映画でペップトークとアファメーション(Pep Talk & Affirmation)

ペップトーク(Pep Talk)とは人を元気にする短いスピーチで、コーチングの最後のスキルとも言われているそうです。映画に出てくるペップトークを通して、みなさんにもペップトークを知っていただければ幸いです。


「ロミオとジュリエット」研究シリーズの第18弾です。

最終回(ホントか?)を締めくくるのは・・・

「ロミオとジュリエット」の舞台となった「ジュリエットの生家」にまつわるお話。

ジュリエットからの手紙 [DVD]
アマンダ・セイフライド,ガエル・ガルシア・ベルナル,クリストファー・イーガン
 
ペップトーク度 (最高★×5) :★★★☆☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★★★☆

【ストーリーと背景】

オイラがうだうだ書くより・・・

コレを観ていただければ一発で概要を理解できます。
(日本語版の予告編)

・・・今度からこうしよう(笑)



【ペップトークの見所】

いや~・・・

ストーリーの展開は「見え見え」なんですけど・・・

泣きました(笑)。

じんわり心が温まる、珠玉のラブストーリーです。

特に女性にはオススメですね。

で、ペップトーク・・・つうか、今回は登場人物のクレアという女性が、50年前(1957年・・・ってオイラが生まれた年・・・爆)に書いたジュリエットへの恋の相談のお手紙がみつかり、50年もたったのに、ジュリエットの秘書が書いたお返事。
(だから厳密にはトークではなくって、励ましのお手紙・・・なんですけど・・・素敵です。)

Chapter:17 1:32’57”~

他にもいくつかあって・・・

パーティなどで、「乾杯の音頭」を取る人を「トースト・マスター」と呼ぶそうなのですが、この「トースト」のスピーチに結構素晴らしいペップトーク的なシナリオがあるのですが、この映画でも聴く人の心をひきつけます。

(日本の親爺どもも、乾杯のスピーチはこのくらい短く、分かりやすく、心に響くものにしてもらいたいもんです。・・・あ、オイラも親爺ですが・・・笑)

Chapter:14 1:13’45”~

それともうひとつ。
ソフィア(主人公の女の子)への態度が煮え切らない孫に対して、クレアおばあちゃんがナイスなペップトーク!

Chapter:14 1:18’53”~

(↑)特にペップトークで重要なシナリオの締めくくりにあたる「Kick Off(送り出しの言葉)」が秀逸です。





↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓
人気ブログランキングへ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ペップトーカー見習い001号さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。