1980年4月、マギー奥様の実家に行きました。一家の里帰りにベビーシッターとして付いて行って、2泊か3泊しました。

随分前のことなので断片的な思い出ですが、色褪せていた写真がスキャンと色調整で蘇ったように、私もあの春の日のイギリスらしい体験を思い出してみることにしましょう。


                 manor house 1


家と敷地

イングランド中部ウォリックシャーにあるOxhillという村にあるマナーハウスで、観光地として有名なシェイクスピアが生まれたストラットフォード・アポン・エイボンからそんなに遠くない筈ですが、マギー奥様一家は誰ももちろんシェイクスピアの生家なんか見物に行ったことはありません。自分の家が同じくらい古くてずっと立派なのですから。

ここは多分マナーハウスの建物としては一番小さい部類に入るのでしょうが、敷地は広くて、ざっと見渡す限りはこのお屋敷の庭。マギー奥様の結婚披露宴もこのお庭にマーキーという大きなテントを張って、数百人招待して行われましたが、広さは問題なし。乗馬好きの一家はここで思い切り駆け回ることができます。

お庭と言っても、gardenは家の周りの柵で囲まれたところで、外の野原はfield。fieldには馬と羊が放し飼いにされていて、馬は2頭か3頭、羊は30頭ほどいました。厩(うまや)と羊小屋もありました。羊たちを羊小屋に追い立てる犬もいた筈です。馬と羊についてはまた後で出てきます。

馬や羊が入れないように柵で囲ってあるお庭にはテニスコート、バラ園、野菜畑もあり、写真で見ると池もありますね。


写真で見える家の手前の出っ張った部分はnursery wingと呼ばれる育児のためのセクションでしょう。マギー奥様とお姉さんのスーザンさんもここで住みこみの乳母と暮らしました。子供は乳母と一緒に生活し、社交で忙しい両親とは一線を画して生活するのが普通です。もっともイギリスは普通の家庭でも子供のベッドタイムにはとても厳しくて、夜の大人の時間は邪魔しないように躾けられますが。


manor house 2 エントランス・ホール

これは居間ではなくて玄関先。日本の家なら靴脱ぐとこで、お邪魔します、いらっしゃいませと言うだけのスペース。覚えてなかったけど、右側にバーがあって棚にグラスが並んでます。ドアの向こうの大きな居間は写真がないのですが、そっちはよく覚えています。大きな暖炉、壁に掛かったいくつかの油絵、花柄のソファのカバーとお揃いのカーテン、立派な机セットや本棚の古い本・・。小さなテーブルにはお花がたくさん生けてあって、古い家を陰湿な暗さから救ってました。


下の階には少なくとも他にもう一つ小さめの居間とダイニングルーム、おそろしく古めかしいオーブンのある広いキッチンがありました。nursery wingには子供の遊び部屋もあるはずです。

二階の寝室の数はわかりませんが、ゲストムームは10室以下でしょう。各部屋はかなり大きくてほとんど専用のお風呂が付いてます。3階はおそらく雇用人の部屋でしょう。私が行ったときはほとんどの部屋が開かずの間でしたが、ゲストが来たときは活気つくのでしょう。


manor house 5  ダイニングルーム


ダイニング

そんなに広くないダイニングルームですが、壁には小さいけど高価そうな油絵がいくつか掛けられて、専用の照明が付いてます。家族だけの時はテーブルはこの大きさですが、ゲストのあるときは拡張して大きなデーブルになります。この部屋は日中は暗いので、朝食は別のbreadfast roomと呼ばれる光の差し込む部屋で頂きます。


お料理はhouse maidがやってくれます。もっと大きな家だとcookとhouse maidは別なのですが、ここは老夫婦だけでこじんまりと暮らしていたし、通いのhouse maidが両方やってました。彼女が住み込みであっても、ここで主人家族と一緒に食べることはせず、厩で馬の世話をする若い女性と、家の周りの面倒をみる通いの男性と一緒にキッチンで食べます。いわば召使であるこういう人たちよりはステイタスの高い乳母や住み込みの家庭教師は、ゲストのいる時は別でしょうが、子供が寝てから主人一家と一緒に食事をするものだと思います。私は ベビーシッターということで乳母と同じ扱いにされたのでしょう、家族と一緒に食事しました。


食事と言えば、夕食にはまだだいぶ時間のある午後、マギー奥様のお母様が大きなバスケットを持って、食事の支度をするから貴女も手伝ってとおっしゃるので、お店に行くのかと思ったら、そうではなくて、庭にある野菜畑にその日の野菜を堀りにいくのでした。お屋敷の奥方がいつも自ら採りに行くとは思えませんが、趣味でやっていらしたのでしょうか、嬉々としてジャガイモや人参や他の野菜を掘り出してました。

・・まさか、メインディッシュは庭の羊ってことはなかったと思いますが・・。

形はいびつでもこんな新鮮な野菜を食べたのははじめてで、イギリス料理はシンプルですが、こんなムードのあるダイニング・ルームだし、とても雰囲気のある食事でした。もちろんその前に着替えて、食事がスタートする前にしばらく食前酒を飲みながらお喋りするのです。


マギー奥様のご両親にはロンドンの家でお会いしたことはあるのですが、ゆっくり話をするのははじめてでした。それを予想して、ここに来る車の中で、マギー奥様からひとつだけ注意してねと言われたことがありました。それは、お父様は戦争中に東南アジアで日本軍の捕虜になり、収容所で虐待され大変に目に合ったから、戦争の話題には触れないでねという配慮でした。日本では聞いたことありませんでしたが、当時テレビでTENKO(点呼)という捕虜収容所を舞台にした番組が人気で、見たことはありませんが、想像はつきました。でも実際にその体験をした人と意識して話したことはなかったので、複雑な気持ちでした。お父様にとっても多分私がそれ以来関わりになる最初の日本人だったのでしょうが、勿論紳士として丁寧に接して下さいました。私の父は戦争に行ったのかということを聞かれた記憶はあるのですが。


---------------------------


今日はこれまで。

滞在中の一番の思い出は次回にでも。

AD

先週の不発爆破犯人の残りの3人が逮捕された。二人はロンドンの同じ場所で、一人はローマで。これで全員逮捕されたことに。


police raid

今日は特別武装部隊が多数でアジトを包囲し、銃撃戦も覚悟していたようだが、犯人二人は30分で降伏、怪我人もなく生け捕りにすることができて、先日のまちがい射殺事件の失態を挽回。先日捕まった犯人の白状が手掛かりにでもなったのだろうか。


でも、こいつらは単なる雑魚で、後ろに大きな組織がいるにちがいないから、これで終わりとは誰も思わない。逮捕された4人が口を割ることを怖れるグループが追い詰められて何をするかわからないから、本当に危険なのはこれからかも。今までは写真入りの指名手配犯人を皆で捜していたが、これからはまた顔の見えない人を怖れなきゃならない。

地下鉄の男性乗客の半分以上はリュックを持ってるし、リュック持ってる肌の黒い人の周りに緊張感が漂うのは仕方ないだろう。先日、残業の帰りで空いてる地下鉄の向かいの席に大きなリュックを持った若いアジア人が座ったのだが、こざっぱりしてとてもテロリストには見えずおそらくシティで働く人なのだろうが、彼イヤホーンを付けて目をつむり手をお祈りするときのように合わせていたわけ。多分音楽を聴いているんだろうけど、どこかで「自爆するイスラム教徒は実行直前に祈るので、そういう人には要注意」と読んだので、ぞーっとした私は、悪いとは思いつつ、次の駅で他の車両に移った。アジア系だけではなくて、今回逮捕されたのは東アフリカからの人たちだったから、肌の浅黒い人は皆怪しく見えてくる。

-----------------------

折りしも、昨日IRAが暴力行為終結を正式に表明

IRAは王室メンバーや政治家、軍人の命は狙い、私がこの国に来てから実際に殺された人も多い。1984年、保守党大会開催中にホテルが爆破され数人が死亡した時はサッチャー首相も危なかった。怪我をして奥さんが一生車椅子になった閣僚もいた。ヨット遊びをしていたマウントバッテン卿一家が爆死したのもショッキングな事件だった。ハイドパークで演奏中のミリタリーバンドも数人殺された。

でも彼らは一般の民間人を犠牲にするのは避けようとしてくれて、建物は破壊したが、事前に通告をしてくれたので、何度も避難させられて不便な思いはしたが、それで死ぬとはあまり思わなかった。

それが今回との大きなちがい。


-----------------------

因みに、先日まちがって警官に射殺されたブラジル人は、2年前に学生ビザが切れてから違法滞在していて、更にパスポートに偽造スタンプが押してあったそうで、それが後ろめたくて警察の止まれという命令に背いたかもしれないということ。


違法滞在者といえば、1ケ月程前に推定人数が発表されたのだが、数百万人いるかもしれなくて、それだと10人に一人近い割合になるということで、皆がびっくりしたばかり。難民の数もすごい。


まあ、皆が違法ででも滞在したがるというのは、ここが良い国であるという証でもあるわけだから、これはこれで評価すべきことなんだろう。勿論これは大問題だから、最近一段と規則が厳しくなっているけど。 

-----------------------


しかし、最近色んなことが起きる中、一番驚いたのは昨日のバーミンガムの竜巻。マイルドな気候で天災がほとんどないこの国で、竜巻よ! 怪我人も出て、そりゃびっくりしたこと!

AD
ロンドンのユニクロで浴衣売ってる! で、ロンドンのユニクロで浴衣を売ってるのを見て驚いた記事を書きましたが、やはりそんなもの買う人は少なかったようで、売れ残って予想通り半額になりました。それで19.99ポンド=4千円、日本での当初定価です。この値段では勿論ミシン縫いの中国製。
ちょっと前に、コメントをよく下さるSardanapalusさんから半額ニュースを聞いていて、それなら買いに行こみゃーかと思っていましたが、今日買って来ました。まさかロンドンで浴衣買うとは思ってませんでしたけどねえ。

十種類以上残っている中で、娘のために、ブルーグレー地に控えめな色と大きさの花模様のはんなりとしてやさしい雰囲気のものを選びました。セットになってる帯は可憐なピンク。ハーフの彼女にはもっとはっきりした柄のモダンなのが似合いそうですが、なんせ選択の余地があまりなかったし、それに去年の夏に日本でたくさん浴衣姿を見て、カラフルなものが多い中で結局夏らしい涼しげな色目の伝統的な浴衣が一番心安らいで魅力的だと感じたからです。それに地味だから私でも着れるし。
早速娘に着せてみたら、ぎりぎりおはしょりも出て、彼女も大喜び。日本に持って行きます。下駄はすでにユニクロで買ってあるし。

私が子供の頃は、浴衣着てるのはおばさんか子供でしたが、この頃はほとんど若い女性だけですよね、不思議なことに。なんでオバサンは着ないの? 私とても着たいんですけどねえ・・。だから来月娘と一緒に日本で着ることにしました。日本の娘時代に(日本で嫁に行ったことはありませんが)自分で縫った浴衣が実はここにあるんです。さっき久し振りに羽織ってみましたが、紺地に鮮やかな黄色の大きな朝顔模様で、着てみると意外に派手ですが、夜だったらこの年でも大丈夫なことにしよう。地色が濃いのは、多分のろのろ縫ってるうちに手垢と指からの出血で汚れると思ったからでしょう。嫌々和裁を習ってましたから。当然すぐ挫折しましたが。

そして、なんと、トーチャンも浴衣持ってるんです。男性物はぴったりのサイズでないといけないので、これは友人が知り合いに縫ってもらってプレゼントしてくれたのです、随分前に。帯は今は亡き私の父親のお古。もらったときは生きてましたが。家の中以外で着た事はないので、日本でよそ行きデビューさせたいなあ。今回日本に持ってったら着てくれるかしら? 
だけど下駄がないわ。外人だから靴で許してもらえるかしら? 

折角夏に行くんだもの、日本らしい体験をしてみましょう。
って、私はロンドンでちょくちょく時着物着てますけどね。
AD

LONDON STANDS UNITED

これをタイトルとして、ケン・リビングストン市長が言ったことをイブニング・スタンダード紙が反テロのキャンペーンとしてポスターにして、あちこちに掲げてあります。


"London is the whole world in one city.

We are united in the face of these attacks.

Lodoners will not let anyone divide them."

原文のまま味わって下さい。



一応訳すと、



ロンドンにはあらゆる人種と宗教があり、一つの都市に全世界が存在している。

我々は今これらの攻撃をものともせずに団結している。

ロンドン市民は、誰にも自分たちを分断させはしない。



要するに、


世界中のあらゆる人が集まって共存してきたロンドンは、攻撃にさらされても立派に団結しているんだ。

テロリストになど仲を裂かれてたまるか!  


ってことです。




本当に色んな人がいるので、私のような外国人も間借り感覚ではなく、ここの住民だと思えるわけです。

ロンドンはイギリスではありません。

まず、昨日書いたことにちょっと付け加えます。


女の子は社交界に正式にデビューするのが上流階級の証であるとすれば、男の子はなんだろう? ということを考えると、答えはやはり「イートン校」でしょうか。ハーロー校、ラグビー校など他にもいくつか名門校はあるので、イートン校でなければ上流に非ずというわけではありませんが、やはりイートン校だと正真正銘のお坊ちゃまであることが歴然です。

どの辺までの子が入れるのかは、縁がないのでよくわかりませんが、私が仕えていたマギー奥様の赤ん坊が登録していたのはイートン校ではありませんでした。マギー奥様に男兄弟はいないし、ご主人はスコットランド人でイートン校ではなかったし、これで軍人だったお父様がそうでなかったらコネがないでしょう。そう言えば、今思い出しましたが、マギー奥様のご主人が「イートン校出身のやつは大嫌いだ」とか言ってたような・・。彼はそういうクラスではなかったのでやっかんでいたのかもしれませんが。

故ダイアナ妃はお父さんも弟もイートン校でした。伯爵家の跡取りですから当然です。ウィリアム王子とハリー王子がイートン校に行ったのも、スペンサー家の伝統だったからで、ロイヤル・ファミリーだからではありません。王室はエリザベス女王の世代まで学校など行かなかったのですから。もっともあの出来の悪いハリー王子が入れたのは王室の威信がものを言ったのでしょうが。イートン校入学は家柄で決まるのですが、さすが血筋の良さでしょうか、成績の良い子が多いらしく、全国ランキングでもトップクラスを保っています。



しかし、イートン校出身でも変わり者はいて、なんとうちのトーチャンの友人の一人がそういうお坊ちゃまなのです。大学で一緒だったノーマンで、なぜ変わり者なのかというと、普通は学内でもそういう階級の人だけで固まって庶民とは付き合わないのですが、トーチャンに言わせると「ノーマンはあっちが嫌でこっちに下りてきた珍しいとやつ」なんだそうです。その割にはいまだにものすごいposhなアクセントで喋るのですが。(上流風喋り方についてはまたあらためて書きますね)。

彼は今はまだIT関連会社に勤めていますが、いずれは実家に帰ってフルタイムの「地主」になるんだそうです。トーチャンは何度か泊めてもらったことがあるのですが、寝室が20とかあるマナーハウスです。ノーマン一家とは家族ぐるみで付き合っていて、ちょっと前に私も会ったときにそのお屋敷の修理の話になり、あちこちガタが来ているから膨大な修繕費を掛けて直すか、それともいっそ壊してしまうか今すごく迷っていると言ってました。


貴族の館はstately homeと呼ばれ、代々受け継がれますが、マナーハウスは割りと頻繁に持ち主が変わるようです。貴族の直系子孫以外はどこに住んでもいいわけで、イギリス人は誰でもよく家を買い換えるのですが、それと同じ感覚なんでしょう。マギー奥様の実家のマナーハウスもたしかご両親が買ったもので、ご両親が亡くなったら、多分人に売るのでしょう。第一、相続税がべらぼうに高いので、手離す場合も多いようです。マナーナウスに住んでいる人は上流階級とは限らなくて、むしろ成金が持ち主であることの方が多いのかもしれません。下層階級セレブだってすぐマナーハウスを買います。ここでは家を自分で建てることはまずなくてすでに建っている家を買うのですが、良い家は何百年も持ちますからね。(因みに我が家は僅か築70年程度の新しい家です。)


貴族の直系でない限り、称号は代が変わると間もなく消え去って、結婚によってステップアップしなければ徐々に特権階級から外れていくのですが、ノーマンは自らそれをスピードアップしているしているとしか思えません。大学では普通の階級の学生を友達にして、サラリーマンになり、結婚相手も不釣合いな看護婦という上流のお嬢様は絶対ならない職業の人を選び、家に帰って地主にならなくてはいけないんだと長い間言ってるのまだサラリーマンを続けて、息子はイートン校には入れず、ついに家まで壊してしまおうと考えている彼。なぜなのかはわかりませんが、軍人だったご主人亡き後一人で切り盛りしているお母さんは嘆いていらっしゃるのではないでしょうか?


上流階級のことを書き出して、なるべく典型的な人を紹介しようと思っていたのに、こんな変り種を出してしまってすみません。


ところで、イートンはEtonなのですが、実はトーチャンはEatonという学校の出身なんです。もちろん全く関係のない公立のグラマースクールなのですが、誤解されることもあるそうです。口を開いて一言ものを言えばトーチャンの中流アクセントではすぐちがうということはわかるでしょうけど。

△   △   △   △   △   △

 

マギー奥様の実家のマナーハウスに行ったときのことを書く予定だったのに、イートン校の話になってしまいました。でもマナーハウスの話題にもなったし、マナーハウスへつなげる前置きとしてはこれでいいですよね?  (続く)