Love is all !!!!!!

ブログの説明を入力します。


テーマ:

こんちゃ!

 

最近気温の変化が激しくて、体調を崩してしまう方も多いんではないでしょうか?

はい、僕もそんな1人でした。気をつけます。笑

 

{1F5824F0-2E37-4D82-B600-D5FF4F73E46E}

 

 

 

 

 

幸いなことに、薬を飲んだら一瞬でよくなってくれて。。。
薬って本当に凄いです。

 

 

 

でも

昔の逸話でこんな話があるそうです。

 

 

 

むかしむかしあるところに、不治の病にかかってしまった人がいました。
そこに、伝説の医者が現れて

『どんな病でも治してしまう万能薬』を飲ませたところ

その病はたちまち治ってしまいました。

 

 

村の人々は言いました。
『その薬はどうやって作るんですか?』

 

 

すると伝説の医者はこう答えました。
『あれはただの粉じゃよ。ほっほっほ。』

 

 

『なんでも治す万能薬』だと“思い込んで”飲んだ結果、不治の病が治ってしまった。。。

 

 

おしまい

 

 

 

という、人間の思い込みってすげーんだぞって話。

 

 

 

思い込みの力で効果を発揮してしまうことを
『プラシーボ効果』っていうらしいです。笑
結局、凄いのは人間なのかもしれないですね!

 

 

 

じゃあまた!

 

 

 

 

 

 

Love is ...

 

 

っておい!のーざのブログがこんなに短いわけないだろ!笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はい、続けます。

 

 

最近、アメリカのバスケットボール、NBAが開幕しました。待ってました!

日本でもBリーグが開幕して今バスケットボールが熱いですね!笑

 

 

(そんな僕はNBA2K17というゲームを一生やってます笑)

 

 

 

 

NBAって本当に凄いんです。
それをまずは伝えねばなりません。

 

 

 

 

 

サッカーが好きなみなさん。
世界でも有数のフィジカルの強さを誇る、ドログバという選手をご存知でしょうか?
 

 

 

まぁ知ってますよね。
 

 

 

 

想像してください。そのフィジカルの強さ、パワー、でかさ。

絶対戦いたくない相手ですよね?

 

 

 

 

次にこちらの画像をごらんください。

はい、どーーーん。

 

 

 

 

{A38986D0-FE81-4D00-B6CB-9BA15DC985B9}

 

 

 

 

 

※右がドログバです。

 

 

 

左はラマーカス・オルドリッジというNBAの選手です。
ちょっともう笑っちゃいますよね。
こんなにでかいの?って。

 

 

思わず2度見しちゃったそこのあなた。

安心してください、

僕は5度見くらいしました。笑

 

 

 

 

もう1つ画像。

 

 

 

{93DF908D-A60B-4461-8787-ED3F7E87677C}

 

 

 

 

 

はい、二回目の衝撃。笑
これもクワイ・レナードというNBAの選手の手です。
 

 

 

(レナードは僕の好きな選手の1人で、かなり癖が強くて、めちゃめちゃ面白い話もたくさんあって、この人だけでブログ書けちゃうんで今度書きます!笑)

 

 

 

 

噂によると、その手の大きさはテニスラケットくらいあるとかないとか。。。笑
 

もうでかすぎて想像できないレベル。。。

 

 

 

そして

この2人が現在所属してるチームが
 

 

 

 

『サンアントニオ・スパーズ』 

 

 

 

 

というチームです。

 

 

 

 

 

僕のお気に入りのチーム。

 

 

 

華やかなNBAにおいて、すごく地味〜なチームなのに
毎年気がつくと、上位にいるっていう古豪です。

 

 

 

NBAの中ではその規模が小さく、資金力に欠け
さらに毎年上位に食い込んでしまうため
ドラフトで、指名の順番が後の方になってしまって、有望な若手を獲得しにくい
(NBAでは下位チームから指名していく制度になっている)
という状況の中で
優秀なスカウトが、ドラフト上位には入らない有力な選手を見出し
または海外から安い選手を見つけてきて
育成し、全員バスケで戦うといった、そんなチーム。

 

 

 

このチームを20年以上にわたり指揮するのが
 

 

 

彼。

グレッグ・ポポヴィッチHC(ヘッドコーチ)

 

{BD0CDE3C-68E5-4139-8C95-D53835D70911}

 

 

 

 

 

通称
コーチ・ポップ

 

 

この人がまた面白い。
めちゃくちゃ変わり者で癖が強い。

 

 

チームの作り方が秀逸で

 

『先を読む力』と『全体を見通す力』

 

 

が半端ないですこの人。

 

 

 

 

試合開始直後の1プレー目で
8つしかないタイムアウトをいきなり取っちゃったり
 

 

シーズンを通して戦うという理由から

ある試合で
主力選手全員休ませちゃって

エンターテインメント性に欠けるってNBA側からボロクソ言われちゃったり

 

 

育成に関しては

数シーズン後のことを考えて
選手が試合で使うプレーをその時が来るまで制限させていたり

 

 

 

とにかく先のこと考えまくりだし

深読みしすぎ。(笑)

 

 

 

 

僕が監督をするときはこんな監督がいいなって思うような監督です。

 

 

 

 

 

 

そんな彼の言葉で

そのままスパーズのコンセプトになってる言葉があります。

 

 

 

それが

 

 

 

 

『Pounding the Rock』

 

 

パウンディング・ザ・ロック

 

 

 

 

 

という言葉。

 

 

 

 

これの意味を聞いた時
良すぎて、ブログのタイトル、Love is allから変えちゃおうかなってくらい気に入りました。

 

 

石を叩いて割る、石切工の話。

 

 

 

 

“When nothing seems to help,
I go look at a stonecutter hammering away at his rock,
perhaps a hundred times without as much as a crack showing in it.
Yet at the hundred and first blow it will split in two,
and I know it was not that blow that did it,but all that had gone before.”

 

 

 

 

救いがないと感じたときには、
私は石切工が岩石を叩くのを見に行く。
おそらく100回叩いても亀裂さえできないだろう。
しかしそれでも100と1回目で真っ二つに割れることもある。
私は知っている。
その最後の一打により岩石は割れたのではなく、
それ以前に叩いたすべてによることを。

 

 

 

日本でいう『継続は力なり』に似たような言葉かもしれないですね。

 

 

 

 

でも
Pounding the Rockはより、プロセスを大事にしているように思う。

 

 

 

 

その時は無意味に思えても
それらは全て“101回目”の一撃につながってて、“100回”石を叩き続けることこそに意味がある。

 

 

コーチ・ポップは
誰かが点を入れた時
必死に体を張って守り、走って走ってパスを繋ぎ、そこまでつないでくれた全員の力があってこそ生まれたものなんだって。
点に至るまでの全ての人が大事なんだって、常々口にしているそう。

 

 

スパーズは“101回目”を生み出すために“100回”コツコツ叩き続けられる人をチームに加えたいから
入団前に『性格診断テスト』をやり、その結果を選手獲得にかなり反映させてるらしい。

 

最近NBAではスパーズだけじゃなく、性格診断テストを実施し
性格や人間性の面からも選手を評価するようになってるチームも多いんだって。

 

 

 

もちろん
そのプレーで試合を決めてしまうほどのスターを獲得できるならそれもチームのスタイルとしてありだと思います。
あくまでも、資金力に欠けるスパーズのスタイルとしてこういうやり方しかないんだと思います。

 

 

 

 

プロセスの大切さ。
野村克也さんはこう言ってます。

 

 

 

『プロフェッショナルのプロはプロセスのプロだ』

 

 

 

 

 

“101回目”とは言ってるけど
自分自身の夢や目標が

何回目のチャレンジで達成されるかなんてわかりません。

 

 

 

5回目でくることもあれば
500回やってもこない可能性だってあります。

 

 

 

 

この有名な画像を知っていますか?

 

 

{3C8E133F-7886-4D3B-A40B-A84DD3313CB6}

 

 

 

 

 

 

 

いつ割れるかわかんない

 

いつ“その時”がやってくるのかなんてわからない。

 

 

 

 

石を打ち続け

 

 

 

“やめない事”こそ

 

 

 

目標を達成し
夢を叶えるうえで大切な事なんだと思います。

 

 

 

 

石切工は“101回目”がくるまで叩く事をやめないでしょう。

 

 

 

 

 

 

それはなぜか?

 

 

 

 

 

彼らは、それまでの経験から
『必ず割れると知っている』

だから叩く事をやめないんだと、僕は思います。

 

 

 

でも僕たちは、途中で諦めてしまう事って意外と多い。

 

 

 

頑張ったり、挑戦し続けるのを諦めるのは
いろんなしがらみや現実が絡んでくる中で

 

 

『石は割れる』

 

 

『目標は達成される』

 

 

『夢は叶う』

 

という事を、信じきれなくなってくるからかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

でも僕はあえて言います。

 

 

 

 

 

 

 

『夢は叶う』と。

 

 

 

 

 

 

 

 

こういうと
サッカー選手になって

夢を叶えてきた人だからそういう風に言えるんだ!

って思う人も中にはいると思います。

 

 

 

でも夢は小さくてもいい。
ダイヤモンドって小さくても輝きまくってます。

夢も同じ。ちっちゃくても夢は夢。小さくても輝いてます。

 

 

 

 

目的が決まれば
『今、何をするべきか』が自ずと見えて来る。

 

 

 

それで結局

 

 

 

目の前の石を精一杯叩こう

 

 

 

やれることを全力でやろう

 

 

 

ってなっちゃうかもしれない。
でもそれでいいと思います。

むしろそうなれれば最高!

 

それで『今』を頑張れるなら!

それが積み重なって、プロセスになる。

 

 

 

ここまで書いてくると

 

Pounding the Rockはプロセスの大切さ、大事さを教えてくれるいい言葉だと思っていましたが
 

 

それと同時にこの言葉は
 

 

『目的』や『目標』、『夢』っていうのもそれと同じくらい大切な物なんだって教えてくれている気がしてきてます。

 

 

 

深読みしすぎですかね?笑

 

でも、コーチ・ポップはこのくらい考えているはずです。
多分もっともっと先まで考えてます。笑

 

 

 

 

僕の好きな高橋歩さんの言葉

 

 

 

 

『夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ』

 

 

 

 

信じましょう。
信じて信じて、そして、信じる。

 

 

 

 

人の思い込みの力はすごいんです。

不治の病だって治るんです。

『夢は叶う』って信じよう。

最強のプラシーボ効果を生むはずです!笑

 

 

 

スパーズの選手たちは
今日も
コーチ・ポップの元で
そんなことを信じ
そして忘れず
“101回目”のために
石を“100回”コツコツ叩き続けていると思います。

 

忘れるはずもないでしょう。


なぜなら

スパーズの練習場の入り口の一番見やすいところには
 

 

“石”と“トンカチ”が置かれているのだから。。。

 

{3EC5BBA7-B756-4B66-95F2-48CB5C1C7A76}

 

 

 

 

 

 

 

 

こうしちゃいられない!
のーざも石、叩いてこよ!笑

 

 

 

 

Love is all.

※ブログのタイトルはこのままです。(笑)

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(2)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。