この作品がこのブログで紹介する通算800本目の映画です。

800本目をどれにするかここ数日迷っていたのですが・・・

ナイスなペップトークがでてきたので、節目だからコレにしました。

オイラのリストには随分まえから載っていたのですが、堅苦しい社交ダンスの映画だと勘違いしておりまして・・・(汗)。

ところがどっこい、実在の人物とエピソードをベースにした青春スポ根モノでロマンスもちょっとありっていう素敵な作品でした。

子供を応援している指導者とか学校の先生とか塾の先生には、是非とも来ていただきたい作品です。

主人公のモデルになっているピエール・デュレインは、以前紹介した社交ダンスの大会に挑戦する小学生たちを描いたドキュメンタリー映画「ステップ!ステップ!ステップ!」の、子供たちに社交ダンスを教えることを教育プログラムとして広めた人なのだそうです。


レッスン!  [DVD]
アントニオ・バンデラス
タイム・ワーナー



ペップトーク度 (最高★×5) :★★★★☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★★★☆

【ストーリーと背景】

ニューヨークのスラム街でダンス教室を主宰しているピエール・デュワンは、付近の高校生の素行のひどさを改める一環となればと、公立高校の校長を訪ねる。

校長から半信半疑で任されたのは、オチコボレの放課後の課外授業。

社交ダンスに全く縁もなく、興味を示さない子供たちの心を少しずつ解きほぐし、やる気を引き出して、コンテストへの参加を決意させるのだが・・・


【ペップトークの見所】

不良の黒人生徒を演じているのは、「小説家を見つけたら」で主演し、「コーチ・カーター」にも出演していたロブ・ブラウン。

社交ダンス大会の決勝まで残る女の子サーシャを演じているのは「ステップアップ」に主演しているジェナ・ディーワン。

ネタバレになっちゃいそうだからあまり書けませんが・・・

子供たちもあきらめずによく頑張ったけど、それよりこの先生、めげずによく教え続けたね。本当に感心してしまいました。

勉強だけではなく、目標を持って生きることの素晴らしさや社交性を学ぶこと、チークワークや仲間の大切さをおしえてくれます。

こんな教育者がいれば日本も、もっともっと良くなるだろうに・・・

そんな先生のナイスなペップトーク(ってより、モチベーショナル・スピーチかな?)

Chapter:14 1:13’06”~

【字幕】

ご機嫌よう 位置について
(ダンスは終りだ)
いや 始まったばかりだ
君たちの上達が早いから 
つい言いそびれてしまった
”もし本気なら 敵は手ごわい”とね
彼らは何年もやってる
市内にはもっと上手もいる
(俺らにどうしろと?)
驚かせろ
君たちが勝つとは誰も思っていない
だから失うものもない
実力発揮あるのみ
正直に言うが 簡単には勝てない
見た目より厳しい
だが今は勝敗より 自分を信じるか否かだ
信じないなら座ってろ
家に帰れ
だが わずかでも やれそうな気がするなら
挑んでみるべきだ
(そう思う?)
もちろん
信念は最強の秘密平気だ
(信念は まあいいけどさ 参加料200ドルは?)
(いくら信じても兼ねは作れねえよ)
何とかする
(先生が?)
(クズのために?)
妙だな
私の目には みんな有望株ばかりだ
力を秘めている
クズなんかいない
多少の例外もいるが
(私やるわ それでみんなは?)


【吹替】

やあみんな さあ始めよう
(ダンスはもうやめだ)
そりゃあ残念だな
これからだってのに
君らの踊りがどんどん上達するから
ついそっちに夢中で言いそびれてしまった
すまなかった
本気で勝ちを狙うんなら
敵は相当手強と思う
あの子たちは何年も練習を重ねてきた
そのうえ市内にはもっとうまいのがゴロゴロいる
(だろ?だったら俺らにどうしろって言うんだよ?)
驚かせて
周りは誰ひとり君らに何の期待も抱いていな
だから失うものは何にもないだろう
今 持てるちからをすべて出し切るのみだ
いいか この際 正直に言う
試合には簡単には勝てない
見た目よりずっと厳しい世界だ
だから今 君らが集中すべきは勝ち負けじゃなくて
信じることだ
自分を信じられない者はかまわない 下がってろ
好きにしてればいい
だが たとえ少しでも自分を信じる心があるのなら
挑戦してみる価値はある
(ほんとにそう思う?)
ああ もちろんだ
自分を信じる心は最大の武器だ
(まあその信じる心はいいとして 参加費200ドルはどうすんだよ?)
(信じることはできても小銭を札束には変えらんねえぞ)
私がなんとかしよう
(それ本気?)
(オチコボレ相手に?)
おかしいな
ここにいるのは 私から見れば 選ばれし者
未来ある若者だ
オチコボレなんかどこにもいない
多少の例外はあっても
(あたしやる!それで? やるのやんないの?)


そして、ペップトークではないのですが、このあと校長先生に呼び出されてPTAを説得するスピーチがナイスでした。

Chapter:14 1:16’58”~








↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓

人気ブログランキングへ



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




 

▼お世話になっている▼
▼▼▼税理士さんが書いた本▼▼▼
▼お世話になっている▼
▼▼▼社長さんが書いた本▼▼▼
妻も子供も上司も部下も・・・
どうして私の話を
聴いてくれないのか
鈴木克欣(すずきかつよし)



10倍仕事ができる
スタッフを育てる
リーダーの影響力
坂井 徹(さかいとおる)


AD