5月30日、バ-ビカン・ホール バービカンのバッハ・コレギウム・ジャパンのコンサートに行きました。


barbican 1  7時過ぎのバービカンの庭。


鈴木雅明氏率いるBach Collegium Japan (以下BCJ)は、古楽器の小編成オーケストラと合唱団で1990年設立。


鈴木雅明  鈴木氏はオルガンとチェンバロ奏者で東京芸大教授



超一流のお墨付き

日本人でありながらバッハ演奏では世界的に有名なBCJ、私はCDも何枚か持っていて、一度生で聴いてみたいと思っていたけれど、そして今まで何回かロンドンでコンサートもあったのに、実際には今回が初めて。私の記憶によれば今まではロンドンのもうちょっとマイナーなコンサートホールでのコンサートだったのですが、今回はバービカン、しかも有名アーチストばかり集めたGreat Performers シリーズの一環です。これは超一流のお墨付きをもらったも同然。


とは言うものの、このシリーズを去年3月に一年分まとめて買ったとき、このコンサートは買いませんでした。キーシンやバルトリじゃあるまいし、売れ切れる筈がないから、行くのなら当日でもいいやと思ったからです。そして予想通り、当日でも切符残ってました。でもさすがバービカンの目玉シリーズ、切符もよく売れたようで、バルコニー席は3割方空席でしたが、それ以外はほぼぎっしり。特に日本人が多かったわけでもなかったし、立派なものです。


最後列の良し悪し

私が開始1時間前に買ったのはバルコニーの最後列の最低料金の席で7ポンドこのシリーズはありがたいことにプログラムも無料なので、随分安く済みました)。

バービカンではほぼいつも舞台から5メートル以内の席に座る私(近過ぎて見難いのでさほど高くないのも私好み)、こんな後ろの席なんて初めてですが、一体どんな風に聞こえるのだろうという興味もありました。

だけど、後ろがすぐ壁だし音響はそう悪くないだろうと思ったのですが、なんかやけに音がちっちゃくて失望しました。以前ニューヨークのカーネギー・ホールのほぼ最後列で、「舞台があんなに遠いのにまるでうんと近くにいるように聞こえる!」と感心したことがあるのですが、当然バービカンはカーネギーホールには敵わなってことか。チェッ!(ロンドンは一流演奏家はたくさん来るのに、音の良いホールがないのが残念)。

やっぱり演奏者との一体感が得られるいつものかぶりつきの席がいいわあ、と再確認。切符は一年前に買っとけってことね。


barbican 2  私には珍しいアングルの写真が撮れました。

いつもはあのかぶりつき連中の一人ですけど。



ご贔屓のカウンターテナー(或いはカウンターテノール

しかし、当日まで切符を買わないのは利点もあり、それはお目当ての歌手がキャンセルしたときの失望感を味わわずに済むこと。

今回も、大好きなRobin Blazeがちゃんと出ることを確かめてから切符を買ったわけです。彼はおそらく今イギリスではトップのカウンターテナー 。男性の裏声が気持ち悪いと感じる人もいるでしょうが、あの不気味なところがゾクゾクする程魅力的。Robin君が半年前にENOに出たときは忙しくて行きそびれたので、今回は彼が出ることが私にとっては大きなポイント。BCJとはCDやコンサートを一緒にする仲のようです。

しかし、相変わらずの可愛い童顔だったけど、ハゲ始めてたのでびっくり。 Royal Academy of Musicの声楽教授になったそうだし、いつのまにかおじさんになってしまってたのね。


彼はとてもよかったけど、なんせ遠いからよく聞こえないし、第一出番がすごく少なかった。って、そういう曲なんだから仕方ないけど、前半は50分待って4分ソロってくれただけ。後半も似たようなものだから、なーんだこれっぽっち?で思ったわ。


robin 鈴木さんに比べると貫禄不足の音大教授ロビン君



あ、別に顔が可愛くなくてもいいんですよ、ご贔屓にするのには。私はあの米良美一さんだって大好きなんですから。実を言うと、CDを買ったのも米良さん目当てだし、BCJがロンドンに米良さん連れてくるのをずっと待ってたから今まで行かなかったのです。もう諦めましたけどね・・。


米良  米良君はロンドンには来てくれないのかしら?




バッハのミサ曲ロ短調  Mass in B Minor

宗教に興味がない私は、キリスト教の国にいながら一切関わらないし知識もないので、ミサ曲なんてウヘーっと思ったのですが、そこはバッハ大先生、荘厳で美しく、合唱も凝った構成で、コンサート用の娯楽性もあり。

この曲の詳しい説明はこちらをご参照 → ミサ曲ロ短調BWV232  (しまった、行く前にこれを読んでいけばもっと楽しめたのに)。


演奏は?

いつもと勝手のちがう後ろの席なので、他と比べることがちょっと難しいのですが、最初歌も器楽もCDを聴いて想像してたよりメリハリが少なくてテンポも遅くダラダラとしてちょっと失望。暫くして私の耳の音量調整もできたし彼らのペースにも慣れたけど、管楽器がたまに乱れたりしたのは残念だったし、同じ類のオケと比べるとお行儀がいいというか。

それにソロ歌手も合唱団も直立不動で無表情。ミサってお葬式とはちがうんでないの?その中でただ一人、ロビン君が自分が歌わない間ずっとニコニコキョロキョロして、そこだけ生き生きとしてたけど、とても浮いてた。


ロビン教授の歌は、今まで何度も聴いた通りだけど、短さばかりが印象に残った感じ。テノールのGerd Turkは、BCJのCDでお馴染の人。華やかさからは程遠いお葬式的歌唱だけど律儀に手堅く歌い、まあ古楽はこんなものでしょう。ソプラノの女性二人JoanneLunn Christina Landshamerは、もうちょっと声に張りがある方が私の趣味だけど、それだと伴奏とのバランスが崩れるかもしれないのでまあこれでギリギリよしとするか、と。

しかし、一人皆の足引っ張ってる人がいました。バスのPeter Kooij、BJCとは長い付き合いらしいけど、声は出ないはリズムは乱れるは。年齢による衰えかもしれないけど、鈴木さん、こんな人出しちゃあ駄目ですよ~!



私の好きなカウンターテナー

おまけとして、ついでに私が生で聴いたことのあるカウンターテナーの話をちょっとだけ。


イギリスで一番人気のあるのは、コンサート中心に活躍するドイツ人のアンドレアス・ショルAndreas Schollその外観からあだ名がクラーク・ケント)で、私も大好き。


andreas  長身でがっしり、地声はバリトン(生で聴いたことあり)のショル



それよりも好きなのは、カナダ人のダニエル・テイラーDaniel Taylor。明らかに男性が裏声で歌っているとわかるカウンターテナーが多い中で、彼の優しい声はとても女性的。割りに抵抗なく聴けると思いますので、癒されたいときに是非どうぞ。


daniel  小柄でほっそり、地声が太いとは思えないテイラー


AD
3連休もあっという間に終わり汗 (これで祭日は8月まで無し!)

Aレベル試験中の娘と住込家庭教師を置いて、日曜日に私だけ遊びに行ってきました。


ロンドン南西郊外の高級住宅地リッチモンドのさる一角で何軒かの大邸宅のお庭を一年に一回一般公開して下さるというチャリティイベントがあり、その近くに住んでいる友人が案内してくれました。

リッチモンドには何度か行ったことはありますが、今回本当に久し振り。前回は娘が赤ん坊だったですもんね。我が家から車だと僅か30分ですが、いつでも行けると思うと、特に用がなければ行かないものです。

地下鉄と旧国鉄を乗り継いで行きましたが、当然乍ら、すっごく素敵な所でしたわ。

街をゆっくり歩くのは実は初めてなのですが、おハイソな雰囲気が漂い、素敵なお店やレストランがずら~っと。ロンドンの中心部より大きなユニクロまでありました。
ストリートミュージシャンだって燕尾服お召しになってヴァイオリンお弾きになってましたざんすよ(日本人の方かも)。


richmond 2
わー、ほとんど白人! 
サリー姿のインド人が闊歩してる我が家周辺とはえらい違い・・


しかし、リッチモンドが皆の憧れなのは街よりもその環境。鹿が放し飼いになっている程大きなリッチモンドパークの周辺の高級住宅街には上流階級の方々がお住みです(ミック・ジャガーもいるけど。でもこの頃は彼だってSir Mickだ)。



richimond 4   richmond 4
彼方に見えるはテムズ河。河の畔には牛もいるんです。


こんなとこに住んでみたいものです。宝くじが当たりでもしない限りもちろん無理ですが。


Petersham Villageで見せて頂いたいくつかのお庭はサイズは様々ですが、公園とはまたちがう個人の家の私生活を覗き見るようで興味深いものがありました。


richmond 6     richmond 7
   広~い芝生のお庭に大きな家              公園ではありません
   

しかし、お庭を見るのは好きけど植物名とかにまるっきり疎い私。
案内して下さった方は、イギリスにいらして日が浅いのに、熱心なガードナーで、
「まあ珍しいXXが咲いてるわ」とか
「ふーん、花壇はこういう感じでいいのね」
「どれが雑草なのかしらね?そもそも雑草の定義って?」
「こういうハーブガーデンを作ってみたいわあ。とても満足感得られるのよ」
「今はオダマキの季節なのね、どこにでもあるわ」
と仰っていたのに対し、私ったら
「こんな素敵なお庭でパラソルの下でピムスでも飲んだらどんな良い気分であろうか」とか
「このハーブ、料理に使ったらどんな味かしらん」なんて思うばかり。
同じものを見ても随分ちがうものです。オダマキなんて初めて聞いた名前だし

まあ、色んな趣味や立場や見方があってもいいんですよね? 
とは思ってみてもなんか情けない気分の私・・。


そういえば私って、誰かがやってくれるのならそれでありがたく済ましてしまおうって人みたい。庭仕事もそうだし、車の運転も自分でしなけりゃ誰かが乗せてくれると思ってるし(免許は持ってるよの)、焼肉屋やしゃぶしゃぶ屋でも仕切りたがりの人に全てをお任せしちゃいます。会社でも他の人の仕事は取ったりしない(そういう人いるでしょ?)。ちゃっかり屋なのでしょうが、その代り、やって頂いたことに文句は付けませんので。 
しかし、遊びの計画は率先して考えるって、一体どういう性格なんだか・・。



ま、そんなことはどうでも良いので深く考えないことにして、リッチモンドは上流のイギリスらしい素晴らしいところだなので、中流の私たちですが、娘の試験が終わったら皆でお散歩にでも行こうっと。そしたらトーチャンのもっと上手な写真をお見せできますからね。他のところにもあちこち出掛けようっと!

でもそれはまだちょっと先なので、それまでは私だけであちこちふらふら。
来週は歌舞伎見物もありますしね。海老様~!
AD

5月29日はバンクホリディなので今週末は3連休。うちは娘が試験中なので旅行などできませんが、学校もハーフタームという学期の真ん中の1週間休みなので行楽シーズン。一番爽やかで気分良いはずの季節です。


だけど、残念なことに天候不順なんですねえ。5月はちょっとだけ夏日もありましたが、ここしばらく肌寒くて雨の多い日が続いています。5月末までは冬のコートを仕舞ってはいけないと言われてますが、まさに今年はそれで、真冬の格好してる人もたくさんいます。一昨日は地下鉄で暖房効いてましたし。


norwich 1   norwich 5



さて、ノーフォーク州のノリッチという町に住むオジーチャンの庭の写真でも貼っておきましょう。曇りの日の写真はつい最近、晴れの日の写真は1ケ月ほど前なので、咲いてる花も混じってますけど、我が家の庭の4倍程はあるでしょうか。


特にガーデニングに興味があるわけではないけれど、庭がある限りはみっともない状態にはできない。庭の手入れはイギリスの義務である」と思っている人の典型的な庭ではないかと思います。



norwich 9   norwich 7

                             今にも潰れそうなgarden shed


norwich 11   norwich 10


norwich 2   norwich 8




トーチャンも元々はそういう義務ガードナーで、今住んでいる家を買ったとき、もっと大きな庭付の家も買えたのですが、「とても面倒見切れないから嫌だ」と言ってました。

だけど長年やっているうちに段々「どうせやらなくちゃならないのなら綺麗にしよう」と思ったようで、特に日本で素晴らしい庭をたくさんて見て気に入って、日本的アイテムも取り入れて日英折衷ガーデンになってます。


(庭が大きいからと言って家の値段が上がるわけではなく、却って手入れが大変という理由で安くなることもあるほどです)


garden at night これは我が家の庭の夕暮れ。クリックで拡大します。



ふたつの石灯籠はイギリスで買ったもので、残念ながらコンクリート製。こればかりは重すぎて日本から持って来られませんもんね。


因みに私は一切庭仕事はせず(家事もほとんどしませんが)。土が硬くてひ弱な私には耕すこともできないのです。それに庭はトーチャンの聖域で、私から逃れたいときに逃げる場所でもあります。

AD

5月8日と17日、ロイヤルオペラハウスでアルファーノ(Franco Alfano1875-1954)作曲のCyrano de Bergeracを2回観ました。


西洋ではよく知られたお話ですが、オペラとしての公演は極めて稀で、今回も切符がすぐに売り切れた理由はただ一つ、Placido Domingoが出るからです


cyrano 3 キャーッ、ドミンゴ様~!  


男の子ドミンゴ

実は私はドミンゴにはさほど魅力を感じず、時に楽しみにしていたわけでもありません。来月、大好きな「丸セロ丸ちゃん丸バレス」を観るのを胸ときめかせて待ちわびて、切符を3回分必死で確保したのとは大違い。ドミンゴのCDは一枚も持ってませんし、2回も行ったのもただのなりゆき。ま、こればっかりは好みですから仕方ないですよね?勿論ドミンゴが大好きな人の気持ちが理解できないわけではありませんので・・。 


今まで生ドミンゴはROHで「スペードの女王」、「道化師」、「ワルキューレ」、他にリサイタルやコンサートで3、4回聴いたでしょうか。驚異的な役柄数や後進の発掘と指導、今は指揮もするしオペラハウスの音楽監督でもある彼のオペラ界への貢献には頭が下がるし、60代半ばにしてこれだけできるのは自己管理と努力の賜物にちがいなくて、本当に類稀なる偉い人なのでしょうけど、去年のワルキューレは他の歌手に負けじと頑張ってなかなかだったものの(最後の数分間は息も絶え絶えでしたが)、それ以外では特に素晴らしいと感じたこともなく、今は全盛期の輝きは失われたでしょうし、ROHではこれが最後になりそうですが、もう充分見たし、もう二度と見られなくても別に淋しいとも思いません。


cyrano 1 自分で書いたラブレターだから、暗闇でも読めるんだ、というより覚えてるんだから・・・ (一番泣ける場面です)


このオペラ

シラノは大きな鼻で醜いゆえに愛する女性に愛を打ち明けられない劣等感男の代名詞。Edmund Rostand原作のストーリーは有名で、今まで同名で2度映画にもなってます(米1950年ホセ・ファーラー主役、仏1990年ジェラルド・デパルデュー主役)。米1981年のスティーブ・マーチンとダリル・ハナの現代消防士版「Roxane」もあります。あらすじは1990年版の映画の筋書き を読んで下さい。(パクって済ませて今回は楽チ~ン)

今だったら整形手術をすれば即問題解決なのでありえないストーリ-とも言えますが(背を高くしろっていうのは無理だけど鼻削るのくらい簡単でしょ)、いわば究極の純情感動物語として涙を誘います。


この作曲家の唯一の功績は「トゥーランドット」を途中まで書いて死んでしまったプッチーニの後を引き継いでオペラを完成させたことで、このシラノはほとんど公演機会もなく、忘れられた存在でした。多分今回ドミンゴ自身が発掘して、珍しいからこれやろうぜと言い出したのでしょうが、埋もれていたのには理由があって、それはこれが音楽的に魅力のない駄作だからです。

プッチーニに作風は似ていて、少しドビュッシー風でもあり、わかりやすく綺麗な音楽なのですが(1936年作にしては時代遅れだったでしょうが)、美しい旋律はあちこちに散りばめられているものの、惜しいことにそれぞれほんの数秒間しか保てないので、優れたアリアはゼロだし、全編を通じて丸っきり盛り上がらなくて聞いてると苛立ってきます。


これではどんなにオケや歌手が上手でもぱっとしません。


新しい役柄を増やしたくて発掘するのは結構なことで、どんどんやってもらいですが、もう少しましな作品はあったでしょうに、ドミンゴ先生がこれに決~めたと主張したのだとすれば(多分そうでしょうが)、芸術センス疑います ハートブレイク




舞台や衣装はメト好み

そんなつまんない(音楽的に)オペラ、その代りと言っちゃあなんですが、Francesca Zambello演出の舞台と衣装は立派です。NYメトとの共同制作のこの舞台、いかにもメト風というか、おそろしくまともでまるで映画のセット。戦場シーンなどはミュージカル「レ・ミゼラブル」を思い起こさせる色彩で、それは豪華で美しかったです。

衣装も、時代の読み替えという工夫もせず斬新なデザインもなく、ほんとにまるで時代映画。(けなしてるわけではありません。これしかなかっただろうから、お金掛けて丁寧に作ってくれてありがとう、と言ってるんです。ほんとよ。) シラノの鼻はくっ付けるのに毎回一時間掛かったそうで、これもご苦労様でした(欧州の観客には想像力ってものがあるんですけどね・・)。


cyrano 4 ROHでは珍しい写実風豪華セット。お金だけは掛けました。



パフォーマンス

ドミンゴは、そういうわけで好みではないので、どんなに彼のベストを聞かせてもらっても感激はしないけれど、冷静に客観的に批評すると、「おぉまだなかなかじゃん」と思う部分と、「こりゃ先は短いな。声出てないもん」と思う部分と両方で、要するにムラがあったわけです。聞く所によると、私が聞いた初日はイマイチの出来だったようで、その後向上し、でもまた私が二度目に行った時は調子悪かったようなので、これだけで「もうアカン」と言うべきではないのですが、(私にとっては最初からアカン人ですが)、二度目は舞台近くの席にいた私には咳までしたのが聞こえたり、始終高い声を無理に出して苦しそうという印象でした(私にとっては昔からいつもそういう印象なのですが)。

しかし、出てくれただけでもありがたいと思わなくてはいけません。NYメトですでに2サイクルやったのですが、そのうち1サイクルは彼全てキャンセルしたそうですから。一年前のワルキューレのときと比べたら20キロも痩せて、急にじいさん風情になってしまった彼、やっぱり病気なのでは?


これ以上ドミンゴのことを悪く言うと気ぃ悪くなさる方もしれないので、他の出演者たちのことに話題を移しましょう


cyrano 2 cyrano 7  早く他の役歌いたいわ! 


シラノが恋焦がれるロクサーヌ役の米人Sondra Radvanovskyは実に素晴らしくて、張りのある声に聞惚れました。長身の美人でもあり、メトでも歌った彼女ににはこんな駄作ではなくヴェルディとか歌わせてあげたいです、と思って聴いていたら、来シーズンROHでヴェルディのStifferioに出てくれる予定なので楽しみ。


cyrano 5 cyrano 8  役柄は美男子・・


美男子だけど頭の悪いクリスチャン役のRaymond Veryは可もなく不可もなく平均点。もっとも主役を食ってしまうほど上手だったら問題でしょうが。


妻がいるのにロクサーヌに言い寄るギッシュ伯爵役はちょい役なのにRoman Trekelという贅沢さ。彼の名前を知らなくても上手なバリトンだこと、と感心まちがいなしの出来で、「脇役が上手いと舞台に深みが出ていいわ~」、と思っていたら、2回目は病欠してしまい、代りは小粒のCamelo Corrado Caruso。こいつはたしか去年ROH9月のポルトガル王ドム・セバスチャン でレナート・ブルゾンの代役だったおじさん。まさかあの往年の名テノールのエンリコ・カルーソーの血筋でもあるまいが、この程度の歌唱力で良い役せしめるのはエージェントの力でしょうか?


指揮者はイギリスでは確固たる地位を築いているマーク・エルダーMark Elder。この退屈な音楽が少しでもましに聞こえたとしたら、それは彼の功績です。ROHのオケ、「これが同じ演奏者たちなのか?」と首をかしげるほど指揮者によって上手下手に差が出るのですが、今回はとってもよかったです。


cyrano 9  Mr. Mark Elder CBE (Citizen of British Empireという勲章)

いつか Sir の称号もらえるんだろうか?


イカリマーク
というわけで、作品リストや作曲名鑑にも載せてもらえないこのオペラと作曲家、それなりに期待通りの出来でしたが、ドミンゴが出るということだけでオペラハウスには華やかと一種の興奮が漂い、それもオペラハウスに行く楽しみの一つであるわけですから、2回とも私は着物姿でしたが、いつもより着物選びもウキウキとさせてもらいました。


ドミンゴ先生、これからはお体に気をつけて、一線から退く時機を見定め、舞台の前(指揮)や後(オペラハウス音楽監督、後進発掘指導)で末永くご活躍されますよう。(最近CDをお出しになったトリスタンとイゾルデを万が一舞台でお歌いになるということがあれば、私は拝聴辞退させて頂くことになろうかと思います)

日曜日、前の日にカーテン地で作った帯で出掛けました。



カーテン帯2の4   カーテン帯2の3


リバーシブルにしたので、前と後は色目が逆に出るように締めてみました。ほとんど変わらないですけどね。


雨模様だったので、正絹の着物は避け、濡れても大丈夫なウールの単衣。子供の頃のアンサンブルを母が大人用に縫い直してくれた着物ですが、何十年か箪笥で眠った後、ロンドンで初めて陽の目を見ました。


しかし、帯は失敗でした。前回の帯はちゃんと締めたとき縫い目が出ないように考えて布を切ったのに、それをすっかり忘れて、この帯は何も考えずに作ってしまい、締めて初めて縦横を間違えて裁断したことに気付きました。なんてアホな私。だからどう締めても縫い目が前に来てしまうのです。まあパッと見ではわからないでしょうからこのまま使いますが。厚めのカーテン地を二枚重ねたので分厚くて重いのも問題です。


しかし、2本作って少しコツがわかったので、なんか妙に意欲が湧いてきちゃいました。


次は面倒臭がらないで、出る部分だけを柄にして、見えないところは無地の薄い布地にすれば厚さもちょうど良いし、安上がりに出来るはず。カラフルな花柄が欲しいので、ローラ・アシュレイにでも行ってみよ。



カバンワイン

今日出掛けたのはロンドンのさるレストランで開かれた日本人のメゾソプラノの方のミニコンサート。2週間前に行った教会での歌の発表会 で歌った方たちの先生です。


イタリア語、フランス語、日本語の歌曲を丁寧な説明付きでピアノ伴奏で歌って下さり(珍しいフランス語のモーツァルトも)、暗い地下でしたが、ワインを頂きながらサロンのような雰囲気でした。


驚いたのは歌手の方のドレス。すらっと長身のその方は赤地に黒い花模様のロングドレスをお召しだったのですが、そう、色も柄も私の着物とそっくりだったのです。私の着物が絣(かすり)柄なのですが、2メートル離れたらまるで同じ布地で作ったように見えたことでしょう。


そっくり  並んで立って、皆さんに笑って頂きました。



着物姿が私一人では気恥ずかしいですが、もう一人着物の方がいらしたので心強かったです。偶然ではなく、二人で示し合わせて行ったのですが。その方も実はカーテン地の手作り帯を締めてらしたんですね、これが。これも偶然ではなく、私の最初の手作り帯 をご覧になって感心して下さり、ご自分でもお作りになったのでした。

皆苦労してるんですよ~。



コスモス

えーと、今月はこれで着物着るのはたしか4回目。結構頑張りました。多分これで終わりですが、来月は目白押しですからね~!