このブログを書き始めてご紹介する950本目の映画です。



劇場公開時に見逃してから・・・

DVD化を心待ちにしておりました。

1980年代ロックをフィーチャーして大ヒットしたブロードウェイ・ミュージカルを「ヘアスプレー」の監督が豪華キャストの共演で映画化したと聴き、トム・クルーズもでているってんで(何故トムがミュージカル???って疑問符も沢山あり)これは観るっきゃないと・・・。

1980年代のロックって、まさにリアルタイムでオイラの青春時代でしたから。

ミュージカルが不得意な方でも、ロックが好きな方・・・特にアラフィフ~アラ還の方々には超オススメです!

あ、もちろん若い方にも

理屈抜きで

楽しめる作品であることは間違いございません。

ロック・オブ・エイジズ[Blu-ray]
ジュリアン・ハフ,トム・クルーズ,ディエゴ・ボネータ
ワーナー・ホーム・ビデオ
 


 


ペップトーク度

(最高★×5)

:★★★☆☆

映画オススメ度

(最高★×5)

:★★★★☆







【ストーリーと背景



▼ オイラの解説より100倍分かりやすい予告編 ▼





【ペップトークの見所】


Chapter:09 1:24’04”~

ステージで踊ることをためらうシェリーに対して

「店で敬意を払われたいなら ステージに上がること

ステージは”玉座”よ

上にいる限り

”触れてはならない全能の神”になる

何でもあなたの望みどおりに」

とペップトーク・・・

そしてJourneyの「Any Way You Want It 」が流れ

(この曲がヒットした時代をリアルタイムで経験したオイラは、もう鳥肌もんで・・・)




あと、もっと最初の方ですが・・・

Chapter:03 1:22’04”~

伝説のロックの殿堂バーボン・ルームに敵意を持ち、廃業に追いやりたい母親集団に対してのモチベーショナルスピーチ・・・

そしてこの場面では、オイラの大好きなパット・ベネターの大ヒット曲

「Hit Me With Your Best Shot 」が使われていて感激!

ペップトークだけではなく、要所要所で気のきいたセリフの場面が歌になっているのがミュージカルの良さですが、それが昔懐かしい曲で綴られているのですから、同世代を生きた人間にはたまりません。



そして・・・こんなオマケも・・・




▼ トムクルーズとジュリアン・ハフの未公開ダンスシーン ▼

(特典映像)



↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓

人気ブログランキングへ



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




 

▼お世話になっている▼
▼▼▼税理士さんが書いた本▼▼▼
▼お世話になっている▼
▼▼▼社長さんが書いた本▼▼▼
妻も子供も上司も部下も・・・
どうして私の話を
聴いてくれないのか
鈴木克欣(すずきかつよし)



10倍仕事ができる
スタッフを育てる
リーダーの影響力
坂井 徹(さかいとおる)


AD