映画でペップトークとアファメーション(Pep Talk & Affirmation)

ペップトーク(Pep Talk)とは人を元気にする短いスピーチで、コーチングの最後のスキルとも言われているそうです。映画に出てくるペップトークを通して、みなさんにもペップトークを知っていただければ幸いです。


テーマ:


パリが大好きなワイフがこの作品のDVDを借りてきて・・・

「パパが大好きな人が出てるよ~」

って教えてくれたので、てっきりマリオン・コティヤールのことだと思っていたら・・・

なんと、登場人物の一人「サルバドール・ダリ」のことでした(爆)。

いや、決して間違っちゃおりませんが・・・

でも、マリオン・コティヤール・・・素敵でした。

ちょっと大人の「SF」ラブ・コメディ・・・です。

是非とも、ご夫婦かカップルでお楽しみください。




MIDNIGHT IN PARIS
[Bru-ray]



ペップトーク度 (最高★×5) :★★☆☆☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★★★☆







【ストーリーと背景】



▼ オイラの解説より100倍分かりやすい予告編 ▼







【ペップトークの見所】


さっすがウディ・アレン・・・ちゅう感じですね。

ストーリーも面白いし、登場人物や設定も面白いし、そして何より・・・

パリってこんなに素敵な街なんだ・・・って魅力満載。

ワイフが何度も行きたいと言っている意味が良くわかりました。

オイラも、もう一度行ってみたくなりました。

観光ではなく、ココで生活してみたい・・・

登場人物のその気持ちも良くわかります。



ほんで、ペップトークなんですが・・・

ペップトークというより、その要素のひとつの「イメージのパラダイムシフト」・・・つまり、相手の固定観念やネガティブなイメージを言葉によって払拭し、良いイメージに転換させる・・・という機能的な部分なんですが、参考になる会話が出てきました。

Chapter:10 1:21’24”~ 

2010年から1920年にタイムスリップしてきた主人公ギルと一緒に、その時代に生きていた美しい女性アドリアナは、さらにその昔にタイムスリップ・・・ココに留まると言い出したアドレアナに対して、「今が満たされないから過去に憧れる」と、彼女の感情が思いこみに過ぎないことを説明します。

まあ、今回はペップトークのお勉強なんか置いといて(笑)

登場人物が凄いですよ!

ヘミングウェイ、ピカソ、ダリ、ロートレック、ゴーギャン、ドガ・・・

時空を超えた恋愛というのも楽しいのですが、いつの時代も芸術家は自分の作品のことで常に苦悩している・・・というのは、ウディ・アレン自身の苦悩なのかもしれませんね。








↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓

人気ブログランキングへ



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




 

 

 

▼お世話になっている▼
▼▼▼税理士さんが書いた本▼▼▼
▼お世話になっている▼
▼▼▼社長さんが書いた本▼▼▼
妻も子供も上司も部下も・・・
どうして私の話を
聴いてくれないのか
鈴木克欣(すずきかつよし)



10倍仕事ができる
スタッフを育てる
リーダーの影響力
坂井 徹(さかいとおる)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ペップトーカー見習い001号さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。