいので、東京に持って来ました。


夕食は、友人とセントレア空港へ。成田空港とは全く逆のコンセプトで「用がなくても遊びに来てちょー」というのが謳い文句だけど、いくら娯楽の少ない地域とは言え、展望風呂は一回で充分だし、大した店はないのでその目論見は成功してないみたいで、開港当時は押す押すなだったレストランやお店エリアも人影まばら。でも、クリスマスデコレーションは綺麗だったし、閑古鳥の鳴く高級中華レストランで美味しいフカヒレスープとお喋りをたっぷり楽しめました。


<11月27日(月)>

午後は茶道の師匠で着物好きの友人の家に遊びに行って、着物をたくさん見せてもらったり、お抹茶を頂いたりしてお喋り三昧。こういう知り合いの個人コレクションはそれだけで親しみが沸いて、もう半分自分のもののような気もしちゃう。私には一生縁のなさそうな素晴らしい作家ものの大島などもあり、目の保養もさせて頂きました。



新幹線 しかし、親の相手は疲れるので、さあここは短めに切り上げて、早く東京に遊びにいこみゃー!

AD

あとで肉付けして写真も追加しますが、忘れないうちに関西の備忘録をざっと書いておきます。



<11月20日(月)> 

芦屋の有名フレンチレストラン「ベリーニ」で、ネットで知り合った真美さん、楓さん、バリ平さん、さざえさんとランチ。日本で食べる繊細なフランス料理、とくに今日のメインはアンコウとゴボウを使った料理でかなり日本的。手の込んだフルコースが2、800円だなんて、ロンドンでは信じられな~い!


この日は、友禅作家のさざえさんがバリ平さんのために描かれた帯のご披露で、上品なグレー地に扇柄の古典的な帯がとても素敵でした。オリジナルの帯はまさに芸術作品です。


午後は芦屋の人気皮製品のお店と古着屋さんを覗いた後、喫茶店でお喋り。皆さんに薦められて、椿柄の名古屋帯を買ってしまいました。日本では絶対着られないすごい地色なんだから・・・ 


その後一人で神戸元町の古着屋さんに行き、洗える着物を買いました。一日目から着物と帯買うなんて(帯揚げ数本も・・)すごいペースで先が思いやられます。安物ばかりなので金銭面では問題なしですが(ほんとにあっと驚くようなお値段だったものもあり)、スーツケースに入るかしらん?


<11月日21日(火)>

二条城近くのホテルでネット友人のake様とランチでお喋り。暖かい最高のお天気に二人で着物オフ会です。バスで京都駅に移動して、ロウソクの形をした京都タワーの眺めも素晴らしい伊勢丹の喫茶店でお喋りの続き。着物ブログ界の中心的存在であるake様と二人でゆっくり親しくお話できるなんて光栄です。ake様とお会いするのはこれでなんと今年3回目。夏には私の家族にも会って頂いて、私の暮らしぶりに興味を持って下さるのは嬉しいこと。


夜は芦屋駅のビル内のレストランで友人と食事。友人は退社後急いで家で着物に着替えてきてくれました。赤い無地の紬が可愛いかった。


<11月22日(水)>

3日連続同じ着物というのもナンなので、着物3日目のこの日は前日に元町の古着屋で買った薄い藤色の無地を着てみました。


まずは又ネットオフ会。声楽家のあかね。さんとは初対面。着物を着た回数を競ったりしてるほどあかね。さんも着物好きで、今日は素晴らしいジュサブローの着物。風合のある紫色の地に耳の長いユーモアのあるウサギが描いてあるユニークな着物のあかね。さんはエキゾチックな美人で、国際結婚をしているという共通点もあるし、あかね。さんが出演したオペラの話など興味は尽きず。二人でさる草履屋さんに行き、生まれて初めて鼻緒を選んでお誂えをしました。散々迷った挙句、結局台とお揃いの鼻緒にしたので、なにも変哲のない草履にしか見えないでしょうが、やはり足元は大事です。履物が快適であれば、ずっと着物でいても全然つらくないですからね。


夜は会社の元上司と、彼に命令(?)されて私のブログをクリックして下っている同僚の女性お二人と一緒に大阪で夕食とドリンク。私をダシにしてお誘いになったんですね。でも、その気持ちわかります。とても素敵な方たちでしたもの。私もご一緒できて嬉しかったです。ロンドンから着た私だけが着物着てるというのも妙でしたが。


梅田の高層ホテルのレストランでしたが、多分反対側の方が夜景はきれいだったかもしれませんね。でもそこでの光りモノ不足を、同じホテルのバーで注文したカクテルで挽回。飲み物の液体が氷の中でキラキラ光り輝いていたのには皆びっくり! 最後には仕掛けがわかり、遠来の客だということで図々しく頂いてきちゃったので、ロンドンでも試してしましょう。

<11月23日(木)>

大阪らしいエンターテインメントと云えば、お笑いに決まりです。今回は前売券を手に入れて、やっと憧れのあの吉本(なんばグランド花月)に行くことができました! 指定席で4千円。立ち見も入れれば千人近くも入れるなかなかの大劇場。


出演者は、シャンプー・ハット、中川家剛・礼二、おかけんた・ゆうた(ここまでは私の知らない人たち)、チャンバラトリオ(トリオなのに7、8人出た)、西川のりお・上方よしお、中田カフス・ボタン、桂文珍。さすがにベテランは間の取り方が上手。その後の吉本新喜劇のナンセンス寸劇では辻本ナントカってのが面白かった。

しかし、さすが吉本、客席にたこ焼きを売りに来たんです。そうと知っていれば直前に慌ててたこ焼き食べる必要もなかったのに~・・

<11月24日(金)>

大阪のお笑い第二弾は、桂三枝の提唱で今年秋にオープンした寄席「天満天神 繁昌亭」。自由席で2千円。

漫才の多い吉本と比べるとこちらは落語中心で、客席約2百のこじんまりした寄席の雰囲気。


出演者は(知らない名前がほとんどでしたが)、森乃石松、桂しん吉(ハンサム)、林家染左、横木ジョージ&レミ(奇術)、笑福亭鶴二、桂春若、桂文鹿、大阪キッズ(漫才)、桂米左、笑福亭三喬。


ここでも出てくる順に上手になるのが明らか。話術は経験がものを言うというよりも上手下手でランクがシビアに決まってるのでしょう。


一番印象的だったのは奇術師の横木ジョージ。だって小泉純一郎にそっくりなんだもん。グレーのスーツ着て、気味悪いくらい似てた。奇術だけじゃなくて喋くりも飄々として味があってマジックなのに爆笑もの。



         ニコニコ ということで、ほぼ毎日好天で暖かい中、とても楽しく過ごせました ニコニコ



AD

関西にサイナラ

今回の日本滞在は関西、中部、東京、と西へ西へと移動するんやけど、云わばそのパート1の関西が終りましたぇ。そやから今日愛知県の実家に移動したんどす。(おっ、京都弁やね、品ええなあ)新幹線


関西では、丸三日間を着物とパジャマだけで過すっちゅう生まれて初めての快挙も成し遂げましたさかい、ロンドンでは夜だけ着物でオペラハウスというのんばっかりのワテにとっては滅多にない達成感でっせ~ (なんや、庶民的な大阪弁になってしもたんか)クラッカー


ネットの着物縁の方々とあちこちお出掛けさしてもろてお喋り三昧やったけど、もちろん着物のことばかりやのうて話題は色々。着物好きは教養があってお洒落で人生を前向きに生きてはる人が絶対多い、という私の持論を証明するような素敵な方ばっかりやったんよ。


家族と一緒だと「外人向け観光」せんならんのやけど、私一人のときはそんなことはなんもせんと、もう思う存分お買い物やお喋りを楽しみまっせ~。

ま、そんなんは云わば誰でもどこででもやってはる日常生活、ブログ記事としてなんもおもろないやんか、という気ィもせんことないけど、ま、自分の備忘録としてまとめて書いときますよって。土曜日はゆっくりでけるし、一気に関西ツアーについてアップしときまひょ。 明日んなると名古屋弁になるかもしらんけど・・・


そや、着物着て出掛けただけやあらしまへんで~。関西らしいとこ行きましたよって、楽しみにしとくれやす。


ほな、おやすみなさい ぐぅぐぅ


・・まだちょっと時差ぼけやねんけどね・・ショック!

すんません、いつも記事の最後に付けてお願いさせてもろてる「人気ブログランキング」ねんけどね、慌ててたよってロンドンでクリックURLをコピーし忘れたさかい、ここではできしまへんねん。そやから、大変申し訳あらしまへんけど、冒頭のメッセージ欄のとこでクリックしとくれやす。

AD

着物で昨日今日

丸二日間、着物で関西あちこち、目一杯遊んでいます。


それで忙しいのと、他人さまのパソコンがうまく使えなくて長い文章がタイプできないため、記事アップがちっともできなくてすみません。


20日の私は芦屋の真美さんのブログの「帯を拝見する会 」に、


21日の私は京都のake様のブログの「ロンドンからのゲスト 」に登場させて頂いてますので、そちらでご覧下さい。


ショック! フ~っ! これだけ書くだけでも一苦労でした。


さ、明日は大阪やで~





日本に着きました

フライトはほぼ満席だったけど、無事に予定通り関空に到着しました。


機内で観た映画は3本。


「プラダを着た悪魔」は駄作で、メリル・ストリープの無駄使い。


なるべく日本映画を観ることにしているので、あとの2本は日本の新作。


「トリック 劇場用2」 (だったかな?)は、アホらしいけど面白かった。


「日本沈没」は、私にとってはタイミングがまずいというか、ちょっと怖かった。

日本は安全で便利だけど、唯一恐ろしいのがじ地震。と私はいつも日本にいる間「地震にだけは遭遇しませんように」と毎日神に祈ってるくらいです。(神様信じてないけど、都合のいいときだけは利用はさせて頂くの)。

ちょっと前よく日本の人に「よくテロの怖いロンドンなんかに住んでるねえ」と言われたけど、私に言わせりゃ日本の地震の方がずっと怖いですよ。テロは起こるところは限られているけど、いつでもグラっと来るかわからないところによく平気で住んでるなあといつも思ってるわけよ。


これから2週間、私が日本にいる間は大地震は起きませんように・・・と勝手に自分のことだけ祈ってます。自分で祈るのが一番ですからね、皆さん各自で行いましょう。


さて、私は明日しょっぱなから着物でお出掛けする予定なんです。

矛盾して恐縮ですが、雨にならないよう、遠くから遙々来たは私のために皆様どうか祈って下さいね。人気ブログランキングよりこっちの方がずっと大事ですので何卒よろしくよろしく。


これ書いてる深夜、関西では雨ザーザーなんですよ~~雨