痛快カーアクション青春ラブコメディ・・・といった感じの作品。

オイラの「カーレース映画」のリストには随分前からあったのですが、どんな映画か全くわからず放置されておりました。

で、なんとなく気になって借りてみたのですが、ペップトーク映画としては参考にならないものの、理屈抜きで楽しめる映画でした。



[DVD]
ジェネオン・エンタテインメント



ペップトーク度 (最高★×5) :★★★☆☆
映画オススメ度 (最高★×5) :☆☆☆☆☆







【ストーリーと背景】

ビバリーヒルズに住み、次期州知事候補の父を持つ女の子ポーラは、両親の決めた婚約者との結婚に納得がいかず、ボーイフレンドのサムと駆け落ち。

二人はラスベガスで結婚式を挙げようと、ポーラの父親のロールスロイスで大脱走。

ポーラの婚約者とその親が5万ドルの賞金を懸けたために、彼女たち二人を追って大レースが始まるのだが・・・


【ペップトークの見所】

「ビューティフル・マインド」でアカデミー賞監督賞を受賞し、オイラの大好きな「アポロ13」や、大ヒットした「ダヴィンチ・コード」でも有名なロン・ハワードが、監督デビューした作品・・・なのだそうです。

ちなみにサム役で主演、脚本も手がけています。

車を片っ端から破壊するシーンの連続はコメディー映画としては痛快なほど。

カーアクション映画といえば、ドライビングテクニックが優れた人たちの追っかけっこで、手に汗握るスリルの中でのクラッシュシーンが見ものですが・・・

この映画では、運転がど下手な連中が無謀な運転でクラッシュさせたり、おバカな登場人物がやみくもに車を爆破したり・・・笑えます。

ペップトークの参考になるシーンがでてこないのがちょっと残念ですけど、もう一度観たくなる作品でした。











↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓

人気ブログランキングへ



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




AD