決して幸福とは言えない生涯を送る黒馬と、純粋な心を持つ少年とのふれあいを描いたアンナ・シュウェルの名作小説『ブラック・ビューティ』の映画化した作品・・・なのだそうです。

海外のサイトで「Horse Race」「Movie」で検索していて発見した作品なのですが・・・レースはちょこっと出てきますが、本格的な競馬映画ではありません・・・でも、ヒューマンドラマとしては感動的。

黒馬物語 ブラック・ビューティー [DVD]
ショーン・ビーン,アラン・カミング,デビッド・シューリス
ワーナー・ホーム・ビデオ
ペップトーク度 (最高★×5) :☆☆☆☆☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★★★☆


【ストーリーと背景】

19世紀末のアイルランドのエバンス牧場で、美しい一頭の黒い仔馬が生まれた。

眉間に白い星印を持ったこの馬は、出産を見守っていたエバンズの一人息子ジョーによって「ブラック・ビューティー」と名づけられた。

ジョーはこの馬を兄弟のように可愛がったが、エバンズの投資の失敗で、牧場も馬もの全てを手ばなさなければならなくなった。

その後、ブラック・ビューティーは馬を虐待する男、ジプシーの男へサーカス団と、持ち主が変わる。

あるときは戦場で活躍し、あるときは市場で二束三文で売られ・・・

ビューティに安楽の日は、再びジョーと巡りえ会える日は・・・

【ペップトークの見所】

主人公は馬です。

馬が主人公の映画はたくさんありますが、馬を擬人化というか馬(動物)の気持ちで作られた作品って、アニメ以外では少ないのではないかと思います。

あ、子豚が主人公の「ベイブ」やシマウマが主人公の「レーシングストライプス」みたいな感じなんですけど、子ども向きではなく、大人が楽しめる(悲しめる?)映画です。

ボロボロ泣けます。

感動できます。

きっとココロが洗い流されてキレイになれます。

・・・で、ペップトークは???
作品に魅入ってしまって、チェックしてませんでした。m(__)m






↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓
人気ブログランキングへ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

AD