先日紹介した「ハスラー」の続編です

・・・が、本命はこっち(笑)。

スポーツ映画のランキングでも前作より評価が高く

近日紹介予定の「Best Sports Movie Actress」にもランクインしており(これが一番の目的かも・・・)

しかも準主役のトム・クルーズ・・・制作時期があの名作「トップガン」と同じ年(本作の方が随分若く見えますけど・・・)

などなど、オイラの好奇心をくすぐる作品だったのであります。

ハスラー 2 [DVD]
ポール・ニューマン,トム・クルーズ,メアリー・エリザベス・マストラントニオ
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
ペップトーク度 (最高★×5) :★★★☆☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★★☆☆

【ストーリーと背景】

前作「ハスラー」(1961年制作)から25年の時を経て作られた続編。

ミネソタ・ファッツとの死闘から25年・・・

エディは酒の販売業で生計を立てていたが、自分自身がキューを持つことはやめても若いハスラーの発掘や育成、マネジメントなどをしていた。

そのエディの目にとまったのが、ハスラーとしてではなく純粋にビリヤードというゲームを楽しんでいる若者ビンセントの姿。

エディはビンセントをハスラーとして育てるとともに、ビンセントのガールフレンドのカーメンをビンセントのマネージャーとして育てることを決意。

大きな大会で稼ぐ(優勝より「稼ぐ」ことがハスラーにとっては重要なのです)ために3人でツアーに出るのだが、エディ自身のハスラー魂に火がついてしまって・・・


【ペップトークの見所】

主演のポール・ニューマンはこの作品で第59回(1987年)アカデミー賞主演男優賞を獲得しています。

人に夢を持たせたり、夢を育むことを支え続ける「ドリーム・サポーター」という視点で観ると、とてもためになる映画です。

また「ティーチング」と「コーチング」の違い、本人に自覚を持たせ、自ら考えて自ら行動するようにさせることの大変さ・・・

そして、本人が良かれと思って自分の判断で行動を起こしたことが、本人にとって成功と感じられることであっても、指導的立場の人間にとって逆の結果にとらえられてしまう・・・人材育成や能力開発のジレンマがとてもよく描かれています。

そしてナイスなペップトークも・・・

Chapter:13 0:57’49”~
「勝負に勝つ」ということしか頭にないビンセントに対して「稼ぐ」ことの重要性を説きます。

Chapter:22 1:53’57”~
エディがビンセントに勝負を挑む・・・






↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓

人気ブログランキングへ



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *



AD

コメント(2)