映画でペップトークとアファメーション(Pep Talk & Affirmation)

ペップトーク(Pep Talk)とは人を元気にする短いスピーチで、コーチングの最後のスキルとも言われているそうです。映画に出てくるペップトークを通して、みなさんにもペップトークを知っていただければ幸いです。



先日ご紹介しました

フライングハイ

の続編です。

前作を観ていないと話の辻褄がわからないかもしれません。

けっこうオバカなコメディなので、理屈抜きにも楽しめますが・・・

過去のトラウマにとらわれていて、自分で自分の未来を閉ざしている・・・

そんな自分自身や、日常の身の回りにいる多くのネガティブな人々に対して何らかの打開策を示してあげたい人には参考になる作品だと思います。



フライングハイ2 危険がいっぱい月への旅 [DVD]
ロバート・ヘイズ,ジュリー・ハガティ,ウィリアム・シャトナー
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
 
 



ペップトーク度 (最高★×5) :★★★☆☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★★☆☆






【ストーリーと背景】

月世界への一般者の旅行が解禁となり、処女飛行をすることになったメイフラワー号。

しかしその機体に問題があると指摘していたテッド・ストライカーは、事業推進派の罠にかけられ精神鑑定をうけることに。

客室乗務員として搭乗する元ガールフレンドのイレインを危険から守るために、病院を抜け出し乗客としてメイフラワー号に乗り込んだテッドだが・・・


【ペップトークの見所】

前作同様、パロディ満載のコメディなのですが・・・

前作とちょっと作風が異なります。

それは観てのお楽しみってことで・・・

いくつか出てくるペップトークもパロディなので、真剣にとらえると腹がたちますが、冷静に分析するとペップトークのツボが見えてきます。


Chapter:07 0:39’03”~

機体のコンピュータが故障し、進路を大きく外れているが、パイロットが努力しているから心配しないように・・・と、乗客に対して現状と経過説明をするイレインなのですが・・・

ペップトークは相手の不安やネガティブな失敗イメージを取り除き、勇気・元気・やる気のポジティブなイメージに転換するのが主目的のスピーチなのですが・・・

こんな話をしたら、相手がかえって不安に陥るという、「悪い見本」です。



Chapter:12 1:04’28”~

地上のコントロールセンターで不安になっているスタッフに対し、過去の実績でテッド・ストライカーに任せておけば大丈夫だと訴える責任者のスピーチ・・・なのですが、ペップトークのツボを抑えながら、思いっきりハズしてしまうところも、脚本家がペップトークのメカニズムを熟知しているからの技ではないかと思えるシーンです。












↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓

人気ブログランキングへ



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




 

▼お世話になっている▼
▼▼▼税理士さんが書いた本▼▼▼
▼お世話になっている▼
▼▼▼社長さんが書いた本▼▼▼
妻も子供も上司も部下も・・・
どうして私の話を
聴いてくれないのか
鈴木克欣(すずきかつよし)



10倍仕事ができる
スタッフを育てる
リーダーの影響力
坂井 徹(さかいとおる)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ペップトーカー見習い001号さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。