映画でペップトークとアファメーション(Pep Talk & Affirmation)

ペップトーク(Pep Talk)とは人を元気にする短いスピーチで、コーチングの最後のスキルとも言われているそうです。映画に出てくるペップトークを通して、みなさんにもペップトークを知っていただければ幸いです。



(THE TWILIGHT SAGA: BREAKING DAWN - PART 2)

いよいよ・・・

というか、待ちに待った最終話です。

いやぁ・・・キレイになりましたね、ベラ(クリステン・スチュワートちゃん)。

オイラのようなジジイでこの作品を観ている人は少ないでしょうが・・・

なんで、オイラがこの映画にハマったかは、過去のブログをご参照ください。

老若男女を問わず楽しめる作品ですよ~。

トワイライト~初恋~(Twilight)

エクリプス/トライライト・サーガ

ニュームーン/トワイライト・サーガ

トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part 1

ブレイキング・ドーンPart2/トワイライト・サーガ [DVD]
リステン・スチュワート,ロバート・パティンソン,テイラー・ロートナー
角川
 



ペップトーク度 (最高★×5) :★★★☆☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★★☆☆







【ストーリーと背景】


▼ オイラの解説より100倍わかりやすい予告編 ▼




【ペップトークの見所】

2012年のラジー賞(ゴールデン・ラズベリー賞)で、かなりたくさんの賞をGETしてますね。

最近では、ラジー賞も受賞者からは否定的ではなくなっているようですが・・・

この作品でのラジー賞の受賞状況をご紹介しますと・・・

【ラジー賞受賞】

■ワースト作品賞
■ワースト監督賞
■ワースト助演男優賞
■ワースト・スクリーン・カップル賞
■ワースト・アンサンブル演技賞
■ワースト・リメイク・盗作・続編賞

で・・・

【ラジー賞ノミネート】

■ワースト主演男優賞
■ワースト助演女優賞
■ワースト脚本賞

・・・となっておりました。

個人的には、スケールの大きさや、予想しなかった展開~結末(原作を読んでおりませんので・・・汗)といい、素晴らしい作品だと思うんですけど

まあ、興行的にはかなり成功したようなので「勝てば官軍」ってことでしょうけど・・・

そんなことはともかく、この作品、とくにこの最終話は戦闘シーンが多いので、ペップトークが登場する機会も多いわけですが、今回の珠玉は・・・


Chapter:13 1:11’00”~

最後の戦いを前にして、母親ベラが娘レネズミに対してペップトーク。

娘への励ましの言葉でもありながら、娘を守るために命を懸けて戦うことへの不断の決意を表す自分自身へのアファメーション(セルフ・ペップトーク)のようでもあります。








↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓

人気ブログランキングへ



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




 

▼お世話になっている▼
▼▼▼税理士さんが書いた本▼▼▼
▼お世話になっている▼
▼▼▼社長さんが書いた本▼▼▼
妻も子供も上司も部下も・・・
どうして私の話を
聴いてくれないのか
鈴木克欣(すずきかつよし)



10倍仕事ができる
スタッフを育てる
リーダーの影響力
坂井 徹(さかいとおる)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ペップトーカー見習い001号さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。