映画でペップトークとアファメーション(Pep Talk & Affirmation)

ペップトーク(Pep Talk)とは人を元気にする短いスピーチで、コーチングの最後のスキルとも言われているそうです。映画に出てくるペップトークを通して、みなさんにもペップトークを知っていただければ幸いです。

「ロミオとジュリエット」研究シリーズ第10弾です。

昔、観たことのある作品で、このブログで取り上げようかどうか迷ったのですが、「ロミオとジュリエット」研究シリーズとしては、「ロミオとジュリエットのお芝居の誕生」という設定を題材にした映画なので、触れないわけにはいかないだろうと思って、再度レンタルDVDを借りてきました。

恋におちたシェイクスピア [DVD]
グウィネス・パルトロウ,ジョセフ・ファインズ,ジェフリー・ラッシュ
ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン


ペップトーク度 (最高★×5) :★★★★☆
映画オススメ度 (最高★×5) :★★★★☆


【ストーリーと背景】

1953年のロンドンが舞台。

若き詩人で劇作家のシェイクスピアは「どスランプ」に悩んでいた。

資金難にあえぐ劇場経営者からは、新作の依頼でせっつかれるが良いアイデアがうかばない。

そんなさなかでの、俳優オーディションに参加した一人の若い男トマス・ケントの才能に魅力を感じたシェイクスピアは、彼の後を追い、たどり着いた屋敷で目に留まったのが、以前、観劇に来ていた美しい女性ヴァィオラ。

ヴァィオラは元々シェイクスピアの詩と劇の大ファンで、二人は恋におちる。

ヴァィオラの存在で創作意欲に火が着いたシェイクスピアは、トマス・ケントを主役にした台本を書き始めるのだが、使途としての役割も担っていたトマスがヴァィオラからあずかってきた手紙は「別れ」のメッセージ。

納得できないシェイクスピアはトマスに詰め寄るのだが、トマス・ケントが男装したヴァィオラだということに気付き・・・

「ロミオとジュリエット」の原作のストーリーは、オリビア・ハッセー主演の「ロミオとジュリエット」の過去記事に一番詳しく書いてあります。

【ペップトークの見所】

このシリーズで検証していくのは

(1)バルコニーでのジュリエットのつぶやき
「バラは名前が変わってもバラの香り。ロミオ様は名前が変わっても人格が変わるわけではない・・・」といった内容のお話。

バルコニーにいるヴァィオラと忍び込んだシェイクスピアの会話のシーン
Chapter:11 0:30’44”~

このシーンのセリフを執筆中のシェイクスピア~舞台での練習シーン
Chapter:15 0:53’20”~

(2)神父がロミオに対してペップトーク
「ジュリエットが生きているだけでも幸運だ。おまえがティボルトに殺されなかっただけでも幸運だと思え」といった内容のお話。

このシーンはでてきませんでした。m(__)m

(3)別れの朝、ロミオがジュリエットにペップトーク
「悲しみがいつか楽しい思い出になる時が来る」といった内容のお話」

このシーンは、ロミオがジュリエットを励ます原作をは異なり、シェイクスピアとヴァィオラの二人が同じ悲しみを抱えたまま別れるという設定に置き換えられています。
Chapter:14 1:41’04”~

(4)神父がジュリエットに打開策を授けてペップトーク
「とにかく笑顔で家に帰りなさい。そして仮死状態になる薬を飲む。目がさめたらロメオが迎えに来て万事うまくいく」といった内容のお話をして励ますシーン。
Chapter:27 1:42’00”~

このシーンは観客の前で演じられる劇の本番で再現されています。

そして、作品ごとに大きく異なるのが、神父の作戦がロミオに伝わらなかった理由と、ジュリエットが目覚めて自殺を図るシーン(タイミング)。

この作品では、神父の作戦が伝エピソードは舞台のシーンでは出てきませんでした。。

この作品で、ジュリエットが目覚めるのは、ロミオが服毒死した直後。

しかも・・・服毒するロミオの演技は他作品のどの「ロミオとジュリエット」よりもこれが一番素晴らしい・・・と個人的には感じています。

さらに・・・「ロミオとジュリエット」の物語の完成と本番の舞台を成し遂げた感動と、シェイクスピアとヴァイオラの悲恋のエピローグがあって、何度も泣ける素晴らしい作品なのであります。




現代版「ロミオとジュリエット」
その1「ウエストサイド物語
その2「ロミオ&ジュリエット



↓ランキングに「ポチッ」とお願いします。↓
人気ブログランキングへ

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

ペップトーカー見習い001号さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。