ケビン・コスナー主演の自転車レースの映画です。

ケビン・コスナーって、結構スポーツ映画に出ていますね。

これまでに鑑賞してこのブログで紹介しただけでも・・・

さよならゲーム」(野球)
フィールドオブドリームス」(野球)
ラブ・オブ・ザ・ゲーム」(野球)
ママが泣いた日」(野球)
ティンカップ」(ゴルフ)

これから観ようと思っている作品にも・・・

「ドリーム・リーグ」(野球)
「守護神」(レスキュー・・・ってスポーツぢゃないけど)

などがあり、そんな中でリストにはあったのですが、DVD化されていなかったので、なかなか観る機会に結びつかなかったのがこの作品。

DVD発掘シリーズ第93弾(って、今回はレーザーディスクを購入したのですが・・・まあいいか・・・笑)。

アメリカン・フライヤーズ【字幕版】 [VHS]
ケビン・コスナー

アメリカン・フライヤーズ



ペップトーク度 (最高★×5) :★★★☆☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★★☆☆


【ストーリーと背景】

兄弟でチームを組みコロラド高原を疾走する4日間の自転車レース「西部の地獄」に挑戦するのだが、兄は(ケビン・コスナー)は遺伝性脳内出血という難病に侵されながらの挑戦。

兄の宿敵であるディフェンディング・チャンピオンに対して兄弟で立ち向かうのだが・・・

脚本は以前紹介した、1979年に「ヤング・ゼネレーション」という自転車レース映画でアカデミー脚本賞をとったスティーヴ・テシック。


【ペップトークの見所】

「American Flyers」って・・・アメリカのかっ飛び野郎みたいな意味ですかね?

美しいロッキー山脈の風景を空撮していて、大自然の中で行われている自転車レースの迫力が力強く伝わってきます。

そして、兄弟愛や絆、目標達成の執念など・・・人生訓ともなる要素が充実した素晴らしい作品だと思います。

もちろんペップトークも・・・

1:33’54”~
病に倒れ決勝戦出場をあきらめた兄が、気弱になっている弟を病床で励まします。






↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓

人気ブログランキングへ



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *




▼お世話になっている▼
▼税理士さんが書いた本▼

【コミュニケーションの課題を解決】
=アクティブ・シンキング

妻も子供も上司も部下も・・・
どうして私の話を
聴いてくれないのか
鈴木克欣(すずきかつよし)




日頃あなたは、家族や上司、部下の話を聴いていますか?
 私も以前はあまり聴いていませんでした.
本書のタイトルでもある「どうして私の話を聴いてくれないか」
の原因が自分自身にあることを、認識していなかったからです。
 個人事業主であるアスリートの税務・会計のサポートをする機会をいただき、
コーチングスキルを知ったことで、私自身が周りの人の話をよく聴くことが、
相手に話を聴いてもらえることになるのだと気づきました。
自らが変化することを決めたのです。

 (本文第1章より)
AD