スポーツに関するドキュメンタリー映画のランキングを探していたら・・・


結構たくさんあったので、掲載されている作品を観終わったものから順次紹介していきたいと思っているのですが、その第一弾です。


Top 10 Sports Documentaries


からのご紹介


掲載10作品のうち、日本で未発表(未発売)の1作品を除いて残り9本は全て観ましたので、ご興味のある方は、記事URLから過去記事をご参照ください。


それではまいりましょう・・・









★ ★ ★ ★ ★ Top 10 Sports Documentaries ★ ★ ★ ★ ★



第10位
原題: Senna
邦題: アイルトン・セナ ~音速の彼方へ
制作年: 2010
競技種目: Car Race
記事URL: http://ameblo.jp/pep-talk/entry-11333896617.html


第9位
原題: Once In A Lifetime
邦題: ペレを買った男
制作年: 2006
競技種目: Soccer
記事URL: http://ameblo.jp/pep-talk/entry-11130184409.html


第8位

原題: Murderball
邦題: マーダーボール
制作年: 2005
競技種目: WheelChair Rugby
記事URL: http://ameblo.jp/pep-talk/entry-10444655652.html


第7位
原題: Beyond The Mat
邦題: ビヨンド・ザ・マット
制作年: 1999
競技種目: Wrestling
記事URL: http://ameblo.jp/pep-talk/entry-11286544299.html


第6位
原題: Endless Summer
邦題: エンドレス・サマー
制作年: 1966
競技種目: Surfin'
記事URL: http://ameblo.jp/pep-talk/entry-11266742346.html


第5位
原題: Dogtown & Z-Boys
邦題: Dogtown & Z-Boys
制作年: 2001
競技種目: Skateboard
記事URL: http://ameblo.jp/pep-talk/entry-10959295954.html


第4位
原題: The King of Kong
邦題: (日本未発売)
制作年: 2007
競技種目: Video Game
記事URL: (日本未公開)


第3位
原題: Pumping Iron
邦題: アーノルド・シュワルツェネッガーの鋼鉄の男/パンピング・アイアン
制作年: 1976
競技種目: Body Building
記事URL: http://ameblo.jp/pep-talk/entry-11555773680.html


第2位
原題: Hoop Dreams
邦題: フープ・ドリームス
制作年: 1994
競技種目: Basketball
記事URL: http://ameblo.jp/pep-talk/entry-10888613696.html


第1位
原題: When We Were Kings
邦題: モハメド・アリ かけがえのない日々
制作年: 1996
競技種目: Boxing
記事URL: http://ameblo.jp/pep-talk/entry-11264291590.html













★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ 





いかがでしたか?

このブログで紹介した「スポーツ映画」の一覧はコチラ


このブログで紹介した「スポーツ映画のランキング」の一覧はコチラ










↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓

人気ブログランキングへ



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




▼お世話になっている▼
▼税理士さんが書いた本▼

【コミュニケーションの課題を解決】

アクティブ・シンキング

妻も子供も上司も部下も・・・
どうして私の話を
聴いてくれないのか
鈴木克欣(すずきかつよし)




日頃あなたは、家族や上司、部下の話を聴いていますか?
私も以前はあまり聴いていませんでした.
本書のタイトルでもある「どうして私の話を聴いてくれないか」
の原因が自分自身にあることを、認識していなかったからです。
個人事業主であるアスリートの税務・会計のサポートをする機会をいただき、
コーチングスキルを知ったことで、私自身が周りの人の話をよく聴くことが、
相手に話を聴いてもらえることになるのだと気づきました。
自らが変化することを決めたのです。

(本文第1章より)
AD