映画でペップトークとアファメーション(Pep Talk & Affirmation)

ペップトーク(Pep Talk)とは人を元気にする短いスピーチで、コーチングの最後のスキルとも言われているそうです。映画に出てくるペップトークを通して、みなさんにもペップトークを知っていただければ幸いです。


映画歴が浅いオイラは、あんまり監督とか俳優さんのことは詳しくはないのですが・・・

さすがに美人の女優さんにはすぐに反応してしまいます(爆)。

以前「過失(Gross Misconduct)」を観たときにキレイな女優さんだなぁ・・・と思っていたのですが

(「ニコール・キッドマンの恋愛天国(FLIRTING)」にも出ていましたが・・・)

先日「J・エドガー(J. EDGAR)」を観たときに改めて火がついてしまい・・・

彼女の出演作品で何か面白そうなのはないかなぁ・・・と調べていて思わず手が伸びたのがこの作品でした。


キング・コング [DVD]
ナオミ・ワッツ,エイドリアン・ブロディー,ジャック・ブラック
ユニバーサル



ペップトーク度 (最高★×5) :★★★☆☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★★☆☆

【ストーリーと背景】


時は1930年代のアメリカ。

アンは舞台俳優を目指していたが、劇団が倒産して途方にくれていたところ、映画監督のカールに出会う。

カールは野心家で、かつてない冒険映画を制作するために船出した。

アンは脚本家として憧れていたジャック・ドリスコルが撮影隊に居ることを知り胸をときめかせるのだが、一行の船は霧で視界が閉ざされ髑髏島(スカルアイランド)のそばで座礁してしまう。

島には原始的な生活を送る先住民がおり、アンはキング・子ングの生贄として捉えられてしまう。

アンを救い出そうと、ジャック・ドリスコルはクルーを引き連れて島を捜索するのだが・・・


【ペップトークの見所】

1933年に公開された「キングコング」のリメイクです。
現代版・・・ではなく、当時の時代背景のまま、最新の技術で制作した、ユニバーサルの100周年記念映画のうちの一本なのだそうです。

長すぎるとか詰め込みすぎだとか、賛否両論はありますが・・・

インディー・ジョーンズ(気持ち悪い生物に襲われるところ)とジュラシック・パーク(恐竜に襲われるところ)を一度に楽しめて、そこにキングコングも登場するのですから、エンタテインメントとしては贅沢です(笑)。

長い(3時間8分)という不評もあるようですが、上記のようにめまぐるしい場面展開もあり、オイラはそんなに長く感じませんでした。

・・・ってか、大きな目的のひとつだったナオミ・ワッツを長時間堪能できたわけですから文句は何もありません(爆)。

で、そんな不埒な目的で鑑賞した映画ですから、そもそもペップトークには何の期待もしていなかったわけですけど・・・

そんなときに限って・・・ちゃんと出てくるんだな、コレが(笑)。

Chapter:03 0:05’06”~

劇団が無くなり、役者をやめて故郷に戻る仲間がアンに対して必ず運命は拓けると最後の励ましの言葉を送ります。

セリフは短いのですが、「ミラクル」のペップトークを彷彿させるような内容で、ちょっとびっくり。







↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓

人気ブログランキングへ



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




 

▼お世話になっている▼
▼▼▼税理士さんが書いた本▼▼▼
▼お世話になっている▼
▼▼▼社長さんが書いた本▼▼▼
妻も子供も上司も部下も・・・
どうして私の話を
聴いてくれないのか
鈴木克欣(すずきかつよし)



10倍仕事ができる
スタッフを育てる
リーダーの影響力
坂井 徹(さかいとおる)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ペップトーカー見習い001号さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。