何のDVDで観たのかは忘れましたが、予告編で気になっていた作品です。





ペップトーク度 (最高★×5) :★★★★☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★★★☆







【ストーリーと背景】



▼ オイラの解説より100倍分かりやすい予告編 ▼







【ペップトークの見所】

ジャンルでは、ロマンティック・コメディになっていたんですけど・・・

とても楽しめる内容なのですが、「コメディ」で片付けるには軽すぎるというか・・・

「恋愛」に関しても

「人生」に関しても

「信頼」や「友情」に関しても

深みのある作品でした。

砂漠でサーモン・フィッシング


「砂漠に河を作って鮭を釣りたい」というお金持ちの発想と、それをイギリスの国家プロジェクトとして受けようっていう設定は確かに奇想天外で「コメディ」的でもあるのですが、ストーリーの展開とその背景にある哲学的な部分だとか、何かをやり遂げるための信念だとか、人生観だとか、いろんな意味で勉強になりました。

で、ペップトークなんですが・・・

印象的な会話がいくつもでてきました。

その中で、最も心にしみたのはコレ

Chapter:13 1:34’22”~ 

何物かにダムを壊されて、プロジェクトが前に進みそうもなくなったときに、投資家のシャリフ・ムハンマドが、アルフレッド博士とハリエットに語り掛けます。

穏やかにかたりながらも、人の心に火を着けることができる・・・

「イメージのパラダイムシフト」は坦々と語ることでも相手の心を動かすことができるという事例です。

とても参考になるペップトークの技法ですね。









↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓

人気ブログランキングへ



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




AD

コメント(1)