「ロミオとジュリエット」研究シリーズ第13弾です。

「現代版」「ロミオとジュリエット」とかで検索していて発見したのですが・・・

・・・しかし、コレは???

ロミオ・マスト・ダイ  [DVD]
ジェット・リー,アリーヤ,イザイア・ワシントン
ワーナー・ホーム・ビデオ
ペップトーク度 (最高★×5) :★★★☆☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★★☆☆

【ストーリーと背景】

オークランド港湾地域で中国人マフィアと黒人マフィアが縄張り争いで一触即発の状態にあったのだがその均衡状態はは中国系マフィアのボスの息子が殺されたことによって崩れた。

弟が殺されたことを聞いた兄のハン・シンは、香港刑務所を脱獄しオークランドに舞い戻る。

中国系マフィアは報復に出ようとするのだが、宿敵の黒人マフィアのボスの娘に魅かれてしまい・・・

【ペップトークの見所】

「マトリックス」のスタッフとジェット・リーが組んで制作した作品ということもあって、アクション映画としては楽しめます。

親が敵同士、身内が相手に殺される、敵の娘に恋をする・・・という設定は「ロミオとジュリエット」と同じですが・・・

あと「Romio Must Die」ってセリフがとても印象的で、あきらかに「ロミオとジュリエット」を意識した作品ではあるのですが・・・

オマージュってほどではないですかね???

結末は全く逆だし・・・って何が???
(書くとネタバレになるので、想像におまかせ)

でも、結末が違う分、楽しめますよ~。

アクションも後半の方が派手に盛り上がるし・・・


ペップトークは・・・

黒人マフィアのボスは自分が狙われていることで、娘への危険も迫っている。
そのボスが娘の不安を察して、安心させようと・・・

Chapter:11 1:21’07”~






↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓
人気ブログランキングへ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

AD