8月31日はダイアナ妃の命日。あの衝撃の日から早くも9年が経ちました。


彼女はいまだに多くの人々の心の中に生きているのでしょうが、彼女への追悼として、もしあの事故が起こらなかったら、という私の妄想を書いてみました。


Diana 4 Diana 3

ダイアナは今46歳。もちろんまだ輝くばかりに美しくエレガント。ハロッズのオーナーのあのタヌキ親父のドラ馬鹿息子とはあれからすぐに別れ、その後すぐに知り合った大富豪のアメリカ人男性と結婚。


少し年下の彼は初婚。インテリではないが、ダイアナと釣り合う長身の金髪碧眼のハンサム。定職は持たず、先祖代々の財産の管理と資産運用でそこそこ忙しくはしているが、それでもいつも一歩下がってダイアナのエスコートをし、彼女の活動のよきマネージャーでもある。ダイアナの衣装選びに付き合う余裕もあり、ファッションリーダーとしてアメリカ社交界に君臨するダイアナを全面支援。


かつてはイギリス在住デザイナーの服しか着ることができなかったし、高価なものを身につけると税金の無駄使いなどと批判されたが、今ではよりどりみどり世界中の一流ブランドを優雅に着こなす彼女は常にマスコミの話題の中心で、世界中のファッションショーの特等席の常連。彼女がご贔屓にしてくれたおかげで世に出たデザイナーも数人。



子供は4人いて、7歳の男の子と5歳の双子の女の子、2歳の男の子はみな愛らしく利発。

ウィリアム王子とハリー王子に会うために時々イギリスを訪れ、ダイアナが「長年チャールズを支えてきたカミラは報われるべき」と発言したおかげでとっくに結婚したチャールズ皇太子とカミラとも友好関係を保ち、息子たちの卒業式や入隊式などにも出席。


マンハッタンのペントハウスの他、全米各地に別荘を持ち、自家用ジェット機で忙しく飛び回るダイアナが力を入れているのはチャリティ活動で、資金集めに貢献絶大なだけでなく、病院や老人ホーム、孤児院を頻繁に訪問して病人や恵まれない人を励ます彼女。

バレエの好きなダイアナは、いつくかのバレエ団のパトロンでもあり、世界中のバレエ学校を訪問して才能あるダンサーを発掘して奨学金を与え、その恩恵で一流になったダンサーも数人出現。


こうして、アメリカに長く暮らしても英国の上流階級アクセントは失わず、将来の英国国王の生母としての威厳を保ちながら社会に貢献し、社交界の花形として華やかに、そして幸せな家族生活を送るダイアナ。

生きていれば、こんな公私共に充実した人生を送ることができたかもしれないのに、本当に本当に残念なことでした。



                  Diana 2



その代り、彼女の亡骸は実家の広大な庭にある池の真ん中の小島に一人寂しく眠っています。私も行ったことがありますが、美しいお庭であっても、こんなところにたった一人ぽっちで可哀相です。せめて、同じ敷地内の先祖代々の霊廟に入れてあげればいいのに・・。


Diana 1


心が痛むと云えば、9年前のあの1週間。


日本の皆さんは、まずパリの交通事故で彼女が怪我をしたというニュースから始ったので、死亡のニュースを聞いても覚悟ができていてショックも少なかったでしょうが、イギリス国民にとっては寝耳に水、日曜日の朝目覚めたら信じられないニュースが待っていたのでした。私もはっきり覚えていますが、朝ベッドの中でラジオを付けたらいきなりそのニュースでびっくり仰天。その日は信じられない思いでずっとテレビを観ていました。


翌日、会社ではとても妙な雰囲気でした。誰もそのことについて何も言わなくて(ショック状態だったのでしょう)、ただ黙って働く(振りをする)だけ。そして、ある日の夕方、会社帰りに死体が安置してあるセント・ジェームス宮殿に行ってみたのですが、そこも同じで、あんなに人がたくさんいるのに不気味なほどの静けさ。感情を表に表わないのが美徳とされるイギリス人のこと、黙って泣くのを押しこらえ、時々静かにすすり泣く声がかすかに聞こえるのみ。


お葬式はテレビで観ることにして、その前日に私は休暇を取って、お葬式ルートを歩いてみました。ケンジントン宮殿の芝生はお花とメッセージのカーペットになっていて、ここでも人がたくさんいたのに静寂そのものでしたが、いかに彼女が皆に愛されたかがよくわかりました。私も、ミーハー的興味でしたが、最初から最後まで彼女の姿を見るのが大好きでした。彼女の人と成りについては色んな人が色んなことを言っていて、本当はどうなのかはわかりませんが、真実がなんであれ、あれ程、見るだけで喜びを与えてくれた人はそうはいますまい。


ブーケ1 あらためて、ダイアナさんの冥福をお祈りします、心の中で花束を送りながら・・。


AD
8月も終わりに近づいて、日本の着物好きの皆様は、「薄物を着られるのもわずかだから急いで着なくっちゃ」と思っていらっしゃることでしょう。それはロンドンの私も今年は同じです。

日中最高気温が20度前後の日が続いているロンドンではとっくに袷で大丈夫なのですが、折角今回日本で調達した夏着物、来年まで待つのはあまりに辛いじゃないですか?だから、この3連休の間に一度着物で出掛けなくっちゃと焦り、今日の午後、ロイヤル・アルバート・ホールのプロムスに行ってきました(Prom 58 )。
そのときの様子は別のカテゴリーで書きますが、今日は初めて正統的なプロムスの楽しみ方であるアリーナの当日券立見席にしてみました(その他の席は価値なし)。着物なら座っているより立ってる方が楽とも言えるし。

28 Aug 3  6千人収容、マルチ目的のロイヤル・アルバート・ホール

でもやっぱり疲れるし、最後までいると帰りの人ごみが大変なので、最後の曲は諦めました。元々コンサートが目的だったわけではなく、着物を着てどこかに(できればある程度たくさん人がいるところ)行きたかっただけだし、一緒に行った人も途中ギブアップOKとのことだったので、途中で退場。なぜか誉めてくれる人はいつもより少なかったですが、満足のお着物お出掛けでした。

28 Aug 4   28 Aug 2
今回名古屋のコメ兵で買った洗える絽の着物と、絽綴八寸名古屋帯。今日は晴れたりにわか雨があったり変わり易い天候でしたが、洗える着物なので裾がはねても大丈夫。20度で薄物では寒いかしらと思ってショールも持って行きましたが、それは不要で、日向にいても暑くもなく寒くもなくちょうど良い着物日和でした。


゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆  ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆  ゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

夏物でお出掛けする機会は今年はもうないかもしれないので、せめて写真だけでもと、先日持ち帰った他の夏物も家で着てみました。

28 Aug 5   28 Aug 6
春さんからお借りした笠仙の綿紅梅。こういう優しい花柄が一番好き。バタ臭い顔のうちの娘にも意外に合うかもしれない伝統的な柄です。帯は母のおさがりの紗献上。

28 Aug 1   コメ兵買物3
コメ兵で買った表が黒、裏が赤で、割と厚いのによく透けるという例の不思議な素材の夏物。
これ、ロンドンのオペラハウスなら冬でも着てしまおうかしらと、実はちょっと思ったりしてます。イギリスでは夏に透ける布地を見て「涼しい」と感じる人はいないわけで、それよりもオーガンジーなどの透ける素材の黒いドレスは冬の夜にシャンデリアの下でこそ映えるもの、オペラハウスで着物を着るのはそういうカクテルドレスと対等のものと位置づけるのであれば、日本の気候に合わせた日本のルールに縛られる必要もないのでは?

海外で着物を着るという特殊な状況の中で、それなりに自分でルール作りを考えてみる時機かもしれません。
着物と帯の格を合わせるという決まりごとと崩すつもりはないですが(それが一番美しいのですから)、季節感に関することは少し臨機応変にアレンジしてもいいかな、と思ってますが、いかがでしょう?
AD

母の娘時代の着物

テーマ:

今回実家から持って来た着物の中に、母が十代のときに着ていたという着物が3枚あります。戦前のものでしょう。


よく見ずに貰ってきたのですが、どれも袖が長くて、今の私には着にくい形です。それはまあいいとしても、今日羽織ってみて困ったのは合う帯がないこと。やはり着物と帯は同じ時代のものが色柄ともしっくりくるのでしょうが、それは持ってこなかったので。


私の自分の娘時代(30年前ではあるけれど)の着物を持って来たときは、その頃の帯も一緒に持って来たので、年齢的に無理はあるにしても(そりゃ大いにあるでしょう)、首から下だけ見れば大丈夫とうい組み合わせが問題なくできたのですが、60年以上の前の着物のコーディネートは手強いです。色々合わせてみましたが、結局白い無地の帯だけがかろうじてOK。


それでも、日本ではとても着られた代物ではないですが、もっと着易い着物を古着屋で買うこともできたのに敢て持って来た60年前の古めかしい着物。思ったよりチャレンジだということが今になってわかったのですが、ロンドンでなら、とくにオペラハウスという現実離れした装いが許されてる場所に行く機会があるのですから、母がもう一度陽の目を見せてやりたいと思っている愛着のある着物、勇気を出していつか着て出掛けることができれば、と思います。

正直言って、自信はないし、ちょっと気恥ずかしいのですが・・・。


    母の着物

         ↑      ↑    ↑




青いもみじと赤と黄の花(薔薇?)の着物はお正月や特別の場合に着た晴れ着で、何度も着たのでしょう、あちこち汚れもありますが、縞柄の二着は「お召し」で、状態は良好。青い縞のは単衣ですが、白と紫の大きな縞柄のは裏地が恥ずかしいくらい鮮やかで、袖裏は真っ赤、裾は真っ黄色なのです。当時の流行でしょうか、母の好みでしょうか?


私がロンドンで派手な着物を着ている写真を見て安心(?)して、それなら私が若い時のも着てきてよ、と要求する気にでもなったのでしょうか? ちと気が重いんですけどねぇ。

AD

私が通うジム のプールの写真でも貼っておきましょう。なかなか豪華でしょ?


プール2    プール1


25メートルで6レーンあり、同じチェーンのジムにいくつか行ってみましたが、ロンドンの真ん中でこれほど大きいプールは珍しいようです。


会社から歩いてすぐなので、週3回行けるよう努力してますが、仕事が余程忙しいとき以外は簡単に目標達成してます。

めんどくさいので化粧はそのままで泳いでしまいます。出た後しばらく顔が突っ張るけど、意外に化粧はそのまま付いてるもんです。


脇にジャクチスチームバスサウナもあり、ちょっとしたリゾート気分が味わえますが、なかなかゆっくり入っている時間の余裕はないので、いつもドボンシュっ、だけ。


でも、この前日本で初めて岩盤浴したときに汗がほとんど出なかったのは、多分エアコンの効きすぎるオフィスにずっといて汗腺の機能が低下しているためでしょうから、それを直すためにこれからしばらく泳ぐのを削ってでもスチームバスかサウナの中でしばらく過ごそうかかしら? 

その時ぼーっと座ってるだけでは時間の無駄だから、他に誰もいなかったら(たいていは誰もいない)、そこで今流行っているらしいホットヨガでもやりますかね。


今回は幸い日本でほとんど太らずに済んだので(だから食べることに関しては不満の残る旅でしたが)、6ケ月前のダイエット (6キロ減らしました!)のときのように必死で運動して減量する必要はなく、ゆったりとした気分でいられます。



お金問題はお金。

シティの中でもここは料金が高いので有名。プールがあるのは近くではここだけなので、他のジムに移ることは考えていませんが、でもこれだけあれば他に何ができるだろうと思うと辞めた方がいいわね、と思わざるを得ません。会社で少し補助が出るのでまだいいのですが、それでも結構な金額なので、これならオペラでもっと高い席に座る方がいいかしら、とかつい思ったりして・・。


年末まで払ってあるので、それまでせいぜい利用して、その後のことはその時迷うとことにしましょう。運動は大切ですが、お金を掛けずに済ます方法はいくらでもある筈ですものね。

8月3日から16日までの家族との日本滞在、日本にいる間に簡単に書いてはありましたが、帰ってきてから写真を添付追加して、文章も少し書き加えました。


カメラ 写真見るだけでも、是非もう一度お越し下さいませ。

尚、写真は全部デジカメで撮ったのですが、トーチャンの一眼レフと、私と娘のシャッター押すだけカメラのが混じっています。



パソコン 下記の7記事です。これで全部できました。


  → ソフトランディングの初日にハードショッピング

  → 知多半島観光と三河の花火大会

  → 名古屋で二種類の日本文化

  → 神戸でお茶のお稽古見学

  → 京都御所、絞り、有馬、神戸港、岩盤浴

  → 京都で着物

  → 同窓会、親戚回り、最後のショッピング


こちらにまとめてあります。 → 真夏の日本へ 2006



メモ コメントは元の記事でもこの追加お知らせ記事のどちらでも結構ですので、よろしく~!



地下鉄           機内

トーチャンと娘は地下鉄で空港へ(私は会社から手ぶらで直行)   無事に空港で会えて、行ってきま~す!

(しかし、午後の地下鉄はこんなに空いてるのか?!)