イギリスの出来事で印象に残ったものを順不同で手短に揚げてみると・・


----------------------------------

まず、チャールズ皇太子の結婚。

ダイアナさんが事故死したときは、まさかこんな日が来るとは誰も思いませんでした。


news 1  4月9日ウィンザーでcivil wedding。女王様は出席せず。


---------------------------------


逆に来るべきものが遂に来たと誰もが思ったのが、7月7日の同時テロ爆破。もっと大きな被害を覚悟していたので発生自体には驚かなかったけど、でも犯人たちがイギリスで生まれ育った者だったのはとてもショック。もっとびっくり仰天したのは、警官による容疑者射殺。イギリスの警察は滅多に発砲しないのに。

その後7月21日の計略は事前に無事回避されました。(関連テーマはこちら)

news 4 news 5



--------------------------------


このテロこの事件は2012年のオリンピックはロンドンで開催されることが決まって皆が喜んでいた矢先に起こったのでした。折角ライバルのパリに思いもかけず勝ってお祭り気分だったのに。

(関連記事1)  (関連記事2)

trafalgar   beckam

トラファルガー広場で万歳!            ベッカム選手も選考会に出席

---------------------------------


オリンピックもパリに勝ちましたが、200年に宿敵フランスを打破ったトラファルガー海戦勝利を祝っていくつかの行事があり、ネルソン提督が注目されました。歴史的なイベント好きのイギリス人ですからね。

(関連記事はこちら)


news 3  


第二次世界大戦終結記念行事もありました。

------------------------------------


5月の総選挙ではブレア率いる労働党の3期連続勝利。強引なイラク戦争突入で人気の落ちたブレア首相を負かせるような魅力的な野党党首がいたら、どうなっていたかわからない選挙でした。


選挙敗退の責任を取って退陣した保守党党首ハワード氏の後任は39歳のキャメロン氏。これからのお手並み拝見。

news 7 news 6

ブレア首相と夫人のシェリー          キャメロン新保守党党首とサマンサ夫人(関連記事はこちら)  


-------------------------------


12月11日、石油貯蔵所が大爆発。日曜の明方という時間だったので、死者が出なかったのは奇跡。

20キロ離れた我が家でも音が聞こえました。 (関連記事はこちら)

news 2


---------------------------

その他、パブの24時間営業開始とか、ゲイ同士の結婚とか赤い二階建てバス廃止とかありました。

下記にまとまって入ってます。


英国あれこれ(標準語)

英国あれこれ(名古屋弁)


AD

2005年に行ったオペラとコンサートをリストアップしてみました。



オペラ

23のオペラに、複数回のものもあるので、行った回数は33回。ここ数年に普通に行く回数でした。

今年はアラーニャもフロレスも来てくれなかったのが不満。


椿姫 by Verdi (1月ROH) Gフィンリー 

トゥーランドット by Puccini (2月ROH)

魔笛 by Mozart (3月ROH) Sキーリーサイド

ワルキューレ by Wagner (3月ROH) Bターフェル

マダム・バタフライ by Puccini (3月ROH) Cガラルド・ドマス

仮面舞踏会 by Verdi (4月ROH)3回 Mアルバレス、Tハンプソン、Kマッティラ

1984 by Lorin Mazel (5月ROH) Sキーンリーサイド

イタリアのトルコ人 by Rossini (6月ROH)2回 Cバルトリ

リゴレット by Verdi (6月ROH) Aネトレプコ

ラ・ボエーム by Puccini (6月ROH)2回 Aゲオルギュー、Rヴィリャゾン

オテロ by Verdi (7月ROH) Bヘップナー、(Rフレミングはキャンセル)

リゴレット by Verdi (7月ROH)2回 Dホロストフスキー、Rヴィリャゾン

愛の妙薬 by Donizetti (7月Holland Park)

ミトリダーテ by Mozart (7月ROH) Bフォード、(Aロストはキャンセル)

ワルキューレ by Wagner (7月ROH) Pドミンゴ、Wマイヤー、Bターフェル

アンドレア・シェニエ by Giordano (8月Holland Park)

ホヴァンシチーナ by Mussorgsky (8月ROH)

ロミオとジュリエット by Gounod (9月ピーコック劇場)

ドム・セバスチャン by Verdi (9月ROH) Sキーリンサイド、Vカサローバ、(Rブルソンはキャンセル)

西部の娘 by Puccini (9月ROH) Jクーラ

マスカレード by Nielsen (9月ROH) Mシャーデ

魔笛 by Mozart (10月ENO) Tスペンス

ジークフリート by Wagner (10月ROH) Jトムリンソン

Midsummer Marriage by Tippett (11月ROH) Jトムリンソン

チェネレントラ by Rossini (11月グランンドボーンのノリッチ公演)

仮面舞踏会 by Verdi (11月ROH) Dホロストフフキー、Rマージソン

ビリー・バッド by Britten (12月ENO) Sキーリーンサイド、Jトムリンソン

セヴィリアの理髪師 by Rossini (12月ROH) Tスペンス、Jディドナート



コンサート

僅か9回だけで、いつもよりうんと少なかった。歌のリサイタルが多いし、この頃なぜか歌モノに偏っているなあ。オーケストラで良い席で聴こうと思うと切符が高いからかしら?


内田光子ピアノリサイタル (3月RFH)

バレンボイム&LSO (4月Baibican)

バレンボイム・ピアノリサイタル (5月Baibican)

ブレンデル・ピアノリサイタル (6月RFH)

トビー・スペンス・ソングリサイタル (10月Wigmore Hall)

ルネ・フレミング・ソングリサイタル (11月Barbican)

ヨーヨーマ・チェロリサイタル (12月Barbican)

チェチリア・バルトリ・ソングリサイタル (12月 Barbican)


♪ ♪ ♪♪ ♪   ♪♪ ♪ ♪  ♪ ♪ ♪



以上に使ったお金は約9百ポンド。3年前までは2千ポンド以上使っていたのに比べると、回数も減ったし、家庭の事情でオペラの値段を下げざるを得なかったわけです。


とりあえずリストアップしましたが、これからオペラのベスト10を選んみましょう。

AD

今日は休暇を取ったので娘とバーゲンハントに行こうと張り切っていたんだけど、雨の中を遠くの駅まで歩くのも嫌だよねと簡単にめげて、結局家から出ず。

こんな日は暖かい家の中が一番だし、無駄使いもせずに済んだ。


この時期はテレビで楽しいオペラをやってくれることが多くて、昼と夜にひとつづつ観た。


昼はWelsh National Operaのレハール「メリー・ウィドウ」。イギリスで庶民的人気のレスリー・ガレット主演で、オペレッタだから半分以上はセリフで全部英語。ほとんどミュージカルを観ている気分だ。


夜は楽しみにしていたロイヤルオペラハウスの「セヴィリアの理髪師」の生放送。余程またROHに行こうかと思ったのだが、21日に観た し、来月また2回行くので今日はテレビ鑑賞にした。


おばさん解説者が「トビー・スペンスってゴージャスねぇ! まるでディビット・ベッカムみたい。ベッカムが歌ってると思うとワクワクするわ。」と言ってた。

ほーら、彼が素敵だと思うのは私だけじゃないんだ。

でもトビー君、濁りのないピュアは声が魅力なのに、今日は幕開けに声が少し割れて濁ってたので風邪をひいてるのかとハラハラしたわ。途中から持ち直したけど、緊張してたのかしらね。

toby spence これはENOの魔笛


テレビで顔のアップを観ながらオペラ観るのも、生舞台とはまたちがう面が楽しめるていいもんだ。


詳しい記事は、1月4日に行った後で書く予定。

AD

また4連休

クリスマスとお正月の間のこの3日間、オフィスは静かというより、ほとんど死んでる状態。

そういうときは溜まっている仕事を片付ける良い機会。私は来年になると忙しくなるので、その前にあれこれ片付けておこうと思って毎日会社に行く予定だったけど・・・、

自分だけ一生懸命働くなんて殊勝なことが私にできるはずがない!

自慢じゃないが典型的なB型だ。お尻に火が付かないとなんにもできないわよ。

今年中に取らないとパアになる有給休暇も残っているし、明日は休んでしまうことにした。
だから明日からまた4連休! 

クリスマス4連休はジーチャンいたから気も使ったし家から一歩も出ずに冬眠してたけど、ジーチャンは今日帰ったし、この年末4連休は色々できそうでとても心が弾む。

まず明日は娘と二人で活気のあるウエストエンドにお買物に行こうっと!
今イギリス中が今バーゲンセールに狂っているんだもの、私たちもちょっと覗きに行って見たいわよね。特に欲しい物があるわけじゃないけど。
でも寒波はまだこれからのようで、明日はもっと寒そうだ。

Norfolk  ノーフォークは雪。トーチャン帰ってこれるかしらん?

ウエストエンドと呼ばれるショッピング地域はすごい人出だろうけど、この3日間私が働く金融街シティはとても静か。でも今日のスポーツジムはとても混んでた。去年もそうだった。仕事がヒマということもあるだろうけど、みんなクリスマスの贅肉落としに必死なんだろう。私も久し振りに泳いで気分よし。


私が働いている間、トーチャン、娘とジーチャンは今日はバービカンのコンサートへ。

クラシックコンサートと呼べるのかどうか、Raymond Gubbayというここでは有名な興行師の「ウィンナワルツのガラ・コンサート」。レイモンド・ガベイ氏は、「庶民が気楽に行ける様なわかりやすいコンサートを安価で」というのがモットーにして、ロイヤルオペラハウスなど上流階級の人が行く(私も行くが)オペラなどを目の敵にして40年。それなりの固定客もいる筈。オペラもよくやるが、歌手の質よりも大掛かりな舞台装置が売り物で、全て英語に翻訳してしまう。


Gubbay  いかにもRaymond Gubbay



スノブと言うなら言え!

でも私は行きたくない。去年までは毎年クリスマスはジーチャンのために彼のクリスマスフェスティバルシリーズにいくつか行っていたが(オケ全員がモーツアルトみたいなコスチューム着たりしたりする代物)、切符代もバカにならないので、今年は私はパス。


今日のウィンナワルツ・ガラはポピュラーなヨハン・シュトラウスの曲ばかりで(なにしろオケの名前がヨハン・シュトラウス・オーケストラだ)、男女4人づつのバレエダンサーが燕尾服と優雅なドレスで上手に踊りまくって、とてもよかったと3人は喜んでいた。よかったよかった。一番高い切符を買った甲斐があったというもんだ。


私は結構たくさんこのコンサートシリーズに行ったし、ブツブツ言いながらもオペラ好きのジーチャンのために彼らの翻訳オペラもいくつか観にいった。パフォーマンスの水準は決して低くないし、観客のお行儀も悪くない。第一楽章が終わったところで拍手してしまう人がいるのはまあご愛嬌として・・。クリスマス気分を盛り上げるために普段はコンサートに縁が無いけどここに毎年来る人もいるだろうし(我が家がそうだ)、雰囲気を楽しむのは素晴らしいに決まってる。


決して馬鹿にしてわけではないけど、私は進んで行く気にならないどころか、お金の無駄使いとすら思うのは、緊張感が欠如してるのと、 限られた時間とお金であれば、一流有名人の演奏を聞きたいと当然思うからなんですけどね。

その点ロンドンは恵まれてるんだけど、今年はコンサートに例年ほど行けなくて残念だった。来年はなんとか時間をやりくりして頑張りたいところ。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


明日は大寒波襲来なんだって。朝起きたら銀世界、かな?