アラジン

テーマ:
そえば

この前

劇団四季の

『アラジン』を見てきました\(^-^)/



これね~


めちゃめちゃ良いです(^o^)


お客様の中にも

2回 3回 ご覧になったという方が

多いんです









わかります

見ればわかります!



見終わって

ソッコー 次の公演 取りたくなります!



超笑えるし

意外と 泣けるし

ジーニーかっこいいし

ダンスハンパないし

音楽素敵だし


半年待ち覚悟で

是非とも良い席で

見ることをお勧めします!


劇団四季のファンになって

リピーターになるのも納得ですよ~


本当に素晴らしい


あ~ 見たい(ToT)





F-Brain&Happy Rule  instagram


F-Brain&Happy Rule   blog


AD

不幸中の幸い?

テーマ:



知らないおじさんに持ってもらって

撮りました







毎朝

出勤前に

セブンイレブンに寄って

コーヒーを買います



今朝も いつものルーティーンで

いつものセブン


ホットのレギュラーsizeを頼みお会計





カップをマシーンにおいて



ボタンを ポチっ と、、、


        あっ (゜ロ゜)


        あぁ~(´д`|||)


        あぁぁぁ~   (;_;)/~~~



、、、お分かりですよね




そう、、、そうなんです




アイス のボタンを押してしまったのですぅ


                     (T_T)



痛恨のミス(ToT)



1度押したら止められません


終わるのを待つのみ          



「どうなんだろ~おいしいのかなぁ~」



 とか



「カップに収まらなくて溢れたら

                                            ダサいな~」


 とか

 「店員に間違ってんのバレてないかな~」



とか

小心者全開で


一秒が永遠 なのかと思うくらい



注ぎ終わらないコーヒーマシーンを



睨むように見つめ


今か今かとその時を待っておりました





ピーピーピー っと


コーヒーマシーンが


注ぎ終わりの合図を出すや否や


すかさず


マシーンのカバーを開け中を確認


「よし! 溢れてない」


いざ


カップを持って取り出すと


   ん?



 ん?ん?


 「なんかぬるくね?」


 てか


 「少なくね?」


レギュラーのカップの三分の二しか

入ってません(゜ロ゜)


持った感じも 熱々 じゃない( ; ゜Д゜)


まぁ 飲みやすくっていいかぁ~



なんて思いながら


いざ実飲(こんな言葉あるの?)



「あれ?」


「あれれ?」


「美味しいじゃん(^-^)」


「量の多い エスプレッソじゃん(^o^)」


 「こっちのほうが好きかも(*^^*)」



よくよく考えてみればそうだよね~




でも


間違ったことある人はたくさんいると


思うけど


なかなか わざと やったりしないでしょ~?




わたくし


明日から


アイスのボタンしか押しません!


冬でも 夏でも アイスのボタンです!



皆さんもお試しあれ


でも 濃いのが苦手な人はNGです(^^)v




F-Brain&Happy Rule  instagram


F-Brain&Happy Rule   blog
AD

距離感

テーマ:

 最近


 気をつけよう


と 思うことがある




そういう話や

そういう場面に遭遇する機会が多い





『距離感』





職業柄 お客様と会話する機会が多い



長く来ていただいているお客様



こちら側が

信頼関係が築けていると

思っているお客様



ついつい タメ口なんかきいてしまったり

してしまう



それがいいと思うお客様もいる


でも


それがイヤだと思うお客様もいる





その『距離感』を間違えると

不愉快な思いをさせてしまうのである




もしかしたら

隣に座って聞いてる人にも

不愉快な思いをさせてしまってるかも




だから


自分だけ楽しくなっちゃって

我を忘れ

『距離感』を間違えると

大変なことになってしまう







しかし


その距離は常に一定ではない



遠い瞬間もあれば

より近い瞬間もある



さっきまで 近い距離で話をしてても


次の瞬間



『それ違くない?』って感じになる





どんなに打ち解けても


信頼関係が築けていたとしても


その場面 場面による


『距離感』を


間違ってはいけないのだ






お客様は神様 ではない

かといって

お友達でも 家族でもない

お客様なのである







スタッフ間や

プライベートでも同じ


相手が思ってる距離感と

自分が思ってる距離感は

必ずしも一致しない



一人ひとりの距離をきちんと見極めて

いかないと






『われわれは行いによって友人を

      作るよりも、言葉で敵を作ることの

                                                  ほうが多い』

        イギリス    チャートン コリンズ






まったく その通りです


気をつけよっと




 


F-Brain&Happy Rule  instagram


F-Brain&Happy Rule   blog

AD