(日本に発つ前に記事をアップしたかったのですが多忙でできず、こんなに遅くなってしまいました)



2月2日と7日に2回 「Nozze di Figaro」をロイヤルオペラハウスに観にいきました。一回目は音が良くて値段の安いupper slips、二回目は舞台袖の至近距離と理想的な組み合わせ。


一番ポピュラーなオペラのひとつなのに、この6年間ROHでは初めて。そういえば先日のロッシーニのセヴィリアの理髪師も初めてなのは不思議。ROHはフィガロが嫌いなのでしょうか?


「セヴィリアの理髪師」のその後という設定

ストーリーは「セヴィリアの理髪師 」での出来事から数年後という設定で(オペラとしてはモーツァルトの方が先ですが)、あのときの登場人物はほとんど皆また出てきます。でもまるで別人のようになってしまった人もいます。

「セヴィリア」ではあんなに元気で問題解決に前向きで積極的だったロジーナは今では夫の浮気にくよくよ悩む伯爵夫人になってしまいました。

フィガロはセヴィリアでの手柄のおかげで伯爵家に雇われたのですが、原因はギャンブルでしょうか、多額の借金で首が回らなくて返済できなければ金貸ばあさんと結婚しなければならない羽目に陥っていて、伯爵がフィアンセを狙っているのも気が付かないほど頭の回転も冴えなくなって婚約者に押されっぱなし。

あれほどロジーナを強く求めて結婚した伯爵が彼女に飽きて若い女性の尻を追うのは、まあ自然のなりゆきでしょう。彼はきっとはつらつとしたピチピチ娘が好きなんでしょう。


figaro 6 「あーれー、お殿様ご乱心~ !」


ストーリーはフィガロと伯爵夫人の小間使いスザンナとの結婚の日のドタバタで、かなり込み入った話なので詳しいことはとても書けませんが、要するにスザンナに領主の「初夜権」を行使しようとするスケベ伯爵をこらしめる話で、今回の悪者はアルマヴィラ伯爵。元になる小説は召使が貴族を負かすのは革命的であるとして禁止すらされました。

伯爵も馬鹿ではないので、皆であの手この手で知恵比べ。モーツァルトのオペラにはよく出てくる偽装して他に人になりすますシーンもあるし、ヤキモチの妬き合いで人間の愚かさ醜さ可愛さが出てなかなか深い味わいがあり、セヴィリアの理髪師のような表面的な喜劇ではありません。

伯爵をギャフンと言わせるために、彼の浮気現場を取り押さえることと、伯爵夫人にも間男がいると思わせることの二本立て作戦で、オトリはもちろんスザンナ。伯爵に気をあるフリをして伯爵が鼻の下長くしたり(残酷ですよね)、とろいフィガロがそれを本当かもと誤解して(そりゃしますよね)怒ったり、伯爵が伯爵夫人をスザンナだと信じて口説いたり(自分の妻がわからんのか?)、フィガロが伯爵夫人のフリをするスザンナを声でスザンナとわかったのに伯爵夫人として口説いたり(こちらはちょっと意地悪だけど、その前にフィガロはやきもきさせられたからちょっとした復讐かな)。


ややこしそうな話でしょ? 話がちょっとそれるけど、一回目の安い席の隣にオペラに初めて来たらしい若い日本人夫婦がいて、直前に日本語の詳しそうな説明文を必死で読んでたけどよく理解できないうちに始まってしまい、休憩時間に「よーわからんかったけど、ま、音楽がいいからいいよね」と慰め合ってました。そして休憩時間にまた読み返したらしいけど後半又付いていけなくなって(英語の字幕があまり理解できなかったのかな?)、夫の方はそれでも諦めず暗闇で読もうとしてたのが笑えました。

まあ例え細かい筋書きはわからなくてもアリアのヒット曲が目白押しだし音楽だけでも充分楽しめる作品です。


新しい登場人物で面白いのは小姓のケルビーノで、女性を見ると鼻血ドバドバの青春ホルモン過剰供給少年。有名なアリア「恋とはどんなものかしら?」も彼の状態を考えると、ロマンチックな恋への憧れの歌ではないことがわかるでしょう。この役を男性が演じると生々しくなるのでしょうが、これはメゾ・ソプラノのズボン役で、多くの若い駆け出しの歌手が歌います。ズボン役も成人男性の設定だと、背の高いメゾソプラノが理想的なのですが、ケルビーノはほんの少年なので、小柄な歌手でもOKなわけです。そしてこの女性が演じる少年役には女装シーンがあり、一段ひねった面白さがあるわけで、鼻血少年ケルビーノは両性兼備という説もあり。一方、彼は貴族の血を引いていて、成長して稀代の女たらしドン・ジョバンニになるという説もあります。


figaro 8 鼻血ドバドバ少年ケルビーノ


そしてももう一人新しい登場人物で重要なのはフィガロのフィアンセのスザンナ。伯爵誘惑のオトリになったり、窮地では機転を利かせたりして、彼女がこのオペラのゴタゴタの中心であり仕切り役。その割りに他の人に比べると有名アリアが少なくて最後にちょっとだけなので、それまでキュートで利発な女中さん役を主に芝居力で引っ張らなくてはなりません。若くて溌剌としたソプラノにととっては簡単といえば簡単。


舞台セットと衣装

今回の新プロダクションはDavid McVicarという有名演出家の手になるものですが、えらくリアルでまとも。そのまま人が住めるようなセットで、壁の汚れまで描いてあります。初めてオペラを観る人にとっては理想的で美しくて照明の使い方もとても良いのですが、どんな奇妙なものが出てくるのかしらとワクワク期待していた私は正直言ってガッカリ。1830年代に読み替えてある衣装もすっきりしていていいのですが、せっかく新しく作るんだから、ROHの新しいフィガロはこんなに斬新!と言われるくらい個性的にして欲しかったです。
figaro 2 まとも過ぎてつまんない舞台

パフォーマンス

伯爵はいつも手堅いジェラルド・フィンリ-で、今回も実力発揮して誰もが賞賛。遠い席から見たときはマジに怒ってばかりのユーモアのない伯爵だことと思ったけど、至近距離で見たら細かい表情もきっちりやっててコメディのセンスも十分あることがわかり、改めて感心。言うことなし、完璧です。


残念だったのは、フィガロとの声質が似過ぎてて、時々どっちが歌っているのかわからないくらいでした。


でも上手なフィンリーと混同するということは、フィガロも立派という証拠。ウルグアイ人の若いバリトン、アーウィン・シュロットは実に魅力的でした。楽々と声が出て余裕綽々、チャーミングな愛すべきフィガロでした。こんな人が出てきては40才過ぎた人気二枚目バリトンはビクビクでしょう。ディミトリ・ホロストフスキーさん、トーマス・ハンプソンさん、あなたたちのことですよ。

シュロットは今年の夏に日本でドン・ジョバンニを歌うそうですが、彼のキャラからすると下男役よりはお殿様の方が向いていると思うので、素敵なジョバンニ若殿になるでしょう。


figaro 7 チャーミングなフィガロに見惚れ聞惚れ



以上男性二人は私が見た二回共安定した出来のよさでしたが、問題は女性陣。


伯爵夫人役のドロテア・レシュマン、1回目に行ったときは調子悪かったようで、キーキー声に聞こえてしまい、「魔笛」のパニーナ王女は細い声がぴったりだったけどこの役はもうちょっとふくよかな声の方がいいなあと失望したのですが、2回目はぐんとまろやかな声でしっとり美しく歌ってくれて、有名ソプラノの面目を保ちました。しかし、若くて真白い肌がきれいなのに肥満気味なのでちょっと気をつけないといけないですね。


figaro 1 美しいデュエットしながら伯爵をギャフンと言わせる手紙書きましょう~♪


スザンナ役のスェーデン人ソプラノMiah Perssonは聞いたことのない名前で、実力も主役の中では一番劣ると私は思います。メトの映像版のチェチリア・バルトリ級の歌手は期待してないけど、せめてもう少し名実共にランクの上の人を出して欲しかったです。とくに特徴のない声を好きだという人もいますが、私には声が割れて不快に響き、女優のミシェル・ファイファーに似たすらっとした金髪のきれいな女性なのですが、この役には肝心な溌剌としておきゃんな明るい女中さんという雰囲気が欠如してました。合わないキャラクターなのでしょう、一生懸命なのはわかるのですが彼女だけ目が笑ってなくて。


ケルビーノのRinat Shahamは小柄で少年らしい仕草が上手。歌は充分合格点ですが、今ひとつ光るものがなかったような。


嬉しい驚きは脇役にベテランイギリス人トップテノールのフィリップ・ラングリッジが出たこと。セヴィリアの理髪師にも出てくる音楽教師のドン・バジリオは長いものには巻かれろ主義でお金持ちのご機嫌取りのためにいそいそと立ち回るケチな野郎。今回は白塗りクネクネのゲイ風演出で楽しんで演じているラングリッジの余裕たっぷりの歌と演技が際立って、こんな役になんて贅沢。



以上、ほとんどの人がとても上手で、楽しめる舞台でしたが、特にフィガロと伯爵の新旧二人のバリトンが抜群の出来でした。3回分切符を買ってあったのですが、日本に行くために一回諦めなくてはならなかったのが残念です。

AD

男たちの大和

無事に帰宅しました。

でも成田からヒースローへの飛行機は満席でほとんど一番後ろの席だったので出るのが最後になり、おまけに入国管理が長蛇の列で50分も掛かり、やっと出てきたらbaggage reclaimの表示がすでに終了していてスーツケースを見つけるのに一苦労。こんなこと初めて。入国を厳しくするのは結構なことですが、永住権を持って長い間たくさん税金払ってる私も同じ扱いかよ!



機内で映画「男たちの大和」を観ました。映画の出来もよかったですが、ちょうど私の両親が主人公たちの年齢なので思いはそちらに。


先日母と温泉に行ったときに、お酒には強い母が珍しくほろ酔いになり、父が戦地から引き上げてときのことをしきりに懐かしがっていました。まだ結婚する前のことですが、生死もわからないまま終戦後3ケ月で突然無事帰還の連絡があったそうです。


父は激戦地だったフィリピンのミンダナオ島の前線に送られて九死に一生を得てしばらく捕虜になった後引き揚げてきましたが、この映画の主人公のように自分だけ生き残ったことに複雑な思いがあったらしく、ずっと戦友との付き合いや戦死者の慰霊には熱心でした。


私はとくに父と仲良しだったわけではないですが、イギリスに来てから一度だけ手紙をもらったことがあります。結婚したいと連絡したとき、母親の手前、一緒に反対していることになっているが本当はそうではなく、私の選択を信用するから好きなようにしなさいということでした。目の前で米軍兵士に仲間を多数殺されたので私がアメリカ人と結婚したいと言ったらとても嫌だけど、イギリスは敵であっても直接殺し合った経験はないので気にしないとも書いてありました。

この手紙はとても嬉しくて、父にも反対されたらトーチャンと結婚しなかったかもしれません。


父はいつも私の望みを叶えてくれようとしたので、相手がアメリカ人であっても多分許してくれたと思いますが。


母はずっと遠くにお嫁にいったことに文句言ってましたが、父は私がどこにいようと幸せならそれでいいと言ってくれて、私の娘の写真を机の上に飾ってました。


今年の秋は父の十三回忌。仕事の都合がつけば法事に行こうかなと思っています。

AD

成田空港

強風のためにセントレア発成田行きの飛行機が30分遅れて成田空港での乗り継ぎ時間が短くなってしまい、日本にいる間にアップしたかった「フィガロの結婚」をここ(ヤフーカフェ)で完成できる予定だったのにちょっと無理かも。


そこまでするか、と自分でも呆れるけど、やり残しはすっきりしないし、ロンドンに帰ったら忙しくなりそうだもんね。


嗚呼、文章を早く書く能力が欲しいなあ。

今神様に望みをひとつ叶えてあげると言われたら、一番は宝くじに当たって退社することだけど、2位はこれかも。今さらすごい美人にしてもらっても遅すぎるしね。


AD

今日は日本最後の日、晴れて暖かくて最高の着物日和。ネットで発見した名古屋で着物でご飯を食べに行くグループのお仲間にして頂いてランチしました。

名古屋中が見渡せる新しいホテルの30階の洒落たフレンチレストランで着物姿の女性が11人も集まったんですよ。壮観でしょ?中年おばさんは私だけで他は若い方がほとんどだったので、とても華やか、やっぱ日本女性は和服がいいわと再確認。皆さん着付けもぴしっと決まってとても美しかったです。

私には初対面の方ばかりだったけど、着物という共通の趣味があるのですぐ打ち解けて楽しくお喋りできました。


お料理も上品で美味しくて盛り付けもトレビアン。フレンチだけど京料理のような繊細さ、日本の食文化ってすごいわ。イギリスと比べればどの国も勝てるとは思うけど。


小紋の着物の方が多い中、私は訪問着だったので一番フォーマルでちょっと浮いてたかも。食事に訪問着は大袈裟なのは承知でしたが、一昨日買ったグレー地の品の良い訪問着と渋い金色の袋帯を早く着たかったのです。ロンドンでオペラハウスに着て行くために買ったんですけどね。


その後7人でさる着付け教室主催の着物展示会へ。私は展示会に行くのは実は初めて。着物好きにとっては蟻地獄とも言える展示会の恐ろしさはよく聞くのですが、私は明日日本を離れる身、絶対安全なので安心して目の保養に徹することができました(例えしばらく日本にいる身でも金銭面の制限があるので心配無用なのですが)。

2時間程いて展示者さん方から色々お話も伺ったし、珍しい「爪織」をなさる方の爪も見せて頂いたり、興味深い時間を過ごせました。ちゃんとした着物を見るのは古着屋さんで掘り出し物を漁るのとはまたちがう楽しみですね。


しかし、そんなところに行くとわかっていたら母にきちんと着付けてもらうんだったわ~。慌てて自分でやったので、古着なのでサイズ合わない着物だったし、恥ずかしい思いをしましたことよ。まさか、この訪問着が古着屋で今日のランチより安い値段だったことは悟られなかったでしょうけど。



さて、明日の早い便で帰国します(セントレア発成田経由)。時差の関係でロンドンには同じ日の夕方に着きます。そしてもちろん月曜日から仕事(ゲロゲロ)。


あっという間のようでもあるし長かったような気もする2週間でしたがお天気にも恵まれ毎日楽しく過ごせました。結局いつものような強行スケジュールになったのですが、体調も万全で無駄なく密度の濃い休暇となり、良い気分転換になりました。

今回は新しい試みとしてネットで知り合った方たちと会う機会を多くセットしたのですが、皆さん不思議なくらいイメージ通りで、新しい出会いなのですが、ずっと前から知っているような親しみをいつも感じました。


ロンドンに帰ったら時差ぼけと溜まった仕事とダイエットという三重苦なのですが、リフレッシュしたので乗り切れるでしょう。

また温泉

里帰りとは名ばかりで、私の日本滞在はいつもあちこち旅行しまくり。今回はいつもよりはゆったりしたスケジュールですが、まとめて7泊出掛けて、今日帰って来ました。


昨日は友人と3人でまず名古屋のコメ兵という有名な質流れショップの着物セクションへ全員着物姿で行きました(一式持つより着る方がある意味で楽なので)。おくまさんは毎日着物で仕事のベテランですがもう一人のパチン子さん は着物は成人式以来はじめてというお着物初心者。おくまさんと私とで着物ファンを一人増やそうという魂胆です。


コメ兵には2時間くらいいたでしょうか、女3人の買い物は「まあ、それとってもいいじゃない!あなたが買わないんなら私が買うわよ」などと褒め合い奪い合い気分が高ぶって、どっさり買ってしまいましたわ。それでも信じられないくらい安いのがこの店の魅力で、千円以下の着物や帯も結構あり、もう金銭感覚狂いっぱなし。


前日タカシマヤの呉服バーゲン催物でも買ったので、すごい荷物をかかえて「どっこいしょ、どっこいしょ」とよろよろ往生こきながら温泉に向かう和服姿の中年女3人。おくまさんとパチン子さんはぱっちりした美人なんですけどね・・。

また西浦温泉というのが結構僻地で着くまでに大変で、あの安い値段はそれが理由にちがいないし、愛知県の海沿いに単線二両のワンマン電車があるとは思いませんでした。


温泉1 海を眺める露天風呂


夕方旅館に着いてすぐ今日の戦利品を広げて試して写真撮ったりしていたらあっという間に日が暮れてしまい、海に沈む夕陽を眺めながら入る露天風呂が目玉なのに間に合わなかった! 折角の素晴らしい晴天だったのに~。部屋から見たからまあいいですが。


夕食後は遅くまでお喋りしましたが、今朝はもちろんトリノ五輪観戦のため朝5時に起きましたよ。

日本はやっと金メダル取れてよかったですね。おめでとう。などど日本選手になじみの薄い私はどうしても他人事で、本当はスルツカヤ選手に勝たせたかったんです。彼女が赤いほっぺのイモ少女だった頃から長い間ヨーロッパ選手権などで見守ってきましたからね。アメリカ人にも負けて3位だったのは特に残念です。


温泉から名古屋に帰り、今日は洋服でまたコメ兵に3人で行ってしまいました。私はもうスーツケースが一杯にちがいないのでこれ以上は買えず、あれこれ選んでいる彼女たちを残してショッピングから撤退。


明後日の便でロンドン発つので、いよいよ明日だけ。最後はまたオフ会で、これが5つ目。着物で数人の方たちと名古屋でランチ。どれ着ようかなあ?今回買ったものと母親のお下がりで衣装もちになりましたからね。