大放出!!LEDと冷却機

今年もまた暑い夏がやってきそうですがみなさん水槽の温度対策は万全ですか?


店内におきまして新品冷却機のメーカー特販条件での商談の他最近買い換えられた方からの下取り品も多数展示、販売しております。どれもつい最近まで問題なく動作したものです。



ペパーランド オフィシャルブログ
ZC1000EをはじめZR180Eなど人気の機種やパワー最強のKDA-500も数台入ってます。


ネットオークションと比べ直に見れますし不安感は少ないのでは?



冷すという考え方も大事ですが熱を出さないことも大切です。

となると当然LED照明が気になるところです。



ペパーランド オフィシャルブログ
こちらもすべて使用時間が半年ちょっとの物ばかりです。


特に右側の物はあのVOLXのGrassyLadio21eです。色は色温度調整用のコーラルブルー(青6白1タイプ)です。価格は1台¥9500です。


AD

30cm,60cm水槽同時立ち上げ 2

昨日発注していたろ過装置がなぜか来ないので急きょ手持ちの水中ポンプを付けてみました。



ペパーランド オフィシャルブログ
サイズ的に大きすぎるかとは予想しましたが不安適中でポンプ逆側の砂はめくれ上がりガス状にマイクロサンドが飛びまくり散々な事になりました。


ただこの頃のポンプは強い割に発熱は少ないようで設置して数時間たっても0.1℃くらいしか温度上昇はありませんでした。


またLEDに関しても21Wタイプですが点灯のあるなしではほぼ温度変化ありませんでした。


KHはわずかに上がってましたがいまひとつです。


店内什器水槽(Caリアクター付き)はPH8,4 KH10でした。

リアクターのない什器ではこの小型水槽よりデータが劣りましたので早急にリアクターを付けることにしました。

AD

30cm,60cm水槽同時立ち上げ

とかく巷でペパーランドは大きな水槽、複雑な水槽、お高い水槽しかやらないというような間違った?イメージが先行している現状があります。


小さな水槽、シンプルな水槽、私的にはむしろ好きです。


ただ問題はうまく飼えるかという問題です。


初期投資が少なくても中期的、長期的にうまくいかなければ意味がないと思いなかなか手が出なかったというのが現状です。


しかし今のアクアシーンを取り巻く社会情勢を考えるとやはりなんとかしないといけないと思うので一発でうまくいかないかもしれませんが水質データなど見ながらみなさんにお薦めできるシステムを練っていこうと思います。



ペパーランド オフィシャルブログ
用意したのは手持ちの60cmガラス水槽。DoAquaです。


アラゴナイトサンドをやや薄め(15~20mm)敷き平坦にならしています。

市販の袋約1袋分 4,5Kgほど入りました。



ペパーランド オフィシャルブログ


ゆっくりと砂が舞わないくらいの勢いで海水注入。


ライブロックを入れるので水位はこのあたりでストップ。


底面を平滑に調整。



ペパーランド オフィシャルブログ
底面がすっきり平坦になりました。









ペパーランド オフィシャルブログ
30cmの方にも海水注入。

当然この海水は現在店頭にて好評販売中の殺菌処理済み天然海水です。


今回のような水槽立ち上げには絶大な力を発揮してくれると思います。




ペパーランド オフィシャルブログ
ライブロックを入れました。


基本サンゴを入れるので岩組みは水位の60%位の高さに。


使うポンプの大きさも知れてるので岩組みは隙間をたくさん作りました。



ペパーランド オフィシャルブログ
30cmの方も同様に岩組み完了。


こちらも岩組みに隙間を作り通水率アップと小魚の隠れ家作りで魚同士のケンカを防ぎます。





ペパーランド オフィシャルブログ
一晩放置。だいぶマイクロサンドが落ち着き透明感が出てきました。


この時点では一切ポンプはつけていません。


入っているのはコケ取り貝少々です。


一般的に10Lあたり1個くらいを目安に入れています。

この量で追いつかないときはメンテ不足か装置に問題ありと考えます。


ここで早くも水質検査。やはり初期値は大事です。

結果どちらの水槽もPH8,3しかしKHはやや低めの6~7。


これは天然海水の限界というかサンゴ礁の水ではないのでやはり低いなという感じ。


ポンプを回しだしたらアラゴナイトサンドがゆっくり溶け始めてじわっと上がると思いますがすぐに魚など入れ始めると思うので今日のところは添加剤のお世話になる事にしました。


おそらく夕方には8くらいまでKHは上がるものと思います。











AD