昨日に続き・・・


遅ればせながらのリストですが


「冬季オリンピックを観る前に学習すべきだった映画」の第6弾は


Top 12 Ice Skating Movies of All Time!


からのご紹介です。


ん~・・・


昨日のリストにも出ていた日本での未発売


「Go!フィギュア」と「The Cutting Edge 3」(「冬の恋人たち」の第3弾?)


観たいなぁ・・・









★ ★ ★ ★ Top 12 Ice Skating Movies of All Time! ★ ★ ★ ★



第11位
原題: On Thin Ice: The Tai Babilonia Story (1990)
邦題: (日本未公開)
制作年: 1990
記事URL: (日本未発売)


第10位
原題: Go Figure (2005)
邦題: GO! フィギュア
制作年: 2005
記事URL: (日本未発売)


第9位
原題: Ice Castles (1978)
邦題: アイス・キャッスル
制作年: 1978
記事URL: http://ameblo.jp/pep-talk/entry-10570499947.html


第8位
原題: The Cutting Edge (1992)
邦題: 冬の恋人たち
制作年: 1992
記事URL: http://ameblo.jp/pep-talk/entry-10734545820.html


第7位
原題: Blizzard (2003)
邦題: トナカイのブリザード
制作年: 2003
記事URL: http://ameblo.jp/pep-talk/entry-11788634470.html


第6位
原題: Ice Princess (2005)
邦題: アイス・プリンセス
制作年: 2005
記事URL: http://ameblo.jp/pep-talk/entry-10483147808.html


第5位
原題: Blades of Glory (2007)
邦題: 俺たちフィギュアスケーター
制作年: 2007
記事URL: http://ameblo.jp/pep-talk/entry-10499559425.html


第4位
原題: Ice Castles (2010)
邦題: アイスキャッスル 氷上のヒロイン
制作年: 2010
記事URL: http://ameblo.jp/pep-talk/entry-10614342229.html


第3位
原題: Cutting Edge 2: Going for the Gold (2006)
邦題: 冬の恋人たち2
制作年: 2006
記事URL: http://ameblo.jp/pep-talk/entry-10734898440.html


第2位
原題: Cutting Edge 3: Chasing the Dream (2008)
邦題: (日本未公開)
制作年: 2008
記事URL: (日本未発売)


第1位
原題: Thin Ice (1937)
邦題: 氷上乱舞
制作年: 1937
記事URL: http://ameblo.jp/pep-talk/entry-11803275511.html











★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ 





いかがでしたか?


「BEST-12」というタイトルなのに、紹介作品が11本しかないのは・・・


元のサイトがそうだからで・・・


オイラのミスぢゃないよ~(爆)





このブログで紹介した「スケート映画」の一覧はコチラ


このブログで紹介した「スポーツ映画のランキング」の一覧はコチラ










↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓

人気ブログランキングへ



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




▼お世話になっている▼
▼税理士さんが書いた本▼

【コミュニケーションの課題を解決】

アクティブ・シンキング

妻も子供も上司も部下も・・・
どうして私の話を
聴いてくれないのか
鈴木克欣(すずきかつよし)




日頃あなたは、家族や上司、部下の話を聴いていますか?
私も以前はあまり聴いていませんでした.
本書のタイトルでもある「どうして私の話を聴いてくれないか」
の原因が自分自身にあることを、認識していなかったからです。
個人事業主であるアスリートの税務・会計のサポートをする機会をいただき、
コーチングスキルを知ったことで、私自身が周りの人の話をよく聴くことが、
相手に話を聴いてもらえることになるのだと気づきました。
自らが変化することを決めたのです。

(本文第1章より)
AD

コメント(4)