映画でペップトークとアファメーション(Pep Talk & Affirmation)

ペップトーク(Pep Talk)とは人を元気にする短いスピーチで、コーチングの最後のスキルとも言われているそうです。映画に出てくるペップトークを通して、みなさんにもペップトークを知っていただければ幸いです。


テーマ:

すでにいくつかの作品をご紹介した

「50 Top Inspiring Movie Speeches」

の第19位にランクされていた作品。

オイラが今さら書くまでもないのですが・・・

フランシス・フォード・コッポラ監督・制作の歴史に残る名作・・・

(1979年のアカデミー賞撮影賞と音響賞受賞)

らしいのですが、いつも書いている通り戦争映画は嫌いなので、今まで観ようとも観たいとも思ったことはありませんでした。

だがしかし・・・

印象的なスピーチがあるとなると、放っておくわけにはいきません。

ってなことで、鑑賞することにしたのであります。






[Bru-ray]
ジェネオン・ユニバーサル



ペップトーク度 (最高★×5) :★★★☆☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★★☆☆







【ストーリーと背景】

特殊な任務をこなしていたウィラード大尉は、極秘の任務を要請された。

それはベトナム戦争の真っ最中に、ジャングルの中で自分の王国を築いたカーツ大佐を暗殺せよとの指令。

ウィラードは4人の部下を引き連れて、部下に任務の内容をあかさないままカーツ大佐を探して、船で川を上ってゆくのだが・・・


【ペップトークの見所】

何故にこの作品を「サーフィン映画」に分類したかというと、

途中でコメディぢゃないかと勘違いするほどのシーンがでてきまして・・・

ベトナム戦争の現場でですよ・・・

こともあろうに砲弾の雨嵐の真っ最中に、2m級の波が来るからといって、海辺でサーフィンをしようとするんですよ(笑)。

本当にサーファーって、デカイ波が来るとなると、砲弾の雨の中でも、波になりたくなっちゃうんですね・・・。

そういう意味では、サーファー必見の作品です。


そして、ナイスなスピーチというのはココ

Chapter:33 2:58’11”~ 

カーツがウィラードに対して自分の経験を語ります。









↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓

人気ブログランキングへ



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




 

 

 

▼お世話になっている▼
▼▼▼税理士さんが書いた本▼▼▼
▼お世話になっている▼
▼▼▼社長さんが書いた本▼▼▼
妻も子供も上司も部下も・・・
どうして私の話を
聴いてくれないのか
鈴木克欣(すずきかつよし)



10倍仕事ができる
スタッフを育てる
リーダーの影響力
坂井 徹(さかいとおる)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ペップトーカー見習い001号さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。