お父さんアルフレード に続き、いよいよ真打ちヴィオレッタの比較です。

(あらすじが必要な方はこちら をどうぞ)


          ヴィオレッタ      アルフレード    ジェルモン氏  

2000年11月 Victoria Loukianetz Giuseppe Sabbatini Thomas Allen

2001年5月 Darina Tokova Giuseppe Filianoti  Dimitri Hvorostovsky

2001年6月 Darina Takova Tito Beltran Dimitri Hvorostovsky

2002年12月 Inva Mula Edgaras Montoridas Paolo Gavanelli

2003年1月 Ruth Ann Swennson Joseph Calleja Paolo Gavenelli

2005年2月 Norah Amsellem Charles Castronovo Gerald Finley

2006年1月 Anna Maria Martinez Charles Castonovo Zalko Lucic


traviata 2  涙なしでは見られない最後の場面



La Traviataを一人で支えるのはヴィオレッタ。衣装を変えるために途中一度少し引っ込むだけで、後はほぼ出ずっぱりの歌いっ放し。芝居は大して上手でなくても同情を得るストーリーなのですが、一幕目の最後に難しいアリアがあるし、なかなか大変な役です。

一口にソプラノと言っても声の質によっていくつかのタイプがあって、他のオペラのヒロイン役は自ずからタイプが決まっているのですが、ヴィオレッタは色んな要素があってどのタイプにも少しづつ適する箇所があるので、誰でもやってみたくなるようです。言い換えれば、全ての場面でぴったりはまることが難しいわけで、明るく軽やかな第一幕、暗くて重い第三幕の両方を同じように上手に出来る人はざらにはいないと思います。


ROHの椿姫といえば映像になっている94年のアンジェラ・ゲオルギュー。それまで無名だった彼女が抜擢されて一躍スターになったのは伝説になっているのはご存知でしょう。私はその頃は育児と仕事で忙しくてオペラハウスになど行ける状態ではなかったので知りませんでしたが、彼女があまりにも素晴らしいので急遽テレビ放映することになったと聞いています。彼女が今でもよくROHに出てくれるのは、その恩返しということもあるかもしれません。


そんな大スターは出てくれませんが、今回はシビアに順位付けます。


ベストは迷わずインヴァ・ムーラ。このときは舞台から至近距離の席で最高の臨場感だったのも一因かもしれませんが、小柄な彼女は細やかな演技と全く危なげのない安定して魅力的な歌唱力で目の前にいるのはまさにヴィオレッタでした。椿姫の出来が良い私は泣くのですが(ゲオルギューの映像なんて何度観ても泣けます)、このときは気持ちよくたっぷり泣かせてもらいました。

ドミンゴ主催のコンテストで見出された「印旛村」は日本でもちょっと前に素晴らしい椿姫で評判になったそうですが、映像のリゴレットも良いし、何でもいいから是非また聴きたいです。

violetta 1  素晴らしかったムーラ




2位はダリーナ・タコヴァ。続けて2度行きましたが、声量たっぷりで艶のある声には始終聞き惚れました。しかし残念ながら高音になると萎んでしまうのです。こういう人はよくいますが、あれだけ低音中音が魅力的なのだから、いっそメゾ・ソプラノに転向すればいいのではないかとすら思います。サンサーンスのデリラなんか歌ったら素敵にちがいない。

椿姫の第一幕の終わりに難易度の高いアリアがあって、テンポの早いコロラチュールで軽く転がした後に超高音でクライマックスになる部分があり、ここが一番の聞かせどころなのですが、それを出す自信のない人は一オクターブ下げてしまうのです。フィギアスケート選手が3回転で無難に乗り越えようか思い切って4回転やってみようかと決断を迫られように、直前までどうしようか迷うヴィオレッタもいるでしょう。

高い声がきれいに出てなんぼというのがソプラノですから、ここで無難に低く済まされたら一気に評価も下がるのですが、ダリーナはやっぱり2回とも下げたのでした。上記の歌手の中で下げたのは彼女とマルチネズだけですが、ダリーナはそれにも拘わらずの2位で、他の部分がいかに素晴らしかったかということです。

violetta 3  高い音がきれいに出るといいのにね



3位はルース・アン・スウェンソン。底抜けに明るいヤンキー娘の彼女は(巨大オッパイなのでイヤラシ系の雑誌に出てきそうにも見えるのですが)当時メトの花形ソプラノ。このときはなんとインヴァ・ムーラとのダブルキャストで今までで一番の豪華版。実はこの日は用事があったので一幕だけしか見てないのですが、スウェンソンの華やかな雰囲気とシュガーのように甘い声は第一幕のパーティシーンにはぴったり。最後の死ぬ場面は違和感ありそうですが、そこは残念ながら聴いていないのに比較して順位付けるのはフェアではないですが、第一幕が一番大事で歌唱力はここでわかります。

スウェンソンは他にはROHでヘンデルの「セミレ」を聴きましたが、それは彼女にぴったりで素晴らしかったです。でもヴィオレッタが彼女に向いてるとは思えません。

violetta 2  明るくてはちきれそうな健康娘だからちょっとキャラ違い。

でも「知名度は私が一番よ~。最後まで観て欲しかったわね~!」。すみません。




4位はヴィクトリア・ルキアネツ。この日彼女は代役で、開幕2時間前に到着したというアナウンスがありました。とても小柄な彼女に衣装はちゃんと直してなくて大慌てであちこち縫い縮めただけ、振り付けを覚える時間がなかったので舞台の上で右往左往。挙句の果てにテーブルの上にあった小道具をショールで倒してガシャーンという音を立て、ハラハラと緊張感のある舞台でした。

その日出る予定だったのはROHにはよく出るけど私の嫌いなエレーナ・ケレシディだったので、代役で私は喜び、ルキアンツは多少声量不足だったけど、ケレシディよりは絶対ましに決まってます。



5位はノラ・アンセレム。去年もダブルキャストだったのですが、ヴィオレッタの予定が何度か変わり、一時はステファニア・ボンファデッリが出ることになっていたのです。そりゃ彼女が見たいですから、それに合わせて切符を買い直したのに、結局出ないことになり、またちがう日に変えたら立見席しか残っていませんでした。

かぎ鼻で陰気な魔法使いのおばあさんのようなノラはその容貌通り暗い声なので、一幕目の美しく魅力的なヴィオレッタは全然駄目でした。ずっと立ってるのもしんどいので余程帰ろうかと思いましたが、先に観た人が死ぬ場面はよかったと言ってたので最後まで我慢して聴くことにしました。そしたら本当に最後はよかったんです。醜いメイキャップの死に役がぴったりで演技も真に迫り、涙が出ました。第一幕はスウェンソンがやって最後はノラがやると丁度よさそう。



どこにも出て欲しくないのは最下位のアナ・マリア・マルチネズ。これまで散々悪口を書きましたが、私の嫌いな声質ととコントロールが全くできてない歌で、こんな人を去年に続いて出すなんてROHの名に恥じます。初めてオペラ観る人も多いのだから、ああオペラ歌手ってすごい、また聞きにこよう、って思ってもらえる人出さなきゃ駄目じゃないですか?!失望の初日の記事はこちら

traviata 1  もう出ないでね・・

AD

ブログ仲間が集まって

テーマ:

今日は午後から、カルメンさんと着物で、ここによくコメントして下さるdognorahさんのお宅に伺いました。

同じくブログ仲間でオペラハウスでも何度かお目に掛かっているMatthewさんとSaldanapalusさんや、はじめてお目に掛かる方もいらして、シャンペンとワイン、美味しい食べ物をご馳走になり、音楽の話などで楽しく過ごしました。

dognorahさん、奥様、大変ありがとうございました!


ひと様の家を見せて頂くのは興味深いものですが、素敵なお宅でしたよ~。

私の住む地域からは逆方向でぐんと上流風のロンドン郊外のフラットは、広くて内装もすっきりしてセンスの良いモダンな家具に素敵な絵や花が飾られて、どこか瀟洒なヨーロッパ大陸の雰囲気。ロンドンには少ないのですが、まだ築数年の新しい建物自体もゆったりとリッチな設え。


新しい家っていいな~! (我が家は1930年代に建った家)。すっきりした内装っていいな~! (うちは子供の物が居間にも溢れてゴチャゴチャしてるし、棚も多くて壁なんかほとんど見えないくらい)。



グレーウール   帯


二人でウールの着物にしました。カルメンさんはターコイズブルーにピンクの小花模様に紺色の帯。私は頂き物のグレー地にピンクの横糸が浮き出た一見地味な着物。


帯は結び糸で織って染めてもらったもの、と母が言っていたような。作ったのは30年前ですが、私は見た覚えもなく、ロンドンで初使用。渋い着物に合わせやすい模様ですが、私は派手な着物がほとんどなのであまり出番がありません。


薄いピンクの帯揚げは中国製で五百円、この帯と同じ色合いの帯締めは東京の古着屋でなんと百円でした。ちょっと汚れているから安いのでしょうが、ほんとに私、お金掛けてませんね。着るものに関してはこれほど安上がりな女もいないでしょう。

AD

ここ何日かの私とキャブ会社の配車係のおニーチャンとの短い会話。


私: Hello.

おニーチャン:Good evening, Ms椿姫.OK,すぐ車を差し向けますよって、10分待っとくれやす~。

私: Thank you.


私は名前も会社名も言ってないし、どこに住んでるかも連絡用の内線番号も言ってない・・。

でも5分で車が着いて、何人かいる運転手は皆、「疲れたやろ。シートで寝とき。着いたら起したるさかい。」と言ってくれる。ありがたいこってす。


ま、こんな忙しいことはたまにしかないので、仕方ないっす。

(ずっとこんなんやったらとっくに辞めとる)


もうすぐ日本で気ままに遊べるしね。

っていうか、こんなに忙しくなかったら行く気にならなかったと思う。暫く仕事から離れたいのと、働いているからこそできることをしなくては、悠悠自適に人生を楽しんでいる(ようにみえる)トーチャンに嫌味の一つも言いそうだから。

彼もわかっているのか、迷っていた私に「行っておいで」と後押し。娘にも「私、買ってきて欲しいものがたくさんあるからオカーサン行ってきて!」と言われた。

そこまで言われちゃあね。


忙しいのももうすぐ終わる筈なので、そしたら一気にホリデー気分になるかも。


椿姫記事も残ってるし、先週土曜日に行ったバレンボイムのピアノリサイタルのことも書きたいけど、もうちょっと待ってね。

AD

お父さん に続き、次は今までに私がROHで観たアルフレードの比較で~す。


出演歌手はこちら↓


          ヴィオレッタ       アルフレード      ジェルモン氏  

2000年11月 Victoria Loukianetz Giuseppe Sabbatini Thomas Allen

2001年5月 Darina Tokova Giuseppe Filanoti Dimitri Hvorostovsky

2001年6月 Darina Takova Tito Beltran Dimitri Hvorostovsky

2002年12月 Inva Mula Edgaras Montoridas Paolo Gavanelli

2003年1月 Ruth Ann Swennson Joseph Calleja Paolo Gavenelli

2005年2月 Norah Amsellem Charles Castronovo Gerald Finley

2006年1月 Anna Maria Martinez Charles Castronovo Zalko Lucic



アルフレードの役柄と歌

ヴィオレッタは身の程を知ってます。若い女性らしく真実の恋を夢には見ても、娼婦である自分にそんなことは起こる筈がないと。でも、本当に現われたんですね。田舎の資産家の息子で、きっとハンサムなんでしょう。自分の健康を心配してくれるし。まあ良い点はそれくらいですが、贅沢を言える身の上ではないので、このボンクラ坊ちゃんと一世一代の恋愛に突入することにします。

アルフレードは、元娼婦の恋人を親に認めてもらえると思う世間知らずで、駆落ちしたはいいけど生活費がどこから出ているのかしばらく気にもしない甘ちゃんで、ヤキモチ焼きで、かっとなって皆の前でヴィオレッタに賭けで勝ったお金を投げ付ける自分勝手な恥知らず(もっともすぐ後悔しますが)。


ほぼ出ずっぱりで歌の難易度も高いヴィオレッタと比べると軽い役で、聞かせどころもしょっぱなに皆で歌う有名な「乾杯の唄」と、貴女がずっと好きだったんですと告白するアリア、駆落ちして僕幸せ~というアリア(これが一番良いかな)くらいですね。私は、彼が怒ってお金を投げ付けるシーンの彼がなぜか好きですが(よよと泣き崩れるヴィオレッタが可哀相なんです)、彼女の死の床ではちょっとデュエットするだけで悲しそうな顔してるだけです。

売り出し中の若いテノールが取っ掛かりとして歌うのに相応しい役で、スカラ座版の若いアラーニャが私の一番のお気に入りです。



順位を付けるのは難しいけど

一番はやっぱりサバティーニでしょうか。この中でオペラファンなら誰でも知ってるのは彼だけで、一般的な歌唱力という点では当然ベスト。突き抜けるような高い音がきれいに出ますもん。だけどこの役にはサバティーニは立派過ぎて、年もいっててお父さん役の方が似つかわしいくらいだし、娼婦に恋焦がれるタイプにはとても見えません。観たのは随分前ですが、せめてもうちょっとそれらしい芝居するなりして若気の至りを表現して欲しいなあと思ったことを覚えています。


Edgaras Montoridasはちがう小さな役だったのを、その日代役でアルフレードになったときは、線が細くてキャラとしてはぴったりだけど慣れない大舞台で緊張しておどおどしてるなあと思っただけでした。でも1、2年後にグラインドボーン・オペラのドサ回り公演をノリッチで観たとき、彼は実に素晴らしいアルフレードになっていたのです。ここでそれを評価に含むのは変ですが、そのときの彼は、あまり上手でなかったヴィオレッタを完全に食って堂々たる主役だったので、ここでも2位に昇格させちゃいます。


他はどんぐりの背比べで、


チンコロのベルトランはよくROHに出て、何枚かCDも出してる人ですが、チビ体型そのままの伸びのない声で何度聞いてもぱっとしない印象しか持てません。どこが悪いというのではないにですが、ROHに出られるギリギリ合格点。このときはヴィオレッタが声量たっぷりで大柄だったので、彼の欠点が余計目だってしまったかも。

去年の6月にゲオルギューとROHでラ・ボエームに代役で出ましたが、ちがう日に歌った大躍進中のRヴリャゾンとの差は歴然。

beltran  体も歌もスケール小さいベルトラン

ベルトランと同じヴィオレッタと共演したフィリアノーティは全然覚えてないけど、とくにひどいと思った記憶もないので、同じくらいだったのでしょう。去年の9月にドニゼッティのドム・セバスチャンにも出てたけど、これもまた可もなく不可もなく、で印象薄い人です。



今年と去年はカストロノーヴォ。今回同じ舞台を観た人たちは彼がよくなかったと言ってましたが、私は去年も聴いてて期待度が低かったせいか、まあこんなものじゃない?と思っただけでした。不自然な声のテノールは元々上手な人が少ないんだから、どうしても「今日の舞台はテノールが弱点だった」ということが多いんですね。今回はたしかに初日でより緊張してたようで、一段と萎縮して聞こえましたが、まあヴィオレッタさえよければこのオペラはOKなんですから。今回はそのヒロインがひどかったので、アルフレードまでより下手に聞こえたのかも。去年は評価も決して悪くなかったですけどね。traviata 4  今年のカルトロノーヴォ


Joseph Callejaについては全く記憶なし。実はこの日は用事があって一幕しか観られなかったので。まあひどければそれなりに覚えてるだろうから、覚えてないってことはすれすれOKだったということでしょう。でもCD出してますね。初めて知ったけど。

joseph  全然思い出せないCalleja



お父さんたちに比べると知名度も実力も軽量級の人がほとんどで、あまり批評のしがいのない顔ぶれですね。まあ所詮ヴィオレッタの引き立て役だから。


次回はやっとこれまでのヴィオレッタを比べてみます。最下位は誰だかおわかりでしょうが。

1月16日が初日の今回のLa Traviata 、ヒロインが聞いちゃいられないほど下手だったけど、ここまでひどいと語り草になるかもしれなくて、そんな面白いもの見逃したら口惜しいから、観にいってよかった~!。

こういうのは2度目3度目と重ねていくとさらに興味深い体験ができるんだろうけど、そんなにヒマじゃないし、第一立見席すら残ってない。150ポンド出せばあるだろうけど、まさかね。


どこでも一番ポピュラーなひとつであるこのオペラ、ロイヤルオペラハウスでもほとんど毎年はやっていて、この6年間で私は7回行った。誰が出ても切符は売れるドル箱なので、ここがROHのケチなところ、大した歌手は出てくれない。ROHの椿姫と言えばアンジェラ・ゲオルギューだけど、彼女は94年のこの舞台に抜擢されて一躍大スターになったわけで、出たときは無名だったわけだから。日本の方が有名外国人歌手の椿姫を聴く機会は大いにちがいない。


今年のマルチネズに話を戻すと、後で去年も彼女が出たとわかって、ROHに対してまた腹が立ってきた!私はダブルキャストのちがう方を観にいったんだけど、去年観た知り合いが下手な主役だったと文句言っていて、そう言えばマルチネズだったこと思い出した。そんな下手くそを毎年出すなんて、いくら誰が出ても切符が売れるからって、客を馬鹿にしてる。

オペラははじめてという人が押し寄せるからこそ特に良い人出す必要があるだろうが!オペラの醍醐味は歌唱なのだから、不快なキイキイ声聞いたら、多分そういうイメージ持ってるだろうから、ふーんやっぱりそうじゃんと思われちゃう。新しいお客獲得に必死になってるROHとしては一番避けなきゃ駄目だよ~。もう来てくれないよ~。私だって途中で帰りたいと思ったくらいだから。



・・などという不平はこれくらいにして(また後で出てくるだろうけど)、良い機会なので、これまでのパフォーマンスをまとめて比べてみることにしましょう。


まず、誰が出たかをリストアップすると;-


             ヴィオレッタ        アルフレード         ジェルモン氏  

2000年11月   Victoria Loukianetz    Giuseppe Sabbatini     Thomas Allen

2001年5月    Darina Tokova        Giuseppe Flanoti      Dimitri Hvorostovsky

2001年6月    Darina Takova    Tito Beltran Dimitri Hvorostovsky

2002年12月   Inva Mula Edgaras Montoridas     Paolo Gavanelli

2003年1月    Ruth Ann Swennson   Joseph Calleja  Paolo Gavenelli

2005年2月 Norah Amsellem    Charles Castronovo   Gerald Finley

2006年1月 Anna Maria Martinez  Charles Castonovo    Zalko Lucic



まずお父さんのジェルモンから歴代比較してみましょう。


ジョルジュ・ジェルモンの役柄と歌の難易度

ヒロインの恋人の父親で、息子がパリの娼婦と同棲しているのを聞いて、財産を食いつぶされるのではないかと心配して田舎から出てきた、ごく普通の常識人。最初は当然ヴィオレッタに偏見を持っていたが、彼女のお金で賄っていることと彼女がアルフレードを本当に愛していることを知ってヴィオレッタを見直す。それでもなお自分の娘の結婚話が二人のことで駄目になるのを防ぐために、椿姫さん辛いだろうが息子と別れてくれと頼む説得上手。私は病気で長くは生きられないと訴えるヴィオレッタを信じず、あんたはまだ若くて綺麗で優しいからいくらでも他に良い人が見つかるよ本気で思って、後でヴィオレッタの死の床で後悔するオヤジ。皆の前でヴィオレッタを罵る息子をたしなめる正義漢でもあり。


出番は少ないし、芝居的なヴィオレッタとの対決場面以外には、彼女に去られてがっくりする息子を「田舎に帰って平和に暮らそう」と慰める有名で覚えやすいけど何度か聴いたら飽きる(私は飽きてる)アリアがあるだけで、全然難しい役ではないしやりがいがあるとも思えないけど、その割には結構有名な歌手が歌ってくれて、ROHでも主役3人の顔ぶれの中ではこの役がどうみても一番豪華なラインアップで、トーマス・アレン、ジェラルド・フィンリー、ディミトリ・ホロストフスキーは地味なバリトン界で一枚看板で客が呼べるスター歌手。こんなの歌ってなくて、もっと他のやってればいいのに。バリトンは人材豊富だから上手に歌える人は山程いるんだからさ。



ベスト歌手は誰?

私が聞いたときのパフォーマンスで判断すると、


ベストはブッ千切りでジェラルド・フィンリー。何をやっても手堅いフィンリー、個性とカリスマ性には欠けるかもしれないけど、芝居ではなく歌唱力でドン・ジョバンニまで立派にやりこなしてしまう実力派。この役には若過ぎるので違和感あるけど、例の退屈アリアにうっとりしたのは初めてだから、それだけで一挙にトップ。

finley  名人芸のフィンリー

次は今回のLucicかな?発音はわからないけど名前に見覚えがあるのでROHでなにかの脇役で出たにちがいないけど、それは印象に残ってない。でもこの役は ほんとにぴったりで、年齢的にも品の良い中産階級のまっとうな初老の紳士が完璧。歌も真摯に聞かせて、今回の救世主。他がひどかったので得をしたとも言えるが。

traviata 3 今回唯一上手だったのはお父さん



3位はトーマス・アレンにしましょうかね。かつてのROHの花形バリトン、エレガントで冷血漢で魅了的なドン・ジョバンニも年を取って、これが似合うような年になっちゃった。彼にとっては軽くできちゃう役で、もちろん充分上手なんだけど、どうしてもかつてのスターは格好つけちゃうような。私がそう感じただけかもしれないけど。

allen  色男のなれの果て? トーマス・アレン



最下位は二人で分け合って、ロシアの銀髪男ホロストフスキー巨顔症ガヴァネッリおじさん。奇しくも半年前のROHのリゴレット二人組。 ディミトリ はこのときまだ30代で、どうみても違和感あり過ぎ。声が合ってりゃそれでもいいけど、あの叙情的な声ではいくつになっても歌わない方がいいような。他にもっとぴったりの役があるだろうに、リゴレットやジェルモンやって、この男はアホか?

一方ガヴァネッリおじさん がこの役をやるのは自然なんだけど、あの輪郭のぼやけた声が私は好きじゃないので、こう言っちゃお終いだけど、彼が何をやっても私にはアピールしない。ROHにばっかり来ないで欲しいなあ。


dimitri  ガヴァネッリ
                   ホロ&ガヴァ




お父さんだけで長くなってしまったので、他はまた近いうちに。