昨日までにご紹介しました

デスレース(DEATH RACE)

デスレース2(DEATH RACE 2)

デスレース3/インフェルノ(DEATH RACE 3: INFERNO)

の原作にあたる1975年の作品で・・・

「ロッキー」でブレイクする以前のシルベスター・スタローンがライバル役で共演しています。

以前にご紹介した3作は、刑務所で行われる賭けレースなのですが、原作は一般公道ってかアメリカ大陸横断の殺人レースなのです。

殺人レースのシーンだけ取り上げると残虐なイメージですが・・・

内容的には昔懐かしい「チキチキマシーン猛レース」の実写版といった感じ。

お子様にはお見せできませんが、大人が理屈抜きに楽しむことができる「超B級怪作」です(笑)。




ペップトーク度 (最高★×5) :★★★☆☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★★☆☆






【ストーリーと背景】

西暦2000年のアメリカは「アメリカ連邦」と呼ばれる独裁政権の国家だった。

その独裁者である大統領が主催するアメリカ大陸横断レースは「デスレース」と呼ばれる殺人自動車レース。

ゴールする順位だけではなく、それまでに殺した人間のポイントが評価の対象になるというもの。

例えば、男性より女性の方がポイントが高く、成人より幼児や老人の方が割り増しポイントが高い。

レース本番では無敵のチャンピオン、フランケンシュタインにライバルのマシンガン・ジョー(スタローン)が立ちはだかるのだが・・・


【ペップトークの見所】

いやぁ、とってもナンセンスというか・・・

おバカなギャグ・コメディ作品です。

こんな映画作ってよいのでしょうか・・・

ってくらいなのですが(これは好意的な評価です)、この作品を制作したロジャー・コーマンという人は、業界では有名なB級作品をたくさん作ってハリウッドに挑戦的な人だったらしい・・・。

そんなとんでもない作品なのですが、ペップトークはちゃんと仕込んであったりするわけです。

Chapter:20 1:17’43”~

ペップトークというより・・・
この映画のテーマであり、アメリカという国家に対する風刺的な表現なのですが・・・

ラストシーンでのジャーナリストの新大統領に対する発言が印象的です。









↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓

人気ブログランキングへ



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




 

▼お世話になっている▼
▼▼▼税理士さんが書いた本▼▼▼
▼お世話になっている▼
▼▼▼社長さんが書いた本▼▼▼
妻も子供も上司も部下も・・・
どうして私の話を
聴いてくれないのか
鈴木克欣(すずきかつよし)



10倍仕事ができる
スタッフを育てる
リーダーの影響力
坂井 徹(さかいとおる)


 
AD