6月28日、フランスとスペインの艦隊を蹴散らしてナポレオンのイギリス侵略を拒んだ有名なトラファルガー海戦勝利200周年記念の行事が盛大に行われました。

35ケ国から参加した新旧の戦艦167隻参加し、イギリスの南岸ポーツマス沖に勢ぞろい、エリザベス女王も乗船して、夜は花火も打ち上げられ、「あれで負けとったら今頃フランス語喋っとるに~。ほんなことにならんでよかったがね~」とあらためてフランスにアッカンベーしました。平和時としてはこれまでにない大規模の集結で、日本からも参加してくれたそうですが、関係のない国がなぜこのイベントに遠くから来てくれたのでしょうね?

戦争に負けたことのないイギリスではよく戦勝パレードがあり、戦争を美化する傾向があるのはいかがなものかという気もしますが。


trafalfar fleet 2 trafalgar 1



総指揮官ネルソン提督は今でも英雄として極めて人気が高いのですが、「英雄色を好む」の例にもれず、有名な恋愛物語があります。彼も相手の女性も結婚していたので恋愛というよりW不倫のスキャンダルだったのですが。

nelson ネルソン提督



相手はエマ・ハミルトンという、元祖スーパー・モデルとも言える女性で、彼女をモデルにした肖像画がたくさん残っています。どうです、とっても愛らしいでしょう? 私はこの絵が一番好きです。匂い立つような、まさにイングリッシュ・ローズ(美しいイギリス女性を誉めるときに使う言い方で、おばさんにでもOK。それらしい女性ならですが)。

emma hamilton エマ・ハミルトン


鍛冶屋の娘という下層の出身ですが、美貌でのし上がり、17歳ですでに多数の愛人を持ち社交界で悪名高かったのですが、ハミルトン卿と結婚して、彼がナポリ王国に英国使節として派遣されていた時にネルソンと知り合って愛人に。ローレンス・オリヴィエとヴィヴィアン・リーの有名カップルがもっとも美しかった1941年に映画にもなり、題名は「That Hamilton Woman」。チャーチル首相のお気に入りの映画だったそうです。

Lady Hamiltonとして今も有名な彼女は、ネルソンとの間に子供もいて、国民的英雄だったネルソン提督は自分が死んだら国が面倒をみるように指示したのですが反古にされ、浪費家の彼女は夫の遺産も食いつぶし、アル中で50歳で亡くなったそうです。

AD

大学選び

テーマ:

娘は長い試験が終わり、この週末、二つの大学を見る機会がありました。来年の秋から大学に進む予定の彼女には興味深かったにちがいありません。


===========================


土曜日はケンブリッジ。

日本から旅行中の知人二人を案内してトーチャンの運転で5人で行きました。観光案内で何度も行ってますが、今回はちょうど学年末試験の結果が壁に張り出されていて、学生が街に溢れるいかにも学生街らしい雰囲気。ケンブリッジやオックスフォードにいらしたことのある方はご存知でしょうが、日本の大学とは違い、カレッジが街のあちこちに散在し、とくにケンブリッジはオックスフォードに比べて街自体が小さいので、まるで大学の中に街があるようなつくりになってます。

自分と大して変わらない年の女の子たちがジーンズでたむろしているのを見て、娘は来年自分がここにいる想像をしたかもしれません。彼女がこの大学に入れるほど成績がいいのかどうかはまだわかりませんが、去年受けた統一試験の結果は上々で、通っているのは近所のごく普通の公立学校で、有名私立に比べると学力程度はかなり低いのですが、うちの子は専属住込み家庭教師のおかげか、トップクラスにいて、この学校からは毎年Oxbridge(OxfordとCambridgeをまとめた呼び方)にもごく少人数ではありますが進学しているので、全然望みがないわけではないと思うのです。それに労働党政府の元、最近はお金持ちの子が行く私立校より、貧乏な公立学校出身者がたくさん大学にいけるようにという指示が出ているらしく、成績が同じなら公立からの方が有利という説があり、我が家にはありがたい話です。(うちがとくに貧乏ってわけではないと思うんですけどね~、ちょっと前まで共稼ぎしてたので)

しかし、美しい街なのが災いし、観光客が溢れているので騒がしいのなんのって。一応カレッジには門があるのですが、観光客が中に入ってくるんです。この10年くらいは「拝観料」を取るカレッジもいくつかあります。キングズ・カレッジが一番観光客向けの体制になっていて、大きな礼拝堂の扇を重ねたような天井は繊細で美しいので4・5ポンド払う価値はあるかもしれませんが、日本語のパンフレットまで置いてあって、レジ係までいます。大学のメンバーは二人までなら無料で連れて入れることになっていて、卒業生であるトーチャンはメンバーで、他のカレッジはポーターと呼ばれる山高帽を被った管理人がいい加減に見張っているだけなので、4人連れてても「いいからいいから」とそのまま通してくれたのですが、ここだけはきっちり要求されましたわ。

こんな観光地になっているのは中心部だけなのでしょうが、ここで学生だとなんだか落ち着かない気分がしそうです。

=============================


日曜日はロンドンのテート・ギャラリーの隣にあるチェルシー・アート・カレッジの卒業展へ。

絵を描くのが得意な娘には美術大学が一番合っているので、校舎も見せてもらえるこのチャンスに興味深深でしたが、校舎は古くてボロだし、なにより作品のレベルが大したことなかったと、失望して帰ってきました。

美術専攻は、在学中は楽しいけど卒業してから仕事を見つけるのが難しいだろうから良い選択ではないかもしれないというのは、小さい頃から妙に分別のある彼女がいつも言っていたことで、だから来年のAレベル試験科目には数学、物理、生物、アートを選び、唯一得意のアートが生かせてかつ安定した職業ということで建築科に進む道も残してあるわけです。日本と比べると早くから科目を限定するので、選択の幅は狭いです。女の子でも医者を目指しているクラスメートが多いらしく、娘もこれらの科目からはそれも可能ですが、興味は全くないようなので、来年は生物をやめて、数学、物理、アートだけに絞ることを考えているようです。先週まで受けていた試験の結果が8月にわかるといよいよ志望校を決める時期で、秋には申し込み締め切りの大学もあるので、ここが思案のしどころです。

=============================



しかし、娘は恵まれてますよ。世界中どこでも好きなところで何でもやりたいことができるんですから。

私がン十年前に大学を選んだときは、能力の問題以外に様々な制約や世間体があり、ほとんど選択の余地がなかったですから。外国に行けるなんて想像もできない時代でしたから、外国語学部で英語を専攻してしまいましたが、外国に住む上でこれほど役に立たないものはありません。日本で英語教師になる以外には全く価値のない資格と知識なので、外国に行きたいから英語を学ぶ、という若い人がいたら絶対に止めましょう。





AD

オペラハウスに多額の寄付をしてきたキューバ人のAlberto Vilar氏については、テーマ別オペラはいかが?の「お大尽がこけた-オペラハウスの救世主、逮捕されるの巻」でご紹介しましたが、今週、ロイヤルオペラハウスは彼の寄付で設立した若手オペラ歌手育成プロジェクトVilar Young Artstsから彼の名前を外すことを決定したそうです。あくまで約束したお金を送ってこないからというのが理由であると強調しているのですが。もう一つ、彼の名前を付けたガラス張りの大きなロビーVilar Floral Hallの名前の変更も検討せざるを得ないようです。


vilar

Mr. Alberto Vilar




さて、そのVilar氏が作ったファンド・マネージメント会社Amerindoには共同経営者がいて、その人も客のお金に手を付けたという同様の疑いで一緒に逮捕されてます。

その人Dr. Gary Tanakaは61歳の日系アメリカ人で、第二次世界大戦中、幼いときにアメリカで日系人収容所にいたこともあるそうです。ロンドンの名門大学インペリアル・カレッジで数学を学び、博士号まで取っている彼は、この数年間Amerindoのロンドンでの経営責任者だったのですが、彼も分野はちがえどお大尽なのです。


tanaka

Dr. Gary Tanaka

Vilar氏はオペラハウスの救世主となりましたが、一緒に儲けたお金でタナカさんは学校を作りました。

彼が寄付した27百万ポンドで母校インペリアル・カレッジにTanaka Business Schoolという大学院が創立され、一年前にエリザベス女王によって開校されたのです。新校舎はイギリス建築界の第一人者で世界的建築家Sir Norman Fosterの設計。これは凄いことです。

百年近く前に創立されたインペリアル・カレッジにとっては最も多額の寄付だそうで、イギリスでの教育機関向けの寄付の中でも歴代2位だそうです。トップはかのビル・ゲイツ氏がケンブリッジ大学に寄付した150百万ポンドで、それと比べるとかなりスケールに差はありますが。


そしてタナカさんの道楽は競馬。競馬と言っても、耳に赤鉛筆挟んで賭馬を選ぶようなケチな趣味ではもちろんなくて、サラブレッドを数頭所有するオーナーです。投資家のお金を個人的に使ったという疑いで現在捜査中のこの事件も、お金の使い道はサラブレッド購入ということのようです。



キューバからの移民であるVilar氏、日系米人のTanakaさん、境遇的ハンデはあっただろうに、鋭い時代感覚と相場観で大富豪になり、寛大な寄付で世の中に還元もしたのに、ちょっと魔が差したために、サクセスストーリーがこんな結末になってしまうなんて悲しいことです。 


AD

6月22日に巨匠アルフレッド・ブレンデルのピアノ・リサイタルに行きました。

オーストリア人のブレンデルは75歳くらいでしょうか、今はロンドンに住んでいるので、彼の演奏を聴く機会はちょくちょくあり、私は2,3度聴いたことがあります。年取った巨匠というのが一番失望することが多いのですが、彼の場合もその通りで、若いときにはもっとうんと上手だったにちがいない、でも出会う時代がちがったのだから仕方ないと思っていました。しかしもう一度だけ、本当に老いぼれる前に聴きに行こうと、今回の切符を買ったのでした。


brendel

(Alfred Brendel)


モーツァルトの変奏曲K573でウォーミング・アップした後は、シューマンのKreislerianaという、これは40分程掛かった変化に富んだなかなかの大曲を、詩人でもある彼は情緒たっぷりに弾いてくれて、さすがにベテランらしい貫禄を見せてくれたのですが、最後の方で指がもつれてしまいました。ピアノを弾くには体力が必要ですが、やはり年齢による疲労でしょうか?

休憩の後は元気を取り戻し、シューベルトの即興曲D780のうち3曲を軽快に正確に弾きこなしたのですが、最後のベートーベンのソナタOp28で信じられないことが起こりました。ほんの2、3秒ですが、曲を忘れて立ち往生(ピアノですから座ってますけど)してしまったのです。すぐ回復して充分挽回したのですが、衰えは明らかです。

彼はこのロイヤル・フェスティバル・ホールで40年間数多くの演奏をしてきましたが、これが最後になる可能性は極めて大きいと思われ、感傷的な雰囲気となりました。


実はこのコンサートには他にももう一つ聴衆が大きな淋しさを感じる理由がありました。ロイヤル・フェスティバル・ホールは修復のために約2年間閉鎖されるのですが、これが最後のコンサートだったのです。演奏開始前に偉いさんの挨拶もありました。オープンして50年余り経って老朽化したのと、ずっと音の悪さを批判されてきたのを改善するため、何年も前から大規模な改修の計画はあったのですが、主に費用の問題でずっと延期になっていたのを、やっと着工の運びとなったのです。


roiyal opera house

(Royal Festival Hall)

しかし、どうも資金調達の目処は完全には立っていないようで、本当に完成できるのかどうか疑問が残っているようなのです。先月のロンドン・アイ撤去騒動(英国あれこれ(標準語)「ロンドン・アイ撤去騒動」をご覧下さい)も、差し迫ってお金が要るために起こした行動にちがいありません。

8年ほど前にロイヤルオペラハウスが改築工事をしたときも費用が不足して、おまけに内部抗争もあり、もう永久閉鎖かと思われたのですが、また同じようなことになるかもしれないわけで、音楽ファンとしてはとても不安です。これでは、じいさんのブレンデルがもう2度とここでは弾かないかもしれないどころの問題ではありません。

ロンドンにはバービカンやウィグモア・ホール等他にもいくつかコンサートホールがあるのですが、ロイヤル・フェスティバル・ホールが一番大きくてたしか3、500席位 (夏にプロムスをやるロイヤル・アルバート・ホールは6、000入りますが、あれはコンサート・ホールではありません)。主にクラシックの一流音楽家が毎日のように演奏してくれる、特にオーケストラにとっては一番重要な会場です。すぐ隣にあるちょっと小さなQueen Elizabeth Hallでしばらくやるようですが。

私はこの6年半の間に約60回行きました。(子供が生まれる前もトーチャンとよく行ったのですが、それは記録がないので回数不明) 私のお気に入りは舞台の後ろのコーラス席。特にピアノのときは理想的な角度で、鍵盤が全部よく見えるのです。オーケストラとピアノの共演の時はピアニストと指揮者が顔を見合わせてタイミングを図る様子もよくわかります。オーケストラのときは、音のバランスという意味では勿論良くないのでしょうが、見て唯一面白いのは指揮者の顔なのであって、とても表情豊かな人もいて面白いですよ。まるでオーケストラの中にいるような気分もするし。

おまけに、と言うべきかどうか、背もたれもなく座り心地が悪いので、値段がすごく安いのです。今回のブレンデルは12.3ポンド(約2,500円)。地元オーケストラとの共演のときはさらに安くて、5ポンドから7ポンド。ベルリン・フィルやウィーン・フィルのような海外一流オケのときは20ポンドくらいしますが、前から見るちゃんとした席だと70、80ポンドするのもするのです。

もっともこの席は歌やバイオリンには向かないので、そういうのはなるべくバービカンで行きます。バービカンは舞台に近い席が、近すぎて見難いという理由でこれまた安いので。なんだか安い切符ばかり狙って惨めですが、回数こなすためには仕方ない。


その夜の最後のコンサートはそんな特別な場合に相応しく超満員でしたが、いつものようにコーラス席のど真ん中に座っていた私は、客席や天井を見渡しながら、走馬灯を走らせて、これまで印象に残った数々のコンサートを思い出していました。そしたらとても感傷的な気分になって、ちょっと涙が出ちゃいました。

本当に、2年後にはピカピカになって音響も抜群のこのホールで又超一流の演奏が聴けますように・・。

たまにしか来なかった私ですら感傷的になるのに、あの人は一体どんな気持ちでいるのだろうか、と心配になる女性がいます。その人は60歳くらいでしょうか、なんと50数年前のオープン以来、何千回と来ていると50周年記念のテレビ番組で言っていました。少なくとも私が行ったときはいつも必ず同じ席に座っていました。最前列のちょっと舞台に向かって左よりという抜群の席で、どういう契約になっていたのでしょうか? 
クラシック音楽だけでなく、どんな種類のコンサートも欠かさずなのです。
ごく普通の階級で特にお金持ちにも見えないのですが。かなり太めで、いつも大きなプリント柄のワンピースを着ていて、あまり趣味がよくないのですが、一度大きなスイカ模様(丸ごとではなく切ってあって種が見えてるスイカ)のワンピースだったので、それからは一緒に行く友人との間で「スイカのおばさん」と呼んでました。ミセスということなので少なくとも一時は結婚していたのでしょうが、何十年間もほぼ毎晩何時間もあそこに来てるなんて、一体どういう生活しているんだろうかと。そして、これからはどうやって夜を過ごすのかしら?

最後に、終わってからコーラス席の柵を開けて舞台の上に歩き出ることができました。一度上ってみたかったんだ~!


6月24日(金)


今週はほとんど毎晩帰りが遅かった。オペラが2回(同じものだけど)とコンサートが1回あった上に飲み会もあり、その結果唯一空いてた日は残業になったわけだ。


そのオペラとコンサートについては書きたいことがたくさんあって、すでに頭の中に文章が溢れてるのに、それを書き留める時間がないのがまどろっこしい。


もうちょっと待ってくださいね。