映画でペップトークとアファメーション(Pep Talk & Affirmation)

ペップトーク(Pep Talk)とは人を元気にする短いスピーチで、コーチングの最後のスキルとも言われているそうです。映画に出てくるペップトークを通して、みなさんにもペップトークを知っていただければ幸いです。


テーマ:

キアヌ・リーブスが大好きな知人から「これ面白いよ~」と勧められてDVDをお借りしたのですが・・・

なんかホラーっぽいのは不得意なので放置プレイになっておりました。

でも、なんだか気になっていて、「えいやっ!」って勇気を振り絞って観たのですが、そんなに怖い映画ではなかったのでズッコケましたが・・・

放置していたのがもったいなかったな・・・と思えるほど楽しめました。

私の好みを知ってくれている知人のオススメは、素直に受け入れましょう・・・というのが教訓でした(汗)。


コンスタンティン [DVD]
出演: キアヌ・リーブス, レイチェル・ワイズ
監督: フランシス・ローレンス


ワーナー・ホーム・ビデオ


ペップトーク度 (最高★×5) :★★★☆☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★★☆☆

【ストーリーと背景】


原作は「ヘルブレイザー」というアメ・コミ作品なのだそうです。

ジョン・コンスタンティンは、天使や悪魔を見分けることができる特殊な能力を持っていたが、かつて自殺未遂をしたことから地獄へ落ちることが運命付けられていた。。

タバコを止められず、肺癌に冒され死期が近づいていることを悟ったコンスタンティンは、善行を積むことで、なんとか天国に行けないかと画策。

人間界に侵入しようとする悪魔を退治して、なんとか天使に目をつけてもらいたい。

一方で、LA市警の女性刑事アンジェラは、双子の妹イザベルが謎の飛び降り自殺した事実を受け入れることが出来ず、真相を究明しようと独自の調査を始めていた。

アンジェラにも、殺人犯が人を殺す瞬間が分かるという特殊な能力があり、妹イザベルの死の真相解明のためにコンスタンティンと接触するのだが・・・



【ペップトークの見所】

刑事アンジェラと双子の妹イザベル役を演じている女優さんが、知的な美人なんですが・・・

どこかで観たことあるなぁと思って調べたらレイチェル・ワイズって・・・

「アレクサンドリア」のヒュパティア役の人でした。

知的だなぁと思っていたらケンブリッジ大学だって・・・

才女なんですね~というか、やっぱ知性って滲み出るものなんだと変なところで感心しました。

・・・で、

この手のパニック・サスペンス系の作品って、ペップトークがでてきそうな気配は随所にあるのですが・・・

結局、参考になるペップトークはみつかりませんでした。

ってことで、本日のペップトークはお休みです。

m(__)m







↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓

人気ブログランキングへ



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




 

▼お世話になっている▼
▼▼▼税理士さんが書いた本▼▼▼
▼お世話になっている▼
▼▼▼社長さんが書いた本▼▼▼
妻も子供も上司も部下も・・・
どうして私の話を
聴いてくれないのか
鈴木克欣(すずきかつよし)



10倍仕事ができる
スタッフを育てる
リーダーの影響力
坂井 徹(さかいとおる)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ペップトーカー見習い001号さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。