映画でペップトークとアファメーション(Pep Talk & Affirmation)

ペップトーク(Pep Talk)とは人を元気にする短いスピーチで、コーチングの最後のスキルとも言われているそうです。映画に出てくるペップトークを通して、みなさんにもペップトークを知っていただければ幸いです。

「ロミオとジュリエット」研究シリーズの第15弾???

現代版の「ロミオとジュリエット」「映画」を検索していて引っかかったのが、この次の次に紹介する「トワイライト・サーガ/エクリプス」のなのですが・・・

3部作とは知らず・・・3作目の「エクリプス」を先に観てしまい・・・

もしかすると「ロミオとジュリエット」のストーリーとは全く関係なく、「人間とヴァンパイアの禁断の恋」を「ロミオとジュリエット」に例えただけ???

結局3作目だけでは何もわからないので・・・1作目からみようと・・・

あ、3作全部みようと思ったのはもう一つ理由があって、前に紹介した女の子ロックバンドの実話を元にした映画「ランナウェイズ」のジョーン・ジェット役のクリステン・スチュワートがこの映画では主役で、シュリー・カーリー役だったダコタ・ファニングが2作目から出ていることが判明し・・・

なんだか芋づる式なのですが、観てみたくなったので・・・

本日は一挙3作のご報告を致します。

その第一弾。
トワイライト 初恋 [DVD]
クリステン・スチュワート,ロバート・パティンソン,テイラー・ロートナー
角川書店
ペップトーク度 (最高★×5) :★★★☆☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★★☆☆

【ストーリーと背景】

アメリカの十代の女の子を中心にベストセラーとなったステファニー・メイヤーによるファンタジー・ロマンス小説シリーズを映画化した3部作の第一弾。

母親がマイナー・リーグの野球選手と再婚することを機会に離婚した父親の元で暮らすことにした高校生のベス。

アリゾナからワシントン州のフォークスという小さな町に引っ越した。

転入した高校で、エドワードという神秘的な男の子に興味を持ち、エドワードもベラに魅かれるのだが・・・ベラはエドワードがヴァンパイアであることを知り・・・

【ペップトークの見所】

エドワード(ロバート・パティソンは、どこかで観たことがある顔だな~と思っていたら「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」に出てくるセドリックでした。

ヴァンパイアが出てくるというので・・・「ホラー映画」が苦手なオイラはちょっと躊躇したのですが・・・ファンタジック・ホラー???

いえ、あんまりホラーっぽくはなく、純粋に青春ラブロマンス的に楽しめますです。

あ、ペップトーク映画のブログなのでしたね(爆)。

エドワードはベスの恋人っていうより、守護神みたいな存在ですね・・・
まだ出だしですけど・・・
だからエドワードがベスを励ますシーンが結構たくさん出てきます。

ジェームズとう別のヴァンパイアに狙われているベスの不安を払拭するために、エドワードは何度もベスを励まします。
Chapter:18 1:25’00”~
Chapter:18 1:30’48”~

あと、プロムでダンスのときにベスの決意に対してエドワードが・・・
Chapter:25 1:50’50”~





↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓
人気ブログランキングへ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ペップトーカー見習い001号さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。