映画でペップトークとアファメーション(Pep Talk & Affirmation)

ペップトーク(Pep Talk)とは人を元気にする短いスピーチで、コーチングの最後のスキルとも言われているそうです。映画に出てくるペップトークを通して、みなさんにもペップトークを知っていただければ幸いです。


「ロミオとジュリエット」研究シリーズの第16弾です。

昨日「トワイライト~初恋」の記事で「ロミオとジュリエット研究シリーズの第15弾???」と書きましたが・・・

「ロミオとジュリエット」「現代版」「映画」といったキーワードで検索していて、「エクリプス/トワイライト・サーガ」を発見し・・・それが3部作の3作目とは知らずに、3作目から見始めて(笑)・・・

3作目→1作目→2作目→3作目(2作目をみたら、内容がようやく理解できて、もう一度みたくなった)と観て、どごが「現代版の「ロミオとジュリエット」なのか把握できました。

トワイライト・サーガ/ニュームーン [DVD]/
クリステン・スチュワート,ロバート・パティンソン,テイラー・ロートナー
 
ペップトーク度 (最高★×5) :★★★☆☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★★★☆

【ストーリーと背景】

前作からのつづきです。

18歳の誕生日を迎えるベラは、恋人のエドワードが年をとらないヴァンパイアなので、自分だけが老けこむことを不安に思いながら、自分もヴァンパイアになるべきか悩みはじめる。

エドワードの家族のパーティに招かれたときに起こった事件や、エドワードの養父で町の人からも信頼のあるカーライルがいつまでも若々しいことに疑問を抱き始めたことなどが重なり、ベラを守り、ベラに人間として普通の幸せな生活えを送らせるためにもエドワード一家は町を離れることが最善策と考え、去っていった。

失恋に苦しむベラを癒してくれたのは、幼馴染みのジェイコブ。

ジェイコブもベラに思いを寄せているのだが、ベラはジェイコブが年下であることを気にかけている。

そのジェイコブはヴァンパイアと宿敵である狼人間の遺伝子を受け継いでおり・・・

狼人間とヴァンパイアの間で揺れ動くベラは、エドワードを憎む別のヴァンパイアから命を狙われているのだが・・・


【ペップトークの見所】

全米初日興収歴代1位記録を更新したのだそうです。

日本では話題になったのでしょうか???

若者向けの映画なのでジジイは知りませんでしたが(汗)。

2作目を観ると何故「現代版ロミオとジュリエット」なのかが良くわかります。

最初は単に「人間とヴァンパイアの禁断の恋」だからかと思っていたのですが、高校の授業で「ロミオとジュリエット」が出てきたり、結末はちょっと違いますが、ベラとエドワードが勘違いで自殺をはかろうとしたり・・・

随所に「ロミオとジュリエット」のエッセンスが活用されていると思います。

(前にも書きましたが、悲恋を描けばロミオとジュリエットに似てくるだけで、何もみんなが真似しているわけでもなく、シェイクスピアが悲恋の第一人者でもなく・・・ロミオとジュリエットが一番有名だからそれと比較しがち・・・ってだけかもしれませんけど。)

で・・・ペップトークですね。

ベラがヴァンパイアになる決意を、エドワードの家族会議で多数決にしようと提案。

そのベラに対して、反対する者もいるのですが・・・他のみんなはそれぞれ励ましの言葉をかけてくれます。

Chapter:17 0:54’54”~




そして・・・つづきは数時間後にアップ予定です。



↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓
人気ブログランキングへ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ペップトーカー見習い001号さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。