「Top 10 Great Movie Speeches」の第6位

「The Top 25 Most Motivational Speeches in Movies 」の第10位

にランクされていた作品です。

しつこいようですが・・・

戦争は嫌いなので、戦争映画も好きではありません。


でも、兵士たちの心に火を着けるペップトークやモチベーショナル・スピーチは命懸けの現場だからこそ臨場感や説得力もあります。

ペップトークのお勉強のためには、戦争映画には良い題材が多いのも事実。

スピーチ映画のランキングでこの作品の評価が高いのも頷けます。




[VDV]
ワーナー・ホーム・ビデオ



ペップトーク度 (最高★×5) :★★★☆☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★★☆☆







【ストーリーと背景】

巨匠スタンリー・キューブリック監督がベトナム戦争の狂気を描いた作品。

徴兵により海軍の新兵訓練所に入所したジョーカーたちは、鬼のような教官ハートマンの情け容赦ない、理不尽な訓練に辟易していた。

落ちこぼれのレナードの面倒をみることを任されたジョーカーだったが、ある日レナードは・・・


【ペップトークの見所】

なんかびっくりしました・・・。

戦後の日本に生まれて、本当に良かったと思います。

「洗脳」って怖いです。

先日紹介したチャップリンの別の作品(殺人狂時代)に「一人殺せば殺人者だが、百万人殺せば英雄だ」という名言(迷言?)がありますが、訓練を受けているうちに

「殺すことは正しいこと」

「自分が生き残るためには相手を殺す」

ということが正当化されてしまうのですから・・・

戦争のない、平和な社会・平和な世界に早くなってほしいものです。


で、肝心のペップトークですが・・・

ハートマン教官の訓練兵に対するモチベーショナル・スピーチは、罵倒やネガティブワード、禁句のオンパレードで、やってはならないペップトークの反面教師みたいです。

命がけの現場で、人をやる気にさせるには、このくらい強烈でなければならないのかもしれませんが・・・平和な世の中では通用しないと思うので、あえてこの罵倒がたスピーチを学ぶ必要はないと思います。

で、そのハートマン教官ですが、たまにはビビッと心に響くペップトークをしたりもするのです。

Chapter:10 0:31’00”~ 

銃の訓練に際して・・・









↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓

人気ブログランキングへ



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




 

 

 

▼お世話になっている▼
▼▼▼税理士さんが書いた本▼▼▼
▼お世話になっている▼
▼▼▼社長さんが書いた本▼▼▼
妻も子供も上司も部下も・・・
どうして私の話を
聴いてくれないのか
鈴木克欣(すずきかつよし)



10倍仕事ができる
スタッフを育てる
リーダーの影響力
坂井 徹(さかいとおる)


AD