何も考えずに、笑って楽しんでストレスを解消したいときにはもってこいの作品。

恋愛に関してダメダメな男連中に、ときたま「イラ」っとしますが(笑)。

リュック・ベンソンの脚本は笑いのツボが巧なんですね~。

個人的には大好きなマリオン・コティヤールが出てるので、それだけでも◎なのです。



[Bru-ray]
リュック・ベンソン制作・脚本



ペップトーク度 (最高★×5) :★★★☆☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★★★☆







【ストーリーと背景】

スピード狂のタクシードライバーのダニエルと、ドジでマヌケな刑事エミリアンのコンビが繰り広げるカーアクション・コメディー「TAXi」シリーズの第3弾。

愛車プジョー406さらにチューンナップして、時速300キロで客をあっという間に空港へと送り届けるダニエルだが、車のことしか頭にないダニエルは恋人リリーは愛想を尽かされて実家に戻られてしまう。

一方、刑事のエミリアンは8ヵ月もの間、謎の銀行強盗団に振り回されっぱなし。

その間エミリアンは、恋人ペトラの妊娠に全く気づかず、こちらも愛想を尽かされてしまう・・・。


【ペップトークの見所】

ところで、ペップトークですが・・・

犯人に逃げられて失意のエミリアンにダニエルは「自分に不可能はない」と言って励まします。

Chapter:11 1:09’02”~ 



あとペップトークというより、会話ですけど・・・

ダニエルがリリーへのプロポーズがイケてます。

(ダニエルの言葉を上手く引き出すコーチングというかリリーのリードがナイスです)

Chapter:12 1:20’01”~ 




過去にご紹介したこのシリーズの作品は


TAXi

TAXi 2

があります。併せてお楽しみくださいませ。



↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓

人気ブログランキングへ



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




AD