映画でペップトークとアファメーション(Pep Talk & Affirmation)

ペップトーク(Pep Talk)とは人を元気にする短いスピーチで、コーチングの最後のスキルとも言われているそうです。映画に出てくるペップトークを通して、みなさんにもペップトークを知っていただければ幸いです。


この作品は

「10 motivational movie speeches that will make you move mountains」

の第4位にランクされていた作品。

(近々発表の予定ですが・・・「山をも動かすモチベーショナル・スピーチって凄くないですか?)

この作品のタイトルと内容を調べたときに、「モチベーショナル・スピーチ」というのにどう関連があるんだろうかという疑問もありましたが、ショーン・コネリー(この作品で1987年アカデミー賞助演男優賞受賞)、ケビン・コスナー、ロバート・デニーロという豪華キャストに魅かれて(爆)見たのであります。

結論から言うと・・・

ペップトーカーを目指す人には必見のモチベーショナル・スピーチが出てきます。




パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン



ペップトーク度 (最高★×5) :★★★★☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★★★☆







【ストーリーと背景】

舞台は1930年代のアメリカのシカゴ。

禁酒法の裏で酒の取引を牛耳ることで富を得て、シカゴ市長の座をも狙えるギャングのボス、アル・カポネ(ロバート・デニーロ)を摘発しようと財務調査官エリオット・ネス(ケビン・コスナー)は警察の協力を得てチームを結成。

最初の捜査で大きなミスを犯したエリオットは、シカゴで知り合った現地のロートル警察官ジム・マローン(ショーン・コネリー)を仲間に加える。

警察の内部にもカポネの協力者がいるらしく、正攻法では捜査令状が取れないため、脱税の容疑で捕らえようと裏帳簿を入手するのだが・・・


【ペップトークの見所】

映画ファンの方々のレビューを読むと、かなり酷評も多いようですが・・・

おいらは好きですけどね~。

まぁ、史実とは違ってたりとかもするんでしょうが、勧善懲悪のエンタテインメントとしては、最後まで飽きずに(というか引き込まれて)楽しむことができました。

ペップトークも参考になったし。

その1
Chapter:08 0:28’07”~ 
ジムがアル・カポネを捜査するチームに加わるにあたり、エリオットの決意を確認します。

(ペップトークにはやる気を引き出すために、相手に決意を固めさせるという手法もあります)


その2
Chapter:014 0:49’16”~ 
カポネの密輸の取引現場を押さえるため、待っている間に落ち着かない捜査チームのメンバーに対してジムがペップトーク!

(ペップトークには、興奮しすぎている相手をリラックスさせて集中力を高めるという手法もあります)









↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓

人気ブログランキングへ



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




 

 

 

▼お世話になっている▼
▼▼▼税理士さんが書いた本▼▼▼
▼お世話になっている▼
▼▼▼社長さんが書いた本▼▼▼
妻も子供も上司も部下も・・・
どうして私の話を
聴いてくれないのか
鈴木克欣(すずきかつよし)



10倍仕事ができる
スタッフを育てる
リーダーの影響力
坂井 徹(さかいとおる)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ペップトーカー見習い001号さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。