以前紹介した

ダンス・ウィズ・ミー(Dance With Me)

とは全く異なる作品です。

前回のは原題「Dance With Me」で邦題が「ダンス・ウィズ・ミー」

今回のは原題が「One Last Dance」で邦題が「ダンスWith Me!」

まったくふざけんなよ・・・って言いたくなっちゃいますけど、

(だって前回の「ダンス・ウィズ・ミー」が1998年作品で今回の「ダンスWith Me!」は2003年作品で後なんですから・・・消費者を誤解させる罠に取られたら逆にマイナスでしょうに・・・

まぁどちらも素晴らしい作品だったので許しましょう。

ダンスが好きな方はもちろんのこと、何かに夢を懸ける人生を歩んでいる方、そういう方のそばで指導している方、見守っている方(ドリーム・サポーター)にはオススメの一作です。

ダンス with Me! [DVD]
リサ・ネイミ,パトリック・スウェイジ,ジョージ・デ・ラ・ベーニャ
 



ペップトーク度 (最高★×5) :★★★☆☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★★☆☆






【ストーリーと背景】

ダンスの舞台をプロディースしている天才演出家アレックスが突然の死。

ダンス・カンパニーは危機的な状況を迎えるが、7年前の教え子3人(トラヴィス・マックス・クリッサ)にその運命を託すことになった。

3人はそれぞれ将来を嘱望されたダンサーであったが、いろいろな問題を抱えて、ダンスからは遠ざかっていた。

しかし、ダンスが大好きでダンスから離れられない3人は、恩師の意思を受け継ぎ、ステージを完璧にやり遂げようとするのだが・・・


【ペップトークの見所】

「夢」を追い続けることの大切さと大変さ、友情と愛情、チームワーク、意思疎通、師弟愛など、いろいろな面から参考になる映画でした。

もちろんダンスも素晴らしく、俳優さんが映画のためにダンスを練習したというより、ダンサーが俳優として映画作りに参加した・・・って感じ?

あ、でも、みなさん「Actor」としても素晴らしいです。

で・・・ペップトークも、

Chapter:09 0:55’42”~

7年前の絶頂期でさえ難しかった技が今、出来るわけがないと落ち込むマックスをクリッサとトラヴィスが励まします。










↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓

人気ブログランキングへ



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




AD