このブログを書き始めた当初からオイラの「観なくちゃいけないアメリカンフットボール映画リスト」(笑)には載っかっていたのですが・・・

なんかオカルトかホラーっぽいタイトルだったので敬遠していました。

ところが、最近検索していて発見した「アメリカンフットボール映画ベスト50」(近日発表予定)にこの作品がランクインしていたのでびっくり。

慌てて宅配DVDレンタルで取り寄せたのであります(爆)。

ちなみに・・・

このブログを書き始めて紹介した映画の600本目になります。

ブログを書き始めて約800日ですから、概ね4日に3本くらいって割合ですね・・・


パラサイト [DVD]
イライジャ・ウッド,ジョシュ・ハートネット,クレア・デュバル


ワーナー・ホーム・ビデオ

ペップトーク度 (最高★×5) :★★★☆☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★★☆☆

【ストーリーと背景】

いじめられっ子で気弱な男の子ケイシーは、アメリカンフットボールのグラウンドで奇妙な生物を発見し、生物の先生の研究室に届けたのだが、その日から学校の先生たちに異変が起こる。

これに気付いた

アメリカンフットボール部のQBのスタン
学校新聞の女編集長デライラ
周囲からレズだと思われていて友達がいないストークリー
化学の才能を活かしてオリジナルのドラッグを製造して学生に密売している留年性のジーク
誰も友達になってくれない転校生の女の子メアリーベス

とケイシーは、危険を感じながらも、原因を探ろうとするのだが・・・

【ペップトークの見所】

のっけからアメフトの練習シーンだったので、期待も高まったのですが・・・

尻つぼみでした。

アメフトの監督と、クォーターバックのスタンが重要な役割を演じているので、アメフトの練習シーンや試合シーンが出てきますが・・・

それ以外は本編にはあまり関係ありません。

何故これがベスト50に入ってんの???

ってことで、アメフトファンはスルーしても結構です。

学園ドラマとしては、恋愛や登場人物の人間関係は綿密に設計されていて、ホラー的な要素を除いても(いや、別に除く必要はないけど・・・)十分たのしめます。

あ、主役のケイシーは「ロード・オ・ブザ・リング」の主役フロドのイライジャ・ウッド。
(この作品の方が前です)

でもって肝心のペップトーク。

ジークの科学的な知識と頭脳により敵の弱点を解明。

ケイシーは敵のボスを倒すために自分たちが闘うのだとペップトークします。

Chapter:30 1:03’58”~






↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓

人気ブログランキングへ



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



AD

コメント(4)